私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

ピアノと仕事の両立

2015-04-26 13:39:30 | ピアノ
昨日、仕事の関係でレッスンをお休みしました。
レッスンを休んだのは再開後、初めてです。
ぎりぎりまで悩みましたが、体調を考えて断念しました。
他の日に振り替えて頂けるのですが、私の仕事はシフト制なので合わせるのが難しい。
なので、レッスンがトータル5週間無い!ということになってしまいました。
ようするに、すでに2週間空いているところにゴールデンウィークなどがあるので、次回は3週間後ということになったのです。
何と悲しいことでしょう…(;_;)
それまで合格おあずけ?のツェルニーとバッハ、そして初めましてのモーツァルトソナタかぁ~。
マンネリしそうだ。
こうなったらモツソナ頑張ってそれなりに曲として持っていこう!と、気持ちは意気込んでいます。
しかし、長いなぁ~。

仕事との両立って悩ましいものだと、つくづく思います。
レッスン日の設定だけではなく、心身が疲れていたりバランスが悪いとピアノを弾くことにも影響します。
時間はあるのにだらだらと過ぎていく休日…。
私の性格上、2つの事を同時にするのが苦手。
仕事上の嫌な事などを引きずると、他の事がおろそかになってしまう傾向があります。
そのことばかりが頭に浮かび、他が手に付かないというか…。

1月に就職してから疲れが丁度ピークになってくる頃かと思います。
こんなはずじゃなかったという事もあるし、仕事柄、いつも気を張っていることが多いので特に精神的に疲れます。
去年まではほぼ引きこもりで体力がだいぶ落ちていたし、そういう意味でもきつい…。
正直言って仕事が辛いのです。
そういう時期なんでしょうか?

せっかくグランドピアノが来て、テンションが上がっているはずなのに…。
何か違う曲でも弾こうかな?
レパートリー拡大には最適な時だと思うのですが…。
ちょっと考えようかな~?



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

その後

2015-04-24 13:40:40 | グランドピアノ
グランドピアノが来て1週間ほど経ちました。
今のところ、毎日弾いています。
仕事から帰ってすぐに1時間ほど…。
だいたい7時くらいまでですね。騒音対策でそのくらいが丁度いいかと考えています。

下手くそなモーツァルトソナタを遠慮がちに弾いています。
譜読みはアップライトの消音で…と考えていたのですが、全然弾いていません。
なので完全に譜読み状態。
でも、やっぱり今はグランドが弾きたい!気持ちが大きいのです。
恥ずかしいけど…弾きたいんです。

バッハはテンションが上がりますね。
グランドの良い音で弾くと自分が上手くなったような錯覚があります。
雰囲気抜群!ザ・バロックって感じ(^.^)

私の弾き方について気付いたことがあります。
どうやら指に余計な力を入れながら弾いているようなんです。
指で弾いている感じと言いましょうか。
(脱力が出来ていないのは指だけではありませんが…)
グランドが部屋に来て初めて弾いた時に、ピアニッシモが出ない…。
大きな音で棒読みしているように聴こえます。
アップライトで弾いている時のくせなんでしょうか?
消音にしていることが多かったので、力を入れるくせが付いてしまったかもしれません。
特にモーツァルトは棒読みになるとつまんない曲になってしまうので、なるべく力を抜きながら弾くように心がけていますが…。
なので練習曲なんかは譜読みでも何でもグランドで弾いた方がいいなと思います。

なんて、弾きながら色々考えるけど、やっぱりまだ夢の中…(*'▽')
ほっぺたをつねりながら弾いているんですよ。(うそだけど~)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

グランドピアノがやってきた!

2015-04-19 11:12:57 | グランドピアノ

まだ信じられません…。
今、我が家にグランドピアノがあります。

昨日、運よく天気にも恵まれて、無事、搬入が終わりました。
私はとにかく緊張しっぱなし…。ライムくんは興奮しまくりなので、母に応援を頼み拘束状態。(お隣のお家のWANちゃんも何事かと吠え続けている…何とも賑やか。)

玄関からは無理という事で、居間の窓からクレーンで釣り上げての作業です。

 

狭い空間なのでピアノを立てて滑らせて移動させます。


部屋に入れるまでが大変そうでした。なんせ狭いのでターンが難しい。
そこはさすがプロ。入った時には感動しました~(*'▽')


部屋に入ったらピアノを立てたまま足を取り付けます。


いよいよ横にして、こんな感じ(・∀・)


なんか足りない。そうです。ペダルが無い。


ペダル部分を取り付けて…。


こんな感じ!(^^)!


完成形です\(◎o◎)/!

実は本当に入るのか、最後まで心配でした。
部屋の間口が狭いのか、苦戦しているように見えたのです。
調律師さんは「大丈夫ですよ。彼らに任せておけば、プロですから。彼らにしか出来ない技があるんです。」
かなりの信頼度。
プロフェッショナル…まさにその通りでした。
300kg以上ある大きいけど繊細な物体ですよ。
後でちょっと音を出してみたら、あれだけ横に縦にゴロゴロしたのに、ほぼ音が狂っていませんでした。不思議だ~すごいな~(^.^)
実際、「本当はギリギリでした。」と運送屋さん。
とにかく入って良かったぁ~!
最後に丁寧に外観を拭いてくださる様子を見て、ピアノを大切にされているのだな~とつくづく感謝。
(京都にアップライトを持って引っ越した時は運送屋のおっさんが雑巾で雑にがさーっと拭いていったのを思い出した…えらい違いだ)

その夜はなかなか寝付けない…朝は早くから起きる…。
本当にグランドピアノがあるんだよな~と、実感がわかず…。
部屋を覗いては心躍らせています。

さ~て、これから夢のグランドピアノライフが始まるのだ(*^。^*)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村人気ブログランキングへ



コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

モーツァルトソナタK.V.311

2015-04-16 11:36:24 | ピアノ
久々のモーツァルトピアノソナタ。
何年ぶりでしょう。
レッスンで弾くのはそれこそ中学生の時以来です。
譜読みをしながら、何だか懐かしい~(*^。^*)
モーツァルト独特のフレーズが、中学生の時に一瞬だけ戻してくれるんです。
しかも先生の選曲ってところが「生徒」って感じで心地よい。

このソナタK.V.311は、ピアノレッスンを再開する前にCDを聴いて「いいな~」と思って、譜読みしてみて挫折した曲でした。
楽譜がきっちり折られていたので思い出しました。
なので、全楽章、耳に馴染みがあってモチベーションも上がっています。

ですが、中学生の時と違うのは断然譜読みの速度です。
確かあの頃はおもむろに両手で弾いていたように記憶しているのですが、今は片手ずつ練習してもなかなか両手合わせてまともに弾けない(;_;)
脳みその衰えは否めません。
しかも月2回のレッスンなので、これからどれだけ時間がかかるのか…。
練習時間も仕事してると毎日練習してもせいぜい平日30分~1時間、休みは午前中ぼぉーっとしてるし、エンジンかかるのはやっとこ夕方の時もあります。
大人のピアノのハンディですね。

もうすぐグランドピアノが来るので練習時間が増えることを期待しているんですが、果たして…?
それまでアップライトの消音で譜読みに励む日々です。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WANちゃん、病院へ行く

2015-04-13 20:19:09 | WANちゃん
うちのライムくんの足の調子が悪くて、今日、病院に行ってきました。
といっても、私は仕事なので両親にお願いして連れて行ってもらいました。

初めて受診した病院、どんな先生か心配でしたが、相談しやすい穏やかな感じのとても良い先生だったそうです。
診断は超小型犬に多い膝のお皿が左右に動いて痛い!というものでした。
痛み止め4日分とサプリメント(お相撲さんが膝痛の時に飲むみたいなものなんだって…何か面白い(^.^))が1か月分処方され、取りあえず様子を見ることになりました。

激しい運動は禁止!
犬に禁止といってもね~(*_*)
ソファの上に飛び乗ってはギャン!って言ってます。
なるべく飛び跳ねない様に見張ってますが、犬なので限界がありますから…。
もう、気が気でなくて大人しく寝ている時以外はサークルに入れて拘束していますが、ストレス溜まらないかな~?
私のストレスの方が溜まってきてますけどね。

これ以上、悪くならなければいいのですが…。
嫌な予感がします。
安静状態も良くないので筋肉はつけた方が良いそうで、廊下の滑り止めのロングマットを買う予定。
そこでドッグランでもさせようと思っています。
春になってもう少し暖かくなってきたら行ける時に散歩にも少し…。

グランドピアノが来ることだけで胸も頭も一杯なのに、困ったな~(-"-)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

レッスン20回目…次の課題曲

2015-04-11 19:20:56 | ピアノレッスン
発表会が終わってから初めてのレッスンです。
課題曲が決まってないので、ツェルニーとバッハを…。

ツェルニー40…26番
苦手な不規則連符。
左手のテンポが右手に集中しすぎて時々遅くなってしまうそうです。
何回か部分的に指導を受けて、再度通して弾くように言われました。
「よし、これでこの曲とおさらば出来るかも…きっと先生は何とかこの曲を終わらせるために今、私に弾かせているんだ…頑張るぞ…(keroの心の中)」と弾き終わったら…。
先生、あっさり「あと、もう一回だね。」
がっくーん_(._.)_

バッハインベンション3番
アーティキュレーションを再度チェックされました。
右手と左手の追いかけっこも意識して~。
「これも次またやってきてください。」
がっくーん_(._.)_

決まっていない次の課題曲。
最初、ラフマニノフの「メロディー」と思ったけど…。
これは発表会とかで弾いた方が良いと思うし、今は基礎をやりたいと思いまして先生に選曲をお願いしました。
(グランドピアノも来るしね~。)
先生がチョイスしたのは、モーツァルトのソナタ。
K.V.309とK.V.311でした。
先生「どちらか弾いてみて好きな方で良いですよ~(^.^)」
どちらも出だしがはつらつとしていて良い感じ。
どっちにしようかな~?

家に帰ってからそれぞれ聴いてみました。K.V.311の方が私の好み。
決める前から譜読みしちゃってたりして…ほぼ311に決定ですね。
モーツァルトはちょっぴり譜読みが楽っぽい。
なんて、N先生の前でつぶやいてしまったら「譜読みはそうかもしれないけど、とんでもない!」という反応でした。
そうですよね…。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WANちゃんの怪我

2015-04-08 13:48:25 | WANちゃん

久しぶりのWANちゃんです。
そろそろ本名で登場させましょうか。
ライムくんです!


3日前にフローリングの床に滑って後ろの左足を痛めたようです。
キャーン!!というものすごい声にびっくり!!
抱っこしてもキャーン、キャーンって…こんな事初めてで…オロオロ…(@_@;)
しばらく足がつけられなかったんだけど、30分くらいして普通に歩けるようになったので様子を見ることにしました。
本当に骨折したかと思った…。
もう、親ばかとしては胸が潰れそうでしたよ~(*_*)

それからは飛んだり跳ねたり走ったり、普通に過ごしていました。
ところが、今日、伸びをした後に3~4歩びっこをひくことがあったんです。
心配になって動物病院に電話してみると…。
もしかしたら膝のお皿を怪我しているかもしれないとのこと…(;゜Д゜)
超小型犬なので良くある病気なんだそうです。
プードルなんかにも多くてくせになることがあるそうで、外れては戻るを普通に繰り返すWANちゃんもいるとのこと…ひぇ~。
診断してもらったわけではないですが、もしそうでも治療法は軽いものならそのまま何もしない。
重症なら手術もありだけど…。

う~ん、見たところ軽傷と思われる。
1日中ほとんど寝てばかりいるので安静も保てると思われる。
ということで様子を見ることにしました。
あんまり頻繁にびっこをひくようなら病院に連れて行こうと思います。
頼むよ~、ライム~(~_~;)

 舌、出過ぎでしょ('ω')

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大人のピアノだって辛いよ

2015-04-06 14:03:01 | ピアノ
発表会が終わってからツェルニーとバッハ、そして少しのハノンスケールばかり弾いています。
1年以上グリーグ「ホルベアの時代から」に入れ込み、打ち込み過ぎたのか、他に弾ける曲が分からなくなってしまいました。
その「ホルベア」もしばらく弾きたい気分にありません。
という訳で練習曲ばかり弾いています。

今度、グランドピアノが家に来るので、少しでもそれに見合う腕を持ちたいという気持ちもあります。
なので練習曲でも今のところそんなに苦ではありません。
ツェルニー40の26番、例のポリリズム(不規則連符)は相変わらずまったりとしていて好きになれません。
が、次の27番、28番は比較的譜読みが簡単そうで音楽的にも私の好み。
早くポリリズムを終わらせて次に進もうと勝手に譜読み中~。
先生の「ツェルニー50が終わると大体のものが弾けるようになる。」という希望に満ちた言葉を信じて、とにかく一つ一つ取り組んでいこうと思っています。
何年かかるんでしょうね~。一生かかったりして…。ちょっとマインドコントロールっぽい…?

バッハもコツコツとインベンションやってます…合格数えてみたらまだ半分終わってない…。
こちらも目標の平均律をやるまでに何年かかるんだか…。
あんまり先を考えるとモチベーションが下がるので、まぁ5年後くらいにシンフォニアの中頃でもやっていたら上出来と考えよう。

子供の頃にもっと基礎を頑張っていたらな~と後悔したりするけど…中学生の頃なんて家でほとんど練習していなかった。
ひどい時は一度も練習しないでレッスンに行っていたな~。
やる気なかったな~ピアノは好きだったんだけど…。

本当はバリバリ弾けたら良いな~と憧れます。
でも、無理すると手が故障することが今回分かったし(まだ左手の薬指が変です)、身の丈を知るというのか…。
大人のピアノ…私って色々悩んじゃうタイプだから、単純に楽しいだけで済ませられない性格のようです。
子供の時みたいに練習できる時間と余裕がある訳じゃないし、ピアニストになる訳でもない。
なのに、時には上手く弾けないことがストレスになるし、譜読みが辛くて仕方がない時だってある。
何度弾いてもダメな所はダメ。
飲み込みの悪さに落ち込む…。本当に助けて~っていうくらい頭と指が連動しません。
じゃ、なぜ弾くの?

もっと弾けるようになりたい!!
どこまで上達できるんだろう?

この気持ちが、今日もピアノの練習に私を駆り立てるのかもしれません。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

免罪符

2015-04-02 14:41:27 | ピアノ
グランドピアノを買うことは身内もごく一部しか知りません。
知っているのは母と娘…。
しかも娘にはドキドキしながら告白しました。
娘「別に良いけど…騒音大丈夫?そこが心配。聴きたくない時だってある。」
と今まで私のピアノ(騒音?)が迷惑だったことを、それとなく逆告白された…。
親しい友人にも言ってません。
友人で知っているのはピアノブロ友さんくらいです。
なぜって、いい歳した大人の趣味であるピアノにそんなにお金かけるの!?って驚かれるかと思って…。
ピアノをやっていない人には理解できないことではと…(*ノωノ)

たいして上手でもない私が「レッスンでも使えるくらい状態の良い(調律師さん談)」グランドピアノを手に入れてしまって良いのか?
たかが趣味、されど趣味…だけど、贅沢すぎなんじゃないか?
そして近所に騒音をまき散らすことになる?
そんな心配や罪悪感が私を悩ませる…。

とはいえ、趣味で高額の新車を購入することなどを考えれば、可愛いものではないか。
人によって価値というのは様々、私はたまたまピアノだったというだけの話。
純粋に自分の楽しみのためにお金を使う…。
今まで色々辛い事たくさんあって…でも、これからは楽しく人生送りたいものね~(・∀・)
自分のお金で自分の楽しみを買うんだから、文句ないよね。うん!

と、自分も他人も納得させる。
今、欲しいもの~免罪符ってやつ?

憧れのグランドピアノ…。
嬉しいけど、サイズもお値段も大きくて、おまけに音も大きくて…。
プレッシャー感じています。
正直、ビビってます(*_*)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加