YB&YBRダイアリー

中国ヤマハのYB125SPとYBR125でバイクライフを満喫するブログ
(自己責任を伴う整備・改造を多く含んでいます)

2週間ぶり

2017年03月20日 | YB125SPツーリング

色々あって2週間ぶりにSP号に乗った。
気温も上がって1発始動し、その後も安定。
もうキャブヒーターの季節でないようだね。

あまり遠くへ行けないので、山道を少し徘徊。
道志道は交通量は多めだから、脇道をトコトコのんびり走ってきた。

帰路は河原で一休み。

徐々に野鯉狙いの釣り人も増えてきている。

帰宅してチェーンを見ると少し汚れていた。

軽く掃除をしてからAZのチェーンオイルを注油し、遊びを確認。
特に伸びてる気配は無くて、2千円台の安い中国産シールチェーン
でも125cc程度のパワーなら十分にもつ感じかな。
クリップ式なので一旦外して本格的に掃除する方法もあるけれど、
クリップは何度も付け外しすると折れやすくなるので、カシメ方式
と同じように掃除と注油をした方が安全だ。
クリップの予備でも買っておけば、新品交換を前提に付け外し掃除
もいいだろう。
激安チェーンなので予備クリップなんか売られてないけれど、DIDの
ノンシールチェーンのクリップが使える事が分かったので、どうに
でもなりそうだ。
この手のクリップって規格があるのか、はたまた中国製が寸法をコピー
していてるのかは定かでない。

とにかく、久しぶりのプチツーリングでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマホ対パソコン

2017年03月12日 | 雑記

ネタが無いので久しぶりに雑記。

時代が変化して、今や情報ツールとしてスマートホンが主流に
なりつつあるけれど、はたして本当に情報を得るのが得意な
ツールなのか?

どこでも持ち歩け、LINEやツイッターなどで手軽に交流するのに
スマホは確かに便利だし楽だよね。
寝転がっても見れるし。w

ところがYBやYBRのような国内非正規バイクの維持管理と部品探しは
スマホだけでは画面が狭すぎて足りないと思うんだ
もしも自宅にパソコンが有るならぜひ大画面で検索し、探してみて
欲しい。

以上、日ごろから何となく感じていた事を書きなぐってみた。
つまり、本当にネタが無いのだw(ブログは仕事じゃないから
マイペースさせていただきますよん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイロットスクリュー調整

2017年03月05日 | YB125SP整備

ネタ不足の中、3月になってしまったよ。

納車後に一度も確認していなかったキャブレターのスロー域の
状態を見てみた。

今頃の季節が気温や湿度の関係でパイロットスクリューの調整を
するのが分かりやすいので、ついでに微調整した。

まず、納車時の現状を把握する。
エンジンとエンジンオイルを温めるために30分ほど走ってから、
出先で確認と調整をしてみた。
冷え切ってる状態では適切な調整はできないのだ。

右回転で締めこんで「何回転開けていたか?」を確認してメモ。

我がYBR125SPは1回転開けだった。

資料や他人の実例だと約1・1/2回転開け付近なので、若干薄く
調整されていたけれど、特に真冬の始動には問題は無くて個体差
で1回転になったのかも。

我流ではあるが何回かの試行錯誤で分かりやすい調整方法を見つけた。
締めこんだ状態から左回転で0.5(半回転)開ける

エンジン始動でも一応アイドリング状態は保つ。

アイドリングスクリューを回して1000回転になるように調整。

この方向に回すとアイドリング回転が下がる。
逆方向だと上がる。

1000回転にセット。

800~1000回転付近で構わない。

そしてパイロットスクリューを左回転でゆっくり開けて、回転が
上がるポントを探す。

反応が鈍いから、かなりゆっくり回さないと差が分かりにくい。

少しアイドリング回転が上がった。

何度も繰り返し探った結果、パイロットスクリューは約1回転で
上がり切る事が分かった。
無駄に開いても再び下がるか変化無しで、スロー域が濃過ぎる
状態に陥るから、何度も確認したほうが良い。

パイロットスクリューの回転を決定したら、アイドリング回転を
約1400~1500回転に調整する。

アイドリングスクリューを回して決定する。

ほんの少し上げるだけで済んだ。

そしてスロットルを小刻みに上げ下げしてからいったん手を放し、
アイドリングが変に落ち込んだり止まらない事を確認して、
一旦調整は終了。

最後に仕上げの微調整。
ドライバーをポケットに放り込み、その辺を走りながらスロットル
開閉時の反応やトルク感、加速感、ふけ上がりを確認。
良い感じに収まってるけれど、パイロットスクリューの微調整を
してみた。

結果、さらに1/8回転開けでふけ上がりの反応が良くなり、トルク
も若干増した。
ただし1/4(2/8)回転開けにするとふけ上がりが悪くなったので、
この辺が微妙な調整の限界なんだろう。
個体差はあるので、1~1・1/2回転の範囲内で収まれば正常だと
思えばよいはず。
ただし、マフラーを社外品に変えてる時はこの範囲外になる可能性が
あるので、その場合は個々の調整結果しだいって事で。w

繊細なパイロットスクリュー調整なのだ。

確認調整の結果、我がSP号はかなりちゃんと調整された状態で
納車されていたようで、安心したよ。

中古車や大雑把な納車整備の車体の中には、パイロットスクリュー
調整が適正値から大きく逸脱した個体も存在すると読者様の情報
から得ている。
ひどい個体だと3回転も開けられていて、真冬もチョーク無しで一発
始動するものの燃費は大変悪くて閉口していたところ、調整をしたら
ふけ上がり良くなり、燃費も良くなった話も本人から直接聞いている。

なお、自分で調整する時はキャブレター内部とエアクリーナーが
綺麗で、プラグも劣化していない状態で行ってください。
正常な状態のエンジンでないとパイロットスクリュー調整の変化が
分かりにくく、効果も出ないのだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

電圧計付きUSB電源を付けた

2017年02月26日 | YB125SP電装系

我がYB125SPにはUSB電源付きシガーライターソケット
追加装備しているけれど、シガソケを使う機会なんかめったにない。
結局USB端子型の電源だけあれば済むので、通販のアマちゃん
見つけた電圧計付きUSB電源を購入して交換したよ。

シガソケタイプと似てる外観で、USB電源端子は2系統。

裏に電源の入り切りスイッチが装備されていた。

切り忘れさえ起こさなければバッテリーに直接接続しても構わない
んだろうけれど、強化配線のACCラインがライトケース内に追加
してあるから、そこへ接続する事にした。
問題は配線長が50cmくらいで短い事。

配線長が短くて届くか心配だったが、調べたらライトケース内まで
丁度良い長さだった。

付属の110型2P端子を抜いて、ギボシ端子に交換。

設置してからスイッチをON。

電源投入直後は電圧測定がまだ安定していないので高めの表示を
示すけれど、1~2秒毎に測定・表示する仕様だからすぐに落ち着いた。

エンジン停止時のバッテリー電圧は正常だった。

エンジン始動で充電電圧を表示。

テスターで表示の誤差を測定していないが、目安にはなる。

ヘッドライトとブレーキランプを点けてみた。

3000回転付近から良い感じに安定している。
信号待ちのアイドリング状態では徐々に低下し、長時間だとバッテリー
電圧付近まで下がるけれど、過放電の感じでは無かった。

強化配線のおかげでメインスイッチ以後の電圧が安定している事が
分かり、不意な電装不具合も予見できそうだから電圧計付きに変えて
良かった。
防水とかの性能は不明。
どうせ安いから気にしたら負け。w
暇を見てケースのネジ止めを外して中味の確認や防水対策でも練ろう
と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘッドライトバルブ交換

2017年02月19日 | YB125SP電装系

すでに配線強化とメーター内LED化による省電力化を施工した我が
YB号。
今度はヘッドライトバルブを交換して光量を少し増す事にしたよ。

用意したのはHi/Lowが45/45Wのハロゲン電球。
【ノーブランド】H4 12V45/45W ハロゲンバルブ
本体¥ 756   +送料 ¥ 600
昨日の正午前に大手通販のアマさんに発注したら、なんと今日の
昼前に到着してしまった。
別にお急ぎ便で注文したわけではない。
発送が大阪からだったからなのか、データベースと物流が上手く
リンクしてるのか定かでは無いけど、早いので驚いたよ。w

流行りのLEDは専用設計の反射鏡とセットでないと配光が広がりにくく、
HIDはバラストの設置や寿命を見てると導入するメリットは低いと判断し、
使い慣れているフィラメント式のハロゲンランプにしたのだ。

早速、車体の純正バルブを交換してみた。

構造をよく見て留め金をずらせば簡単に外れる。
H4型なので簡単だ。

昼間の比較なので分かりにくいが、こんな感じに光量が増した。

たった10Wの差ではあるけれど、この程度でもトンネル内の
見え方が少し向上したので、成功だと思う。
YBR号の時は60/55wだった。
YB号はキャブヒーター搭載もあるので、消費電力のバランスを考えて
光量を欲張らなかった。
純正レンズの配光は相変わらずいびつなスポット的。
気が向いた時にYBR号に施工したスタンレー製のガラスレンズに
交換して配光を改善してみようと思う。

話変わって、ちょっと家庭内の事情により今後ブログの更新ペースが
下がるか、机上でのネタに偏る可能性が出て来た。
暇なら過去記事でも参照してくだされ。
記事が古くても昨今のYB/YBR系に応用できるネタはきっと見つかるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加