電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.497 (2/3)

2006年08月16日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/06/06~06/06/09

◎ひぐらしのなく頃に
 (第10話)
 学校にやってきて圭一に沙都子のことを聞いてる大石。反抗的な態度の圭一に脅しをかけてる感じの大石だけど、監督がやってきて追い払ってくれて助かってるか。しかし、圭一が大石に反発してるシナリオって初めてだな。
 沙都子のことを圭一に語る監督。ダム賛成派の両親が祟りで殺され、叔父夫婦に引き取られたと思ったら叔母に虐待され、その叔母がまた祟りで殺されて叔父が失踪……兄の悟史も失踪、それで梨花と同居してたってのがいつもの設定だけど……その叔父が帰ってきて虐待してるってのが、この祟殺し編かい。
 富竹を古手神社に案内して鷹野と会ってる圭一。圭一って監督の診療所に出入りしてるのに、そこで鷹野と出会ってないのか?
 魅音に今年のオヤシロ様の祟りは沙都子の叔父にしてくれって頼んでる圭一だけど、自分は祟りとは無関係だと断ってる魅音。綿流し編とは違うのね。
 翌日、学校に出てきた沙都子。誰か保護司を呼んで自分と叔父を引き離そうとしたことを怒ってるんだけど、呼んだのは担任のシエル……じゃなかった、知恵先生。この人も担任の先生にしては出番が無いねぇ。普段は吸血鬼退治に忙しいのか?
 おや、死んだ父親って母親の再婚相手で沙都子の本当の父親じゃなく、関係がうまくいってない沙都子がウソで保護司を呼んだことがあって、保護司はあんまり信用してないんじゃないかってかい。
 部活中にいきなし圭一を突き飛ばしたかと思ったら、教室でゲロを吐き「ごめんなさい」を連発してる沙都子。ま、虐待で強迫観念に襲われた子供の発作的症状としては珍しくはないだろうけど……

◎吉永さん家のガーゴイル
 (第10話)
 建設の進む駅北口の大型デパート。南口側にある商店街の大ピンチってかい。いや、郊外のショッピングセンターに客を取られて町の真ん中がシャッター街になるよりはマシだと思うぞ。
 おや、この商店街も不景気で人が減ってるってかい。で、客集めのためにガーゴイルを商店街のマスコットキャラにされ、和己と双葉も扱き使われる羽目になってるけど……
 百式の予告状を出せばテレビが取材にやってきて商店街の宣伝になると考えた梨々だけど……百式はガーゴイルの鈴を盗むって予告。その鈴はガーゴイルにとってはとっても大事な鈴ってことだけど……
 その鈴の話を聞いてなぜか乱入してきたヒッシャムとオシリス。敵と味方を間違えて警官たちをやっつけてるというのがなんとも。ま、ガーゴイルと百式が示し合わせて事態を収拾してるけど……結局、客寄せになったのはオシリスかい。
 それにしても、百式登場を待ち構えてビデオを録画してるママって……

◎ARIA The NATURAL
 (第10話)
 ゴンドラで巡回途中におばさんやおじいさんと日常会話をしてる灯里を不思議そうに見てる藍華とアリス。マンホーム出身の灯里なのに、地元民の2人より知り合いの数が多いってかい。
 午後から練習を抜けて買い物に出掛けてる灯里……はともかく、その後をつけてる2人。おいおい、お前らの練習って仕事のうちじゃないのか? サボった分は当然、給料から引かれるんだろうな。(ま、アリスは学生だし、藍華も家業の手伝いのようなものだからまともに給料出てない可能性は高いけど)
 水上バスで出掛ける灯里を追って2人も水上バスに乗ってるけど……ウンディーネの制服着たのがゾロゾロ乗ってたら目立たないか? 見知らぬ人とたちまち仲良くなってる灯里は良いけど、停留所に止まるたびにいちいち驚いてる藍華がマヌケね。さすがに姫屋の娘は生まれてからゴンドラ以外には乗ったことが無いってか。
 大きなカバンを2つも抱えて乗ってきた怪しげなおっさん。カバンの中身は死体だとか言ってるアリスだけど……人間の死体はもっと嵩があるぞ。で、そのおっさんとも仲良く話してる灯里に驚いてる2人。
 停留所で降りようとしたおばさんが落としたみかんを2人が拾ってる間に灯里がいなくなってしまったってのはよくある話。気付いたときには手遅れね。
 おや、怪しげなおっさんの正体は旅のマリオネット師(といってもスリじゃないだろうけど)だってか。藍華もアリスも小さい時に見たことがあったことを思い出だしてるけど……
 ところで、浮き島ってどこから見ても同じように見えるのね。

◎夢使い
 (第9話)
 父親との別れを思い出してる塔子の前に現れた謎の男。
「何事も夢まぼろしと思い知る 身には憂いも喜びもなし」って、応仁の乱を招いた無能将軍・足利義政の時世の歌ですか。
 町のあちこちで起こった起こるはずの無い事件。そして竜を見たという匿名の依頼。学校で依頼者らしき生徒に接触した塔子たちだけど、そこに新たな事件が起こったとの連絡。いきなし鳥に変形して飛んで行ってる塔子だけど……おもちゃの能力を自分のものに出来ると言っても、そりゃ無理すぎだろ。
 現場にいたのは例の男。そして事故から湧き上がった炎が竜と化し、男はそれが自分の悪夢だと言ってるけど……
 依頼者とその男の家に向かった燐子だけど、その家は炎上中で、中から飛び立っていった竜。男と再会する塔子だけど、悪夢を封じることを拒む男。結局、自ら竜に食われて滅びることを望んだってか……
 ま、自分が無常感に浸るのは良いんだけど、それで他人に迷惑かけるような最低なやつは滅んで当然だろうけど…… 夢の持ち主が死んだら悪夢が消えるってことで、何か父親の件で引っ掛かりを覚えてるような塔子だけど……父親が死んだ事件って父親自身の悪夢が原因だったってか?
 それにしても、足利義政の時世の歌を愛唱してるだけあって、足利義政同様の傍迷惑なやつだったね。

◎NANA
 (第10話)
「バンドのメンバーにタンバリン、要る?」
 笑ろた。
 で、幸子幸子と言ってたら、章司のバイト先に本当に幸子が出現。
 速攻でやってきたベーシストは蓮そっくりの演奏をする新一。案の定、ベーシストとしての蓮にリスペクトしてるって言ってるけど……

◎いぬかみっ!
 (第10話)
 川平宗家のババアの誕生日に絡めた、宗家とはけとの思い出話。なんか女らんまみたいな声の少女時代の宗家……林原かい。
 はけからパーティーの招待状を受け取った啓太。一方、パーティーの運営に働きまわってる薫のいぬかみたち。相変わらず名前だけで本人が全然出て来ない薫って…・・・いったいいつになったら出てくるんだ?
 薫も啓太も宗家の孫という点では同じ……というか、どっちかちかというと啓太の方が身内のはずなんだけど、せんだんたちだけ働かせて啓太もようこもまるでお客さんってのはねぇ……
 で、台所でそのことに文句を言ってるたゆねたちだけど、それをようこに聞かれてノミを移されてるとは悲惨ね。それを見て、こっそり逃げ出してるはけがなかなか。こいつもようこが怖いのか?
 1人だけ人間じゃなくもののけの宴席に混じって楽しんでる啓太。のっぺらぼうの女の子を口説こうとしてるみたいだけど、物好きね。ま、この辺の垣根の無さが啓太の良いところなんだろうけど……
 薫のことが好きだというせんだんたちに、老いた宗家を見る寂しさを語ってるはけ。しかし、当の本人はまだあと50年は生きるって元気満々だけどねぇ……

◎ウィッチブレイド
 (第10話)
 前回の一件でエクスコンが機械ではなく人間だったのではないかと鷹山を問い質してる雅音だけど、あっさりそれを肯定してる鷹山。逆に戸沢に正体がばれたことを責めて、お仕置きと称して社内の政敵のパーティーに同行させてるけど……
 持ち前のナイスバディーに鷹山の見繕ったドレスで参加者の視線を釘付けにしてる雅音だけど、料理を目にしたとたんに食らい付いてるって、卑しさ丸出し。いや、70年代のアニメの田舎のガキじゃ無いんだからそんな露骨な行動をとる人間はいないだろうに。
 挙句の果てにパーティーの目玉であったクリスタルの盾を割ってしまって、もう絶体絶命のピンチ。でも、鷹山はそれで満足して気分が晴れたようね。
 しかし、この政敵のおっさん、裏でナソエフと組んでるってか……

◎RAY THE ANIMATION
 (第10話)
 クローンのことで院長を問い詰める零だけど、母親に口止めされてるって話。一方、そのクローンの女が零を殺すと言ってるのを聞き咎めて「あの人は本当に優しかった」と言ってるHリングの男だけど……それじゃ、零自身も「あの人」とかいう人物のクローンだってことみたいね。
 母親と会って真実を聞く零。例の組織で育てられてたナンバーズの子供たちって、みんなクローンの失敗作だってかい。で、廃物利用で臓器売買や生体実験に利用していたってか。酷い話ね。
 そこに現れて零を抹殺しようとしてる零と同じ顔のクローンの女。自分が完全体だと言ってるけど、いくらオリジナルの記憶を受け継いでいても人格が違えば本物だと認めてもらえないってことに気付いてないとは哀れね。
 零の危機を救ったのはコーイチだけど、自分たちが再会する場所はここじゃないと言って去って言ってるって、よくわからん男だな。
 Hリングの男はワンとか名乗ってた女よりも零の方にオリジナルに近いものを見ているって感じでワンが零を殺すのを望んでないはずだから、こいつがコーイチを差し向けてきたって線も大きいんだけど……

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第10話)
 第1話で作ってた映画って、ずっと中断したままだったんかい。ま、そりゃ女の子とキスできるんならともかく、男同士でキスしろといわれて素直にやれるやつなんか、ホモじゃなきゃおらんわな。
 映研のロッカーから出て来た『世界の終わりの一日』とかいう作品……は良いけど、メディアは何を使ってるんだ? ま、もっとも何を使ってようがすべては記憶に基づく仮想世界で実体は無いんだけどね。
 家に持ち帰って見てるリョーコだけど、そこに映ってるのは人間のいない舞浜の光景。ま、早朝の誰もいない時間帯にカメラ回しただけってよくあるお手軽な撮影なんだろうけど。
 3年生の部員なのにリョーコが会ったことのないその作者。付き合ってるはずの3年の女子とずっと会えないハヤセ……会えないそいつらは戦死したセレブラントだってかい。で、リョーコがセレブラントに目覚め始めてるって話だけど……
 その映像って仮想空間の舞浜で撮った作品じゃなく、サーバーに入る前に現実の舞浜で撮った作品だってかい。しかし、どっちでも区別が付かんと思うけど……
 ディスクに記録されてた場所を自分で確認してみるリョーコだけど、その目に廃墟となった現実の舞浜の光景が……
 映像に違和感を感じてたリョーコ。ようやく気付いたと思ったら、人がいないって……そんなの最初に一目見たらわかるだろ。
 祭の夜、ハヤセにダメもとで告白して玉砕してるミズキ。現実を知れば知るだけ虚しくて悲しい光景なんだけど……リョーコも映画の結末を悲しい終わり方に書き換えてるんだけど……あの映像を見て得られた結果がそれじゃ、やっぱし虚しすぎるね。

◎砂沙美☆魔法少女クラブ
 (第8話)
 学校のバザー。砂沙美と違う班になって不安げな美紗緒だけど……
 砂沙美の班はもんじゃ焼き屋とか言ってるけど……それってもんじゃ焼きって言うのか?
 アクセサリをいっぱい作ってた美紗緒だけど、服装をTシャツで統一することを知らずに傷付いて逃亡。アクセサリは無駄になったってか。
 このまま梢&千晶と美紗緒の間がギクシャクしていくことを恐れた砂沙美がなんとかフォローしようっていう話だけど……本物のバザーは冷酷にも先に終わってしまってるのがシュールで良いね。

◎ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
 (第187話)
 露骨にキングコングやってるな。ま、町に下りてエンパイアステートビル……ってわけには行かないから、そばの岩山に登ってるけど。で、外装が焼けはがれてメカニコングかい。

◎神様家族
 (第4話)
 テンコの猛反対も構わず人間になった佐間太郎。テンコはいなくなってるし、久美子も佐間太郎のことなんか眼中に無いって感じ。
 それでも何とか体育館の裏に呼び出して押し倒そうとした告白しようとした佐間太郎だけど、何故か口に出た言葉は「テンコを知らないか?」
 翌日、大阪に転校していく久美子へのプレゼントでも探しにかファンシーショップに立ち寄った佐間太郎だけど、そこの店員さんが何故かテンコそっくり。どうも自分が天使であることを忘れた未来のテンコって感じだけど……
 店員さんのバイクで東京駅に行くも出発に間に合わず……新幹線をバイクで追ってる佐間太郎。店員さんが天使になって空を飛んで追いついてるけど……
 家に帰ったら何か全部元通りでテンコもいるってのか安易だね。結局、佐間太郎が人間になるって意味が中途半端に終わってしまってるだけだな。

◎Soul Link
 (第10話)
 セラリアとスキュラ細胞のことを語るシン。セラリアは一度死んだけど、スキュラ細胞の力で甦えってたってかい。
 軌道修正用のロケット噴射が止まって地球に落下してるアリエス。……というか、セラリアがアリエスを地球に落とそうとしてるみたいね。
 秀平に迫るセラリアのイメージを見てるななみ。お父さんって……まさか本当に秀平と七央がエッチして出来た子供とかいうわけじゃないだろうな。ま、秀平のパーフェクトスキュラ細胞が七央の遺伝子と交わって変異した生命体だとしたら、スキュラ細胞の抑止能力を持ってるとかいうのもありえない話ではないかもしれないけど……
 でも、いくらスキュラ細胞が爆発的かつ無制限な増殖力を持ってたとしても、たかが何時間、何十時間前に交配して生まれたものが、あれだけの知能や精神活動するだけの内面的な成長は無理だと思うぞ。

◎ケロロ軍曹
 (第113話)
 ケロン人のペコポン侵略に対する最大の強敵、夏美。その夏美が苦手なのがナメクジ。そこで、ケロロたちが夏美対策にナメクジを進化させて開発したウェットルキング。全身のぬるぬるの恐怖に引きつる夏美、悲惨ね。しかし、登場させるのにヒューマンサインを使うか。
 ナメクジを飛ばして夏美を倒したウェットルキングだけど、冬樹相手には無力当然。おまけに4分44秒しか活動できないって、マヌケ過ぎ。いや、ウルトラマンよりはマシだけど……

「暴力反対!100万人ゴーゴー」
 ゴジラ対ヘドラかいっ!
 夏美と再戦するウェットルキング。パワーアップしたジャイアント・ウェットルキング……見掛けは5センチ背が伸びただけだけど、力は1万倍。インフレしすぎ。
 正義に目覚めたウェットルキングだけど、ケロロの笛で悪の心に……って、おまいはハカイダーかいっ!
 最後に仲直りの握手をしようとするけど、夏美にぬるぬるを拒否されてるとは悲惨すぎ。

◎アニメ魂
 西の善き魔女 Astrea Testament
 (第10話)
 ユニコーンの子供を助けるためにみすみす肉食竜の鼻先に飛び出してるフィリエル。本当に足手まといの困ったちゃんだね。すんでのところで現れたルーンに助けられてるけど……
 フィリエルたちの世界は見えない壁で大陸と隔てられてて、その壁が開いたときに大陸に大量にいる竜の一部がこっちの世界に現れてるってかい。で、それには真昼の星が関係してるって話だけど……真昼の星ってなんじゃい?
 ルーンと共に見えない壁を確かめに行くというフィリエルだけど……
 おいおい、リーズ公爵って生きてたんかいっ!
 イグレインの詰問に自分が蛇使いとかいう異端の組織に属してるということを明かしてるルーン。見えない壁を見せたらもうフィリエルには会わないって言ってるけど……
 そして、森の中に見つけた見えない壁。なんかメチャクチャ不自然なんだけど、何かの結界魔術によるものなのか?
 しかし、フィリエルが触れたとたんに女王試金石と反応してる見えない壁。そして内部(壁の外側)に引き込まれていくフィリエル……なんか元々そうなるように作ってあるって感じなんだけど……

◎シムーン
 (第10話)
 なんかドミヌーラだけ特別扱いって感じだね。その反対に厨房で料理を手伝ってるマミーナ。ま、こっちは趣味でやってるみたいだけど……(というか、自分の出来ることでもして追い出されないようにしてるって感じかね)
 コールテンペストの存続についてドミヌーラと話をしてるネヴィリルだけど、ネヴィリルもドミヌーラの正体をつかめなかったみたい。
 パライエッタの報告から敵がドミヌーラたちを待ち伏せしてると考えたネヴィリル。慌てて他のシムーンも出してるけど、遅れたマミーナとロードレアモンは置き去り。過去のこだわりから2人がパルになることを拒むマミーナだけど、その前でおさげを切ってるロードレアモン。それを見てようやくわだかまりを解いてるマミーナだけど……
 戦いの方はロードレアモンたちが到着したら鉄のリマージョンであっさり決着……情緒も何も無いね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.497 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.497 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。