明日対局。

2017-10-19 | 将棋
20日・21日(金・土)は竜王戦第1局。
自分にとってはタイトル戦の東京対局、公開対局は初めての経験ですが、普段と変わらずに指すように心掛けたいと思います。

竜王戦中継サイト

ニコ生:将棋

Abema TV:将棋
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

王将リーグ3回戦、深浦九段戦。

2017-10-18 | 対局
先手番で雁木に左美濃で対抗しました。



角を切って得た銀で飛車角両取りを掛けましたが、△81桂を85へ呼んで自ら歩切れになる筋の悪い手順なので半信半疑ではありました。▲73銀としても両方取れるわけではないので、手抜きでの攻め合いが気になるところ。実戦も△77歩からそう進行して。。。



駒の取り合いになりましたが▲15桂が厳しく優勢になっていました。好機に▲23桂成△同玉▲24飛の寄せがあります。(△24同玉は▲25飛以下詰み)

以下は▲15桂を置いたまま受けに回り、着実に寄せての勝ちでした。リーグ成績は2勝1敗に。後半戦も頑張ります。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2017-10-16 | 将棋
昨日の予想は外れ。雨の中、予想を聞きに来て下さった方には申し訳ありませんでした。将棋コーナーも晴れていれば内馬場で遊びながら将棋、は気持ちいいんですけどね。あの天気では。。。

明日17日(火)は王将リーグ3回戦、深浦九段戦。

※本局は携帯中継があります。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

競馬、3月のライオン。

2017-10-15 | 将棋
竜王戦第1局は次の金・土なので一週間はとっくに切ったのか。さすがに迫ってきたのを感じますが、第1局は初めての対局場なので、まだイメージが浮かんできません。公開対局も多くのお申し込みを頂いているようです。
竜王戦プレミアム 特別観戦

ニコ生が入るようになってからは対局室は常に見られている意識なので、公開対局だからどう、というのは特にないですね。それ以前のNHK衛星放送の時は放送時間の間は正座でピシッと、とかありましたけど。第1局の翌週、翌々週の土・日で第2局、第3局と続くので始まったと思ったら一気に序盤の勝負所を迎える感じです。

「3月のライオン」アニメ2期が昨日からスタート。ケーキ3つはいいですねー。初めてタイトル戦に出た時に「これって何個頼んでもいいんですか?」と棋戦担当者に質問したことを思い出しました。
良くいく本屋のマンガ売り場でコミックのCMが流れてるんですが、加藤先生が「こんにちは。皆さんは3月のライオンは知ってますかー?」とあの「かー?」と上がる調子で話されているんですが「先生こそ知ってたんですか」と心の中で突っ込まずにはいられません。

今日は東京競馬場のイベント。おそらく今年最後の競馬場になるので最後くらいは勝ちたいところ。今年も大敗しまくりました。
東京競馬場はGIの裏開催ですが、見所としては藤田菜七子騎手が今日勝てば女性年間最多勝記録を更新。チャンスがあるとすれば10Rでコパノアラジンがすんなり前に行けた時でしょうか。
秋のGIシリーズで日刊スポーツに連載している室谷女流二段の予想と、函館、美浦の指導会にいらして将棋を指したスポニチ万哲さんの予想を見ながら競馬場に向かうことにします。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明後日の告知、王座戦。

2017-10-13 | 将棋
明後日15日(日)は東京競馬場で予想トークをします。予想は京都で行われる秋華賞(GI)が中心です。
5歳以上~小学生以下が対象の女流棋士による将棋教室も行います。天気がまずそうですが。。。
東京競馬場ワークショップ将棋ひろば(JRA)

自分が対局だったので乗り遅れましたが一昨日の王座戦は中村六段が3-1で奪取ですか。羽生棋聖のタイトル戦の翌日はアクセスが約1000IP、2000PV程度増えるので、その意味では昨日書けずに失礼しました。
羽生さんの一冠が13年振りというのもすごいですが、タイトル保持者が6人というのは近年ではなかったこと。7人で一冠ずつというのが30年くらい前にあったそうですが自分はまだ将棋を始めてないので知りませんでした。そこから谷川先生が抜け出して四冠になり(1991年)羽生さんが出て来て一気に七冠まで(1995年)というのは自分が将棋を見始めた頃の出来事なので良く覚えています。
新王座は29歳、佐藤名人と同年代。自分より年下のタイトル保持者が3人になり、一気に飲み込まれないようにしたいところですが。

叡王戦は段位別予選が大詰めですが、藤井四段が本戦入りですね。
本戦は16人なので15分の1の抽選で初対戦が実現しますが、どうなるでしょうか。それにしても藤井くんは身長が169cmなんですね。とっくに抜かれてたわ。(自分は165cmくらい)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

A級順位戦5回戦、広瀬八段戦。

2017-10-12 | 対局
先手番で最近流行の角換わり拒否、矢倉模様。


図で△73歩で銀が死ぬのはわかりきっていますが本譜のように▲35飛△同歩▲44歩と反撃して指せると見ていました。ところが実際にそうなって読み進めてみると思わしくなく、見た目の判断が間違っていて、図の少し前で修正しないといけないところでした。



ここで△86歩が詰めろ(△87歩成▲同金△89飛成)で入るのが痛く、それでいて▲86同歩に△53金と手を戻して△87歩をギリギリまで保留されたのが好手でした。先手の手によって△87歩と△86飛を使い分けることが出来ます。この辺りは感想戦で検討しても後手良しで両者の読みが一致することが多く、紛れがありませんでした。
最初の図を見た目で判断してしまったのが敗因ですが、以前はそれでなんとかなっていたことも多いので、その力が落ちたか、現代将棋(この将棋で言えば▲48金型でバランスを取る指し口)に自分の古い感覚が付いていけてないか、といった感じでしょうか。
負けて2勝3敗と苦しい星で後半戦に入ります。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2017-10-10 | 将棋
11日(水)はA級順位戦5回戦、広瀬八段戦。
2勝2敗でここから中盤戦に入りますが、まずは白星先行を目指したいところです。

名人戦棋譜速報

※本局は携帯中継があります。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

立会い。

2017-10-09 | 将棋
昨日は「白瀧あゆみ杯」の立会いで将棋界ではおなじみの白瀧呉服店へ。
現場で解説していても敗着が分からない好内容の将棋だったなと思いましたが、帰ってから将棋世界用の解説を書いて、改めてそれを感じました。
立会いをやると、当たり前ですがどちらかしか勝てない、という将棋の厳しさを感じますね。対局前はまだいいですが、勝者と敗者がいる終局後、表彰、打ち上げは何とも言えません。特にこういう場での敗者の痛みは良くわかるだけに。

打ち上げでは若社長の息子さん(小学生)が読んでるマンガが「プレイボール」と聞いて、いま自分も読んでてカバンに入っていたので1970年代のマンガでかぶるなんて、と可笑しかったです。
キャッチャーが「ここよ。」と構えてピッチャーが「うむ。」打者が際どいところを見て「ナイスセン!ナイスセン!」長いタイムを取って「どうも」の繰り返しなのにどんどん読み進めてしまう、さすが名作と唸らされる野球マンガです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

王将リーグ2回戦、糸谷八段戦。

2017-10-08 | 対局
先手番で▲26歩△84歩▲25歩から相掛かりを目指したのは平成21年以来でした。相掛かりはプロ棋界全体でも増加傾向にあり、この一ヶ月は矢倉、横歩取りと同じくらいの採用数のようです。この3つが同じくらいで、それらよりも角換わりの出だし(後手雁木模様含む)が多い、というのが相居飛車の最新状況です。



△64歩△63銀が安定すると攻めにくくなるので、図から▲65歩と角道を通して動きを見せました。▲45歩の攻めを見せながら△64歩を防いで、後手陣は囲い方が難しく先手ペースに。



▲64歩と突き出したところ。▲63歩成と▲65桂を見せて全ては受け切れません。△54銀打なら▲65桂△同銀▲63歩成という要領です。以下は手堅く指しての勝ちでリーグ成績は1勝1敗になりました。3回戦は17日(火)、後半3局は11月の予定です。


8日(日)は白瀧あゆみ杯決勝戦の立会いを務めます。対局開始は14時30分の予定でモバイル中継があります。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2017-10-06 | 将棋
明日7日(土)は王将リーグ2回戦、糸谷八段戦。

※本局は携帯中継があります。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )