YBR125ダイアリー

ヤマハ・YBR125を整備・改造・改悪しながらバイクライフを満喫するブログ
 (自己責任を伴う整備・改造も含んでます)

こんなところにフィルターが

2016年06月19日 | YBR関係雑記

いよいよネタが無くなってきたので、フィルターの話などを・・・
保存状態がわからない中古のYBRを買ったはいいが、どうも調子悪いと
悩む場合もあるだろう。

とりあえず、燃料タンクの出口にあるガソリンコック下部のフィルター
を確認するとよい。

フィルターカップ内の汚れや水分などの有無もチェック。
フイルタが詰まってる場合は抜いて内側からエアーを吹くか交換すればよい。

長期間、管理の悪い車体だとタンク内に水分が溜まり、これがリザーブ位置に
した途端、フィルターカップに落ち込んでいったん留まるけれど、度を超すと
フィルタに付着したりそのままキャブレターへ流れて不調の原因になる。
このフィルターはシュラウドに隠れてて見えない盲点的な箇所だね。

次に、こんなところにフィルターが!

15番の部品。これは先ほどのガソリンフィルターでも通り抜けてしまった
異物を最後に濾すためのストレーナー的な存在だ。
普段はガソリンホースに隠れて見えないし、キャブレターのメンテナンスをする
時にも気づく人はほとんど居ない。
引っこ抜いてみると汚れ具合がわかるだろう。

何年も寝かしてた車体だとガソリン気化後の残留物がこのフィルターに付着して
流れが悪くなり、速度を出してる途中でガソリン供給量が足りなくなってプスプス
とエンスト気味な症状になる可能性がある。
2011年式以降のBS25型キャブ搭載の中古YBRの場合は、このフィルターを一度チ
ェックしておきたいものだ。

ほかにもキャブメンテナンス時、7・メインジェットホルダーの横穴の貫通状態、
16・チョーク機構の動きや錆の有無、チョークの働かせ方・解除の仕方の勘違い
など、
意外な項目が原因で不調になる場合もある。

情報の少ない中国産輸入車YBRならではの盲点だらけな話でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リアタイヤの慣らし

2016年06月18日 | YBR125ツーリング

早朝、リアタイヤを交換したので、今日はタイヤの慣らしを
しよう。
とにかくクネクネと長距離だな。

久しぶりに黒野田林道まで来てしまった。

ここからはっきり富士山が見えるのは珍しい。
今のところ、新しいタイヤの変な癖や弱点は見つからない。

笹子トンネルを通過して甲斐大和の道の駅で早めの昼食。

この甲州カツ丼ってメニューは最初からご飯大盛りでいい。

甲斐大和から突然右へそれて、嵯峨塩鉱泉方面へ向かった。
道がクネクネしててタイヤの慣らしにぴったりだよ。

上日川ダムに到着。ここ、初めて来た。
昔、この界隈をキャンプ道具積んでウロウロしてた頃は、この
ダムの建設反対運動騒ぎが起きてたから、ずいぶん年月が
経ってしまったよ。

先を進むと見たことがある分岐に来た。

林道日川線の終点(出入り口)だ。
左を進むと大菩薩峠方面へつづく。
日川林道は湯ノ沢峠へつづく道なのだ。
とにかくこの界隈の林道は、車体が傾いてる時間が真っすぐ立っ
てる時間より長いというクネクネ三昧な道なので、本当に楽しい。

そして看板もよく見かけるくらい、落石も多い。w

この石、たぶん今日落ちたものだ。

古代の巨石文明を思い出すと、人間、やる気になればこのくらい
は動かせるだろうと、思い切って移動を試みた。

ゼーゼー言いながらどうにか端まで移動した。w
そして、歴史に刻まれることは決して無い・・・

日川林道は脇にこんな感じで休憩できるところがいくつもある。

脇に気が付くくらいの余裕があれば、極上の日陰で休憩できる。
目を三角にして攻めてるだけじゃ見つけにくいよ。

下界け下りる途中で富士山を見る。

穴場的な場所なのだ。

クネクネ走りまくった結果、タイヤの慣らしは完了した。

ティムソンTS608、なかなか良い感じ。
なんの不安もなく、荒れた舗装路、ジャリ林道などもそつなく
こなす具合で、オールラウンドに使えるからYBRにピッタリ。
久しぶりに気に入ったタイヤを見つけることができた。
ミシュラン・シラックにこのサイズ90/90-18が無いので、
代役にでもできるかと期待して導入してみたら、期待以上の
感触だった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

激走?山の中

2016年06月12日 | YBR125ツーリング

関東は梅雨入り宣言されたけれど、今日は貴重な晴れ間なので山の方へ
涼みに行ってきたよ。
上野原から小菅村へ山道を“激走”?。
例のバルブタイミングとキャブセッティングの関係を調べて見たかったのだ。

道の駅こすげでアイスクリームを食べてから、通行止めになってしまった
松姫峠を見に行ってきた。

登山口でもあるためか、バスはまだ運行しているみたいだ。

松姫峠から下りて、松姫トンネルを激走?して深城ダムまで来た。

ニュースで関東地方の水不足が話題になっていたのを思い出すほど、
ダムの水位は下がっていた。

上野原へ戻る途中、集落でイノシシ出没騒ぎに出くわす。

猟友会が挟み撃ち体制に入ってたものの、実際撃つこともできず、
にらみ合いをした結果、イノシシは隙を突いて見事に逃げて行った。w

上野原のスーパーマーケット公正屋でオヤツを買い込み、
大野貯水池で休憩。

ここは木陰があって夏でも過ごしやすい。

山道ばかり激走してみた結果、上り坂での加速が随分マシになった。
パワーバンドがハッキリ分かるようになったので、上手く維持すれば
3~4速でもグングン上ってくれる感じ。

今日も帰宅直前に燃費を測ってみたよ。

44.74㎞/L。
“激走”してこの結果は正直意外だった。
もっと悪く出ると思っていたので、これで安心して山の中を徘徊できる。

とは言うものの、リアタイヤが消耗しきってしまった。

新しいのを買い置きしてあるから、来週はタイヤ交換だな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツーリング燃費を測りなおした

2016年06月11日 | YBR関係雑記

バルブタイミングを直した結果、トルク増しと吹け上がりが良くなった
ので、燃費を測りなおしてみた。
先日、山中湖往復時では49.7km/Lという結果だったけど、今回は
PZ27キャブレターのセッティングもやり直しての測定。

以前はMJ:102 PJ:38 JN:2段+0.25シム PS:1・5/8というトルクやせ
燃費優先仕様。
今回は上記のセッティングで全体的にトルクが太くなったけれど、少し濃い感じ。
MJを100に変更していろいろ調整してみたが、今度は全体的にトルク不足な
スカスカな感じになった。

結局MJをまた102に戻してから、JNの調整をした。

上から2段の位置で決まった。
PSも絞り込んで1・3/8回転開けに決定。

山中湖まで行ってから、忍野の樹海を徘徊してみた。

もうセミの声が鳴り響いてて五月蝿かったよ。w

帰宅直前にガソリンを補給。
走行距離188㎞でガソリン消費量は4L。
結果、47㎞/Lになった。
これはかなり良い。
全体的にトルクもりもり、加速も良くて山道が楽しくなったから、ついつい
いろんな場所へ入り込んでこれならば、大満足である。
もっと平坦な道を淡々と走れば、さらに良い結果になるだろう。

今まで同じルートで42~43㎞/Lくらいだった。
明らかに良くなっている。
やはりカムチェーンの架け間違いが影響してたんだな。
俺のYBR人生で無駄だった分のガソリンを返せ!と言いたい。w

最後に特記しておいたほうが良さそうな変化はこれ。
までの始動状態「ギュルギュ・ストトトト」
今の始動「ブロロローン!」 瞬間1ミリ秒!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試走で買い物

2016年06月07日 | YBR関係雑記

カムチェーンの正常化で元気モリモリになったYBRが嬉しくて、夕食後に
近所の中古工具屋さんまで行ってきたよ。

戦利品。

安物だけどM3~M12タップ・ダイスのセット。(ネジ山作成工具)
おまけで追加品のM3、M4のスパイラルタップまで入っていた。
おまけ以外は未使用だから、かなりお得な買い物だった。
他に日本製・電動ハンダ吸い取り器。
温度調整機能や熱吹き出し(シュリンク用)機能まで付いてる。

両方共、普段は活躍の機会は無いけれど、いざ必要になる時には
これでないと務まらない状況はある。
合わせて2,980円で便利工具が手に入った。

YBRの方は速い流れの国道をスイスイ進むようになった。
とにかく3千回転から8千回転までの吹け上がりが良くなったし、5速で
3千回転維持や、そこからの加速もできるようになった。
今までよりもトルクカーブやトルクピーク、バワーピークがつかみやすい。
PZ27ビッグキャブの性能がさらに全面へ出せた感じなので、もう一度
燃調を見なおしてみたいと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加