原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【不正選挙】舛添氏の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!/(不正選挙)開票立会人の告発!!

2014-02-26 16:28:38 | 【不正選挙】

【不正選挙】舛添氏の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!

/(不正選挙)開票立会人の告発!!

H24の都知事選猪瀬氏の得票48%と舛添氏の得票がピッタリ一致する

不正選挙の暴露!!開票立会人の告白!!

 ・開票時、最初の頃は、一枚一枚めくって確認するが、
   途中から、「いちいち見なくてもいいから・・」
  と言われ、印のみ押す。おかしいと思って印を
  押さなかった場合でも、有効票とされてしまう。

 ・何を書いているかわからない票
  (例えば、点が縦に三つ)の場合でも、
  無効票にせず、「川」の字がつく人の票にしたり・・。

 ・票を比べてみたが、まったく書体が同じ、
  紙の端からの間隔何ミリまで同じだった。
  コピー機で大量コピーした場合の汚れまでついていた。
  あきらかに、カラーコピーした票。

 ・不正がないかぎり、かんこう鳥が鳴いている選挙演説しかしない人が、
  一位で当選することは、絶対ありえない。

  ※今回の都知事選での、ますぞえ氏の場合、
  多くの人が証言しているが、
  かんこう鳥が鳴く選挙演説だった。

★票の中に同一人物が書いたと思われる筆跡酷似の票が多数!!

★「ムサシ」の不正選挙事件
 英文記事になり海外へ拡散。記事の内容は、

 「全有権者のたったの14%の得票で
 自民党が過半数をはるかに超える議席を占めた」
 
 「最新式の電子投票機が怪しい」
 
 「一つの企業がカウントから広告まで選挙全体にかかわっていた。
 この企業は原子力産業の関連企業でもある」

★選挙システムを全国で独占してる「株式会社ムサシ」について
 この企業は、GHQが作った選挙システムそのもの。

 終戦直後、すなわち日本が占領下にあった時代につくられ
 原子力関係者も役員に名を連ねている。

 

***以上、本記事の要約。詳細は、以下

<H24の都知事選猪瀬氏の得票48%と舛添氏の得票がピッタリ一致する>

【都知事選】H24都知事選&H25参院選との得票比較
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11772523561.html#cbox より一部転載
2014年02月15日(土)

【都知事選】平成26年 東京都知事選挙 投票データなど
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11769140885.html

猪瀬氏の得票×48%が重なると言うことは(笑)
(上のリンクは、各候補者の得票数と得票総数の比較グラフ。こちらはそれ程重ならない)
と言うわけで、今回は猪瀬ベースであったと。
やはり不正開票=人為的な操作をやってるように見える。(ムサシ不採用の府中市は期日前かね)
期日前だけで100万票あるなら、いろいろ操作できるなと思ったり・・・
小金井の件から、投票率も実投票者数×0.9の可能性があります。


【都知事選】出口調査、小金井市立本町小学校の来場者に誤差と呼ぶには大き過ぎるズレ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11770243422.html


H24の都知事選猪瀬氏の得票48%と舛添氏の得票比較
猪瀬48%(H24) 2,082,689
ますぞえ要一 2,112,979

 (転載終了)

 

 

不正選挙の暴露!!開票立会人の告白!!

@tokaiama
新宿区の不正選挙の曝露!
みんなこれを視聴してくれ!
https://www.youtube.com/watch?v=UwvtkVBdptw&feature=youtu.be#t=30m52s

どうやって、かんこうどりが鳴いている選挙演説の人が、
「トップ」なのか、とても不思議ですけど、

私は、参議院選挙のとき、開票立会人をやってみて、
どうやって、急にトップ当選したのか
わかったような気が

票というのは、ゴムで500票ずつ
束ねてあって、
開票するときに500票ずつ増えていく

ところが、みんなが疲れた10時半、11時ぐらいになると、
急に1万票増えた人がいた。その人が、トップ当選しました。

最初は、みなさんに見せてもらえるので、
一枚一枚、名前が書いてあるな、と見るんですが、

だんだん、時間がたつと、
「いちいち見なくてもいいので、
 印だけを押してください」と。

しかし私は、おかしい、これはカラーコピーみたいだ と
思って、印を押さなかった。

印を押さない人がいても、
それを有効票として通してしまうんです。

そして、点が三つしか書かれていない票があり、
「これって、点が3つしかないから、
 無効票に入れていいですね」
と言うと、

「駄目です。これは、有効票とみなします。」

「どうしてですか」

「これは、川という字に見えないこともないから、
 川の字がつく人は、この人しかいないから、
 これは、有効票で入れます」

そうやって、ものすごくへんな・・

組織票に、施設票、病院票があるんです。
新宿区は、一般の投票所以外に、
20箇所の病院・施設に特別投票所というのが
あるんです。

この20箇所では、実際には、
 ・寝たきりの方、
 ・何も目も開けられない、ただ生きているだけの方、

そういう方も、みなさん、選挙権がおありですし、

獄中の刑が確定していない方も、
選挙権があります。

そして、病院などは、理事長さんがまとめて書くのか、
本人に、むりやり、点を書かせたのか、

カラーコピーは、何度も何度も取っていると、
コピー機の汚れがつくわけなんですが、

票を比べてみたが、まったく書体が同じ、
紙の端からの間隔何ミリまで同じだった。

まったく同じになんて、人は書けない。

これは、あきらかにカラーコピーです。
汚れもついているし。

自分が投票したときに、記念に票の写真を
取ったが、真っ白で、汚れはついていない。

ですけど、そのときの票には汚れがついていたし、
あきらかにコピーです。

不正をやられないかぎり、
かんこうどりが鳴いている選挙演説しかなさらない方が
一位で当選するはずは、絶対ありえません。

(書き起こし終わり)

 

<票の中に同一人物が書いたと思われる筆跡酷似の票が多数!!>

2014年2月9日都知事選不正選挙動画 
同一人物による複数枚の筆跡酷似票!?
https://www.youtube.com/watch?v=TzB3SeKkDE4
公開日: 2014/02/15

2014年2月9日に行われた都知事選が、参院選に引き続き得票数の
改竄が行われたと思われます。
現場の開票所は,世田谷区の開票所です。
山分けされた票の中に同一人物が書いたと思われる筆跡酷似の票が
あります。公平な選挙は国民が監視しなければなりません。
手振れで見にくいですが,確認お願いします。

 


【不正選挙】似てる筆跡 
丸川珠代 東京都中央区開票所

.https://www.youtube.com/watch?v=w9pUQPO5UAc

 


都知事選の不正選挙証拠動画 田母神としお ますぞえ要一
全く同じ筆跡が延々と続きます と、その動画
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/102.html  より一部
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2014 年 2 月 25 日 05:11:30: 4hA5hGpynEyZM

都知事選の不正選挙証拠動画が上がってきました

1分23秒あたりから
田母神としお
ますぞえ要一

全く同じ筆跡が延々と続きます。
必見です。
拡散しましょう。

 

 


<「ムサシ」の不正選挙事件>

「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1261)
2013年01月24日 一部引用
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52018628.html より(抜粋引用開始)

<「ムサシ」が遂に英文記事>
 ネット掲示板にいいニュースが載っていた。
「ムサシ」の不正選挙事件が英文記事になったというのだ。
日本では既に日刊ゲンダイが報じた。
英文記事は「ニュークリア・ニュース」。
 
記事の内容は「全有権者のたったの14%の得票で自民党が過半数をはるかに超える議席を占めた」
 
「最新式の電子投票機が怪しい」
 
「一つの企業がカウントから広告まで選挙全体にかかわっていた。
この企業は原子力産業の関連企業でもある」などとポイントを突いている。
 
欧米のメディアに即伝わっているだろう。
 
「日本の民主選挙」の実態が世界に配信されたことになる。
安倍内閣の正当性に赤ランプがついたことになる。
この記事は1月17日付けである。
グローバル社会はネット情報が先行する。活字映像メディアは後追いしている。

<選挙事務を独占>
 選挙の投開票から管理・運搬を一手に握るという「ムサシ」は、どうみても不可解な存在だ。

それが40年も通用してきた。従来は自民党の牙城がくずれるという場面は少なかった。

不正は少なくてすんできた、というのだろうか。

 選挙は民主政治の根幹である。ここに正当性がないかもしれない、

というような構造的欠陥を抱えていること自体に問題がある。

問題どころの話ではない。

 選挙システムそのものに制度的欠陥がある。

直ちに止めるべきだろう。たとえ不正が無いとしても?

 このルールを即座に廃止する責任と義務が、

この国の司法立法行政の3権に課せられている。

この重大な事案を放置するマスコミも悪質だ。同じ狢なのか。

違うというのであれば、公正なルールに改める正論を主張すべきだ。

<ムサシと選管からの内部告発>
 多くの日本人が、この選挙事務に関与している。数人ではない。

「おかしい」と感じる関係者はいるに違いない。

 国民に奉仕する人間を自負する者がいるだろう。

内部告発すれば、3権も動くだろう。そうしないと、日本人は余りにも悲劇である。

情けない国民である。

日ごろは選挙の行われていない国や市民を批判してきている右翼メディアは、

このことに真正面から向き合うべきではないだろうか。

<選挙ルールが重大欠陥>
 筆者にも不正を証言する人たちがいる。

不正があれば、それは国家的重罪である。

この疑惑を明らかにする責任は日本人にある。

 しかし、その前に1民間企業に選挙の一切を委ねている独占システムに、問題の全てがある。

不正有無の問題以前なのだ。

これくらいのことが、なぜわからないのか。恐ろしい国と国民であろうか。

(抜粋引用終了)

 

 

<選挙システムを全国で独占してる「株式会社ムサシ」について>

不正選挙で効率よく民主主義を操る!

、1tamachan(武蔵商事株式会社は昭和21年設立のようで米国が黒幕のようです)
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/549.html より一部転載
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2012 年 12 月 25 日 00:07:03: 4sIKljvd9SgGs

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-5643.html
★不正選挙で効率よく民主主義を操る!
世界を支配する人達は、もっとも効率が良い方法で人を操る。

・選挙においてもっとも効率が良い方法とは、選挙運動をすることではなく、結果を改ざんすることである。

velvetmorning blog さんの記事が秀逸なので、再掲し、メモっておきます。

『選挙ごっこ』ではなく、本物の選挙、本物の民主主義をこの国にもたらすために ― 2012/12/19 21:52
なんで、今までこんな簡単な仕組みに気付かなかったのだろう??

以下引用

musashinet.co.jp/department/election/election_08.html

ムサシと選挙のあゆみ


1946年(昭和21年) 日本国憲法公布。
武蔵商事株式会社設立。(12月5日)
1962年(昭和37年) 商号を武蔵株式会社に変更。
1965年(昭和40年) 選挙計数機の開発に着手。
自治省選挙部、東京都選管ならびに3選管連合会を含めた開発プロジェクト設置。
1966年(昭和41年) 計数機使用に伴う開票システムの改革ならびに関係法令の運用の検討に入る。
1967年(昭和42年) 母体の紙幣計数機にて試行開始。
1968年(昭和43年) 選挙用モデル機完成、試行開始。
関係法令の運用は施行令72条により、2回別々に計数することに決定。
1970年(昭和45年) 選挙専用投票用紙計数機「武蔵EL2型」発売、 自治省選挙部にて命名いただく。
新しい開票の標準システムとレイアウト完成、従来の点検台方式を直列(川の流れ)方式とする。
1971年(昭和46年) 執行経費に算入する。
「武蔵EL2型」の全国導入はじまる。
1972年(昭和47年) 地方交付税交付金に算入する。
ボーティングマシンの研究・開発に着手。
アメリカ、ヨーロッパ選挙事情視察および外国の選挙制度の研究をはじめる。
1973年(昭和48年) 地方交付税交付金に算入する。
ボーティングマシンの研究・開発に着手。
アメリカ、ヨーロッパ選挙事情視察および外国の選挙制度の研究をはじめる。
1973年(昭和48年) 投票用紙自動交付機の開発に着手。
アメリカ、AVM社(ボーティングマシンメーカー)と業務提携。
1975年(昭和50年) 投票用紙自動交付機「バロット」発表、選挙部にて命名いただく。
データ伝送・収集システム(ミューライン)開発。
1978年(昭和53年) 自動開披投票箱の開発に着手。
自民党総裁選挙投開票事務のコンサルティングを行う。
1980年(昭和55年) 史上初の衆参同日選挙。
自動開披投票用紙の開発に着手。
1981年(昭和56年) 中華民国台湾政府の要請で選挙事務のコンサルティングを行う。
1982年(昭和57年) 自民党総裁選挙投開票事務受託。100万票を3時間で結了。
選挙専用計数機「テラックー武蔵EL」発売。
1983年(昭和58年) 現行法に基づく電子投票機を試作。
1985年(昭和60年) 「市町村選挙事務マニュアル」発刊、全国選管へ配付。
選挙事務ソフト(ワープロ用)発売。
1988年(昭和63年) 選挙の入口から出口までを整備・構築。
「選挙総合カタログ」発刊。
1989年(平成元年) 自動開披投票用紙完成。「BPコート」として発売。
音声発生型投票用紙自動交付機「バロット3型」発売。
1991年(平成3年) 開票集計システム発売。
「バロットデータ収集装置」開発に着手。
社名変更、武蔵株式会社から株式会社ムサシへ。
1992年(平成4年) 最高裁判官国民審査読取集計機の開発に着手。
第16回参院選より全国即日開票となる。
簡易型投票用紙交付器「バロットジュニア」発表。
リサイクル型投票箱発表。
1993年(平成5年) 資源再利用ポスター掲示板開発に着手。
1994年(平成6年) 選挙ソフト4シリーズ発表。
新選挙制度公布、中選挙区制から小選挙区比例代表制へ。
1995年(平成7年) 選挙専用計数機「テラックーEL21」、記号式用スタンパー発売。
1996年(平成8年) 新制度による総選挙(10月20日)。
最高裁判官国民審査投票読取集計機「テラック MARK III」発売、衆院選で使用。
店頭公開、創立50周年。
1998年(平成10年) 投票用紙自動交付機「テラックBA-7」発売。
投票時間2時間延長。
不在者投票の投票時間3時間延長。
国連の要請による、カンボジア国自主選挙へ投票箱供給。
1999年(平成11年) 自民党総裁選挙開票事務受託。
民主党代表選挙投開票事務サポート。
2000年(平成12年) 不在者投票封筒押印・印刷機「テラックEP-1」発売。
2001年(平成13年) 自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS9」発売。
不在者投票用検知機能付封筒計数・開封機「テラックAE-3」発売。
地方公共団体の選挙に係わる電磁的記録式投票機を用いて行う投票方法等の特例法成立。
2007年(平成19年) リジェクト機能付・投票用紙計数機「テラックEL15R」発売。

以上引用

musashinet.co.jp/department/election/election_08.html


つまりね、この企業は、GHQが作った選挙システムそのものなのです。

それが、進化したカタチが、今回の選挙で出現したに過ぎない。


選挙システムを全国で独占的に提供している民間会社「株式会社ムサシ」の社外監査役が、社団法人原子燃料政策研究会 監事を兼務。

●浅野 修一(あさの しゅういち) 昭和10年7月6日生
昭和38年3月 公認会計士登録
昭和38年3月 浅野修一事務所所長(現任)
昭和40年1月 税理士登録
平成20年6月 当社監査役(現任)

社団法人原子燃料政策研究会 監事 公認会計士

株式会社ムサシ 役員一覧
musashinet.co.jp/company/outline.html


ご覧の要に、社団法人原子燃料政策研究会 監事を兼務


そりゃ、原発反対の人に票が入らないに決まってます。

(転載終了)

 


連合国軍占領下の日本(1945年 - 1952年)
日本政府は、1945年(昭和20年)8月14日、ポツダム宣言の受諾を連合国に通告した。翌8月15日、昭和天皇はラジオで終戦の詔書を日本国民に発表した(玉音放送)。1945年(昭和20年)9月2日に、日本政府代表は戦艦ミズーリの船上で連合国との間で降伏文書に正式に調印した。この日本の降伏により、連合国の占領下に入った。
日本では連合国軍最高司令官総司令部をGHQ(General Headquarters)と呼称する。日本に進駐した連合軍の中で最大の陣容はアメリカ軍で、その次にイギリスをはじめとするイギリス連邦の諸国軍であった。ソ連軍や中華民国軍、オランダ軍は部隊を置かず駐在武官のみを送るに止めた。

最高機関として極東委員会を、最高司令官の諮問機関として対日理事会が設置され、その傘下に置かれたGHQが全面的に業務を行う。連合国はアメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー元帥を連合国軍最高司令官に任命し、アメリカのハリー・S・トルーマン大統領もこれを承認した。

占領下において日本は主権の一部を制限された状態であった。

 


 

***過去の『不正選挙』の記事を参考までに

投票集計ソフトに不正?>小挙区と比例の比率がぴったり六割!

不正が行われた完全なる証拠である!!

おなじ割合はおかしい。 (だまされないよ・・。)

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/01635a724585f7cd0bd95c34c2005aa9

 

自民党の捏造世論操作? 

期日前投票「自民党」票が真夜中に一気に急増! 

機械的に行われた集票のようです。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/073db7877e426202a88ac778da49c221

 

 

選挙の票の不正は、実はバーコードです。

僕は証拠写真を掴んでいます。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c4248cb38a9b75be3c89a075c99fdf05

@Fibrodysplasia 7月5日

選挙の票を集計する際、

500票ごとに束ねてバーコードを貼り、

バーコードリーダーにて読み取るわけだが、

貼られるバーコードはムサシという会社が作成するという。

この貼られるバーコードが、

ことごとく自民党のものであった場合、

自民党は圧勝する。

共産党の500票が、自民党の500票に化ける。

 

人の目に読めないバーコードを最終的な確認手段として許した。

すべての公的データは検証可能で監査可能でなければいけない。

ムサシの投票システムの導入を決めた人は公務員失格

 

 

電子投票システムは、

既得権益集団が不正によって勝利するための道具だった

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/aa6172f99b7daf20d1c4219a38fc31f2

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【米国産牛肉】成長促進の為、日... | トップ | 海外在住、私が日本人だとわかる... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む