ユッコ姉の日記

日々思うことをタリラリラン♪っと・・・。

初めてこのブログを読まれる方へ

2019年11月30日 00時00分00秒 | 思う事・・・
私のブログには、たびたび子供達の事があだ名で出てきます。
あだ名の説明は7月31日のブログに書いてありますが、随分前になりますので、
初めてここに来てくださった方が少しでも状況を分かりやすいように、
ここで簡単に説明を入れておきます。

 主人 自営(自分の自由に営業してる?)の塗装屋さん
一番上の子 あだ名はヒョロナガ 現在社会人3年生 ♂(只今東海地区で働いています&クローン病あり)
  二番目の子 あだ名はオシメ 現在社会人6年生 ♀(現在一人暮らしチャレンジ中。軽度の発達障害&潰瘍性大腸炎あり)  
 三番目の子 あだ名はコデブ 現在社会人4年生 ♂ (現在実家暮らし)
 そして私 2004年に脳腫瘍の手術を受け、顔の左半分に後遺症が残りました。
    2014年には、心臓にも病気がある事が分かってきました。
    でも、毎日元気にやってます!ε=┗(`・∀・´)┛=3
  (これでも元エステティシャン。
   いろいろなお仕事を経験して、現在は障害児支援のお仕事をしています。
   以上、うちの家族です。よろしく! 

注 *ここは家族紹介のみです。
毎日更新している記事は、この一段下の記事からです。


      - カテゴリーについて -
    カテゴリーで見ると、順番が逆になってしまいますので、
    初めから順番に読みたい方の為に、シリーズ物をまとめてみましたー。
      *「ヒョロナガの自転車旅行」を初めからご覧になりたい方はコチラからどうぞ。
      *「にぎやかな出産」を初めからご覧になりたい方はコチラからどうぞ。
      *「数字マジック」を初めからご覧になりたい方はコチラからどうぞ。
      *「ちょっぴり親孝行」を初めからご覧になりたい方はコチラからどうぞ。

それでは、本日の分をお読み下さい。↓
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

私の初夢は・・・って

2018年01月08日 13時40分03秒 | 思う事・・・
あけまして おめでとうございます。
今年も、この私の思うままに書いているブログをよろしくお願いします。

さて、今年の我が家のお正月は、珍しく家族5人全員揃いました

年末に退院したオシメは、その後もかなり調子が良く、お仕事を7日までお休みして、今日からお仕事に復帰しました。
ヒョロナガも体調はとても良くて、大晦日こそ友達と出掛けましたが、年が明けてからは何も予定を入れておらず、5日までお休み。
コデブは、30日31日とお仕事入れられましたが、その後正月三が日の他に、4日と5日に有給を強引にGETしました。
主人は、クリスマス頃から既に冬休み?
私は4日からお仕事入っていたのですが、急遽キャンセルになり、結果6日までお休み。

と言うことで。今年は1日~5日まで家族全員揃っていました。
最初こそ、「何日も5人揃うのは久しぶりだねえ~」なんて喜んでいましたが・・・
正直、5人家にいても、何もすることがない!大人5人もいては部屋も狭い!
結局、各自それぞれゲームをしたり、PCでネットサーフインしたり、TVを見てたり、パチンコに行ったり・・・
う~ん、家族揃うのは嬉しいけど、やっぱり3日間ぐらいで充分なのかな?

さて、我が家のお正月報告はこのくらいにして、ようやく本題です。
皆さんは初夢って見ますか?
私は普段からほとんど夢を見ることは無いのですが、
昨夜、珍しく夢を見ました。
ちょっと日にちは経っていますが、年が明けて初めて見た夢なので、”初夢”ですよね?
この初夢が、ちょっと変な(嫌な?)夢だった・・・

昨夜 私はネットで遊んでいて夜更かししていました。布団に入ったのは既に午前3時ー
で今朝、私は6時半に夢で目が覚めたのです!

夢の内容はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は主人と一緒に高校時代の同窓会に参加していました。(私と主人は同じ高校の同級生です。)
その同窓会は普通のとちょっと違って、山奥の山小屋風の旅館に6日間ほど泊まるという同窓会。
当然参加者は少なく、私たちを含めて20人ほどしか参加していませんでした。
宿泊して3日目。
それまでに仕事の関係で先に帰った人が2人。また、同じく仕事でその日に帰る男子が3人いました。
(まあ普通に社会人なら、なかなか6日も休み取れないよね。)
私は友人女子(高校時代同じグループの子)と2人でデッキに出てお茶をしながら雑談していました。
彼女は結婚していませんでしたが、話しはウチの主人の事にー
(主人は隣のクラスでしたが、同級生なので彼女も主人の顔は知っている。)
私が主人への不満などをグチグチと言っていたのですが、その時その友人女子が言ったのです。

女 「まあそう言わずにさあ~。長い目で見てあげなよ~。アイツ(主人)は昔からそんなカンジじゃないのお~。」
私 「そりゃまあそうなんだけどさあ~。やっぱり腹が立つじゃない。
   ん?でもアナタ、高校時代のウチの主人のこと、そんなに知ってたっけ?」
女 「え!・・・・・・・・・ まあ、もう30年以上も昔の話だから、いっか。
   実は私、kokiyuのご主人と付き合ってた時期があるんだよねえ~」
私 「え!そうなの!」
女 「うん。」
私 「高校卒業してから?」
女 「うう~ん、キチンと付き合ったのは卒業してからだわ。でも正確には在学中からかなあ~?
私 「はあ~?私が主人と別れたのは、高3の1月だよ? どういう事?!」
女 「私、アイツと中学からの同級生なんだけど、kokiyuと付き合ってる頃、アイツからイロイロ恋愛相談受けてたんだよね。
   あんた、あのころからかなり気が強かったからねえ~。
私 「・・・・。
女 「で、アイツが私にメソメソグチグチ話すわけよ。なんだかんだ相談受けてるうちに、そういう関係になっちゃって・・・」
私 「・・・・・。
女 「あ、でも別に私がアイツを好きとかじゃなかったよ!
   ただ、相談受けてるうちに、あんまりにも自分に自信がないカンジだったから、なんだか可哀想になってきちゃって・・・
   ”自分の自信を取り戻しな~”ってノリでー
私 「・・・・。」
女 「で、アイツが泣きついて来るたびに、そういう関係が続いてたんだけど、卒業前にkokiyuと別れたじゃない?
   アイツまためそめそ泣いててさあ~。私との関係もそのまま続いて、卒業してそのまま正式に付き合いだしたってワケ。
   でも結局、半年くらいで別れちゃったけどねえ~。
私 「・・・・。」

私は黙って席を立ちました。私の頭の中はー
 ”なにそれ?つまり主人は当時、表では私と付き合いながら、裏で友人女子と関係を持ってたってこと?!
  なに?「自分の自信を取り戻して~」って? 友人女子に泣きついては、体で慰めてもらってたワケ?
  友人女子は、普段は私と普通に友達として接しながら、裏で主人と関係を持って、
  私と話をしながら、裏で私の事を笑っていたの?
  なに、それ!

私は部屋に戻ると、主人を問い詰めました。
初めははぐらかしていた主人でしたが、友人女子が「もう昔の話だから」と話した事を伝えると、アッサリ認めた・・・
主 「もうずうーっと昔の話だな。でもあの頃の俺はお前だけだったぞ。
私 「・・・・。
  ”何がお前だけよ!しっかり裏で浮気してるんじゃない!

私、ものすごーくショックを受けました。
私は主人と結婚して既に人生の半分を共に過ごしてきたんです。
確かにもう30年以上前の話です。遥か昔の事でしょう。
実際高校卒業時に私は主人と別れているんだし、その後6年間のブランクはあるけれど、
でも、私と主人の原点は、あの高校時代に付き合っていた時から始まっているんです。
その一番最初の時点で、裏切られていたなんて・・・
しかも、主人だけじゃなくて、自分の友人にも裏切られていた・・・

私は何も言わずにそのまま自分の荷物をまとめると、カバンを持ってデッキにいる同窓会の男子幹事のところに行くと、
私 「ゴメン、わたし帰るわ。」
幹 「え?ちょっ、ちょっとなんでイキナリ!」
慌てて立ち上がる幹事に返事を返すことなく、すぐにその場を立ち去って、旅館の外に出た私。(頭の中は”離婚”の文字がチラついていたー)
山の中の旅館だから交通はバスしかなくて、私は坂を上った上にあるバス停に向かった。
バス停に着くと、その日帰る予定だった男子3人がバスを待っていた。
新田という苗字の子が二人ともう一人。クラスの中で地味目で目立たないタイプの3人。

男1 「あれ?kokiyuどうしたんだ?お前まだ泊まるんじゃなかったっけ?
私  「新田たち・・・」
男2 「なになに、俺たちのお見送りに来てくれたわけえ~?
男3 「kokiyu、旦那は?
私  「・・・・。ほっといて・・・。」
男1 「おいおい、夫婦喧嘩かあ~?もういい年なんだから、程々にしとけよお~
私  「ほっといてって言ってるでしょ!

私は3人を怒鳴りつけて、バス停から走り去ったー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と。ここで目が覚めた!
目が覚めたとき、自分が走っているカンジを体に感じたー

自分が夢を見ていたことにスグに気が付いたのだけど、ハテ?なんでこんな夢を見たんだろう
時計を見たらまだ6時半。”私、まだ3時間ほどしか寝てないよお~
布団に入ったまま暫く、つい先ほど見た夢の内容を思い出していた。
そして、夢の中の私の友人で主人の浮気相手だった、あの友人女子は誰だったのか?と考えた。
確かに知っている顔・・・ でも高校時代の友人にあんな子いたかな?・・・
しばらく考えて、私はハッと気が付いた!

 あれは、今の職場の同僚だ!しかも4つ年上の・・・

なんで同僚が出てきたのか分からない。
同僚とは年も違うし、学校も違うし、今の職場で初めて会った人だ。
それに、あの”新田”って男子2人は誰?
私の高校の同級生に”新田”なんて苗字の男子はいない。
いや、小学校から考えても同級生に”新田”という男子はいなかった。
新木ならいたなあ~でも夢の中の新田2人とは顔が別人。
だいたいあの3人、夢の中では元同級生として見ていたけど、実際はまったく知らない初めて見る顔だわ。

まあ所詮は『夢』
どれだけ考えても意味などないのだろうけど・・・

でも、新年早々、主人の過去の浮気発覚!なんて夢を見るなんて!
縁起悪~~~~い


☆ 最近you tubeで、離婚やら浮気やら裏切りやらなんやらの動画ばかり見ていたから、こんな夢をみたんだろうなあ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 私の個人的重大ニュース・・・って

2017年12月27日 23時32分34秒 | 思う事・・・
え~、ようやくオシメの病状も落ち着き、何とか今月末までには退院の目途が付きました。
大学病院で新しい薬を使ってみた所、今のオシメには合ったみたいで、本人はかなり元気になってきてます。

さて、毎年恒例になってきたこの企画。
まあ見てる方達からしたら、「オマエんちの重大ニュースなんて興味ないわ!」と言われそうですが、
私がやりたいので、それで良いのです!

ではでは、さっそく始めましょう~

 
 『kokiyuの 2017年個人的重大ニュースランキング!』

① ヒョロナガの入院が4か月にも及び、手術も受けた!
  (しかも、ヒョロナガの手術とオシメの入院が重なった)
② オシメが4回も入院した!
  (もう、なんとも言えなかったわ~。
③ オシメ退院の日に私の心臓発作が起きて病院で診てもらうハメに!
  (これが元で、初めてホルター心電図も使ったんだよね~。
④ 股関節の痛みは、生まれながらの『変形性股関節症』だった!
  (いやもう今さらあ~?って感じでした。
⑤ 私の目は、飛蚊症だった!
  (ずっと疑問だったことが分かって気持ちはスッキリ。視界はボンヤリ。
⑥ インドの神様を拾いました!
  (出来るだけ綺麗にして、我が家の玄関に飾ってあります。
⑦ 確定申告で収入を書き間違えた!
  (本当に焦ったわあ~
⑧ 仕事用倉庫が主人の物になった!
  (アホの主人のやった事。将来が心配だ・・・
⑨ 髪をバッサリショートにした!
  (もう慣れちゃった。最近は少し長かった頃が懐かしいー)
⑩ 台風で避難勧告が出た!
  (防災について、よく考える機会を得る事が出来ました。

改めて見返しても、つくづく今年は、
入院で始まり、入院で終わった1年でした・・・
10個のランキングの内、半分が病気関連ってのは、どーなのよ?
いい加減来年は、病院と少しは離れたいぞー!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オシメ4度目の入院です・・・って

2017年12月14日 02時33分50秒 | 子供・・・
え~、今週の月曜日から、オシメが今年4度目の入院となりました。
いやもう、流石に4度目ともなると、もう何も言えない・・・

実は、先週の土曜日から調子が悪くてお仕事を休んでいました。
でも、病院が開いてないー
今ままでは、近くの総合病院に行っていたので、調子が悪くなると、
たとえ土曜日だろうがスグに行っていたのですが、
数か月前から担当医が変わった事はこのブログにも書いていると思うのですが、
その担当医が普段は大学病院の教授さんなので、
今月初めに内視鏡検査を受けた時に、
教 「これから、もし調子が悪くなるようなら、私の方に来るように。」
と言われていました。
普段の検診は、今までの総合病院に週1でこの教授が来てくれるので問題ないのですが、
それ以外となると、今までの総合病院に入院してしまうと教授が来れないからだと思います。
そう言われておよそ1週間後に調子が悪くなったオシメ。
でも、今までの総合病院と違って、大学病院は救急車ででも運ばれないと救急では診て貰えない。
だいいち、土曜日に行っても、おそらく教授はお休みでいないでしょう。

で、仕方なくオシメをウチに連れて来て、ウチで寝かせて様子を見ていました。
腹痛と吐き気と下痢。
これが、30~1時間おきくらいに来るので、オチオチ寝ている事も出来ません。
食欲も全く無し。せめて、薬だけは飲まないとーと、無理に飲むのですが、
水を飲むだけで腹痛に繋がり、吐いてしまう。
土曜、日曜の二日間、私もオシメの看病をしていたので、殆ど寝れませんでした。
それでもまあ、こんなカンジは今までにもあった事なのですが、
今回はコレの他に、ナゼか?右腕が腫れ上がって痛みが出ていました。

何処かでぶつけたって感じでもないし、何かにカブレたワケでもない。
見た目は傷らしい物も見当たらない。
とにかく、腕が倍くらいに腫れ上がって赤みが少し出て、固くなり熱を持ってる。
これが、持病の潰瘍性大腸炎と何か関連しているのか?
それとも薬の副作用なのか?(少し前から薬を変えていました。)
それとも、全く無関係で腫れ上がっているのか、さっぱり分かりません。
ただ、表面を撫ぜるだけでも「イタイ痛い!」と痛がりました。

待ちくたびれた月曜日、ようやく大学病院に行って教授に診てもらいました。
点滴を受けている、オシメの様子を見て、一言。

教 「入院しましょうか。
私 「ハハハ・・・やっぱりですかあ~

実は、いつもの総合病院と違って、この大学病院はウチから車で40~1時間ほどかかります。(隣の隣の市にある)
その為、オシメと話して、あらかじめ入院の準備をして来たんですよね~。
おかげで入院手続きがとてもスムーズに行きました。
ダテに3回も入院を経験してない?(自慢にはなりませんが・・・

教授にオシメの腕も診てもらったのですが、教授も原因が分からない。
教「皮膚科かも?」と、皮膚科の医師にも診てもらったのですが、やっぱり分からない。
シロウト目に見ると、皮膚より、血管かリンパじゃないか?と思えるのですがね?

まあ、まだ入院して日が浅いので、これからイロイロ検査していくようです。

オシメの入院が決まってから、オシメの仕事先やら私の仕事先やら連絡して、ちょつと忙しかったです。
2日間の寝不足の身には応えました・・・

それでも、一番辛いのはやっぱりオシメですよね。
ここ数日、ロクに物も食べてないし、腹痛と吐き気と腕の痛みとで、もうヘロヘロになってます。
教授に「いつからお腹痛い?」「最後にトイレにはいつ頃行った?」などとイロイロ聞かれるのですが、
意識も朦朧としているのか、殆どの答えが「わかりません・・・」でした。
で、土曜日から私が見ていたので、殆どを私が答えていました。
つくづく今回は、ウチに連れて来ておいて良かった~。と思いました。

オシメの仕事先から「いつ頃退院できるのか?」と聞かれましたが、今の時点では全然分かりません。
年末の忙しい時期に、オシメの仕事先には本当にご迷惑おかけしています。m(__)m

とりあえず今は、年内に退院できると良いなあ~と覆っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それってマルチ商法ですよね?⑤・・・って

2017年12月13日 16時53分32秒 | 実体験の事件や詐欺?の話し
さて、ただ断るだけなら、別に電話かラインだけでも良かったんだけど、
わざわざA子に会う事にしたのは、出来れば彼女にも止めて欲しかったから。

さて、前回とは違うファミレスで待ち合わせした私たち。今度はA子と2人だけ。
A子がニコニコしながら席に座った。(申込書にサインしてもらえると思ってたのかなあ?)
暫く雑談をした後ー

私 「本題に入るけど、今回の話し、お断りするわ。
A 「・・・。 どうしてか、理由を聞かせてもらっていい?」

そこで私は、今までの記事で書いたような事を話したんだけど、
A子はそのひとつひとつに言い返してくる。

・これらのサービスが必要な人はとても少ないのでは?この程度のサービスなら他でいくらでもある。
A「kokiyuさんは他で見つける事が出来るかもしれないけど、見つけられない人もいると思う。」

・ビジネスの方は、これはマルチ商法。しかも複雑すぎて儲けに繋がらない。
A「キチンと研修を受けて理解すれば、そんな事はないって分かるよ。」

・会社の儲けと支出を考えると、やっぱり大元が儲かる仕組み。
A「リベートとか私は知らないけど、社会貢献を目指してる会社だから、そんな事ない。」

最後には、
A 「だからこの仕事は社会貢献で、ボランティアみたいな物なの!
  (いやいや、いつからボランティアの話しになったの?私はそんなお金出してボランティアする気ないからあ~

まあ、その他イロイロ話したんだけど、なかなか納得してくれないので、仕方なしにネタばらし。
本当は最初から怪しい仕事だと分かってて、最初から全くやる気はなく、
自分の知識の1つとして、話しを聞きに言った事。

恨めしそうに私を見ながらA子が言った。
A 「私はkokiyuさんみたいに自分で調べたりしないから、そんなにイロンナ事は分からないけど、
   知識としてこの話を聞いて、何の役に立つの?
私 「え?!

そー言われると、この話しを聞いて知識の1つとした所で、私は何に使えるんだろう?
単に自分の知識が増えるのが嬉しいだけ。だよなあ~
まあ誰かに、こんなマルチ商法もあるんだよ。って話が出来るくらいかなあ~。

A 「kokiyuさんは知識だけで実際にやった事ないのに、何が分かるの?!」
私 「別にわざわざ怪しいビジネスに入り込んで大金使ってまで知る必要ないんじゃない?
   そんなバカバカしい事やる人いないと思うよ。
   まあ、違法として訴えるとか、警察に通報する、とかって気があるなら、そこまでする人もいるかもしれないけど~。
A 「・・・・・。

ちょっとキツイこと言ったと思う。
でも私、なんだかバカにされた気がして、正直腹が立ってたんだよね~。
(だいたいさあ~、最初から「仕事の内容は言えない」とか、
 いきなり「尊敬する人に説明してもらう」とか、怪しさ満載じゃない~~~。
 そんな条件で、ホイホイついて行く人間が、今のご時世どれほどいるのか?
 騙されに行くようなモンじゃないのお~~~
 そんな話しに私がホイホイついていく程、私はバカだと思ってたわけ?
 それとも、それ程私がアナタの事を信用してると思ってたの?何年も全く関わってない人に?
とは、思っても言わなかったけど・・・

残念ながら、私にはA子を説得する力は無かったようだ。
私もまだまだ修行が足りんなあ~。
まあ、あと数年したら彼女にも分かるんだろうか?
そう思う反面、出来れば数年後には彼女が儲かってると良いな。とも思う。
A子、根は悪い子ではないからさ。
でも・・・
正直彼女は、こういったビジネスには向いてないと思うんだよねえ~。
どちらかと言うと、散々お金使って、結局最後には諦めて止めるタイプだと思う。
こういったビジネスで儲けるのは、前回会ったBさんみたいな押しの強いタイプじゃないかな?
A子の営業の仕方は、ダメダメ過ぎるよお~。

最後に彼女に言った。
私 「私はこのビジネスお勧めしないケド、A子が続けるって言うのなら、1つだけアドバイスしてあげる。」
A 「なに?」
私 「あの、”迷うなら取り敢えず申込だけしたら?”ってヤツ、あれヤバイから。
A 「え!どういう事?」
私 「さあ?

こうして彼女とは解散しました。
後で、ラインが来てて、[またお茶しようねえ~。]なんて来てたけど、
たぶん、もう次はないだろうね。

もしまたいつか、どこかでバッタリ会う事があったら、彼女に聞いてみたい。
「どう?儲かってる?」ってー


☆ A子に言われた一言は効いたなあ~。
  確かに、やる気も無い私がこのビジネスの話しを聞いて、何になるのか?
  私のは単なる好奇心。自分が知らない事を知るのが嬉しいだけ。
  真剣に信じてやってるA子からしたら、腹立たしいかも。
  最初から断ってあげれば良かったかなあ~
  でも私、最初から「話し聞くだけね。」って言ってあったよ。

☆ 今回のお話しはこれで終わりで~す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加