柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

春のよろこび

2017年03月28日 | お出かけ
 いつものように、ちょっと遅れた画像と情報になります。タブレットでの撮影画像です。
このところ春とはいえ寒い日が続いています。でも、春のお彼岸の日、この日はさわやかな春の一日でした。

 私は熱い夏のお盆、厳しい寒さの年末年始、今までは、これらの日に行ってきた親戚へのご挨拶やお墓参りでした。
でも、歳を重ねて体力的にも無理のないように、春秋のお彼岸の日に行うようにして、もう数年です。

 今年も春彼岸の20日、お出かけをしてきました。まずは久しぶりの弟宅で、おしゃべを存分に楽しみました。
それから、我が家のお墓のある「長岡市和島の隆泉寺」で、しっかりご先祖様に手を合わせて、家族平安のお礼を申し上げました。

 この日の楽しみは、「島崎の道の駅・和みや」にもあります。たくさんの「つるし雛」がみれます。見事です。
とくに、今年のデスプレーには、「良寛さまと貞心尼、それに童たち」の襖絵を配した素敵なものでした。














 春3月と言えば、いろんなサークルなどの「定期総会」のシーズンでもあります。
私の所属する「アマチュア無線クラブ・新津クラブ」も、この26日(日)の午後から総会でした。
少し年配のシニアが多いのですが「夢多きラヂオ少年たち」の集まりです。議長も困るほどの意見百出。
大空を駆け巡る「宇宙船ISS」との無線通信が、ことしも目標の一つとなったようです。


 じつは、本日28日午後から、新津図書館研修室で「秋葉写真クラブ」の定期総会・例会なのです。
いろんな企画や撮影地選びなど、話題は尽きません。こちらも夢多きシニアたちです。夜の居酒屋でのコースも予約済みです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の小さな旅3

2017年03月24日 | 旅行など
 今日は冷たい風がびゅーびゅーでした。やはり、まだまだ寒い日ってあるんですよね。

 ところで、この前、紹介した「雪割草」たち、ほかにまだまだハードデスクの中に残されていました。
せっかくなので、もう一度載せることにしました。

 群れて咲いていたり、光の具合が素敵だったり、姿形が「いいね!」なんて、いろいろでした。どの花もぼくには「いいね!」なのでした・








 なんとなく、居場所が悪いような雰囲気で、こっそりと咲いていた「キクザキイチゲ」でしょうか。遠慮しなくていいのにね。


 私たちは、「大崎雪割草園」を後にして走り出しましたが空腹を感じていました。
さいわい古民家風のお食事処を発見。「番屋汁定食」で満腹、あとは、ゆっくり帰路につきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の小さな旅2

2017年03月23日 | 旅行など
 18日(土)、良いお天気に恵まれそうです。今日の道草・寄り道は「柏崎市西山・大崎雪割草の里」でした。
途中の道草もありましたが、まずは「春の妖精たち・雪割草」をたくさん見ることができました。

 丘陵の斜面で日差しを浴びながら、春風に吹かれて震えている可憐な姿。鉢植えでは味わいない姿ですよね。
あのお花も、このお花も、みんなみんな撮ってあげなきゃあ。束の間の輝きです。愛おしさがシャッターを切らせてしまいます。
















 「雪割草の里」到着前の道草でした。
車を走らせながら柏崎から刈羽に入り、原子力発電所を迂回する道路に東京電力のPR館がありました。
そこで、係りの方の熱心なお話やパネルでの説明などを、見たり聞いたりしてみました。
でも原子炉の格納容器の巨大模型をみながら、付随するこれだけの「たこ足配線」に近いパイプ群を見て、
地震では、まず持たないだろうなと直感しました。なによりも核反応を終えた核の廃棄物処理が未解決。
結果として、廃炉なども考えると発電コストが一番高いのが原子力発電ではないのかな、素朴な疑念でしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の小さな旅1

2017年03月22日 | 旅行など
 この日(17日・金)しかない、そんな中で前々から計画予約などをしていたプチ旅でした。
家内とそのお友達、それにドライバーである私と言うことでした。道草を楽しみましょう、そんな熟女たちの願いでした。

 高速道を「上越IC」で下りて「国道18号線」を妙高方面に走りました。やがて道を外れて到着したのは「えしんの里記念館」。
「親鸞聖人」の銅像があり聖人の奥様である「恵信尼」ゆかりの地「上越市板倉区」になります。


 水盤にうつる上越の山並み、「えしんの里記念館」は「お浄土」をイメージしたものでしょうか。
入館して、まずビデオでしっかり「恵信尼さま」のことを勉強しました。
残された文書、とくに聖人とともに京都で暮らしている娘「覚信尼」にあてた越後からの手紙の数々、筆跡とその内容に感動でした。
まあ、今風に言えば「ゴッドマザー」でしょうか。「恵信尼」あっての「親鸞」であったと思いました。




 隣接して建てられている「こぶしの里・恵信尼さま会館」と「廟所」で、それぞれお参りしました。




 他にも、素敵なことがいくつかあったのですが、今日の道草はここまでとしました。
あらかじめ予約しておいた「夕日の宿、鵜の浜温泉」の宿に到着。女性群は時刻を間違えて見れなかったサンセットでしたが、僕はばっちりでした。


 明日の道草は「雪割草」が咲き乱れているであろう「大崎雪割草の里」です。雪割草の夢でも見ますかね。
>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駆け足の春

2017年03月21日 | フォトギャラリー
 今日はもう21日、しかし、ちょっと時間を戻します。

 ちょうど一週間前の14日、前回の記事でも紹介しているように「フラワーランド」での撮影会でした。
その帰り道、我が家に戻るのに「秋葉山」を超えながらの道もあります。まあ「秋葉山」は我が家の裏山のようなものです。
その道には「秋葉湖」があったり「梅園」があったり、とても素敵なのです。

 じつは、その日「梅林」で見事に白梅や紅梅が咲いていました。車から飛び降りてカシャカシャ、そんな写真の中からです。














 先週の金曜日(17日)からお天気もよく、3連休が続いていました。
私なりに、遊びまくってBLOGどころではありませんでした。写真もたっぷり撮ってきました。

 私のような隠居老人には季節など関係ないかとは思いますが、やはり「駆け足でやってくる春」に、こころ踊らせています。
でも、春と言うのは「出会い や 別れ」「希望 と 失意」、様々ですよね。こころ弾んだり、沈んだり、これが春ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加