256) マンモグラフィによる乳がん検診の問題点

図:マンモグラフィによる乳がんスクリーニングの有効性を検討した臨床試験をまとめたコクラン・システマティック・レビュー(2011年)のデータを抜粋して示している。凖ランダム化試験では乳がんの死亡率が25%減少しているが、適切にランダム化された質の高い3件の臨床試験のみをまとめると、検診を受けることによって乳がん死亡率はやや低下する傾向(10%低下)にあるが統計的有意差はない。全がんの死亡率と全ての原 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

255)がん性疼痛と漢方治療

図:がんが増大すると神経や骨に浸潤して耐え難い痛み(がん性疼痛)が発生する。がんを縮小させる治療(放射線治療や抗がん剤)や鎮痛剤(非ステロイド性抗炎症剤やオピオイド系鎮痛剤)によって痛みを軽減する治療が行われる。漢方薬には鎮痛作用をもった成分による鎮痛効果の他、抵抗力と体力を高め体調を良くする効果などによって痛みを軽減する。抗炎症作用やがん細胞の増殖を抑える効果もある。さらに抗がん剤や放射線治療や . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

254)アロマターゼ遺伝子の乳がん特異的プロモーターの活性を阻害する植物成分

図:アロマターゼは副腎で産生されるアンドロゲンをエストロゲンに変換する。アロマターゼはCYP 19A1という一つの遺伝子でコードされていて、卵巣、胎盤、骨、脳、皮膚、脂肪組織などで発現しているが、その発現は組織特異的なプロモーターで制御されている。乳がんに特異的なアロマターゼ遺伝子のプロモーター領域が知られており、そのプロモーター活性を阻害する天然成分が報告されている。   &nbs . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

253)半枝蓮や白花蛇舌草の国内栽培

図:半枝蓮や白花蛇舌草などの抗がん生薬は、がん治療において世界的に注目されてきている。資源の枯渇や需要拡大による価格高騰や中国による輸入制限などに対して今のうちから対策が必要という観点から、半枝蓮や白花蛇舌草などの抗がん生薬の国内での栽培を開始した。 253)半枝蓮や白花蛇舌草の国内栽培 【第2のレアアースと言われる生薬】 レアアース(希土類)はエレクトロニクス製品に必要不可欠な材料で、現 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

252)なぜ無駄な抗がん剤治療が行われるのか?

図:がんの標準治療として外科手術、放射線治療、抗がん剤治療が行われている。全身に広がった進行がんに対しては抗がん剤治療が中心になるが、抗がん剤が効かなくなると「もう治療法が無い」と匙を投げられ、緩和ケアへの移行を強制される。このような状況のとき、漢方治療や適切な代替医療は、症状の緩和や延命に役立つ。 252)なぜ無駄な抗がん剤治療が行われるのか? 【抗がん剤治療は進行がんに行われることが多い】 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )