電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.471 (1/4)

2005年12月16日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/12/05~05/12/05

◎はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~
 (第10話)
 部活の調査の名目で開運研究会のことを調べようとしてる生徒会長。そんな陰謀とも知らずに調査にやって来る美々と寧々だけど……なぜか調べてるのは菊之介のことばかり。てっきり2人が菊之介のことが好きなんだと思い込んでしまう亜麻乃……
 いや、そんなことに気付く神経があるんなら、他の部員の連中のことにも気付けよ。
 で、亜麻乃たちの初等部時代からの友人が禍神にとりつかれていて、これをお払いしようとしてるはっぴぃセブン。変身を阻止しようと禍神の力を使った黒闇天の攻撃の前に飛び出した美々と寧々を守ろうとする亜麻乃から謎の力が発動……
 なぜか変身してる亜麻乃と美々&寧々。らっきいスリィってかいっ! 禍神を倒したらっきいスリィだけど、例によって菊之介に記憶消去されてるとは哀れ。いや、亜麻乃には効いてないんだろうけどね。
 でも、結局は美々と寧々の詳細な開運研究会の取材報告が生徒会長の手に渡ったって話だけど……こいつらの視点で取材したことが何か役に立つのか?
 ちなみに2人が菊之介のことばかり取材してたのは亜麻乃のために取材にかこつけて菊之介のことを調べてたって話だけど……まさかそれが報告書に反映されてるわけでもあるまいに。

◎ブラック・ジャック
 (第52話)
 東京駅の爆破テロ。自衛隊のイラク派遣に難癖付けたアルカイダの仕業だな。
 ピノコの優柔不断で命拾いしたな>ブラック・ジャック。しかし、容疑者が諏訪道彦とか手塚眞とか……物好きだねぇ。
 売店のねーちゃんが犯人を目撃してたって話だけど、爆発の際に失明してしまって視力の回復は見込みなしって悲惨な状況。そこでブラック・ジャックに依頼がきたのだけど、眼球移植をしても見得るのは5分がやっと。それじゃ患者に余計な苦しみを与えるだけだと断るブラック・ジャック。しかし、捜査本部の全予算5000万円を出すと言ったとたんに引き受けてるって……やっぱしこいつは守銭奴なのか?
 で、犯人は諏訪道彦。こいつ、確か『コナン』では犯人になったことは無いのにこんなところで悪事を働いていたか……はいいけど、原作じゃ容疑者連中の名前ってどうなってたんだろ。間違っても諏訪道彦なんて名前は無いはずだけど。
 結局、5000万円は全部、売店のねーちゃんにくれてやってるって、それが完璧に眼球移植を出来なかったブラック・ジャックのせめてもの償いってか。

 しかし、アバンタイトルが『コナン』風に変わってのは諏訪道彦絡みのネタなのか、それとも来週からも続くのか? EDは劇場版の予告編になってるし……

◎名探偵コナン
 (第423話)
 何者かに追われたパジャマ姿のガキ。そこを通り掛ったタクシーがガキを目撃してるけど……
 新しい友達を紹介すると言って探偵団の連中を引き連れてる歩美。てっきり冒頭のガキのことかと思ったら……通学路の途中にあるオリーブの木についた青虫かいっ!
 ガキは隣のクラスの圭一で、近所で起こった殺人事件の犯人を目撃したはずなのに、それを否定してるって話……はいいんだけど、小学生のガキの証言なんて使えるのか?
 ま、目撃を否定していたのは青虫を移したことがバレたら怒られると思ったからってのはいいけど……青虫で怒られるのと、犯人に襲われるのとどっちが怖いかって判断がつかないのかねぇ。

◎チャンス トライアングルセッション
 (第12話)
 知らない間にM&Kレコードを買収して乗っ取ってるノゾミの父親。朝食時に「今日は良いことがある」とノゾミに言ったと思ったら、《R-3》がミュージックポリス大賞にノミネートされたって話。この辺りから裏工作の疑惑が出てくるんだけど……
 ノミネートを受けて、街で大々的に宣伝を繰り広げるM&Kレコードだけど、露出がしつこ過ぎて帰って反感を買ってるって感じで、本人たちは大迷惑。娘に抗議された父親は表立った応援がダメなら目立たなくてもっと効果的な応援があるって……ミュージックポリス大賞の審査員の買収工作かい。
 ま、芸能界なんて裏のある世界だから、実際、権威ある賞とかだったら普通に買収工作してそうだし、吉良上野介ばりに金品持ってこない候補者には嫌がらせする審査員とかいそうな気がするしね。
 でも、それが悪質なフリーライターに気付かれて脅迫を受けてるキサラギ。そのことを知ったノゾミは父親に問い質そうとするけど……なんか当然のことのように開き直ってる父親。物の善悪という価値判断がすでに存在しないみたいだね。
 その様子を見てすべてを語るという母親。すでにアカリを育てた牧師を呼んでる辺り、用意周到だね。ま、話は例の赤ん坊だった妹がノゾミだったってバレバレのことだったけど……おいおい、赤ん坊はどこにもらわれていったのかわからなかったんじゃないのか?>牧師。ま、母親が手配して連絡を取ったんだろうけど……北海道の孤児院が存続してたら牧師の転任先もすぐにわかっただろうし……
 しかし、3人が姉妹だってわかったらノゾミが自分たちのところから離れるって心配してたって話だけど、よくアカリとユウキがノゾミの姉妹だってわかったものだね。いや、最初に会った時にユウキのピアスだかイアリングだかを見て気付いてたのかしらないけど……
 で、後は3人がキサラギの娘だって話だけど……これはどうなるのかねぇ。

◎D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン~
 (第23話)
 夏休みの宿題が溜まってるからって他の女の子たちを呼び寄せてる純一って……音夢も大変だね。
 コンピュータ相手にリバーシらしきものをやってるさくらだけど、いきなしコンピュータがずるしてるって……プログラムのバグか、例の桜の木のつぼみの影響か……
「まるで恋人みたい……」
 なんか音夢と純一の関係を失念したかのような環のセリフ。その他の連中も音夢がただの妹のような反応。何かが変わってる世界。1人、その変化を感じて不安を感じてる音夢だけど……
 純一が忘れた財布に気付いて届けて来てることり。なんかすっかり最初の頃のような恋人気取りだな。純一の買ってきたペアウォッチも何か自分のもののような気でいたみたいだし……で、音夢のものだと知ったら兄妹じゃ不自然って言い出してるかい。
 音夢と一緒の美春も、純一のことはただの兄で、音夢は昭島に気があるかどうかって話になってて、変化に対応してないのは当の2人とさくらくらいって話かねぇ。
 ソフトを再インストールしてるさくら。これで大丈夫って感じだけど、きっと同じことの繰り返しって気が……いつしか初音島中に舞ってる桜の花びら。
 何かついに本人たちもペアウォッチに不自然さを感じ、自分たちの関係がわからなくなってきてるって……なんかすっかりリセットが掛かってしまったみたいね。よし、これがチャンスだ。がんばれ、ことり!
 ま、まだ画面に出てないけど、もうすっかり復活してるんだろうな<枯れない桜。結局、今回も最後は枯れない桜との戦いなのね。
 それにしても、さくらが帰ってきたとたんに全然出番が無くなったな<美咲。この事態になってもこいつにだけはチャンスは無いな。やっぱし本人からそれなりのアクションしないとね。

◎Canvas2~虹色のスケッチ~
 (第10話)
 告白したエリスに「エイプリルフールか?」は酷い奴だね<浩樹。
 図書館で花を調べてる可奈。わざわざ声を出して読むことはあるまいに……しかし、いったい何の本を読んでたんだ? 植物図鑑じゃないのは確かだね。
 霧に誘われて釣りの準備をしていた浩樹だけど……気が付いたら荷物をまとめていなくなってたエリス。ま、両親の命日で墓参りついでに祖母のところに帰ってたみたいだけど……やっぱし北海道なのか?
 エリスを連れ帰りに学校サボってやってきた浩樹だけど、何か頻繁に霧からメールが届いてるな。いちいち速攻で返事するくらいなら音声通話をしろよ。
 とりあえずエリスはフランス留学に行ってしまって……というところで第1部完で、2クール目はそれからの話って感じなのかねぇ。

◎Angel Heart
 (第10話)
 グラス・ハートの前からやることがあると言って駆け去って行った劉信宏。何をやるのかと思ったら、叛乱の黒幕の抹殺かい。しかし、李大人の部下に引き止められ、代わりに黒幕を始末するのかと思ったら、いきなし黒幕のトップが狙撃されてお終い。てっきり他にさらに上位の黒幕がいて口封じにやったのかと思ったけど……犠牲者の拡大を防ぐためにリョウが撃ったってか。
 なんか『シティハンター』と違って、ちゃんとリョウが殺す描写があるのね。
 意識を取り戻した娘には会わずに去っていった李大人だけど……ま、いまさら組織のトップの娘とか言われたら何かと大変だろうからねぇ。
 看護婦のねーちゃんにモッコリしてるリョウにいきなし花瓶を殴りつけるグラス・ハート。その反応は香ゆずりみたいだけど……どこからともなくハンマーを取り出すだけの技はまだ持ってないみたいね。
 グラス・ハートのパパになってやるとか言ってるリョウだけど……やっぱし、それだけおっさんキャラって扱いになってるのかねぇ。

◎ラムネ
 (第9話)
 いきなし健次に告白した裕美。引越して行ってしまうってか。それで校外学習の時に健次は裕美に付き合ってたのね。
 引越しを手伝いにやって来た健次たち……はいいけど、端野に思い出のラムネのビンを割られてしまって大変ね。ま、健次はそんなものは覚えてなかったみたいだけど……
 七海の家で送別会をし、鈴夏の部屋に立ち寄ったついでに健次の部屋を覗いてる裕美だけど、窓から見える七海の部屋の距離に決定的な壁を感じるってか……しかし、40分って……夜中にそんだけ歩かないといけないとこまで来るか? 田舎はそんなに心配ないのか? いや、その40分の距離を端野に2人だけで送られてる方がよっぽど危険だと思うんだけど……
 翌日、裕美の見送りに出掛ける健次だけど……おいおい、そのバイク、動くようになってたんかい。ま、どうせ一夏は持たないんだろうけどね。で、寄るところがあるって餞別に買ってきたのがラムネのビン……いまどき探すの大変だろう……と思ったけど、田舎じゃそうでもないのか?
 ラムネは買ってきたものの、ただ割ったビンの代わりって感じで、それを持ってた意味までは思い出してたわけじゃないだろうけど……
 しかし、隣同士の距離にはどう足掻いても敵わないって……そりゃ誰が浅倉南と付き合おうとしても上杉達也に敵わないっていうのと同じようなものか……

◎舞-乙HiME
 (第9話)
 おや、アリカの手紙は怪しげな裏ルートで受け取ってるんかい<セルゲイ。で、ナギが会ってるというシュバルツのネゴシエーター、ジョン・スミス。なんかいい加減な名前だね。
 で、試験の仕上げはエアリーズ共和国への遠足。長距離踏破試験って……シャレにならんみたいね。2人ペアで、アリカの相棒はエルスティン……ニナじゃないのね。しかし、おまけにやってきてるのがマシロだけじゃなくてナギも一緒って……
 食事の採点は上級生たちの仕事みたいだけど、アリカのとこにやってきたのがシホって凶悪ね。本当はエルスティンが作るはずだったのに、蛇に噛まれてくたばってて、アリカが作る羽目に。見ただけで-10点も酷いけど、だからって無理やり食わされてるシホも災難だね。
 エルスティンの容態の悪化にマーカーの緊急遭難信号を出そうとしたアリカだけど、マーカーは故障で……というか最初から不良品だったっぽいけど、救助は来ず。そこで助けを呼びに飛び出したアリカだけど、何やら怪しげな奴が陰謀を企んでるところに遭遇。追い込まれて崖から転落って……主役の活躍どころも何も無いね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【DCSS】初音島桜前線注意報... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.471 ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラックジャック (絵塗師)
2005-12-16 09:27:45
>原作じゃ容疑者連中の名前ってどうなってたんだろ。



名前までは出てきませんでした。

しかし、手塚治虫そっくりの漫画家がいました。締め切りに間に合わないと、刑務所の中で原稿を描いていました。



それにしても、脳髄の移植すら成功させたBJが眼球の移植ができないというのは、ちょっと不思議。
Re:ブラックジャック (絵塗師)
2005-12-17 00:46:41
>>締め切りに間に合わないと、刑務所の中で原稿を描いていました。



ちょっと修正。まだ容疑者の段階なので、刑務所ではなく拘置所ですね。
Re:ブラックジャック (結城あすか)
2005-12-17 04:49:10
>>脳髄の移植すら成功させたBJが眼球の移植ができないというのは、ちょっと不思議。



 神経接合の複雑さでは脳髄の方が難しそうですが……視神経細胞の寿命とか何か特別な要素があるのでしょうかねぇ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。