電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.450 (2/3)

2005年07月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/07/13~05/07/15

◎フルメタル・パニック!The Second Raid(新)
 (第1話)
 帰って来た戦争バカ、相良宗介。9・11では放映開始が3ヶ月延期されたんだけど、ロンドンテロはお構い無しかい。
 第1話から壮絶な退却戦を繰り広げてるけど、翌日は試験って……どこの国で作戦展開中か知らんけど、間に合うのか? いくら学校までは戦闘ヘリで送り迎えするとしても、航続距離は限られてるから結局のところトゥアハー・デ・ダナンを日本沿岸近くまで接近させなければいけないはずだけど、これも潜航速度は限られてるしねぇ。
「良い国作ろう室町幕府」
「鎌倉幕府だ」
 ツッコんでるクルツは良いんだけど、こいつ何で鎌倉幕府の成立年なんて知ってるんだ? とても日本史の勉強してるとは思えないんだけど……

◎ぺとぺとさん(新)
 (第1話)
 藤村鳩子……ぺとぺとさんは良いけど、歩くのにピョコピョコ鳴ってるのが良いね。ピコピコリナちゃんみたいだな。
 特定種族って、妖怪が人間と一緒の学校に通ってるって……まぁ、神族やら魔族が人間と一緒の学校に通ってるとこだってあるからねぇ。しかし、1人だけ歳食ったおっさんがいるのが気になるねぇ。なんか昔、蘭学をやってた侍みたいだけど……
 シンゴと手がくっついたぺと子だけど、その状態でスク水を脱ぐのは無理があると思うぞ。ぺと子のお母さんがなかなか美人だけど、何の妖怪なんだろうねぇ。
 夜中に川に出掛けたらカッパの沙原くぐるまでくっついてるけど……どうみてもカッパには見えないぞ。しかし、そのくっつき方じゃ、くぐるの手が伸縮自在でもない限り横並びで3人登校してるのには無理があると思うぞ。

◎涼風
 (第2話)
 涼風と買い物に出掛けた大和だけど……涼風は涼風で神経質に物を選びすぎだし、大和はいい加減過ぎ。この2人、どちらも極端過ぎなんだね。
 稲荷神社の巫女さんがなんか意味ありげなキャラなんだけど……同じ学校の新入生ってところか?
 幼馴染みの悪ガキのナンパ野郎の服部安信。大和は嫌ってるみたいだけど腐れ縁って感じね。しかし、この手のキャラが女性受けが良いのは、見てて不愉快なんだけど……

◎極上生徒会
 (第15話)
 意外と呆気なく直ってる極上寮……はいいけど、何でもかんでも会計に押し付けるのはかわいそうだからやめろよ。
 で、いきなし他人の部屋を荒らしてるみなも。見付け出して来たのは他の男性とツーショットで写ってる隠密の副会長、銀河久遠の写真。なんか意味ありげだけど、巧妙に誤魔化してるな。
 伝書鳩の極秘指令って……何かと思えば、久遠は会長の能力を調べるために送り込まれていたスパイってかい。
 それを気付いてつけている隠密の矩継琴葉……前のフットサルの時に管理人に化けてたやつか。しかし、ナフレス情報機関って……
 逃亡した久遠を追おうとする琴葉だけど、聖奈に止められてるって……とっくの昔に会長は気付いてたって話ね。しかし、琴葉も琴葉で神宮司家の差し金みたいだし。
 どうでもいいけど、りのとみなもを隠密の手伝いに送り込んでる聖奈。ようするに琴葉の邪魔をして久遠に関わる暇を与えないようにする魂胆かい。大変そうだね。
 それにしても、隠密って一枚岩じゃないのね。それにくらべたら遊撃の連中はわかりやすいわな。

◎いちご100%
 (第2話)
 昔の『きまぐれオレンジ★ロード』もそうだったんだけど、ジャンプのこの手の作品って、原作読んでるぶんには普通に読めるんだけど、アニメになって声優さんの演技が付いたとたんにめちゃくちゃ小恥ずかしく感じちゃうんだよね。今回でいえばラストの真中のモノローグがその極み。
 これがサンデーあたりだと原作とアニメでそんなにイメージ違わないんだけど。ま、要するにサンデーの作品って元々アニメ的な作風の作品が多いってことなんだろうけど……(マガジンは読んでないから知らない)
 能登麻美子の声って個人的には東城綾のイメージじゃないんだよね。どっちかというと折笠冨美子あたりのイメージかなぁ。でも、『マリみて』の志摩子以来、能登麻美子の声ってだけで麻薬性があるからねぇ。

◎トリニティ・ブラッド
 (第11話)
 帝国貴族のアストと合同捜査をしてるナイトロード。帝国ってヴァンパイアの国だろうに、バチカンとは敵対してるってわけでもないみたいね。
 しかし、このねーちゃん、標的に挑発された途端に大暴走。周囲の人間を巻き込んで殺してるとは凶悪ね。で、合同捜査は取り止めになってアストは帰国させられる羽目になってるけど……ぎりぎりで標的の狙いが教皇暗殺だと判明して作戦続行。
 なんか今回はナイトロードに出番無しと言うか、正体は見せずじまいかい。おかげでアストは最後まで人間だと思ってたみたいだけど……でも、皇帝はナイトロードのことを知ってるみたいね。

◎SHUFFLE!!
 (第2話)
 SSSにRRR……KKKの連中も無節操だね。で、逃げ回ってる稟を匿ってる時雨亜沙……稟の顔を自分のスカートの中に引き寄せてるって、好きだねぇ。ま、中身は普通の縞パンみたいだけど。
 8年前から稟のことを思い続けていたというシアとネリネ……それだけ聞いてると何か美しい話に聞こえるんだけど、本当は神界にも魔界にもろくな男がいないから稟のことが忘れられなかっただけじゃないのか?
 ゲーセンでネリネの知り合いとかいう女の子と出くわした稟……は良いけど、クレーンゲーム1回分のお金も持ってないって、情ないねぇ。で、その子をお持ち帰りしてる稟だけど……おや、異世界と人間界とは自由に行き来してはいけないってか。しかし、その場のノリで済し崩し的に認めてる魔王のおっさん……そんなことで良いのか?
 で、稟と一緒にいたいというプリムラを稟が承諾したら喜んでるシアとネリネだけど……おまいらそれでいいんかいっ!

◎ガラスの仮面
 (第15話)
 あちこちの劇団に自分を売り込んでは断られてるマヤ。ま、演劇コンクールとかちゃんとチェックしてるやつならともかく、こんなどこの馬ともわからんやつ、そりゃ普通は敬遠するわな。
 しかし、月影のライバルだったとかいう栄進座の原田とかいうおばさんに拾われて『おんな河』の子守の役をもらってるけど……ま、ほんとは満身してる劇団員にはっぱをかけるつもりで当て付けに使ってみてるって感じなんだけどね。
 おいおい、役作りで本当に乞食をやってるかい>亜弓。
 『王子と乞食』が始まった亜弓。観客のガキたちに不評だって……おや、亜弓って子役の美少女役者として人気があったんかい。先立つものを持ってれば持ってればでなかなか既成のイメージを変えるのに大変みたいね。
 マヤはマヤでいつも通りにそつなくこなしてるけど、役を取られたねーちゃんの小細工によるトラブルをアドリブでしのいでなんか完全に役をもぎ取ってしまったみたいね。でも、こんなことやってたらあちこちで恨み買いまくりだな。

◎攻殻機動隊SAC 2ndGIG
 (第14話)
 今回はタチコマの話。いや、何か昔と同じ数だけ増殖してるんだけど……新生9課に再配属された時は2、3機だけだったんじゃないのか?
 個別の11人の集団自決事件の調査に出掛けるバトー。どれか1機を連れて行ってやると期待持たせておいて、結局はいつもの「専用機」って話。ま、トグサじゃなくても呆れるわな。
 で、他のタチコマはメンテナンスを受けながら自分たちの自我について思考を巡らせてるんだけど……で、こいつらが仲間の機体のAIチップだかユニットだかを確認しようとしたら、そんなの搭載されて無いって話で、いったい自分たちの自我の思考はどこに存在するのかって展開なんだけど……
 一方、草薙とバトーが集団自決事件の調査をしてたら近くの政府の研究機関で爆発事件。爆破予告があったとかでほとんどの無人だったんだけど、研究員が1人いたはずだとかいう話。なぜかいきなし空港封鎖とかいう展開になってるんだけど……爆発事件は偽装で、その研究員が自分の研究成果を持って海外に逃亡しようとしていたという話。
 いや、現実の日本政府なら研究機関の人間が機密を持って逃亡しようとしていても、事前に阻止することは出来んだろうねぇ。機密保持の契約等はあるから事後で告発することは可能かもしれないけど……それにしても日本にいたら自分の研究成果が報われないから海外に逃亡って……どこぞに似たような話があったね。
 ところで、その研究員の写真を見たタチコマたちがそれをどこかで見たような記憶があるのだけど思い出せないって事態が生じてるんだけど、それはタチコマのAIの開発者だった自分の記録をAIチップに刻銘してたって話。
 それにしても、タチコマのAI開発なんてほとんどノーベル賞ものの功績だと思うんだけど、そこまでやっても自分の名前でパテント1つ取れない上に、せめてもの慰みに刻んだタチコマのAIへの自分の記録も強制的に抹消するって……そりゃ、このおっさんじゃなくても海外逃亡したくなるわな。
 で、その記録を消すためには衛星軌道上のAIチップを書き換えないといけないって……タチコマのAIは人工衛星上に存在してたってオチかい。
 しかし、そんな場所にあったら状況認識にタイムラグが生じるんじゃないのか? タチコマを常時同じ条件で使えるためには静止衛星上に存在してるとして、軌道高度は赤道上空36,000km、光速は300,000km/sだから通信伝達だけで往復に約240msec……これだけあればTVの映像も7フレーム動くし、今のPCでもかなりの処理を行えるぞ。

◎ハチミツとクローバー
 (第13話)
 OPの映像が変わったけど……最後に前のエビみたいな罠は無いのか?
 森田先輩がいないと平和でいいねぇ。それにしてもハグちゃんの浴衣騒動がケッサクだねぇ。括れが無いというよりダルマだな。

◎ケロロ軍曹
 (第67話)
 廃校舎のミステリースポットの探検に向かったオカルト研の冬樹と桃華だけど……例によってケロロたちが悪巧みしてるってオチかい。
 しかし、冬樹よ、女子トイレになんぞに躊躇してたら、一生トイレの花子さんには会えないぞ。
 しかし、その廃校舎は1年前に取り壊されてたってオチかい……ま、お約束といえばお約束だけどね。

 例によってゲームを作ろうとしてるケロロだけど……アニメの時みたいに実制作に即した業界ネタとかじゃないのか……
 ギロロの兵器の分解組立のゲームは良いけど、重金属粒子ビームキャノンって……そんな構造も原理もわからなければ、どんな部品がどれだけあるのかわからんようなもの、誰がクリアできるんじゃい。
 モアのメルヘンチックなゲーム……「もくせいさん」あたりにかなり萌えたんだけど……結局はハルマゲドンかい。
 クルルの恋愛シミュレーション……意外とまともな萌えゲームかと思ったら……絶対失恋システムってか。いや、そこからやり直す展開とかならアリとは思うぞ。でも、ラストが失恋なら普通はバッドエンドだろ。
 それにしても、DVD-ROM 256枚って……ま、PCゲームみたいに最初に全部インストールするとかじゃなくて逐次ディスクの交換だけなんだろうけど……なんか見ただけで嫌になるねぇ。どうでもいいけど、実体化の3次元モーションデータだけで容量の大半を使ってるんじゃないだろうな?

◎アニメ魂
 あかほり外道アワーらぶげ
 (第2話)
 貧乏人で妹を幼稚園に通わせるのも大変だろうねぇ。義務教育じゃないから金が掛かるだろうし……とか思ってたら、ここの妹たち、なんか金のかかる私立の学校ばっかり通ってるような気がするんだけど……
 ……というより、このねーちゃん、食いすぎ。貧乏なのもおまいの食費のせいじゃないのか?
 銅面党が都庁を占拠したから協力して名を上げようと出動した北家姉妹だけど、現場はすでに廃墟……どうせラブフェロモンにやられたって展開なんだろうね。しかし、この世界の悪の組織って怪人一人一人が独立採算制でやってるのか? つまり怪人になれという父親の遺言は自分たちで悪の組織を経営しろということなんだな。

 それにしても、実の弟や妹に手を出すのを恐れて家出してきたこいつらって……
 おや、音子と薫子ってバイトの同僚だったんかい。ま、正義と悪が同じ職場にいるってのもよくある話ではあるけどね……
 萌着、萌射って……あんまし強そうには思えないんだけど……
 おやま、ラブフェロモンが来たときには銅面党はすでに警察に捕まってたってかい。で、逆ギレしたラブフェロモンに都庁は破壊されたって……凶悪すぎ。
 どうでもいいけど、マネージャーの秘密って、それ虚し過ぎないか?
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.450 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.450 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。