私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

防音と音色のバランス

2017-12-03 13:31:34 | グランドピアノ
防音装置を付けたグランドピアノ。
本当に音が響かない。低音のあたり、ボコボコした感じがする場所もある。
あんなに響いて気持ちの良い音色だったのに、練習していても何かテンションが上がらなくなっていました。
つまらない…。

先日、アップライトピアノの調律をしていただきました。
グランドピアノの部屋の温度が一けたになってきたので、平日の練習には辛い。
暖かい居間のアップライトで音出して弾けたらなと思いまして。サイレントでばかり弾いていたので、調律は3~4年ぶりですかね~。
きっと、それなりにまた良い音で鳴ってくれるだろうと考えていたのですが…。

ショック!さすがに47歳のアップライトピアノの限界に驚く…。
音程は揃っているのですが、音色が…((+_+)) 何と表現して良いのやら?単純に古いピアノの音がします…。何というか、ちょっとだけ骨董品みたいな…?
もっといい音してたと思うんだけど、グランドばかり弾いていたので耳が慣れたのかな?
やっぱり当然ですが、グランドピアノの音色って素敵なんだよなぁ・・・。
そのピアノの音色を防音のためとはいえ、あんなに響かなくしてしまっている…。
何ともったいない!これは何とかしなければ!

そこから試行錯誤。
調律師さんにも電話で相談しつつ、吸音材を出し入れして音を確かめて…。
で、2枚入れていた吸音材を1枚にして代わりに小さな端切れの吸音材を2つ入れました。
グランドピアノの上に毛布を掛けて中から出した吸音材を乗っけてカバーをかけて…。
少しは響くようになったと思うのですが、あまりやりすぎて苦情が来るのが怖い。
少なくともボコっていう所が無くなったと思う。現在はこの辺にしておこうと思います。

今回、弾いていて楽しい、気持ちがいいってすごく大切なことだと気づきました。
私が思うに新しいピアノを購入していなければ、ピアノのレッスンを続けていたかどうか?もしかしたら辞めていたかもしれません。
家のアップライトくんには思い入れがあり手放す気はありませんが、この音では限界…。
ピアノをやる上で音色ってすごく重要。やる気に影響します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防音装置を付けたら…。

2017-11-09 00:04:24 | グランドピアノ
先日、調律師さんにお願いしていた防音装置「スーパーミラクルソフトGP用」が来ました!
ピアノそれぞれの型紙を取り、オーダーメイドで作成された物です。(ヤマハC3なので定番だと思ったのですが、意外なことにちょっとずつ違うようです。)

調律師さんが思い切り腹筋を使いながら響板のあたりにスーパーミラクルソフト(吸音材)を当てて、突っ張り棒みたいな固定用脚を取り付ける。
あまりに大変そうなのでお手伝いしました。
そしてグランドピアノの中のフレームに、ピアノ線が触れないように吸音材を2つ置いて…。

この時点で驚きました。
音がすごく大人しくなったのです。
それまで軽く鍵盤を押しても良く響くピアノだったのに、頑張って叩いても思うようなフォルテッシモが出ない…。
えー!大丈夫??

先生の所のボストン…。
今までは家のピアノのように弾いても、簡単に響いてくれなかった。
思うように響かせるには何か弾き方があるのかな~?って思ってた。(ものすごく良い音なんだけどね~(*^^*)。)
それが今回のレッスンでこのボストン、すごく響くピアノだ~!!とびっくりして、ということは、家のピアノがあまりにも響かなくなったということ!?
本当に大丈夫?

防音装置を付ける目的は近隣に音を響かせないという事…目的は達成したようです。
だけど、気持ちは複雑…。どうしても今まで以上に弾く時に力を入れてしまう。
あれだけうるさく響いていた、ペダルを入れた低音のトリルやら和音やら…これらが原因でピンポンダッシュされたと思っていたのに、いきなり心配になるくらい響かなくなった。
感覚が分かんないよ~!

この間のレッスンは力が入ってがちがち…全然上手く弾けなかったんだけど、防音の影響、少なからずあったと思う。
先生「そのうち慣れるから…、響かなくなったからと言って力を入れて弾かないように…故障しちゃうわよ。」ようするに手とか腕とか体とか…。

でも、音量は小さくなったとはいえ、タッチはそれほど変わらないし、音がこもっている感じでもない。
防音室を高額で入れることと比較すれば、デメリットはそれほど無いと思います。

が、これから弾いてみて…ですね。
本来はグランドピアノの屋根の間にスポンジのような防音テープを付けるのですが、これをやると絶望的に音が響かなくなる可能性があり…。
とりあえず、それは保留にしました。
調律師さんは音が吸収されたことにホッとしたようで、「良い仕事が出来た~。」と言ってお帰りになりました。
本来、調律師としてはピアノの音を響かせることが本望のようで、それなのに音を抑えるってすごく心配なことだったようです。
何か無理言ってすみません。
感謝です!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

型紙合わせ

2017-10-09 18:45:40 | グランドピアノ
何でだろう~?
今までモチベーションが上がらなかったり、防音問題が発生したりと色々あったのに…。
実は10月から職場で移動があって、環境の変化やら疲れやらイライラやら~あるのに…。
最近、夜にほろ酔いでアップライト(消音)で弾くのが…何とも楽しい(^-^)
体はへとへとなんだけどね~。

先日、防音装置の型紙合わせに調律師さんが来てくださいました。
ヤマハのC3、定番なので簡単に終わるかと思いきや?!
意外にも微妙に違ってたみたいで、1時間以上もかかってしまいました。
取り付けは素人でも出来るとメーカーは言ってるみたいですが…、私には絶対に不可能です。
調律師さんも大変だったみたいで、「今度は背広じゃなくて、作業できる服で来ます!」とのこと。
お疲れ様です(;^ω^)

今月中には取り付けられるかと思います。
どのくらい音が軽減できるのか?音がこもったり響かなくなったりしないかな?
ちょっと心配。

でも、あまり遠慮せずに弾けるようになることを期待して!
ワクワクします~(*'▽')
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グランドピアノ、半年目の調律

2015-11-20 17:49:14 | グランドピアノ
今日は調律の日でした。
乱雑な部屋を何とかするために早めに起きて、今、眠いです…。

この半年、グランドピアノの音色がやたら響いているように感じていました。
軽~いタッチで弾いているのに簡単に響いてしまう…。
騒音問題もちょっと気になっていました。

もう一つ、ショックだったことが…バッハの数小節にわたる左手の長いトリルがうまく弾けなかったことです。
きっと、私の腕が悪いんだよな~、何となくガタガタ聴こえる…と思っていたら、レッスンで先生のピアノを弾いた時、何と綺麗に弾けたんです。
あれ?もしかしてピアノが原因?

ということで、以上のことを調律師さんに伝えてお願いしました。
2時間近くかかったでしょうか。
「終わりました~(^.^)」とお声がかかり、色々と説明を受けましたが詳しいことは分かったような分からないような…?
単純な解釈によると、目に見えないピアノの歪みが原因らしい。(理解力不足でごめんなさいm(__)m)
でも、結果、すべてのことが改善されていました。さすが!!

全体的に響きは抑えられています。タッチもほんの少しだけ重くなったように感じます。
トリルも軽く弾きやすくなっていました。
やっぱり調律師さんてすごいですね~(・∀・)

その後、よし!とやる気を出してピアノに向かいました。
ツェルニーは今やっている曲の譜読みは終わっているし、次の曲はハ長調で譜読みが簡単なのでけっこう時間をかけることが出来ました。
問題は譜読みが終わっていない2曲…。
バッハインベンション6番…さっそくやる気が半分に…。
ラフマニノフ「エレジー」…たったの15分ほどで限界に…。

私の最大の問題は譜読みらしい…。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初調律

2015-05-09 14:57:46 | グランドピアノ

グランドピアノが家に来て、初めての調律が終わりました。
さてと…。
弾いてみてびっくり、響きすぎていた音が見事に落ち着いています。
少し尖った感じだった音が角が取れて丸くなってる。
和音も綺麗に出るし、抑揚がつけやすくなったように感じます。
さっすが~(*'▽')
調律師さんは「良いでしょう~、良いですよね~(^.^)」と自画自賛?するがごとく、ピアノをなでなで…。
本当にピアノがお好きな方なのね。

今回は譜面台のずらし方や屋根の開け方など色々とレクチャーして頂きました。
けっこう、重たいものですね。
下手に扱うと本当、ケガしますよ。私もピアノも…。
調律師さん「時々、蓋を開けて中に風を通してあげることは大切なことです。」
了解しました!
安全第一でメンテナンス頑張ります。


パチリと記念写真。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村人気ブログランキングへ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

湿度34%

2015-05-09 11:00:35 | グランドピアノ
ピアノ部屋の昨日の湿度です。
ちょっと乾きすぎてやしないかい?
ここ数日の様子だと、だいたい平均して40%前後みたいです。

今日は調律師さんがいらしています。
さっそく単刀直入に伺ってみました。
「小耳に挟んだんですが、ピアノの中が湿気て臭くなるってことないですか?」
調律師さん「いや~、大丈夫だと思いますよ~。」
北海道は湿度が低めなので逆に加湿器が必要になることもあるそうです。
確かに雨降った後でも50%くらいだったものな~。
本州などの地方によっては湿気でピアノに影響があるそうですが…。
良く北海道は欧州と気候が似ていると言われますが、そういう事なのかもしれません。
マンションという住居も乾燥傾向になるそうです。

前の蓋を開けて弾いてみるとかなり音が大きく響くので、ピアノカバーは騒音対策のためにあった方がよさそう。
6月になって雨が多くなったらどうなるのか?とは思いますけどね。
例年通り、梅雨が無ければ良いですが…。

只今、調律中(^.^)
もう少し落ち着いた音にしてください~と希望を言って、終わるのをライムくんと待っているところです。
楽しみだ~(・∀・)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後

2015-04-24 13:40:40 | グランドピアノ
グランドピアノが来て1週間ほど経ちました。
今のところ、毎日弾いています。
仕事から帰ってすぐに1時間ほど…。
だいたい7時くらいまでですね。騒音対策でそのくらいが丁度いいかと考えています。

下手くそなモーツァルトソナタを遠慮がちに弾いています。
譜読みはアップライトの消音で…と考えていたのですが、全然弾いていません。
なので完全に譜読み状態。
でも、やっぱり今はグランドが弾きたい!気持ちが大きいのです。
恥ずかしいけど…弾きたいんです。

バッハはテンションが上がりますね。
グランドの良い音で弾くと自分が上手くなったような錯覚があります。
雰囲気抜群!ザ・バロックって感じ(^.^)

私の弾き方について気付いたことがあります。
どうやら指に余計な力を入れながら弾いているようなんです。
指で弾いている感じと言いましょうか。
(脱力が出来ていないのは指だけではありませんが…)
グランドが部屋に来て初めて弾いた時に、ピアニッシモが出ない…。
大きな音で棒読みしているように聴こえます。
アップライトで弾いている時のくせなんでしょうか?
消音にしていることが多かったので、力を入れるくせが付いてしまったかもしれません。
特にモーツァルトは棒読みになるとつまんない曲になってしまうので、なるべく力を抜きながら弾くように心がけていますが…。
なので練習曲なんかは譜読みでも何でもグランドで弾いた方がいいなと思います。

なんて、弾きながら色々考えるけど、やっぱりまだ夢の中…(*'▽')
ほっぺたをつねりながら弾いているんですよ。(うそだけど~)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

グランドピアノがやってきた!

2015-04-19 11:12:57 | グランドピアノ

まだ信じられません…。
今、我が家にグランドピアノがあります。

昨日、運よく天気にも恵まれて、無事、搬入が終わりました。
私はとにかく緊張しっぱなし…。ライムくんは興奮しまくりなので、母に応援を頼み拘束状態。(お隣のお家のWANちゃんも何事かと吠え続けている…何とも賑やか。)

玄関からは無理という事で、居間の窓からクレーンで釣り上げての作業です。

 

狭い空間なのでピアノを立てて滑らせて移動させます。


部屋に入れるまでが大変そうでした。なんせ狭いのでターンが難しい。
そこはさすがプロ。入った時には感動しました~(*'▽')


部屋に入ったらピアノを立てたまま足を取り付けます。


いよいよ横にして、こんな感じ(・∀・)


なんか足りない。そうです。ペダルが無い。


ペダル部分を取り付けて…。


こんな感じ!(^^)!


完成形です\(◎o◎)/!

実は本当に入るのか、最後まで心配でした。
部屋の間口が狭いのか、苦戦しているように見えたのです。
調律師さんは「大丈夫ですよ。彼らに任せておけば、プロですから。彼らにしか出来ない技があるんです。」
かなりの信頼度。
プロフェッショナル…まさにその通りでした。
300kg以上ある大きいけど繊細な物体ですよ。
後でちょっと音を出してみたら、あれだけ横に縦にゴロゴロしたのに、ほぼ音が狂っていませんでした。不思議だ~すごいな~(^.^)
実際、「本当はギリギリでした。」と運送屋さん。
とにかく入って良かったぁ~!
最後に丁寧に外観を拭いてくださる様子を見て、ピアノを大切にされているのだな~とつくづく感謝。
(京都にアップライトを持って引っ越した時は運送屋のおっさんが雑巾で雑にがさーっと拭いていったのを思い出した…えらい違いだ)

その夜はなかなか寝付けない…朝は早くから起きる…。
本当にグランドピアノがあるんだよな~と、実感がわかず…。
部屋を覗いては心躍らせています。

さ~て、これから夢のグランドピアノライフが始まるのだ(*^。^*)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村人気ブログランキングへ



コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

大きな買い物

2015-03-28 11:12:24 | グランドピアノ
グランドピアノ購入に向けて、調律師さんと打ち合わせをしました。
まず、問題は搬入経路。
エレベーターが小さくて使えないという事でクレーンで吊り上げることに…。
聞いただけで疲れてくる話です…やっぱり大掛かりで大変ですね。
そして家のどっから入れるか?玄関?窓?
3か所の候補が考えられるみたいで当日、運送屋さんにおまかせとなります。

そして置き場所。
部屋の縦に置くのか?横に置くのか?どっち側の壁に付けるのか?など…。
結局、窓側にピアノをつけて鍵盤側を広くとることになりました。
私、けっこう椅子を引いてしまうしね。
日差しが横から入って良い感じで弾けるんでないかな~(・∀・)ワクワク

防音に関しては、まずはピアノの足にその名も”静”というものを履かせます。
元々下が絨毯なので音は吸ってくれるらしいですが、クッションもいくつか用意。
防音効果のあるカーテンも購入予定です。
これでアップライトピアノくらいの音量にはなるとのことですが、入れてみないと何ともね。
実際に弾いてみて響きすぎるようなら手立てはまだあるようなので、調律師さんと二人三脚で~。

調律師さんにとってはこのピアノ~我が子同然、可愛くて仕方がないそうです。
そんな我が子を大事に使ってくれそうなユーザーに手渡し、定期的に調律で会いに行けることが嬉しいんだそうです。愛ですね~(^。^)
調律師さん曰く、
「グランドピアノを弾いていると、弾き方が変わってきますよ。
自分の思うような音色が出せてコントロール出来て違いますよ~。
自分の指先から身体までピアノとまるで一体化していくような感覚というか…1年くらい経つときっとそうなると思います。」
「先生もグランドピアノを持っている生徒さんには要求が変わってくると思います。レッスンの幅が広がりますよ。
アップライトでは表現や技術的に難しかったことがグランドピアノでは出来るんですよ~。」
「keroさんに新しい扉が開きますよ!きっと!」
「良いですよ~(*'▽')」
何とも魅力的な文言が続く…(*ノωノ)

さて、コーヒー飲みながら、お金の話…。
中古とはいってもするんですよ~(*_*)お高いの…
ということで、消費税やら搬入代やら”静”代やらの料金は込みにしてもらい~(^.^)
調律師さん「厳しいですね~(~_~;)」
取りあえず、ローンを組んだらいくらになるのか?
ネットでシュミレーション…う~ん、現実的にはボーナス払いを入れてだな…。
あるんなら現金が一番ですよね。
そんなことしたら超貧乏になるよぉ~(;゜Д゜)
しかしだな…。
悩みは深い…。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

グランドピアノの試弾に行ってきました。

2015-03-20 19:03:02 | グランドピアノ

グランドピアノの購入を考えています。
大きな買い物なのでその緊張感は半端ありません。
取りあえず、試弾に行ってきました。
N先生にも同行していただき…さて、どんなピアノと出会えるのか?
ワクワク、ドキドキ…(*ノωノ)


YAMAHA C3 (もちろん、中古)
鍵盤は白鍵が人工象牙で黒鍵が木製。
想像していたよりも大きくてこれが家に入ったらすんごく狭くなるだろうな~。
スペースがもったいなくて上に物を置きたくなりそうですが…。(何考えてるんだか…)

調律師さん曰く、「かなり状態の良いピアノ」だそうです。
すんごく響きの良いピアノです。
軽いタッチでも指にダイレクトに音が返ってくる。
こんなにピアニッシモが楽に美しく出せるなんて…感激!
響きすぎるかな?とも思いましたが、置かれている場所が倉庫のコンクリートの上なので、家に入れると落ち着くらしいです。
私は発表会の曲「ホルベアの時代から」しか弾くものがなく、少しだけバッハのインベンションも弾いたりして…。
N先生は右手をケガされているので、バッハの平均律や左手だけでラフマニノフのエレジーなどを弾かれていました。
N先生「良いと思いますよ。」
あんまりハンマーが減っていないともおっしゃっていました。

隣にはレンタル専用のYAMAHA C2 が置いてあり、弾き比べをさせていただきました。
あまりの音の違いにびっくり!!
音がこもっているし、ペダルも深く踏み込まないと響かない。
まるで家のアップライトくんと似たものを感じてしまった。
グランドピアノなので音色はやっぱり家のアップくんよりは良いとは思いますが…。
改めて先に試弾したC3の良さを実感!
グランドピアノなら良いというわけでは全くないのですね。
アップライトよりも弾きにくいグランドだってあるんだ~。

心の整理がついたかどうかは分かりませんが、取りあえず予約しました。
後は打ち合わせをして、来月あたりに搬入です。
・・・本当に?
夢ではないだろうか?
本当に大丈夫かい?
私よ…。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村人気ブログランキングへ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加