YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

ポン付けキャブヒーター

2016年12月03日 | YB125SP電装系

電装系をほぼ解明した我がYB125SP。
厳冬期にキャブレターを温めて、アイシング現象を防止するキャブヒーター
付ける事になった。

先日の輸入の時に発注していたキャブヒーターセット
部品番号は1SF-H379019-00だったけど、正規品番なのかは不明。w

ヒーター、温度スイッチ、端子、ワッシャ、配線全てがセットになってるので、
個別注文する必要が無いのだ。(タオバオ id=39505648595  84元也)
ただし説明書は一切ないから、広告中の説明画像をたよりに配線する必要がある。

電装系の解析のおかげでYB125SPの場合、以下のイメージで配線すれば良いの
が分かった。

YBR系やYX等はバッテリーの左横の奥や上にコネクター類が集合してるはずなので、
リアブレーキスイッチからの配線をたどって接続点を見つけると良いでしょう。

まず、ヒーター配線のマイナス極端子(黒)を接続。

バッテリーの左側にある既存線のギボシ端子を分離して、そこへヒーター配線の
黒線を接続する。
ここはYBR系も皆おなじ。

リアブレーキスイッチ配線の行き先を確認。

YB125SPはガソリンタンク下へ登っていた。

ガソリンタンクを外してブレーキスイッチ配線を見つける。

事前調査しているおかげで、簡単に発見できたよ。

ヒーター配線をフレーム裏側の隙間に通して接続する。

ここもギボシ端子なので、ブレーキスイッチ配線茶色の端子を分離して接続。
実は、ここに届かなかったら延長配線を作る必要があるので、購入したセット
は良く考えられた配線長だったよ。 YBR系でも届く長さだと思う。

サーモスイッチ関係を取付・配線する。

狭いフレーム下の隙間から、こんなルートで這わせ、サーモスイッチはウインカー
リレーの上部にある設置場所に収める。
ちゃんとホルダーのベロが出ているので、サーモスイッチのラバーホルダーの溝で
固定できる。

サーモスイッチコネクターをこの位置にした理由は、後からコネクターの確認や
メンテをしやすくするため。

シートやタンクを外さずにアクセスできる利点があるのだ。

ヒーターをキャブレターに取り付ける。

付属のワッシャーでマイナス端子を挟み込んで固定する。
ヒーターは真ちゅう製で柔らかいから、あまり強くねじ込まない様にトルクに
注意して、少し固くなったらおしまいの方が良い。

最後に配線コネクターを差し込んで作業完了。

結果的に輸入したキャブヒーターセットは無改造のまま、完全
なる「ポン付け」
設置することができた。
これは中国の商品にしては珍事だろう。w

気温が10度を下回らないとサーモスイッチは通電しないから、配線をバイパスして
ヒーターの動作確認を行ってみたよ。

メインスイッチONでエンジン始動。

始動して通電直後の「突入電流」は約1.7A。(13.5V×1.7A≒23W)

時間が経つにつれてヒーターが熱くなり、平衡温度に達すると電流も下がる。

平衡温度で約1.3A(13.5V×1.3A≒18W)
ヒーター本体を触ると少し熱いくらいだから、50度には達しているのだろう。
時間が経つにつれてキャブレーター本体に熱伝導し、アイシングが起きるジェット
穴付近は凍結温度に下がる事が無くなるはずだ。
今度、寒い日になったら温度を測りながら効果を確認してみたいと思う。

今回輸入したセットは84元。(代行のチャイナマート・レートで約1800円、キング
・レートで約1500円)
輸入総額は条件しだいだけど、キングには「スモール便」という国際輸送方法がある
らしく500gまで35元固定だから、キャブヒーターセット単体だけ輸入する時は使える
と思われる。(実際そうなるかは未確認) 総額で約2000円ちょいかな。

ただし手続きが面倒だったり日数はかかるし、このセットではシートやタンクを
いったん外す手間もあるから、不慣れな人は日本国内のYB/YBR系部品販売会社
「YB-Japan」がヒーターセットを販売してるらしいので、これを利用する手もある。
値段は少し高いけれど、この記事の輸入セットに追加工されてて、サイドカバーだけ
外せば配線できる工夫が施されているから、付加価値代と追加工の材料・手間代と
時間節約を考慮すると決して割高では無い印象がする。

以上、厳冬期を迎える前に入手して施工したいYB/YBR系キャブヒーターセットの話でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

強化配線とUSBシガソケ

2016年12月02日 | YB125SP電装系

こつこつと描いたりしてた図面が出来たので、予告通りにYB125SPの電源の
強化配線とUSB・シガーライターソケット電源取付の話を書くよ。
YB125SPにUSB型電源でも付けようと、最初はこんな感じで簡単に済ませ
るつもりだった。



すげー簡単でしょ。w
だがしかし、この方法はYBの既存配線の能力に依存するため、どのくらいの
余裕があるのかわからない。
ホーンを駆動する電流で大丈夫なら、USB電源程度は大丈夫と判断してたけれど、
今後、どんな電気アクセサリーを追加するか未定なのでちょっと調査した。

部品取り用に入手してたYBR125無印のメインハーネスを分解してACC(アクセサリー
電源)関係の茶色い配線の接続方法を確認してみたよ。

このように各部へ行くACC配線(茶色)はハーネス途中の一か所でまとめて
圧着接続されていた。

イメージはこんな感じ。

ACC基幹線は0.75sqくらい細かったから、あまり追加負荷を行いたくない。
できればメインスイッチ配線の直近の方が安心だ。

さんざん悩んだ結果、今回YBに施工する追加アクセサリー配線はこの方法にした。

メインスイッチ配線がギボシ端子式なので、これを利用して強化配線を割り込む
方法。
既存配線に並列接続し、電線の電流容量を増やしつつ、後から追加配線しやすい
ように予備線も敷設しておくのだ。
メインスイッチの配線と接点に少し余裕があるから、リレー経由の回路にしない
で済ませたけど、後になって大容量なLEDサブランプなどを追加したくなった時には、
予備線からリレー回路を組めば良いと思っている。
その時は、メーター内照明、テールランプをLED化して、全体の消費電力の
バランスを保つ必要があるはずだ。

実際に作った配線。

ステアリング・ステム周辺の動きや配線保護のために、ジャバラ状のコルゲート
チューブ(「エーモン・配線チューブ」など)内径7mmを使った。
バイク用品店やホムセンの自動車電装品売り場、電材売り場、カー用品店で
見つかるだろう。
電線は基本、太さ1.25sqを使ったけれど、手持ちの0.75sqも混在してる。
USB電源やパーソナルナビしか使わないなら前出の簡単配線を0.75sqで組んでも
構わない。
線材はデイトナのバイク用配線AVSシリーズとエーモンのAVシリーズを愛用。

分岐接続の一例。

分岐したい箇所をデザインカッターなどで外皮を剥く。

追加したい線も剥く。

予め、ギボシ端子メスの絶縁チューブを通しておく。

丁寧に巻き付ける。

俺はこの時点でハンダ付けして、ギボシ絶縁チューブの代わりに熱収縮チューブ
で絶縁処理しちゃうんだけどね。

ギボシ端子メスを圧着スリーブ代わりにする。

この方法なら4~5本くらいまでまとめられる。
YBR純正方法と変わらないのだ。

圧着する。

正規な方法じゃないのでいびつだけど、しっかり固定する。

絶縁チューブをずらして被せる。

意外と面倒だったり簡単だったり、個人差はあるだろう。

ギボシ端子オス側の分岐方法例。

10mmほど剥いてから折り曲げる。

ギボシ端子にセットする。

配線を切らずに圧着できるため、線間接触不良が起きないのだ。

熱収縮チューブを被せてライターの火であぶる。

これでギボシ端子オスの分岐配線は完璧。
こんな感じで図面の回路を元に配線を作っておいた。

車体に組み付ける。
シートを外しておいて、ガソリンコックをOFFの位置にひねる。

ガソリンホースも抜く。

タンクの右前の下側にある燃料蒸気還元回路のチェックバルブを外す。

チェックバルブは樹脂製だから、管を折らないよう慎重に。

燃料タンク固定金具を外す。

裏表と回り止めの凹みがあるので、組む時には位置を再現する事。

タンクを少し持ち上げて、後方裏側の燃料計センサーの配線コネクタを抜く。

ロック機構部を押しながら抜く。
後はタンクを慎重に、左右に少し揺らしながら後へずらすと車体から分離できる。
タンクは地面に直置きせず、座布団などを敷いてキズ防止すると良い。

USB・シガソケユニットの位置決め。

まあ、こんなもんでしょ。w

そのままじゃ配線が長すぎるから短く切り、ヒューズケース内で配線を切って
端子にハンダ付けしなおした。

この長さであれば、OKだろう。

追加配線を車体に這わせる。

既存のメインハーネスにそって這わせると、ハンドルを切っても挟まれたりする
事が無い。

マイナス線は今回、キャニスターの固定ボルトに共締めした。

テスターで確認したらフレームを通してちゃんとバッテリーのマイナス極とつな
がっているので、この場所が作業的に楽だと判断した。

車体の配線ルート。

タンクやシートに挟まれる事が無い様に、メインハーネスに添わせると良い。
この作業をいいかげんにやって、後にショートや電気火災を起こす例はあると
お店も言っている。

ライトケース内の配線。

メインスイッチ配線をたどり、青色のギボシ端子を分離して分岐配線やUSB・シガソケ
を接続する。

整線し、タイラップでドーナツ状にまとめる。

後から確認や追加がしやすい様にまとめると良い。

最後にヒューズコネクターの空き端子にプラス極配線を接続する。

これで既存の15Aヒューズを経由してバッテリーに繋がるのだ。
メインスイッチをONにして、無事にニュートラルランプやUSB電源が通電できれば
配線は完成。

ガソリンタンクを戻す前に、保持用のラバーダンパーにシリコングリスを薄く塗布
しておくと組みやすく、しかも次回外す時は楽に動かせる。

タンクを載せたら燃料計センサーの配線コネクタを差し込むのを忘れずに。
後は燃料ホースやチェックバルブなどの配管を戻してタンクを固定、シートやら
サイドカバ-を元通りに固定すれば完了。

分からないとか面倒なら、一番簡単なホーン配線からの配線で構わないけど、
ホーンの配線容量は限界に近いからUSBシガソケ以外のアクセサリーは絶対に
追加しないでいただきたい。

最後に配線の強化前と後の電圧変化を、消費電力が高いヘッドライトの端子電圧で
アイドリング時に比較してみた。
強化前の純正状態。

13.48V。
配線強化後。

13.64V。
回路的にバッテリーからの配線のみが太くなっただけで末端では0.16Vの改善が
あり、負荷がもっと上がれば差はさらに広がるだろう。
苦労の甲斐はあったと思いたい。

以上、大雑把だけど要点は説明できたかな。

当ブログの各写真や図面は個人的に転載や再公開をしても構わないけれど、営利
目的の商品に添付する説明書への無断転載はご遠慮ください。
これでも夜な夜なコツコツと描いてるので、技術的図面の対価は結構な額になるの
は業界の人で無くてもわかるだろう。
内容を元に御自分で描いて記載する分には構いません。
それでも転載したいなら、事前にコメントで連絡し、転載元を明記してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YBの電装を知る

2016年12月01日 | YB125SP電装系

お?12月になってしまった。(;´Д`)
YBRの電装系統は「シガソケとかキャブヒーターのリンク集」で
既出だったので、今度はYB125SPの電装関係を色々調査してみた。
USB電源追加とか色々応用も効くしね。

ヘッドライトカバー内

2007年式YBRと比べてずいぶんスッキリとまとまってる。
ライトケースが狭くなった分、開発で色々工夫したんだろう。

メーターアッシーからの配線

一番複雑な配線だけど、整理してみると大体の目的が分かって、いざ故障や改造時に
役立つはず。

メインスイッチ配線。

こいつが一番利用価値があるギボシ端子式配線だ。
YBRシリーズの場合3Pコネクタだったり年式・型式によって色々あるけれど、
YB125SPや昨今のYBRやYXなどはこの方式。
車体側の配線が少し細いのが気になる・・・

バッテリーの右横の配線群。

ほとんどYBR系と同じ。
YBにはスタータースイッチからの未使用線がある。

YBRで見かけたエンジンからの配線コネクタが見当たらないので、ガソリン
タンクを外してみた。

こんな所に隠れていたよ。w
CDIやレギュレーターの配置はYBRシリーズと同じだった。

エンジン関係のコネクタ。

YBや昨今のYBR系ではギアポジション用の配線が有るくらいで、他は皆同じ。
FIモデルYBR125に関しては発電コイルが3相交流の3線式。

テールランプ関係とリアウインカーのギボシ端子配線群。

この場所からの応用となると、キルスイッチ回路とトップボックスのLEDストップ
ランプ配線くらいかな。

CDIユニットのピンアサイン(各端子の意味)

旧型YBR125K以外は基本的に同じ。
故障診断や社外品レーシングCDIの利用時に、このピンアサインが重要になってくる。
誤配線は故障や火災の原因になるのだ。w

余談だけど、中国生産のXTZ125EのCDIはこの6ピン型コネクタでCDIの筐体も
YB/YBR系と同じなんだけど、A B端子の配線色が違ってるみたいで。接続先
回路が不明。
XTZにはタコメーターが無いので一か所未使用になるはずなんだけど、実機が目の前
に無いから確認できないのだ。
電気配線に詳しい中華XTZ乗りからの情報を待つしかない。
実は中華XTZ125EのCDI動作が固定進角式という話が舞い込み、回路しだいでは
YBやYBR系のCDI、あるいは社外CDI流用で可変進角へ改善できる話にもなる。
A B端子の回路・機能さえわかれば話だ。

レクチファイヤー・レギュレーター。

ピンアサインはFIモデルYBR以外、すべて同じ。
互換性があるので、故障時に中古やタオバオ輸入する時に悩まなくて済む。
こうした共通仕様はユーザーにとって、実にありがたいのだ。

ギアポジションインジケーターの回路。

YB125SPは2013年式以降のYBRシリーズと同じ回路動作だった。
シフトインジケータ付きのモデルなら参考になるだろう。

他にもハンドルの左右スイッチボックスやライト関係もあるけれど、これらは
通常触る事は無いので、今回は調査しなかった。
代わりにYB125SPの動作時の消費電流を測ってみたよ。

エンジン始動後、右スイッチをポジションにセット。

約1A程度しか流れていない。

エンジン始動後、ヘッドライト(35W)を点灯。

おう、3.6Aくらいに増えた。
この時点での消費電力は14V×3.6A=50.4W
走行時はこれだけバッテリーからの配線に負荷がかかるのだ。

さらにブレーキランプを点灯させる。

約5Aなので14V×5A=70Wもの消費電力が信号待ち等で発生する。
こまめにライトオフするか、ポジション球とテール球、メーター内照明をLED仕様
に変えて負担を軽くするのが得策だろうね。
特に後付けでUSBシガソケ、補助照明のフォグランプ、あるいは厳冬期のグリップ
ヒーターを追加する時かな。

色々調べてみた結果、YB125SPは基本的には10年前のYBR系と変わらない電装回路
構成だけれど、配線の太さやコネクターの種類と収納方法に違いはあるので、YBR既存
情報による思い込み作業をせず、テスターで回路を確認しながら修理や改造をすると
良いと思ったよ。

次回はUSBシガソケ設置をネタにする予定。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

注文品が届いた

2016年11月27日 | 雑記

11/9に代行会社へ発注した品々が輸入・到着したよ。
途中、思わぬ交渉日もあったけれど、18日間で届いた。

簡易包装との事だったが、わりとしっかり包んできた。
これなら合格。
色々と買ったけれど、代表はこちら。
アシストグリップ。

YB125SPの場合、スロットルケーブルが2本仕様なのと、キャブ
のリターンスプリングが少し重めだから、ひねる力はちょっとだけ
強くしなければならない感じなので使ってみたいのだ。
YBRの時はベロみたいなアシストアダプターを使っていた。
グリップ自体がこの形状ならスッキリしていいかな?と思う。
長さがYBやYBR純正より長いけど、普通はこのまま差し込める
はずだ。
アルミ製のグリップエンドを良く観察したら、ネジ止めだった。

外してカッターで穴を開ければレバーガードやお気に入りの
バーエンドと兼用できるだろう。

噂のキャブヒーター・フルセット。

ヒーター容量は15Wが付属していて、最大約1Aの電流が流れる程度。
既存のアクセサリ(ACC)電源線のギボシ端子箇所に割り込む
方式だね。
実車のACC端子の該当箇所に届かなければ、延長配線を自作すればいい。

バイク用時計。

実はこれが一番欲しかったのだ。w
念のため2個購入したら、一個は防水シールがはみ出している。w
押し込もうとしたけど簡単にはハメられないので、このまま余分を
切って多目的接着剤でシーリングしちゃおう。
安い物だからいちいちクレームを付けるつもりは無い。
きっと何時か外れたり壊れるんだろうなぁ。w

他にもいくつか部品やら何やらも届き、今回の内容は十分に
送料・約3600円(5㎏)を相殺できたので満足だよ。

初めて使った代行会社はこんな感じだった。

途中から自分でマイページにアクセスして進捗を確認しなければならないし、
運輸方法はEMSではなくて別の航空便だった。
このおかげで通関や到着状況を把握できないのが欠点だね。
時計の一件で検品は個数や色程度しか期待できない感じだ。
反面、総額料金が安く済むメリットもあるので、急ぎとか心配性・神経質で無い限り、
この代行会社を利用する手もあると思った今回の輸入だったよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒いけどウロウロ

2016年11月26日 | YB125SPツーリング

雪も解けてきたようなので、ちょっと山奥まで行ってみたよ。

道路はどうにか雪は残っていなかったから、駐車場まで難なく
たどり着けた。
日陰にはまだ雪が残ってる。

関東は11月として54年ぶりの初雪だったため、紅葉の時期
と重なって珍しい景色を見る事ができる。

だがしかし、寒い。w

帰りにバイク量販店に寄ったら噂のFAZER125(YS125)が展示
してあった。
さっそくスケールで少し採寸させてもらった。
タオバオで見かけるYS150/YS125用エンジンガードを流用でき
ないか確認したかったのだ。

このシンプルな形はEUヤマハのフランス製エンジンガードに
似ているが、構造が違う。

こんな感じにエキパイの内側を通すので、社外品のマフラーに
交換しても干渉しない特徴がある。
採寸した結果、YS125のエンジンハンガー幅は6cmで、YB125SP
と同寸だったよ。

もちろんYBR125シリーズやYX125、YB125ZもYBと同じエンジン
形式なので、流用可能だと思う。
大きなエンジンガードは保護性に優れてるけれど、ちょっとした
転倒程度で身体や車体を守るなら、こんなガードでも役立つと思うし、
大げさな感じがしないから、スポーティなフォルムの車種に似合う
感じかな。
エンジンガードの開発に切磋琢磨してる中国製品なので、実用面でも
考え抜かれた形状とサイズだろう。

とりあえずYS125のアフターパーツで使えそうな物が一つ見つかった
から、実車の採寸って大切だな。w

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加