Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

高島市長、成人式は二の次?

2017-01-12 18:24:34 | 市政

1月9日、福岡市の成人式がマリンメッセで開かれ、新成人約9000人が新たな人生の門出を祝った。総務省によると、新成人人口は、総務省が推計を開始した昭和43年以降、第1次ベビーブーム世代の昭和24年生まれの人が成人した昭和45年が246万人で最も多く、その後は減少。昭和50年代後半から再び増加し、第2次ベビーブーム世代の人が成人した平成6年には207万人に達したものの、平成7年からは減少傾向が続いている。ちなみに平成29年の新成人人口は123万人で2年ぶりに微増、今後は減少傾向で推移し、平成37年には110万人を下回ると見込まれている。

成人人口の減少は、150万人都市においても例外ではない。それゆえ、未来の福岡のまちを担う若者には大いに期待を寄せたいところ、高島市長はどんなエールを送ったのか。市長公式ブログ「今日は福岡市の成人式」を覗いてみた。するとそこには、安倍首相と明恵夫人、安倍首相の母君と一緒に写る高島市長が。(下写真)安倍首相は7日から墓参りのため山口へ帰郷、長門と下関で新春の集いに参加した後、9日午前、赤間神宮で参拝と報じられている。そこへ高島市長が駆け付けていた。福岡市の成人式は9日午後2時からだからこの後、急いで式典会場へ向かったのだろう。成人式は公式行事、遅れることがあればそれこそ問題だ。市長は勤務時間に縛りのない特別職とはいえ、成人式の日に首相と会い 、しかも成人式に全く関係のない写真をそこに掲載するのは如何なものか。それほど安倍首相との親密ぶりをアピールしたいのだろうか。市民の生活は置き去りに、安倍政権に追随する高島市政。いやはや、今年も頭の痛い一年になりそうだ。 

 

 

写真は高島市長公式ブログ、「今日は福岡市の成人式」 より。

 

 

 《関連資料》

総務省。「酉(とり)年生まれ」と「新成人」の人口-平成29年 新年にちなんで(「人口推計」から)

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第6回福岡市地下鉄七隈線... | トップ | 難所ヶ滝・2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。