感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

市立旭川病院に伺いました

2015-07-30 | 青木語録
編集長、北海道、夏の伝道旅行を終えて現在は、千歳空港で飛行機を待っています。 昨日は市立旭川病院で講演でした。大場副院長、ICD岡本先生、感染管理担当の桐先生かたのお計らいでした。 かなり大きなお部屋でお話しをさせて頂いたうえ、他の部屋まで中継して下さり多職種100名は超えていたでしょうか、、。 若手医師セミナーなどの多施設同時中継ではなく、単独施設の講演では今年最大のaudience であ . . . 本文を読む

北海道行脚

2015-07-29 | 青木語録
編集長、現在、北海道を講演、症例検討会の旅、行脚中です。 昨日も気づけば6時間じゃくと言う、とんでもない時間、症例検討会や講演をして、更に懇親会、、 これが、札幌、室蘭、と続くのですから疲れるわけで、、 それでも、本日は旭川に向かい旅立ちます。 明日は帰宅し、夕方からビジネスの会合を美女と予定です。はー大変、、 写真は日鉱記念病院の若手医師、研修医と、 . . . 本文を読む

ICAAC online 小児感染症 症例検討会 (Session 113)

2015-07-24 | 青木語録
本日から小児感染症です。(師匠から近づくな・・といわれている聖域) Session113 Pediatric Infectious Diseases Interactive Cases 症例検討会のパネル: Samir Shah, MD, MSCE Charles Woods, MD, MS Michael Levin, PhD Hermione Lyall, MD #1:最初の問題 ・Au . . . 本文を読む

◎◎星 クラスのChef

2015-07-23 | (ちょっと休憩)ほんとに休憩
2004年に学生としてお会いした青柳先生が、帰国した機会に素敵なItalianを御馳走して下さいました。 アメリカの医学部のFaculty、そしてルワンダでは新しい医師の育成などに携わってきた青柳先生。 更には、編集長の教え子で海外志向の強い連中に人生行路の指南を下さいます。 (例:城東病院StaffのK先生) 医学界新聞で文才を発揮されていますが、更に、実は料理名人である・・という事が本日分 . . . 本文を読む

若手医師セミナー2015 第3回 編集長自身です 再掲

2015-07-22 | Aoki Office
若手医師セミナー2015 第三回は編集長が20年変わらず「伝道」している感染症診療の原則です。よろしくお願いいたします。 日時:2015年7月24日(金)19:30〜21:00 場所:ご自宅から、医局から、どこでも若手医師セミナーが受講できます。 注意: ・iPhone, iPadからでも受講可能。 ・終了、少し前にLoginできれば、不思議なシステムにより19時30分からの様子をご覧になれま . . . 本文を読む

沈みつつある国の医療も考える

2015-07-20 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
米国の医療制度も変わりましたが、日本も米国の影響を大なり小なり受けて変わっています。 堤美果『沈み行く大国アメリカ<逃げ切れ!日本の医療』を読んで、ここ数年のbig pictureを見渡す視点が増えました。 立場によって様々な変化はチャンスやよいことである人もいますし、なんとしても食い止めねばな人もいます。 著者は、国民が皆保険制度をあまり理解していないこと、国の医療関連の施策を検討したり決め . . . 本文を読む

Eleanor Roosevelt

2015-07-19 | 青木語録
これは超有名な箴言です Great minds discuss ideas; Average minds discuss events; Small minds discuss people Eleanor Roosevelt 偉大な人は「理想」を語り、平均的な人は「事件」を語り、小さな人は「人」について語る(編集長意訳) タイトル写真:Internetよりhttp://firstladi . . . 本文を読む

20歳男性 咽頭痛 スラムダンク

2015-07-18 | 青木語録
20歳男性 咽頭痛 咽頭培養GAS陽性 >> ペニシリン7日間服用 >> 筋肉痛の悪化 >> LVFX無効 胸痛の出現 >> azithromycin vancomycin, ceftriaxone 無効 胸部CT:右肺門部リンパ節腫脹、両側胸水、心嚢液貯留 HIV、EBV:陰性 肩と肘の関節腫脹 すぐに消える皮疹出現 まとめると: ///////////////////////////// . . . 本文を読む

NEJMに市中肺炎の論文 July 14, 2015, at NEJM.org

2015-07-17 | 青木語録
NEJMの新しい号に市中肺炎の論文が出ました。 「米国の成人で入院が必要になる市中肺炎 (Community-Acquired Pneumonia Requiring Hospitalization among U.S. Adults)」 というタイトルで主に原因微生物の検討です。 方法は「active population-based surveillance」 筆頭著者はS. Jain先生 . . . 本文を読む

ICAAC2014 Online 重症感染症診療の進歩(Session 206) #10

2015-07-16 | 青木語録
ICAAC2014 Online 重症感染症診療の進歩(Session 206) Progress in the Management of Severe Infections このSection、本日で終わりです。 (ああ、つまらなかった・・失礼!!) 本日の演者はMartin Hoenigl先生 演題:救急室におけるSIRSを示す症例で、Presepsin、CRP、Procalcitoni . . . 本文を読む