私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

2018.8月ピアノオフ会

2018-08-12 23:15:44 | ピアノ弾きあい会
2年ぶりくらいにピアノオフ会に参加してきました。
この会はコンクールなどに参加している人が多くて、以前参加していた頃よりもかなりレベルが高くなっています。
なぜ、再び?
やっぱり私がコンクールなどに参加して他の人たちの演奏を聴き、自分の足りない部分は何か?とにかく吸収したい!と思ったからでしょう。
加えて自分のコンプレックス=「下手、自信がない」という気持ちが、演奏を外に向けて発信するということを通してちょっと変わってきたのかもしれません。

ピアノはベーゼンドルファーのフルコン。軽くて響きの良いピアノでした。(公共の施設だったので驚きの安さの参加費でした。)
私は当然、ベートーヴェンピアノソナタ31番第一楽章。
冒頭部分は自分が納得のいく感じで弾けたと思うのですが、途中、止まってしまったりして思うような演奏にはなりませんでした。はぁー(*´з`)
後で録音を聴くと冒頭部分も何か自分が思い描いていたのと違うし…、ちょっと落ち込む。
N先生は録音と実際の演奏はどうしても違うとおっしゃっていましたが…。

会の最後の方はほとんどコンサートのようでした。
メンデルスゾーンのコンツェルトや、シューマンの謝肉祭など、すごいの一言!
オーケストラパートは電子ピアノでしたが、とにかく聴きごたえがありました。

全体的に言えるのは、ピアノをこよなく愛し、ひたすら真摯に向き合う姿勢。
そんな中に自分が置かれている。何て心地よい空間だろう…(*^。^*)
参加している皆さんの演奏を聴いているだけで幸せな気分になる…そんな会でした。

基本、発表会形式と思っていたのですが、譜読みや仕上げ段階でもOK。
知っていたら楽譜を持っていって、もう少し弾いていたのにな~。
コメント (1)

2018.8.8レッスン…譜読みだらけ

2018-08-12 20:31:30 | ピアノレッスン
バッハ平均律第2巻6番
先生「さて、滑らかに弾けるようになったかな?」と…、残念ながら弾けません。
特にフーガはすごく素敵な曲なんですが、難しい。
とりあえず、一通り弾いて譜読み間違いがないかどうかチェック。

ラフマニノフ「エレジー」
運指が決まらず、なかなか譜読みが進みません。
先生と一緒にどちらの手で音をとるとかも決めていきました。といっても曲の3分の1まで…。
私は手が小さいので、左手の音の中で可能なものは右手で弾くことにしました。何とも合理的!
YouTubeの動画を見ると、両手をクロスしたりして楽譜通りに弾いている人がほとんどだと思うんですが…。
メロディーの流れに影響が出るような箇所は注意が必要だと思います。

しばらく寝かせようと思っていたベートーヴェンピアノソナタ31番 第一楽章。
3日後にピアノの弾きあい会があり、再び人前で弾くことにしたので先生に聴いていただきました。
少しテンポを上げることを意識して、少し自由に弾いてみたのですが…。
先生「ま、良いんじゃない。」あ…(-_-;)
指摘されたのはスラーのところを丁寧に弾くこと。全体的に。
きっと雑になっているんだ…と感じました。

今は譜読みだらけで、ツェルニーとバッハシンフォニアが止まったままになっています。
これらは自主的に持っていかないと進まないのかもしれません。
でも余裕がないな。
コメント

除湿機

2018-08-04 00:20:35 | ピアノ
今年は蝦夷梅雨だったみたいで、先月中旬まで湿度が70%前後という、時には80%近くになるという…ピアノにとって恐ろしい数値が続いていました。
何となくグランドピアノがいつもと少し違う臭いがし、音もこもったような…時には金属が反響する音もしたような…。
これはやばい気がする…。

ということで、調律師さんに相談すると、除湿剤はあんまり効果がないそうで、やっぱり除湿機でしょっていうことで…。
あ~高価な買い物だわ…だけど、ピアノのためだしって奮発しました。(といってもそこそこ値切ったけど…)
使用し始めたら、まぁ~溜まるわ溜まるわ、それも飲めそうなくらいの澄んだ水がわんさかと~(^。^)
でも、すぐに梅雨が明けて夏らしい日が続き始めたら、湿度60%くらいになって除湿機が必要ない状態に…。
もっと早く買えばよかったな。

ピアノの音は元に戻ったみたい。良く響きます。
これから台風時期になるし雨の日には湿度が高くなるので、除湿機があると安心(^^)
有効活用していこうと思います。
コメント (2)

2018.7.28レッスン…指に重みをかけるとは?

2018-07-28 23:11:03 | ピアノレッスン
先生「手はどうですか?」
それが…右手の痛みと腫れは治っていたのですが、昨日、職場で掃除の時にタオルを絞ったら右手首に嫌な違和感が…。
今はちょっとした角度で少し痛みが出ます。あ~まだダメか…。
ただ、ピアノを弾く分には痛くないので久しぶりにレッスンで弾きました。
先生「痛くなったり、変な感じがあったらすぐやめてくださいね。」

先日、アレキサンダーテクニークに関連する本を購入して、ざーっと読んで少しピアノで弾いてみたのですが、その感じを確かめるために先生に見ていただきました。
指に腕の重みをかける感覚が分からなくて…。
本には上腕二頭筋を脱力してその重みを指にかけるとあります。
先生「両肘が上がって手が親指側にちょっと傾いているみたい。」あ、だから上手くいかないんだ。でも、筋肉の脱力って良くわからん。
スケールやアルペジオを本に書いてあるように弾いてみると、先生の弾き方と何となく似ているようです。
先生は今まで弾き方による故障がなかったので、アレキサンダーテクニークやボディマッピングなどについてあまり知らないのだそう。
もともと楽な弾き方なので、きっと必要なかったのですね。
先生「へ~、面白いね。今度、私も読んでみようかな。」と人体骨格などに興味を持たれたようです。
本に書いてあるのは基礎編のようで、他にも色んなタッチや弾き方があることを教えていただきました。
基礎編でも実際に取り組んでいる曲に応用するのは、まだまだ…遠い話。気長に取り組んでなるべく怪我しないようにと思います。

バッハ平均律第2巻6番プレリュード
この曲、最初、譜読みしやすいかも~と思ったけど、なかなかおぼつかない。
脳みそと指が連動しないというか、ありえないミスばかりで入ってこないんです…年かな('_')
先日購入したシフの運指付きのヘンレ版を持っていったのですが、先生のヘンレ版と2カ所違っていました。
先生のはうん十年前のもの。新しい版の方が正しくて、良く訂正されていることがあるそうです。
1カ所は音が違う。もう1カ所は臨時記号だけど、先生のよりも古い版のものを採用しているみたいで…不思議。どっちにしようかな?

バッハ平均律第2巻6巻フーガ
先生に促され、まさか弾くとは思わず、ほとんど初見状態。右手だけ弾きました。
やっぱり難しい。
コメント

2018.7.18レッスン

2018-07-23 21:02:24 | ピアノレッスン
まだ少し右手の甲に腫れがあって、レッスンで弾くのは無理だな~と思いながらも行きました。
開口一番!「先生、また手が痛くなったー(゚Д゚;)」
先生「ええー!?」
夜20時30分からのレッスン。先生は休憩も取らずに…。

ほとんど弾かない(弾けない)レッスンでした。
先生と色んなお話…怪我の話を中心に色んな話…。

バッハ平均律の曲は決めました。第2巻6番。
先生「音大の入試の時の課題曲だった。入試にはあんまり難しい曲は出さないからね。弾きやすいと思いますよ。」
...いいえ、十分、難しいですけど…。

バッハのこの曲を左手だけで弾きました。
プレリュードの左手と、フーガのアルトとバスを左手だけで弾いたのみ。

先生「これで当分、行くしかないですね。くれぐれも無理しないようにね。」
痛いうちは弾かない。後は…?

どうやったら無理のない弾き方が出来るんだろう…。
先生のレッスンを受けながら、自分で試行錯誤していくしかないのかもしれない。
コメント

痛みの原因はピアノかも…。

2018-07-16 17:15:07 | ピアノ
昨日、ブログ更新のためにパソコンを使ったら、その後からどんどん痛みが悪化。
今日は親指がほとんど動かず、付け根はますます痛くて、少し腫れているよう…。
さっき昼ご飯を左手で作ってみたけど、右手はただ支えているだけなのに出来上がってからズキズキと痛みます。
こんなにひどくなるなんて…もしかして寝違えではない?
以前も左手の親指が痛くなったことがあって、その時も寝違えだと思ったけど、同じような所を寝違えなんかで、普通、痛めないでしょう。

何となくピアノのせいかも?と思い始めています。
最近、弾きながら小指に力が入っているなと思っていました。
朝の寝起きやピアノを弾いていない時などは小指が動かしにくい、時には付け根の筋肉が凝った感じの鈍い痛みがあり、気になっていました。
なので小指は危ないな~とは思っていたんですが…。
他の指も弾きながら変な方向に力を入れていたり、指が鍵盤に当たる圧が強いかも?と感じていました。
知らないうちに親指にも力が入っていて、積もり積もって無理が来ているのかもしれません。
ということは、朝起きたら突然、他の指はが動かなくなることも考えられるということか。…怖い。

手指の脱力が出来ていないという自覚はありますが、これは本格的に考えないとまずい…。
自然な手の形で手首や腕などの重さで弾くこと。指は鍵盤に触れてから打鍵して、それ以外の指は軽く上げて支える。
指に力を入れない、音の強弱は打鍵のスピードで調整するなどなど…。
どんな音型でも出来るように、考えなきゃいけないことはたくさんある。
でもこれ、特に右手の小指に関して難しい。上の音を際立たせたり、オクターブの和音を掴んだりと負担がかかります。
それでも工夫して習得しないと、今後のピアノ人生に影響が出る可能性大だと思います。

今までの弾き方では怪我をしてしまう年齢なのですね…。(もう、無理は利かない。)
もっと自覚して危機感を持たなければと思います。

手に楽な弾き方に伴って伸びやかな美しい響きが付いてくると思えば、やらない訳にはいかないでしょう。
簡単にはいかない、時間はかかるでしょうが…。

コメント (2)

また右手が痛い…。

2018-07-15 16:39:25 | つぶやき
今日、朝、起きたら右手の親指の付け根が痛い…。
徐々に痛みは強くなっていて、今はほとんど親指を動かせません。
特に何が原因って分からない。昨日もピアノは弾いたけど、1時間も弾いてないし、無理なことはしていない。
ということは、また、寝違え?どんだけ寝相が悪いんだ?

せっかくの休日、ピアノが練習できると思っていたのに一音も弾いてません。
以前にも手の痛みは(別の場所だったけど)経験しているので、慌てて病院に行くようなことはありませんが、やっぱり不安ですね。
湿布をして安静にしているけど、いつになったら治るかな?レッスンに間に合うのか心配です。
ていうか、仕事のことも心配しろよ!って感じですが…。

自分、意外と手の故障が多いかもしれない。困ったものです…(-_-;)
日常生活にも支障が出ます。

今年は蝦夷梅雨みたいで今日も大雨の予報だったんですが、住んでいる地域では予報が外れたようで、昼頃に大きな雷が聞こえてから一気に晴天になりました。
手も痛いし、うつうつしてたけど、ちょっと左手だけで弾いてみようかな?
エレジー、右手エア譜読みしてみようかな?

コメント (2)

次の曲、変更

2018-07-13 13:32:35 | ピアノ
来年に向けて取り組んでいく曲は「ベートーヴェンピアノソナタ31番 第3楽章」と決めていました。
でも、譜読みがぜんぜん進んでおらず、もう7月…。
簡単な曲ではないし、間に合わせるのはきついと判断しました。

ということで曲選び(・∀・)
ベートーヴェンのフーガを弾くために、一度バッハを本番で弾いた方が良いという先生のご意見もあり、「平均律」を弾くことになりました。
まだシンフォニアなのに、憧れの平均律が弾けるなんて…嬉しい~!

さらに何を合わせて弾くか?
私としてはショパンが久しぶりに弾きたくて、プレリュードの中から…と考えていました。
前に習っていた某大手音楽教室のレッスンに上げた曲、13番。
先日、プルトニョフの演奏を聴き、「え!この曲ってこんなに素敵だったっけ!?」と、まるで別の曲の様…。弾きたい!決まり!と思っていました。
全体のボリューム的にあともう1曲ということで、ここで悩む…。
出来れば13番以降の雰囲気の違う、きちっと終われる曲…これがなかなか~24番だと最後の曲なので良いそうなんですが、左手の伴奏は跳躍が続く。
しかも左手を見ないで弾けるくらいにならないと無理かも…。
先生「手の大きさを考えると厳しいかな?」

と悩んでいたら、譜読みで挫折していたラフマニノフの「エレジー」
久しぶりに少し弾いてみたら、以前と違って何となく良い感じ?
先生「そうでしょうね。あの頃は(脱力できなくて)ガチガチだったからね。良いかもね。」
「エレジー」に決めようかと考えています。

そこで問題になるのが「平均律」の曲を何にするのか?
先生「エレジーだったら、バッハは軽い曲にした方が良い。」と候補曲を何曲か選んでいただきました。
その中で気になっているのは、第2巻2番、あと6番。もちろん、プレリュードとフーガを合わせて弾きます。
速度もあるし暗譜でと考えると、本当に弾けるのかな…と心配になる…。

でも、コンクールなど4度の本番が終わった今、もっとテクニック面の向上が必要だと強く思っています。
kero「どうやったら、身に付きますか?」例えば、高速で弾くとか…。
先生「う~ん……。とにかく平均律やりましょ。」

楽譜を買いに行かなくちゃ!バッハ平均律のヘンレ版。表紙が青いやつ。
嬉しいな~(^^)
コメント (2)

どっと来た…(-_-;)

2018-07-08 22:14:59 | つぶやき
この約1ヵ月半の新たな挑戦が終わった…。
やりたいと思う事は、早目にやった方が良い。歳を取るほどにしんどくなると思っていた。
実際は…、早目にと思っていたけど、すでに遅し?十分厳しかった~(゚Д゚;)

最後の本番が終わって帰宅したら、急にぐったりときて…、それから1週間くらい仕事にはやっと行っていましたが、それ以外はほぼ寝たきり状態。
とにかく倦怠感がひどくて心身ともに疲れ切った…というのが現状でした。
やっと体は何とか良くなりましたが、心がまだ疲れているようです。

でも、今回、得るものは大きかったです。
テクニカルな面がもっと必要であり、それには何が必要なのかと考えたり、心を動かす演奏ってどういうものなのかとか…。
考えさせられることが沢山…。まだ、歳の限界は考えずにレッスンを続けていく気力はありますが、少し今までの意識を変える必要がありそうです。
特に練習時間の捻出を考えなければと思います。
体調管理とかも…。どうしても夜更かししてしまう…お酒も好きだし…(あぁ…( ;∀;)駄目だ~)

無理の出来ない年齢みたいですが、60の大台を超えたら楽になるという話も聞くし、希望を持って頑張って行こうと思います!
一時的に少しだけ痩せたんですが、元に戻ってしまいました。
ちょっと残念…?
コメント

今年4回目の本番

2018-07-02 12:43:11 | 発表会その他
今年最後の本番…「大人のコンクール」に参加してきました。
「ベートーヴェンピアノソナタ31番第1楽章」の仕上げの集大成のつもりで(おおげさぁ(*ノωノ)~)。
今までとは違う緊張感を感じました。

今回、慣れという事もあるのか、通して弾く自信がついたのか、手はほとんど震えませんでした(^.^)やった~。
されどやはり本番…。冒頭の第一音に気を取られ、数えるテンポが以前のようにゆっくりになってしまい「まずい…」と思ったけど、曲に集中せよ!
っと思いきや、盛り上げる山場の所の上の音を所々外してしまうし、後半の山場では何と止まりそうになる(゚д゚)!

ものすごく悔しかった(/_;)
4回も本番に上げて頑張ったのに結局、自分の目指す曲に仕上げられなかったんだな…。

講評における課題は「深い音色」「左手の音の響き」「fに向かうエネルギー」「テンポ感」「音符の音価の統一感」という…。
これまでピティナやN先生に指摘されてきたものと一貫して共通します。
その他「内面的な表現が和声のバランスによって変化されるようハーモニーの色による感性が研ぎ澄まされると、より深く説得力のある演奏につながっていくと思います。」
という新たな課題も…。う~ん、難しすぎて解読できない…。
見て見ぬふりしてる和声の勉強もやっぱり必要なのかな?

今までの講評で共通しているのは、良くも悪くも「ゆったりしたテンポ感」
N先生からも冒頭のテンポを少し上げた方が?という指摘があって少し直したんですが、本番では生かせませんでした。
実はこれには訳があって、私の好きな演奏がギリレスの31番なんです。これがゆったりなんだけど、すんごく良いんだ~(#^.^#)
けど、深い音が出せる訳でもなくスカスカの音色で、ギリレスの真似してみても味気ない音楽になっちゃうんでしょうね。
今回、リハーサルではないんですが指慣らしということで、練習室のボストンで7分間という時間をいただけました。
ぎりぎり1曲通せるかな?と思って、いつもより速いテンポで弾いてぴったり7分。
もしかしてこのくらいのテンポで弾いた方が良いのかもしれない。

この曲は少し寝かせます…💤
また、終楽章が弾けるようになるまで…。
そして、再び舞台で弾きたいと思います。

それにしても、試弾の時にピアノのバランスの悪さを心配していましたが、すごく弾きやすい良い音色のピアノになっていました。
きっと調律の力なんでしょうね。
また弾きたい、いや、ずーっと弾いていたかった(・∀・)
コメント