第13期銀河戦優勝。

2005-09-29 | 対局

第13期銀河戦決勝戦が今日、放映されました。結果は勝って優勝です

あざーーーっす!!!

(普天王が朝青龍に勝った日の日記)の真似。

いやぁ、良かったっす。竜王獲ってから大きい結果を出せていなかったので。これで竜王戦に弾みがつくっす

 

銀河戦ページにて棋譜を見ることができます。

決勝トーナメントを簡単に振り返ります。

1回戦は谷川九段と。谷川九段には昨年の決勝トーナメントで負けているので借りを返したいところでした。相矢倉になりました。

                    

図から△5七歩成▲5三馬△6七と▲4三馬△7八と▲同飛△4三金▲3五桂と一直線に攻め合って勝ち。会心の一局でした。

2回戦は櫛田六段と。櫛田六段には前回の対戦で負けているのでここも雪辱戦でした。四間飛車に居飛車穴熊から猛攻。

                    

▲7四歩と打ったところですが、ここでは苦戦。本譜は△同金▲3二角△4四飛▲4三金と進んで逆転。△3四飛には▲4一角成が金取りになります。

図では△3九飛▲7三歩成△同玉、▲3二角に対しては△1三飛▲2一角成△8五歩なら大変な勝負でした。

準決勝は羽生銀河と。羽生銀河との公式戦は約一年振り。もっと当たらないといけないのですが・・・

相矢倉の定跡形から先攻。

                    

この将棋は177手の大熱戦。二転三転したと思いますが、印象に残ってるのが図の▲2四歩と打った手。▲4二飛成と金を取ると△3二金で先手を取られてしまいます。▲2四歩に△5二歩なら▲2三香△同銀▲2一金△同玉▲2三歩成で勝負。先手玉も相当に怖い形ですが、この順は選びにくいと思いました。

実戦は△同馬▲4二飛成△3二金▲3六桂。最後の▲3六桂があるのが▲2四歩の効果です。

この後も熱戦が続くのですが、▲2四歩が傾きかけた流れを引き止める一手になりました。

決勝は森内名人と。後手番になったの横歩取り△8五飛戦法に。

                    

図は終盤戦、▲5四桂と打ったところ。ここでは△6五桂▲8七玉△7七金▲9六玉△9五銀以下先手玉は詰んでいたのですが、読み切れずに△5二金。先手に有力手が多く、さすがに負けにしたと思いましたが、最後は幸いしました。

これが棋戦初優勝です。これからも頑張ります。 

goo | コメント ( 29 ) | トラックバック ( 3 )

どっちに転ぶ。

2005-09-28 | 将棋
柊とボール遊びをしていたら、急速とコントロールがUPしていることに気が付きましたこちらが構えたところに投げられるようになったし、球の速さもなかなか「1歳限定ドラフト会議」なるものがあったらドラ1指名間違いなしとさえ思えてきます。
もう少ししっかりしてきたら外でキャッチボールしてみようと思っています


今日は棋士会。10月1日付で四段に昇段する高崎君がいたので「君はまだ四段じゃないだろ」とジャブ。若手棋士の棋士会出席率が高くなってきています。この調子なら近年中に島理事、森下理事よりもだいぶ若い理事が出てもおかしくないという気がしています。

村とお茶を飲んでから帰宅。新宿で中央線に乗り換え。階段を上がると中央特快がいたのでコレはラッキーと飛び乗り。僕と村は新宿からが遠いので各駅だと時間がかかるんです。
中野-三鷹間で・・・(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺は通過)
村「あれれ??携帯がない
僕「またかよ
村「喫茶店に忘れたよ仕方ないから戻るわ」
僕「えー
村「中央特快に乗ったのも悪手だなぁ。各駅なら今頃荻窪あたりだろうから。三鷹から戻るのは遠い
僕「好手を悪手に化けさせるとはひどいね。悪手を数手後に好手に化けさせたシーンがヒカ碁であったっけ。」
三鷹駅到着。
村「じゃあ」


数時間後、村からメールが届きました。
「○×△○×△」○×△○×△の部分は言えないのですが、とにかく喜んでいる。好手に化ける可能性を得たといったところか。
「これが実現したら、みんな携帯忘れるね」と返信。最近流行ったドラマに似てるなぁ(笑)

goo | コメント ( 10 ) | トラックバック ( 0 )

和服。

2005-09-28 | 将棋
今日は白瀧呉服店に和服の最終確認に行ってきました。今年も白瀧社長が全局着付けに来てくれます。社長は「控室で見るのが楽しみで仕方がない」と待ちきれない様子でした。将棋大好きの呉服屋社長はそう多くいるものではないですから、白瀧呉服店を利用する棋士が増えますねなんて話をしました

昨年、竜王戦用に買ったのが羽織3着+着物3着。今年も同じ数を買ったので羽織6着+着物6着。これに王座戦の時のがあるので7局まで行ったとしても毎局違う服でやれそうです


今日は棋士会。8月はなかったので久しぶりです。景気のいい話が出ることを期待しつつ連盟に向かいます。


「これ」「ママー」「はい」「はい
柊が良くしゃべる言葉です。「これ」はどこで覚えたんだろう「ママー」はパパに対しても使ってます。パパに対して「ママー」と言いながら突進。微妙だ
「はい」は二種類あって、元気の良い返事の「はい」と疑問型の「「はい」」
他にも「あっちょ」「こっちょ」色々しゃべってます。
先日、嫁さんと「そろそろ柊におくつ買ってあげようかー?」と話していたら「おくちゅ」と柊。これには爆笑しました
goo | コメント ( 9 ) | トラックバック ( 0 )

朝日オープン本戦1回戦対石田九段戦。

2005-09-27 | 対局

石田九段とは2回目の対戦。前回は勝ちはしたものの大苦戦したので気を引き締めて臨みました。振り駒で先手になり矢倉模様から石田九段の矢倉中飛車。中央を押さえて▲3五歩と仕掛けたのが図。

                    

△同歩▲同銀△4二角なら先手も▲2四歩とは行きずらく(精算後、△6五歩が嫌味)一局の将棋。

本譜は単に△4二角としたので▲3四歩△同銀直▲3五歩△4五銀▲同銀直△同歩▲3四銀で先手ペースに。▲3四歩に△同銀右ならば▲3五銀とぶつけて先手良し。

                    

太字部分の局面との違いは△4五歩と突いてあることと、▲3四歩が残っていること。これが大きく、図から▲7二角△6二金▲4五角成で馬が手厚く優勢。

                    

図から▲5三銀成が決め手。△同銀にはもちろん▲6二歩成。実戦は△4五銀▲同銀以下数手で勝ち。

石田九段が悲観していたこともあって早い時間帯に勝ち。昨年以上を目指します。

 

免状を一時間半程書いてから帰宅。

goo | コメント ( 6 ) | トラックバック ( 0 )

明日、対局。

2005-09-25 | 将棋
ディープインパクト、期待通りの走りを見せてくれました

大相撲も希望通りの展開になって楽しめました。朝青龍は強すぎますね。

明日は朝日オープン本戦1回戦対石田九段戦です。朝日オープンはベスト16が最高なので今年は上に行けるように頑張ります。
goo | コメント ( 14 ) | トラックバック ( 0 )

「柊」。

2005-09-24 | 将棋
今日は石橋邸に記念扇子の原稿を書きに行って来ました。着くと早速「柊」のお手本が用意されていました。練習はいつも通り、初歩から。横棒と縦棒と点と斜めはらいをひたすら書く。半紙がもったいないので小さく書いていたら雷が落ちました
いよいよ「柊」の練習スタート。一文字とはいえ、大きすぎるものあれかなぁと思い小さめに書いていたら「態度と同じように大きく書きなさい」と母氏。
思ったより早くOKが出ました
竜王戦開幕前に発売されると思うので買って下さい

家に帰って大相撲を見ました。明日の千秋楽が楽しみです。昨日の朝青龍VS琴欧州が見応えのある相撲だったのでこの二人による優勝決定戦希望です

明日は二冠馬ディープインパクトの秋初戦。こちらも、もちろん楽しみ。

本日15時~NHK教育にてアマ名人戦の放送があります。
goo | コメント ( 11 ) | トラックバック ( 1 )

記念扇子。

2005-09-23 | 将棋
東京新聞に王位戦の記事が出ていたので購入。「▲7五同歩が問題だったか」という佐藤棋聖のコメントが出ていました。昨日の大盤解説会で「敗着はなんだと思いますか?」という質問に「そうですねぇ・・・その後の展開と時間の使い方を見ると▲7五同歩でもおかしくないと思いますね」と勢いで言ってしまっていたのでホッとしました


明日は台風邸に記念扇子の原稿を書きに行ってきます。冗談ではなくて「柊」で行く可能性が高いですインパクトを付けたほうが売れるので(爆)


次の対局は朝日オープン本戦1回戦の石田九段戦です。第24回朝日オープン将棋選手権・本戦トーナメント展望がUPされました。
座談会終了後
千葉女流王将「変なことを言い過ぎたような・・・下原稿を見せて下さい」と弱気なことを言っているので
僕       「いや、それはダメですよ訂正してたら面白味がなくなりますから」
おかげさまで面白い内容に仕上がっていて満足です(笑)
goo | コメント ( 9 ) | トラックバック ( 0 )

羽生王位が防衛。

2005-09-22 | 将棋
王位戦最終局は羽生王位が勝って4-3で防衛。佐藤棋聖が珍しく時間を多く余しての敗戦。途中までは棋聖戦第1局と全く同じ進行。その時と先後逆を持っているのが面白い点で、手を変えたのは佐藤棋聖。手を変えたからには何かあるのかと思いましたが、その後しばらく進んだ局面は先手劣勢に見えました。不思議です。
大盤解説会は対局を終えた台風娘氏が暇そうにしていたので乱入してもらいました。おかげで話が弾む弾む。弾みすぎたかもしれませんお客さんに笑ってもらえたので良しとします。またお越し下さい。

終了後、駅前のユーハイムで台風娘氏、母氏、ごとげん、村、戸辺と夕食。台風娘氏が食べる食べる。数年前とは別人のようです。太ったように見えた理由がわかりました。
goo | コメント ( 4 ) | トラックバック ( 2 )

木村七段が挑戦者に。

2005-09-22 | 将棋
木村七段が挑戦者に決まりました。木村七段は数少ない通算勝率7割超の一人。
連盟HPによると通算7割超えは
羽生四冠 0.732
木村七段 0.720
一応自分 0.704
深浦八段 0.701
の四人。
僕と深浦八段は7割ギリギリなので常に7割を維持しているのは羽生四冠と木村七段だけと言えます。
昨年同様、強敵と争うことになりました。
木村七段は初のタイトル戦。僕は3回目。両者タイトル戦経験が少ない勝負はここ数年はなかったのではないでしょうか。
竜王戦日程も発表になっています。開幕は一ヶ月後です
goo | コメント ( 20 ) | トラックバック ( 0 )

明日、大盤解説会。

2005-09-21 | 将棋

王位戦最終局は流行の一手損角換わりになりました。ちゃんと解説できるように予習して行きます天敵の台風はなく、明日は確実に開催されますのでぜひお越し下さい。棋譜その他は王位戦ページにてご覧になれます。

 今日は午後から連盟に。竜王戦ポスターの写真撮影をしました。記念扇子の原稿は挑戦者が決まってからだと思っていたらすぐに欲しいと言われてビックリ。挑戦者が決まってないのに書くのもなんだかなぁ。記念扇子は右と左に二人署名するので一文字が主流です。昨年は活き活きと戦うという意味で「活」今年は「柊」にしろと台風娘氏に言われましたが、どうしましょう

そんなわけで今週末に急遽台風邸に行くことにしました。どの文字にするか熟考します。

その竜王戦挑戦者決定戦第2局、22時半現在まだ対局中です。どうなるのでしょう。

 

電車男サウンドトラック、聴きました。オープニングテーマに柊のりのり。笑顔で手を振ってリズムを取っていました

明日、最終回ですね。

goo | コメント ( 7 ) | トラックバック ( 0 )