独立記者の挑戦 中国でメディアを語る

27年間の記者生活を土台に、国境を超えた普遍的な価値を追求する

規律検査委が前代未聞の処分取り消し・・・先生たちは拍手喝采!

2016-10-17 19:29:55 | 日記
中国の腐敗調査は党の規律検査委員会(中国語表記は「紀律検査委員会」=「紀委」)が行う。法律には規定のない機関だが、中央から地方の末端まで組織の目が張り巡らされ、法を超越した権限を持つ。習近平が大物官僚を次々と摘発している反腐敗キャンペーンは、みなこの「紀委」が調査をし、事実上の処分を決定している。トップである党中央規律検査委書記は、チャイナセブン(党中央常務委員7人)の一人、王岐山だ。日本式に言えば、泣く子も黙る「紀委」である。

その「紀委」が教師を〝冤罪〟に陥れる大失態を犯した。

ことの発端は教師節前日の9月9日金曜日午後、山西省長治市屯留県の高校2年を受け持つ教職員24人が休校になった後、酒宴を開いたことだ。教師節は政府が定めたもので、年に1回、教師に感謝する日である。休日にはならないが、半日休などにする学校はある。教師節の際、教師が保護者から金品を受け取る風習が常態化していたが、党・政府は「教育腐敗」として厳しく禁じるようになった。

問題の酒宴だが、トータルの支払いは計900元ほどで、割り勘で支払った。1人当たり40元、日本円で700円ほどのものだ。午後から休暇に入っており、公費を使ったわけでもないが、同県の「紀委」が党機関紙上で、教職員の行為を「モラル建設の要求を満たしておらず、全県の教育界、教師全員のイメージに泥を塗った」と痛烈に批判した。だれかが通報したのだろう。

もしこの批判が確定すれば、24人はもともと少ない給料を減らされ、当てにしていたボーナスも支払われない可能性が高い。彼ら、彼女らにとってはただ事では済まない事態だ。ネットでは処分の内容が流れ、いくら腐敗に厳しい世論も、教師たちには同情の声を送った。人民日報の微信(ウィー・チャット)調査でも58%が「杓子定規だ」と感じ、新華社も微信で「いいお経も坊さんの口が曲がっていたら悪いお経になる」と「紀委」の恣意的な処分を批判した。

我が大学でも、新聞学院の先生たちとバスを借りて遠出をしようかと話し合っていただけに、「割り勘が必須。お酒はやめようか」などと冗談を言い合っていた。誰に聞いても納得のゆかない処分であることは確かだった。

そして昨日の16日、とうとう問題を批判した「紀委」の上部機関である山西省長治市規律検査委が、「処理の根拠、処理の方法などに不適当かつ不適切な問題があった」と処分を取り消す通知を公表した。そのうえ、「事実に基づき、客観公正な立場で、関係者の責任を追及する」と宣言した。これもまた規律強化の結果であろう。

習近平の綱紀粛正キャンペーンはかなり広範に浸透している。時にこうした行き過ぎがあり、政府機関はヘトヘトに疲れているが、庶民からの受けは良い。これまでの腐敗が度を越していたからだ。父親が党幹部という地方の村出身の学生からは、「父親は以前、呼ばれた時だけ役所に行って、ふだんは農作業をしていたが、習近平が国家主席になってからは毎日朝から出勤するようになった」との話を聞いた。中国の指導部が、本気に何かを変えようとしていることは確かだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地に足のついた生き方を求め... | トップ | 「言葉狩り考」①--記者の思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL