YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

催促画面が出た

2017年07月17日 | 雑記

一昨日からタオバオの様子がおかしいなぁ。

例えば

1:タオバオのトップページで「YB125SP改装」を検索してみる。
2:徘徊して面白そうな物を見つける。
3:出店舗のトップページへ移動する。
4:他に何があるか店内のカテゴリーで移動しようとする。
5:いきなりタオバオ会員の登録またはログインのポップアップ
  が出て、まったく移動ができなくなる。

6:以前、タオバオ会員登録してあったから、ログインを試みるも
  2つめの暗証番号が通らない。
7:/(^o^)\ナンテコッタイ 困った

色々なパターンでカテゴリー内の商品群にたどり着こうとしてみた
けれど、どうれもこれも同じ結果だった。
PCのブラウザも3種類試したり抗ウイルスプログラムサーチをして
もダメ。

ところが、他の人に試してもらったら特に問題なく店舗内を徘徊で
きると
言う。

普段検索ばかりしてて直接買わない(代行経由だから)のでIPア
ドレスが「検索しかしない迷惑な客リスト(想像)」にでも載って
しまったのか?と思って、IPアドレスの変更をしてみたけれど、結果は
同じだった。
事前にリストアップしていた品々のURLは直接見る事ができるので、
数点を代行会社に発注しておいた。

中国製の輸入バイク所有ではタオバオをくまなく閲覧・利用できない
ととっても不便で、俺にとっては大事件なのだ。w

その後、約12時間経ってタオバオサイトの様子を見てみたら・・・

何も設定変更や小細工をしていなくても、例の催促ポップアップ
が出てこなくなり、階層を進ん色々な商品を閲覧する事ができる
ようになってたよ。
何が起きていたのか?
一時的な会員数増強のためのキャンペーン的な仕様になってたの
かもしれないけど、真実は闇の中。

とにかくゲリラ豪雨のように降っては去って行った謎のポップ
アップ事件だったよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラッチケーブルの互換性

2017年07月15日 | YB125SP整備

YB125SPにYBR系のクラッチケーブルが流用可能なのか
検証してみたよ。
YBRのケーブルを予備に在庫してあるので、いつか役立つだろうと。

長さを比較してみた。

同じです。

エンジン側を比較。

YBはナット固定式だけど、YBR系は差し込み式。
YBの純正状態はこんな感じ。

ナットで挟み込んで固定している。

YBR用ケーブルを当ててみた。

差し込み部分が9.8mmで、ホルダー幅9.0mmと合わず、はめ込
め無い事が分かった。

ケーブル先端をヤスリで削ればハメられるはず。

上下を平らに削って8.8mm程度にすればYB125SPにYBR系の
クラッチケーブルは流用できる事が分かった。
ナット止めでないから、グラつきが気になるなら針金かタイラップ
でホルダーに固定すれば良い。

ここでさらに確認。

実はYBR系のホルダーを隠し持ってるのだ。w
察するにYB側の幅を広げれば良いと思うけれど、やりにくい場所
だからケーブル側を削った方が楽だろうな。

と言う事でYB用を元に戻すついでにワイヤーインジェクターで
注油しておく。

インジェクターは便利だけど漏れも起きるので、あまり優秀な
治具では無いと思う。無いよりマシ。

ついでにホルダーをYBR用に付け替えてからYBのケーブルを
付けてみた。

これでも固定できた。

・YBRとYBのクラッチケーブルは完全互換では無いが長さは同じ。
・YBRケーブルを削るかYBRホルダーに換装すればYBにYBRケーブル
 は使える。
・YBR系にYB125SPのケーブルはそのまま使えるので、ナット固定
 によるクラッチ操作の感触は向上する。

こんな結果だったよ。

実はとあるブログでYB125SPオーナーさんのクラッチケーブルが
切れて、お店に注文したら2ヶ月くらい待たされそうになったらしく、
イヤになって別車種へ乗り換えてしまった話を見かけたので、YBR
用は流用できるのか検証してみたかったのだ。

結果的に「工夫すればポン付け」であった。

ホルダーをYBR用に変えればオークションや通販で入手しやすい
YBR用クラッチケーブルを無加工で使えるからYB125SPオーナー
には朗報かも。

とにかく暑い一日だったよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼んできた

2017年07月09日 | YB125SPツーリング

梅雨入りしても運良く休日は晴れるのは良いことだと思う反面、
こう暑くてはたまらない。(泣)

とりあえず里山の林道に出かけてみた。

突き当りに大きな砂防ダムがあり、日陰もあるから天然クーラー
のようになってて涼しい。
河原でおじいさんが携帯椅子を広げてのんびり涼んでいた。

ちょっとバイクいじりをするつもりが、結局やらない一日と
なったよ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ホンダ車用CDIを使ってみた

2017年07月02日 | YB125SP電装系

急にやる気が出てきたから中国広東省五羊本田のOHVマシン、
CG125用の社外CDIがYB125SPに使えるか検証してみたよ。

CG125万能直流点火器(方口)7.2元(約130円)

各コネクターのピンアサインはこの通りだという事は事前調査で
判明していた。

YB/YBR系CDIのコネクタ形状から変換するケーブルを自作。

例の半完成ケーブルの片側を110平型端子に打ち替えて装着できる
ようにしたのだ。
転んでもタダじゃ起きない。w
タコメーター信号線の処理方法は未定だけど、エンジンが動くか
どうかを先行して実験してみたよ。

最初は始動しなかったので、停止線をアースから外してみたら
あっさり始動してくれたよ。
アイドリングは安定していて吹け上がりに息継ぎも現れない。

結局エンジン停止端子は未使用となった。

試走してきたよ。
・終始安定した点火だった。
・加速が鈍い
・トルクが少なくて吹け上がりが遅い
・上り坂が致命的に遅く、パワー・トルク不足
・それにしても安定はしている

どうもYBのエンジン特性に合わないようだった。w
思うにエンジン自体の設計の違いがCDI特性の決定にも関わって
いて、単純な話では無いみたい。

・CG系 内径×行程 56.5 × 49.5 mm
 (YB/YBR系よりショートストローク)

・YB系 内径×行程 54.0 × 54.0 mm

また、タコメーターを動作させようとちょっとした回路や実験を
したけれど、どれもうまく動作しなかった。

PU(ピックアップ)コイルの信号はこんな感じ。
読者様の動画からキャプチャさせていただきました。

試しに保護抵抗経由でタコメーター信号線を繋いでみたが、ピク
リとも針は動かなった。
YB/YBRのタコメーターの入力回路にはダイオードが直列にある
ので、もしかしたら整流されて内部のICが動作するかと期待して
たけど、やっぱりダメだったな。

YB/YBRの純正CDIのタコメーター信号出力はこんな波形。

5Vの矩形波なのでPU信号を波形整形しないと動作しないって
事だ。
オペアンプで変換回路を作るしか無いかな・・・

とは言うものの、CG125のCDIでの走りが良くなかったので、
タコメーター用回路を設計・製作する意味がなくなったので、
もうどうでもいいや。w

試走途中で純正CDIに戻したよ。

このCDIはお蔵入りとなったけど、動作実験としては大成功。
いつかホンダ系CDIの修理・流用などの相談話が舞い込んできた
時に、貴重なピンアサイン資料と動作検証が手元にあるのは便利
だからなあ。
CDIとケーブル合わせて300円程度で色々学び、遊べたから有意
義な実験だった。

さて、次はどんなネタで遊ぼう?

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

社外CDI配線の罠

2017年07月01日 | YB125SP電装系

お?もう7月かよ!

雨なので、買い置きしてある社外CDIをYBに繋げるために色々
模索しだしてるよ。

これはホンダのCG125用の改装用CDI。
CGは元々交流電源式だけどYBと同じ直流電源式CDIに目をつけて
買ってみたので流用実験をしてみたいのだ。

うまく動作検証できればこんなCDIも流用可能なはず。

超能(高性能)天限速(無限の速さ)。(爆)
鵜呑みにはしていないけど、ちょっと面白そうじゃん?
ご存知ホンダ系エンジンって昔からやたらと良く回る設計ですから、
CDI特性もそれなりに考え抜かれてると期待して・・・

で、当然ながら配線もコネクタもヤマハ系と一致するわけない。
タオバオで変換用のコネクター配線を見かけたから注文しておいた。
知りたいのは配線とコネクタのピン配置関係。
ところが・・・

納品されたのは完成品ではなく、半完成品。
これでは知りたい情報が得られない!!

後日、別件注文時に別の店で似たような物を買う。

もう(´;ω;`)ヤダー
前回以上にバラバラで、しかもコネクタのピン数も6ピンが欲しい
ところが8ピンで来た。w
まったく使い物にならない・・・とは言い切れない。
YB側の端子形状は一致してるので「部品を買った」と思えば
使える。
国内で特殊コネクターと端子を買うと2000円くらいかかるから、
材料を買ったと思えば安い部類だよ。

CG125用直流CDI側の端子は一般的な110平型なので、手持ちの
110型端子で再圧着すれば接続可能。
キャブレター式バイクの点火回路って基本的に同じ回路で、付帯
機能や高圧側の回路に違いがある。
幸いホンダとヤマハは似てるから可能なはずだ。
(スズキはイグニションの高圧回路がヤマハ、ホンダと違うので、
流用するにはIGコイルまで合わせないと働かない)

実は一番の難関は「タコメーター配線」をどうするか?
CG系はIGコイルの1次側へ配線しているけれど、YB/YBR系の
CDIには専用のタコメーター動作用端子がある。
よってCG系CDIに無い機能をどこで電気的に補うかが課題だ。

とりあえずあれこれ机上で考えながら、点火系だけは先に実験
する方向で進めようと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加