原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

被爆隠し>今日のJチャンネル「花粉症で失明、失神のおそれ」/今から飛蚊症や白内障が激増する

2013-03-23 22:42:27 | 放射能汚染

被爆隠し>今日のJチャンネル「花粉症で失明、失神のおそれ」

今から飛蚊症や白内障が激増する
 
今日のJチャンネル (イナ)
2013-03-23 01:57:24

「花粉症で失明、失神のおそれ」という見出し!!

花粉症でなるわけないでしょう。

被曝隠しだと思います。

 

bun_2011 ‏@bun_2011 13h テレ朝系KBC

失神、失明、命の危険も!?

「花粉症?」実は怖い病が… 副鼻腔炎。

咳喘息。肺炎。 花粉症だと思っていると失神、失明、命の危険も!

って放射能汚染による健康被害じゃないか。

 

 

福島原発事故後の白内障、急性白内障、先天性白内障、
失明、飛蚊症に関するツイートまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2131419854182517101

@tokaiama
低線量長期被曝の影響が顕著になるのは半年後、そろそろ。

最初にリンパがやられ白血球減少、生殖腺にセシウム蓄積、

生殖遺伝子が破壊される。

血管内被曝の累積により脳梗塞・心筋梗塞による突然死が激増。

飛蚊症や白内障が激増。

メカ不明だが糖尿病が激増することも知られ、あらゆる病気が数十倍に

 

@tokaiama
チェルノブイリ原発事故その10年後p.tl/t7vy 

避難しなかった自給自足農家は大人は頭痛、子供は先天性障害。

大人子供ポリープが直腸を塞いでおり慢性的。

後始末作業者は脳萎縮と視力の低下そして亡くなった 

200KM離れた村の子供、23%白内障失明。84%不整脈

 

@tokaiama
@powerpc970 オレが放射能の勉強してた頃、

放医研女性講師は「被曝など心配ない」と言いながら

ガンマ線によって白内障になり、やがてガンで死んだ。

放射線検査の知人は、

ほとんど60歳代で80歳くらいの老化を起こしてガンで死んでいった。

知らないということは本当に恐ろしいな 

 

 

NHK「チェルノブイリ原発事故その10年後」
驚くべきデータが語られる。 原子力物理学者ワシーリー・ネステレンコ教授
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/d02defe21817584175d2d224922ef7ce

残念なことに多くの子どもたちの身体が今も放射能にむしばまれています。

例えば事故現場から200キロ以上離れた村でも、

子どもたちのうち23パーセントが白内障にかかったり、失明したりしています。

その村では84パーセント以上の子どもたちに不整脈が見られました。

まるで心筋梗塞の予備軍です。

というより、すでに多くの若者が心筋梗塞にかかっているような状況です。

およそ80パーセントの子どもが、胃炎や潰瘍を患っています。

特にひどいのは12歳から15歳の子どもたちです。

胃の粘膜が萎縮し、まるで70過ぎの老人のようになっています。

つまり放射線の影響を受けた子どもたちは、

命の炎を急速に燃やし尽くし、将来病気になることが確定しているんです。


 

「みんなのカルテ」と飛蚊症について
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/30cb80049ff18d34e712ad60ddbafbd7

 ベラルーシ国立放射線医学研究所の調査結果(1996年。事故発生から10年目の報告)によると、ベラルーシ国内の放射能汚染地に住む6歳から15歳の子ども3000人を調査したところ、年間3ミリシーベルト以上の被ばくを受けた400人の子どものうち60%に飛蚊症が見つかったのです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [3]【芸能人の病気、けが(201... | トップ | 福島事故後の3月15日、プ... »
最近の画像もっと見る

放射能汚染」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事