私とピアノと、日常と…

30年ぶりに再会したピアノや、日々を見つめるための日記みたいなものです。

2017.9.16 レッスン

2017-09-16 21:01:58 | ピアノレッスン
1時間半ほど弾いてからレッスンへ…、トボトボ…。
先生、開口一番「手は大丈夫ですか!?」
大丈夫で~す(*'▽')

ツェルニー40 39番
転調を繰り返すあたりから怪しい…。何度か繰り返す。
最後のカデンツァ…「音が出ないんだよな~('ω')」とつぶやくと…。
先生からのアドバイス~体重をかけて弾く。
体重と言っても全体重をかける訳もなく、細かく言うと腕の重さ、頭の重さも?けっこう微妙。
打鍵したらすぐに力を抜く。これ、ちょっと難しい。
でも、音は大きく響くようになった。
先生「暗譜も出来たことだし~(^-^)」と、思わぬ合格\(◎o◎)/!
良いんですか~?
次、とうとう40番!またまた、暗譜必須ですが…。

バッハ シンフォニア6番
もっとソプラノを出すようにと…。
なんか内声を意識して練習していたので、ソプラノが疎かになっていました。
先生「内声を出す練習は3声の理解と暗譜をしやすくするためで、本来はソプラノを出します。」
そうだったんだ~。ソプラノを出すと、なるほど3声らしくなる。
ですが、バッハを未だに暗譜出来る気がしない私…。
「最初はそう思うんですけどね…。暗譜はツェルニーで頑張って、バッハはまだいいよ。」
「ベートーベンのフーガを弾くには3声の弾き分けは必要だからね~。」
ひぇ~、いつの事やら…( ;∀;)

ベートーベンソナタ31番 第1楽章
自分なりにペダルを付けて演奏する…。
やっぱり濁るところが多々あり…先生から「この方がいい。」と色々指導を受けました。は~、難しいったら…。
でも、ペダルが入るとやっぱり気持ち良い~(#^.^#)
気分が上がります!
グランドピアノは、左手の低音のトリルなどペダルなしで弾いている時と違い、想像できないほど大音量になるんです。
アップライトは少し違うかな?左右のバランスがすごく難しい。
次回はさらに手直しをしていくそうです。楽しみ!

今回のレッスン、終わった途端に顔が真っ赤、頭痛がしていることに気付く。
かなり集中していたようです…。
すんごく疲れた…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッスンでした。少し力が抜けたらしい。

2017-09-04 21:48:57 | ピアノレッスン
今日、レッスンでした。
約1週間、先生に教えて頂いた弾き方の基礎とストレッチを実践しました。
今までハノンやモーツァルトを弾く時に感じていた打鍵時の指先への圧力…。これがあんまり感じなくなりました。
指に圧力を感じない時は音も響くように聴こえる…。
先生「keroさん、だいぶ柔らかくなったようですね。これからも続けてください!」

いや、まだまだなんですけどね( ;∀;)
今回のレッスンはツェルニー40の39番がメインでした。
全体的に言えるのは、無駄な動きをしない!
アルペジオを弾く時も移動はなるべく水平に…。鍵盤すれすれに和音をオクターブ移動する感覚を確認してから分散する。
手首は鶏の足みたいに高くしない。(厳しい音型だと知らぬ間に高くなってた…これが実は弾きにくいことを実感。)
自分なりになるべく自然に力が入らない状態を探すことが大切みたい。
手が小さいとどうしても綺麗に掴めない和音とかがある…その時は鍵盤の端を使って下から(ぎりぎりだけど)弾く…など。

試行錯誤…。
楽に脱力して美しい音で弾くには、最終的に自分の感覚と工夫が重要なんだな。
レッスンは必要と考えますが、他力本願では駄目。先生との共同作業?

ベートーベンソナタなんですけど、不思議なことに左手の4の指を使うと激痛が走る所が一カ所だけありました。
普段はもちろん、どんなに指を曲げてもひねっても力を加えても痛くないのに、この一音を弾く時だけ痛いんです。
そういう時は何でも先生に相談です(^-^)
運指の変更だけで解決。早い!
何事も無理なことはしないことが最善みたいです。

次回はバッハメイン?3声の弾き分けが大変!なんですが…。
先生の師匠、モスクワ音楽院教授のネルセシアンさんのレッスンでは、内声のアルトかテノールのひとつを強く出して他はピアニッシモで弾くようにと言われたそうで…。
「明日までにやっておくように。」って…。

しかも4声…。
私にしたら神業です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほとんどピアノを弾かないレッスンだった。

2017-08-27 11:22:22 | ピアノレッスン
右手は少し腫れと違和感が残っていますが、痛みはほぼなくなりました。
こういうのって急激に痛くなって、急激に治っていくものなんですね。そのたびに大騒ぎしてます…(*ノωノ)
今回、レッスン曲を見ていただくのは無理と思い、今まで気になっていた疑問をまとめて先生にお聞きすることにしました。
長く、おばあちゃんになってもピアノを弾けるように、今から弾き方を直していこうと思いまして…。

1.どうしたら脱力したまま、フォルテで弾けるのか?
ツェルニー40の39番はpp~ffの強弱を付けて仕上げに入っていましたが、フォルテになってくるとどうしても力が入ってしまいます。
そうしないと音が大きくならない。
*弾き方の基礎
「1音弾いたら次の指を鍵盤に付けてから弾く」を繰り返して、ドレミファソラシドを弾く練習をする。
打鍵し終わった後の指は上げて、打鍵している指を支えるようにする。指が上がりずらくても3ミリでも良いから上げる。
手首や腕は、打鍵の影響を受けず力を入れない。手の向きは自然な外側に。
最初はゆっくり、徐々にテンポを上げていく。
この弾き方、レッスンを受け始めた最初の頃に習った記憶があります。
でも、曲を弾くとそんな細かいことやってられなくて…忘れていました。
ここに立ち返るんですね…。しかも今度は真剣にやらなければ、また怪我をするかもしれない。地道に体が覚えるまで…。
今の段階では、ツェルニーはffを出すというよりも、クレッシェンドを意識して弾いた方が良いとのこと。

2.ベートーベンの左手の伴奏の3度の連打が重く感じる。その部分にペダルを使うと、左手が強く出てメロディーがはっきりせずバランスが悪い。
ハノンの60番「トレモロ」でもやれば鍛えられて軽くなるかな?なんて浅はかな素人考えを伝えると…。
先生「トレモロなんてやる必要ない!」
それよりもハノン48番の「ノンレガートの3度」をやるように言われました。
鍵盤から指を離さず、鍵盤が返ってくるのを感じながら、どこにも力を入れずに弾く。指番号を変えてそれぞれ練習する。
和音が重く感じる時はこの感覚を大事に弾けば良いということね。
ペダルを入れて確認、少し軽くなった感じがする。

3.バッハシンフォニアの、右手の小指を鍵盤に引っかけて押さえながら内声を弾くところが、かなりきつい。
小指を引っかけないと届かないんです。それでもギリギリ…。だぶん、手を壊した主な原因と思われる。
先生「厳しいところは早めに言ってもらえると…。私でもきつい。」
これは指使いの変更で即解決。
きついところは親指で2音続けて弾いて、ペダルをほんの少し使うと音が切れない。

3.親指が硬い。
ハノンの34番「親指をくぐらせる練習」を見ていただきました。
親指に力を入れないでくぐらせる。手の向きは外側を向くように意識する。
あと、37番。これをやると私の場合、左右差があって、左手の親指をくぐらせると小さな座布団が挟まっている感じがして疲れるんです。
早い速度でやる必要はないので練習に取り入れることになりました。

4.アルペジオの弾き方がやっぱりどうも変。
和音を鍵盤ギリギリの高さで水平に移動する感じを確かめて、それを分散するとアルペジオになる。
上行は良いんだけど、下行がダメ…。親指の硬さもあって音が切れたり、手が回ったり…。
う~ん、まだ良く分かんないよ~。

5.肩こりがひどいんですが、脱力に関係ありますか?
先生に肩こりはないそうです。日々の運動は心掛けているとのこと。
肩甲骨に効きそうなストレッチを3種類、軽めのダンベルを使ったものなど教えて頂きました。
毎日続けることが大切なのであんまり大変でなくて回数も自分に合わせて少なめにする。
ピアノの前に座ったらやる習慣をつけよう~。
体の柔軟性も大切とのことで、膝を抱える屈伸も教えて頂きました。

など…こんなところだったかな?
最後はまるで体操教室みたいになって笑えました( *´艸`)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月29日レッスン。手首は良くなりました(^.^)

2017-07-29 22:20:57 | ピアノレッスン
先日の24日は、左手首が本当に痛くて動かせなくてピアノが弾けなくなるかもしれない…と絶望的な気持ちでした。
それが1週間ほど経つと嘘のように改善しています~(^.^)
レッスン前に家で恐る恐る…力を入れないようにして左手で弾いてみたんですが大丈夫でした。
サポーターと湿布をして絶対安静にしたおかげでしょうか?

先生に怪我の経緯をお話ししました。
私が脱力など無理のない奏法を身につけたいとお話ししたところ…。
「脱力といってもね…。欧米人が簡単に上からつかめる和音でも、一般の日本人の手ではどうしても力が入ってしまうので本当に気を付けないといけません。」
「痛みが出たらすぐ言ってくださいね!」
そうですよね。脱力なんてそんな即、習得できる技ではありませんもんね…。

ベートーベンソナタは左手メインの所は弾かなかったのですが…。
何故か、後半を譜読みはおろか、ほとんど初見の状態で弾くことに…!?
左手が調子悪かったので練習不足…。
ボロボロの状態なのに、先生…最後まで止めないんです。

何となく、今までの甘さを感じました。
こんな演奏でも先生は最後まで聴いてくださる…。
私は上手くなりたい、この曲を弾きたいと思っていても、この環境ではこの程度でしょ…とどこか諦めていたのかもしれません。
もっと譜読みの速度を上げなければ!

ちなみに「右手のためのピアノ曲ってあるんですか?」と質問したところ、先生「無い」という即答でした。
何故か、右手を故障する場合が多いのか?左手の曲ばかりだそうです。
左手のための曲でも右手で弾いて全然OKなんだそうで…、ま、今後の参考のために…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッハ・シンフォニアを弾くにあたって

2017-07-20 21:25:12 | ピアノレッスン
ようやく3声を弾くことになりました。
ウキウキします(・∀・)

レッスンにてまず両手で弾いたんですが、3声を弾くためには各声部を理解している必要があると先生より…。
ソプラノ、アルト、バスをそれぞれ弾いて音を理解する。
その後にそれぞれのパートを2声ずつ組み合わせて弾いてみて分析してみる。
将来、フーガや平均律など3声、4声を弾くにあたって必要なことなんだそうです。
子どもの生徒さんなら普通、「え~(-"-)」って嫌~な顔されることが多いんだそうですが、変わり者で大人の私は「へ~、面白そう~(・∀・)」と思った。
で、さっそく家に帰ってやってみた。

思っていた通り、面白い!
各パートを組み合わせて2声で弾いても音楽になってるし、2声はインベンションで慣れてるので、ちょっと気楽に弾けるし…何か楽しい。
分かってはいたけど、バッハ様の偉大さも実感。
へ~、こんな声部になってたんだ~って、いきなり3声で弾いた時とは違う驚きや気付けたことがありました。
でもこの曲、けっこう速い曲で、YouTubeなんかで聴いてみると各声部を聴き分けることができなかった。
私が今弾いている速度と、まるで別の曲に聴こえる…。
指と耳を慣らすにはそうとう時間がかかりそう…。

レッスンの最後に先生がさりげなくおっしゃっていたこと。
「私がシンフォニアを始めた子どもの頃は楽譜なんて見ないで耳で覚えて弾いていたから、後で何にも分かってなかったって分かったの。」
…ん?耳で覚えた?
3声を?楽譜なしで?
子どもの時に…。

いいな~(*´з`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルペジオを弾く時に、肘を上げてはいけません。

2017-07-15 18:11:05 | ピアノレッスン
アルペジオで、あーでもこーでもないと悩んでいたこと。
手首を回転して肘を上げて弾いてみたんだけど、やっぱり違っていた。

先生「それじゃ、手の向きが逆ですよ。小指側に少し倒し気味にするの。それに肘を上げるとポジションが変わるから弾きにくいと思う。」
腕はなるべく水平に移動して、跳躍がきついところは手の形はそのまま、次の音型の上にすばやく置くようにする。
先生「ベートーベンの場合はペダルを使うので、そんなに気にしなくても大丈夫よ。」
なんだ~!ペダルね~(・∀・)

親指を手の中に入れるのは必要で、特に柔らかさが大事なようです。
私はアルペジオを上がる時はあまり問題ないんですが、下降する時にガタつく…。
先生「上がる時の軌道と同じ状態で戻ってくればいいんです。」
やってみたけど、よほど意識しないと同じ状態で戻れない。
特訓が必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1オクターブの全調練習

2017-05-28 19:45:07 | ピアノレッスン

調性の勉強のために、レッスンに久々、ハノンが登場しました。
そして、先生から渡されたのは…五度園のクリアファイル。

見たことはあります。
しかし、その時は全く理解不能でした。「こんなんがあんのね~」って感じでスルー。
まさか、私がこの表を手にする日が来るとは考えてもみなかった。

今回、先生に教えて頂いた初歩中の初歩。
長調と短調がどういう法則で成り立っているのか?
曲の中で何調に変化していて、どうやってそれが分かるのか?

音楽の法則。
それは、人体の神秘さながら興味深いものでした。
何とも数学的、それこそ神秘すら感じます。
今まで、何気なく弾いていたピアノ、誰がこの音階を発明したの?!その偉大さに驚いた。

ハノンで4オクターブのスケールを見ちゃうと、「うぇ…」って結局、一回も全調制覇したことがありませんでした(;^ω^)
先生「1オクターブだけでいいから、全調を毎日弾くと良いんだけど…。」

今、毎日ではないけれど五度圏見ながら、1オクターブ全調練習やってます。
まだ、長調だけで短調は徐々にね。
続けることでいつの間にか覚えてくれたら良いんだけど…。
手軽に見れる五度圏表は便利です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全音と半音を、初めて理解した日

2017-05-23 23:29:32 | ピアノレッスン
今日、レッスンでした。
衝撃的なことがありました。
私はピアノを本当にただ漠然と弾いていたことに気付いたのです。

最近、レッスンで「調性」について学んでいます。
今回は音階について…。
もちろん、全音と半音があることは知っています。ハ長調の1オクターブの音階に全音が5つと半音が2つあるくらいもね。
でも、なんでこれが半音なの?ってピンと来ず、「確かに黒鍵がない場所だけど、別にそんな深く考えなくてもピアノは弾けるわ~。」
ハ長調は全部、全音みたいなもんだろ?くらいの勢いでスルーしてきました。

ところが今回、調が変わる時の法則について教えて頂いていると、本当にここは半音なのだ!っと実感。
調が変わると絶対にそこは半音なのだ。
まるでマジック…。

今さら、この歳でですよ…(*ノωノ)
恥ずかしい~。

これから、何も知らない子供のようにイチから勉強していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「固定ド」と「移動ド」

2017-05-18 19:38:15 | ピアノレッスン
先日のレッスンで、私は「固定ド」なんだ~と知りました。
今さら何を?って感じですが…。
「移動ド」はどんな調の曲でも「ドレミファソラシド」で聴こえるという…。
例えば、ヘ長調の音階なら私だとそのまま「ファソラシドレミファ」にしか聴こえないんだけど、「ドレミファ…」に置き換えて聴こえるなんて、すごく不思議だったんです。

「移動ド」と「固定ド」…、どっちが良いんだろう?
両方、出来た方が良いのかな?なんて、知識のない私は漠然と考えたりしていたのでした。

ところが、「私は真ん中のドだけ音が分かるんです。音階もそのままの音にしか聴こえません。」と先生に言ったところ、「keroさんは固定ドなんですね。」ですって(゜.゜)

先生は絶対音感があるので、「固定ド」なんだそうです。
「だから、困ることもあるのよ~。」と意外なお言葉。
生徒さんの中で「固定」と「移動」で分かれていることがあるので、「移動ド」の生徒さんに対して時には自分の楽譜に振り仮名を振ったりすることもあるとか…。
どうしても音が分かっちゃうので、置き換えるのが難しいんだそうです。

ピアノは鍵盤を押すとそのままの音が出ます。だから「固定」か「移動」か分かりやすいのかな。
それは様々~楽器によっても個人によっても違うし、音楽をする上でどちらでも構わないみたい。

私も一音だけだけど、音が分かるので「固定ド」なのかな?
ま、絶対音感はないので中途半端なんですけどね。

そうか~、このままで良いんだ~(^.^)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

音感って?

2017-05-16 23:35:11 | ピアノレッスン
今日、レッスンでした。
今までの私のピアノ歴において、考えたこともない、やったこともないことを沢山教えて頂いて…。
ちょっと、消化するまで時間がかかりそうですが…。

先生と話していて気が付いたことがあります。
絶対音感。私にはありません。
耳が悪いのね…とコンプレックスでした。

ですが、真ん中の「ド」だけは分かるんです。
声に出しても音が取れます。以前から不思議でした。
ピアノは本格的に8歳くらいから習いましたが、確か5歳ころからエレクトーンが家にありました。
だいたい、子供の頃は「ド」から始まる曲を遊びながら弾いたりしてましたからね~。
別に聴音とかソルフェージュとかやってなくても、自然と身についたのかな~?

絶対音感がなくても、相対音感があれば問題はない。
「音感は鍛えようと思えば、いつからでも鍛えられますよ!」
先生の力強いお言葉~(^.^)

私は今まで漠然とピアノを弾いてきたような気がします。
それは無駄ではなかったし、必要なことだったと思いますが、でも次の一歩へ…。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加