118)抗がん剤治療と漢方薬の併用の是非に関する議論

図:抗がん剤治療と漢方治療を併用した時、両者の相互作用の結果が、良い場合と悪い場合が起こりうる。適切な漢方治療を行えば、副作用の軽減や抗がん作用の増強などにより再発率や生存期間やQOL(生活の質)を良くすることができる。一方使い方を間違えると、副作用増強や抗がん作用減弱などの悪影響が出る可能性もある。 。 118)抗がん剤治療と漢方薬の併用の是非に関する議論 【漢方薬やサプリ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

117)塩酸イリノテカンの下痢を予防する半夏瀉心湯

図:塩酸イリノテカン(CPT11)による下痢の発生機序と半夏瀉心湯の作用点: CPT-11はプロドラッグであり、まず体内で肝臓に存在するカルボキシルエステラーゼによって強力な抗がん作用をもったSN-38に分解され全身に運ばれる。肝臓内で生成したSN-38は同じく肝臓に存在するグルクロン酸抱合酵素によってグルクロン酸抱合され、胆汁を経て腸管に排泄される。この時点でSN-38は不活化されていて障害 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

116)がん治療に役立つ食材(2):魚油

図:脂肪(油脂)は脂肪酸のグリセリンエステルであり、3価のアルコールであるグリセリン1分子に3分子の脂肪酸 が結合した構造をしている(図の上)。グリセリンには手(-OH)が3本あり、それに脂肪酸が結合して脂肪(油脂)になる。 R1,R2,R3と示す脂肪酸は、1 個ないし複数個の炭化水素 (CH2) の連結した鎖 (炭化水素鎖)からなる。脂肪酸の鎖(R1,R2,R3)の構造の違い(飽和脂肪酸や不飽和 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

115)がん治療に役立つ食材(1):キクラゲ

図:キクラゲ(木耳)は中華料理や薬膳に使用されており、様々な健康作用が知られている。免疫増強作用や抗がん作用も報告されており、がんの漢方治療にも利用されている。 115)がん治療に役立つ食材(1):キクラゲ 【キクラゲとは】 キクラゲはコリコリとした食感が特徴のキノコで、スープや炒め物の具として中華料理にはなくてはならない食材です。ラーメンや日本料理にも使われています。 コリコリした食感 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )