原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

殆どの人は知らない>トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、水道水に混入している事

2013-03-03 22:59:50 | 放射能汚染

<殆どの人は知らない>

トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、

水道水に混入している事

Unknown (Unknown)
2013-03-02 13:31:09

広島や長崎に原爆が落とされたとき、生き残った人は、

何が起きたか全く解らなかった。

眩しく光り、激しい音がして、隣の兵隊が死んだ。

山の陰にいた兵隊は助かった。

まもなく、軍が空からヘリコプターで意味不明のメモを大量に撒いた。

メモを読んでも何が起きたか不明だった。

生き残った兵隊の子供は、体調不良に悩んでいるが、

甲状腺機能不全なのかどうかも不明。


いま、フクイチで起きている事も同じ。

一部の人間以外、わからない。もしくは誰もわからない。

トリチウムという除去不能な猛毒放射性物質が、

水道水に混入している事も殆どの人は知らない。

トリチウムを内部被曝すると、

遺伝子を根本から破壊するチカラがある事も知られていない。


敗戦前夜のような状態が約二年続いている。

殆どの日本人は、敗戦を認めないように、

フクイチの事故も過小評価。何もなかったような生活をしている。

「知識の無い民は、滅びる。」(ホセア書)


 


トリチウム:健康との因果関係 
ガン、遺伝子・生殖への影響、発達異常、腫瘍 低線量でも影響大
http://rengetushin.at.webry.info/201301/article_13.html

トリチウムは一度放出されると、環境の中から取り除くことはできない。

トリチウムは皮膚を通して吸収され、摂取される。

トリチウム3Hを含んでいる食べ物を食べると、

水に含まれるトリチウム3Hを飲むよりもいっそう傷つける。

現在、ようやく人々はトリチウムの危険性が大きいことを知るようになっている。

影響としてガン、遺伝子への影響、発達異常、生殖への影響が含まる(ストローム)、

トリチウムは突然変異、腫瘍、細胞の死を生じさせる(リトマ)、

トリチウムに汚染された水はマウスにおいて、

脳及び生殖器の重さの深刻な減少に関連がある(トロク)、

そして低量であってもマウスとサルにおける雌の胚芽細胞に取り返しのつかない損失を生じる(ドブソン1979)。

 

【計測すらされない放射性物質・トリチウム】
http://hotspotmap.blogspot.jp/2011/10/ro.html

2011年10月11日
ネット上では、水道水への放射性トリチウムの混入の可能性がささやかれています。

福島原発の事故で大量に漏れ出たことが予測されていますが、
放射線の測定すら行われていません。

トリチウムが漏出した可能性を指摘しているのは、

京都大学の小出裕章助教授や、

ECRRのクリス・バズビーさんです。

7月21日 海に流れでたトリチウムは雨になって戻ってくる 小出裕章(MBS)
« 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

トリチウムとは、三重水素です。水素ですから、酸素と結合して水になります。
これが、放射能を帯びたトリチウム水です。

(参考)
三重水素 - Wikipedia

 

 

原子炉内に海水をポンプで入れると、トリチウム製造機と化します

そこから出てくるトリチウムを測定すると莫大な数字になる

おそらくここ(東京都内)の水道水にも入っているでしょう

クリス・バズビー インタビュー by 大野和基
http://www.scoop.it/t/tikyu-tunagari/p/986502885/by

ここで指摘しておきたいのは、

政府や東京電力が公表しているセシウムの数値だけに気を取られてはならないということです。

たとえば、いまのところ日本では、誰もトリチウムという核種を測定していません。

広島にはウラン型原爆が落とされたが、

そのあと白血病の発病率は17倍に跳ね上がりました。

福島第一原発の原子炉には、

数百tのウランが存在すると思われますが、

現時点でも沸騰したウランが毎日大気中に漏れ出し、

浮遊している状態のはずです。

 

 

7月21日 海に流れでたトリチウムは雨になって戻ってくる

小出裕章(MBS)
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/22/tanemaki-jul-21/ 

トリチウムという名前の放射能もあります。

それは、いわゆる水素なんです。放射能をもった水素なんですが。

それも海へ流れ出てるはずで。環境に出ると水の形になります。

H2Oという形ですね。

そういう形になりますので、海水が蒸発して雲になれば

それがまた雨になって落ちてくるという事ですので、

もちろん循環して陸にもまた戻って来ます。

 

 

福島原発の地下水から18万Bq/m3のトリチウムを検出

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4038eb57fff97ccf29e2680bba48c1ad

 

 

【悲報】 東電 「もう限界なんで原発の汚染水を海に一斉放出します」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/3225dc2a7dc38758fe88370fa11b2e96

「彼らは海の中に少しずつ流している。
アメリカの西海岸のマグロが汚染しているのが分かりました。・・・・・
世界の漁業者があの事故が起こった後会議を開いて
もし、自分らがとる魚に汚染が見つかったら賠償を要求しよう。いくら貰えばいいか」
もうちゃんと会議をやっているんです。

結論は「300兆円」弁償してもらう。

どうします?300兆円っていうお金を「むこう10年間で払え」って言われたって
日本人には払えませんよ。
そういう事をやっちゃったんです。」

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高レベル放射性廃棄物の管理... | トップ | 2号機再臨界深刻化>定時降... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています