私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

もうすぐレッスンなんだけど…

2017-04-13 21:48:32 | ピアノレッスン
先日のレッスンで、ツェルニー40の37番の練習のコツを教えて頂きました。
「和音進行で曲を覚えていきましょう~。特に左手を重点的に練習してみて。来週(今回は1週間後)にはきっとだいぶ弾けているわよ~。」
(~_~;)~あれ?ちょっとプレッシャー?(でも、これが月4回レッスンだったら普通よね。)

今まで月2回のレッスンだったので、私の取り組み加減もいい加減で…。
今回、とにかく毎日ピアノに触れるということを目標に2週間ほど頑張ってみました。
ま、夜勤の前はどうしても弾けませんが…。

そしたら、いつもよりも譜読みが早いと自分でも実感。
あんだけつまんないと思っていたツェルニーはもちろん、バッハだってトリルさえクリア出来れば合格だって言われた!今までで最短、もしかして約3週間で合格?

今までとやる気が違うと先生に伝わったのか?
でも、何かこのプレッシャー、嬉しかった(*^-^*)

譜読みが進むとピアノは楽しい。
モチベーションも上がります。
ベートーベンソナタは曲として成り立っていく過程が楽しい~。
けど、メトロノームの使い方が間違っていたことが判明(*ノωノ)
2拍子って難しいわ…楽典を知らない素人が考えることって、かえって事を難しくしてしまうんだということも分かった。
やっぱり専門家に習うことは大事だと思いました。

あと数日で再びレッスンです。
ツェルニーは1週間前とあんまり進歩してないな~。
でも、私の今の現状で出来ることをやったつもり。
そりゃ、全力では無いですよ~。無理ですもん。
人間ですから~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オクターブ試行錯誤

2017-04-05 23:16:14 | ピアノ
分散オクターブの移動…。
いつも小さな手には過酷なオクターブが再び…。

何とか脱力を維持して疲れなく弾けないか…。
試行錯誤の日々が続いています。

私の手は8度、鍵盤に指を引っかければギリギリ9度。
普通に8度開いて分散オクターブ移動をすると、どうしようもなく疲れて前腕が痛くなって、指がもつれて弾けなくなってしまいます。
極力、力が入らない大きさに手を開く…おそらく7~7.5度くらい。
そのままの手の開きを維持して鍵盤を横に飛ぶように弾く…鍵盤ギリギリを這うように移動。手首を使う?手を振る?手首の高さは?
すんごい研究しているんですが、やっぱり疲れる。特にテンポを上げると訳が分からない状態になる。

それでも最初の頃よりは楽に弾けるようになっているとは思います。
一番、楽な弾き方を見つけて体に覚え込まさないと…果たして出来るのか?
関節の柔らかい子どもの頃にこれを克服していれば違っていたのかな?8度開き続けていても疲れない手になっていたかもと思ったりする。
どうなんだろ?

弾きたい曲、特に大曲を弾くには最低限かかせないオクターブ。
何とか克服したい…(;_:)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加