感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

ICAACOnline(2014)Literature Review HIV #2

2014-11-27 | 青木語録
ICAACOnline(2014)Literature Review HIV #2 本日もJean-Michel Molina先生によるHIV感染症関連の文献Reviewです。 #5:NRTI sparing Rx. Raggi F ら Lancet 2014 on line ・NRTIなしのプロテアーゼ阻害剤(PI)+インテグラーゼ阻害剤(INSTI)をPI+NRTIで比較 ・基本的には . . . 本文を読む

BAD Parrot (収穫感謝祭用Joke)

2014-11-26 | 青木語録
以下は友人から頂いた収穫感謝祭用のジョークです。 エンジョイ!! BAD Parrot A young man named John received a parrot as a gift. The parrot had a bad attitude and an even worse vocabulary. Every word out of the bird's mouth was ru . . . 本文を読む

Mandell 第8版 遅まきながら・・

2014-11-25 | 青木語録
Mandell 第8版 遅まきながら入手し読み始めました。 今日は新興・再興感染症の章を読んでます。 インフルエンザなど知っているつもりで、これほど当たり前の事を知らなかったか・・と思わされます。 H5N1のcase fatalityは現在のエボラに近い事、罹患者の殆どが小児と若者で40歳以上の症例は10%以下・・地味ですが大事な事実。 (だって鳥インフルエンザは空気感染ですから・・) 一言 . . . 本文を読む

筑波大学医学部36期生卒業記念講演会 2015.3.7. 第一回予告

2014-11-24 | Aoki Office
筑波大学医学部36期生卒業記念講演会 2015.3.7. に参加致します。 大船中央病院の須藤先生と共演です。 詳細は写真をご覧下さい。 . . . 本文を読む

11月8日(土)にEBICグラム染色実技講習会が開催されました。

2014-11-24 | Aoki Office
11月8日(土)にEBICグラム染色実技講習会が開催されました。 ホームページに開催報告をアップいたしましたので、 是非ご覧ください。 http://www.ebic.jp/news/2014gs.html 今後ともEBIC研究会をよろしくお願い致します。 . . . 本文を読む

またお会いしたい鹿児島の方々・・

2014-11-23 | 青木語録
長崎大学熱研の有吉内科・大隅鹿屋病院・南九州感染症寺子屋 それぞれの場所で感染症コンサルテーションの相談、症例検討、講演などを終えて本日、鹿児島から東京に戻ります。 以前から九州、とくに鹿児島の方々の「暖かさと豪胆さの不思議なMIX」に敬愛の念を抱いていたのですが、その源泉に触れた気がする講演旅行でした。 昨晩は疲労困憊であったはずなのに「豚とろ(とんとろと読む)」ラーメンを夕食後に頂きまし . . . 本文を読む

Streptococcus kagoshimae serovar. nose

2014-11-22 | 青木語録
編集長、現在、鹿児島市内の感染症勉強会に出ております。鹿児島市立病院 内科の能勢先生がたのご招待です。 少し長い名前ですが「第3回南九州感染症寺子屋」です。 編集長は小一時間のミニレクチャーを終了。現在は症例検討会進行中です。 愉快なのは、症例検討会の直前にアイスブレーキングと称してジャンケンのゲーム。短い列から始まりジャンケンに勝つと列が長くなります。能勢先生考案の「人間連鎖球菌」その名も . . . 本文を読む

朝練

2014-11-22 | 青木語録
徳洲会病院の朝は早い。 七時半から症例検討会。 高齢女性、少し痴呆が? 食欲低下。 無熱、血圧、脈拍、まあまあ。呼吸数20! 身体所見、首はrigid、下腹部に圧痛? 血液、生化学はCRPを含めて正常。 髄液は白血球、タンパク, ADA少々。単球ばかり。髄液糖少し低下。 ここで投与された治療はナカナカのもの。ABPC, CTRX, ACV, INH, RIF, PZA, EB. 墨汁染色 . . . 本文を読む

新品の 大隅鹿屋病院に伺いました。

2014-11-22 | 青木語録
長崎の街を離れ、新幹線で長崎中央駅まで行き、地元の豚のとんかつを食し、その後、鴨池港から垂水港にフェリーで渡りました。40分程度の航行ですが、桜島を見て飽きない40分間でした。 新品(開院2週間)の 大隅鹿屋病院に伺いました。 以前の病院と病床数は同じですが、病院としての体積は2.5倍。 非常にゆったりとした米国の病院を見ているかのようです。 ICUも各部屋、陰圧にする事が可能であり重症 . . . 本文を読む

長崎大学熱帯医学研究所 有吉紅也先生の教室

2014-11-21 | Aoki Office
昨日は長崎大学熱帯医学研究所教授の有吉紅也先生、長崎大学病院医療教育開発センターの濱田久之先生がたのお招きで講演をして来ました。 有吉教室の先生がたは大学病院内の感染症コンサルテーションをしておられ、年間500件以上の相談を処理されています。相談を受ける診療部門は三次救急から整形外科など広範囲で、あらゆる相談を受けて居られます。 時には感染症のみならず、輸液や電解質管理、果ては人工呼吸器のS . . . 本文を読む