感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

2017年度第2回EBICセミナー in Kobe

2017-07-29 | Aoki Office
2017年度第2回EBICセミナー in Kobe 細菌検査結果の臨床的な読み方を学ぼう! あなたは、その感受性(S)を信じられるか? * 事前登録締切日:8月25日(金) 15時 詳細・登録は以下のWebsiteからご確認下さい。 http://www.ebic.jp/news/2017se2-in-kobe-2.html 【目的】 ♦ 抗菌薬感受性結果から耐性メカニズムを推定し、 . . . 本文を読む

獨協総診2018スタッフ・レジデント募集!&HPリニューアル

2017-07-26 | Aoki Office
ご依頼により以下を掲載致します。 /////////////////////////////////////////////////// 【獨協総診2018スタッフ・レジデント募集!&HPリニューアル】   https://www.dokkyogeneral.com/   「若手ジェネラルの登竜門」、獨協総診 2018年度スタッフ・レジデントの募集です。いずれも若干名です。   獨協総診の特 . . . 本文を読む

Candida auris

2017-07-24 | 青木語録
日本で最初に報告されたC.aurisですが、グローバルな脅威です。なぜなら・・ カンジダのくせに、アゾール、キャンディン、ポリエン(アンホテリシン)という3つの(というか、殆ど全部の)抗真菌薬に耐性化しつつあるからです。 詳細は以下をどぞ↓↓ http://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2017/07/cdc-reports-uptick-candid . . . 本文を読む

20年のお付き合いになります

2017-07-22 | 青木語録
中部労災病院は編集長の全国行脚Teachingの出発点。 多くの高弟を輩出して来た藤田先生とは20年のお付き合いになります。 二人とも色々、大変な事もあった人生ですが、若手教育という共通の目的のために邁進してきました。 二人とも、年取ったな・・しかし、幸せそう 今も若手をしごき続ける藤田先生とその直弟子・孫弟子達と本当に幸せな時間を過ごしました。 Total、2回の講演、2回の症例検討会を、 . . . 本文を読む

愚か者は、許さず、忘れず・・Thomas Szasz

2017-07-21 | Aoki Office
The stupid neither forgive nor forget; the naive forgive and forget; the wise forgive but do not forget. ~ Thomas Szasz 編集長意訳: 愚か者: 許さず、忘れない ナイーブな者: 許し、忘れ、 賢者: 許し、忘れない . . . 本文を読む

Dalai Lama

2017-07-20 | 青木語録
The roots of all goodness lie in the soil of appreciation for goodness. ~ Dalai Lama . . . 本文を読む

若手医師セミナー2017 山中克郎 先生 Q&A

2017-07-19 | Aoki Office
山中先生から7月14日の若セミに寄せられた質問のQ&Aを頂きました。 質問者 : 医師 小児科 50代 質問内容 : SARSが発生した時に、医療関係者が感染し多数死亡しました。その時に感染症予防の基本として、マスクと手洗いを感染症の専門家が挙げられていましたが。 回答: 新型インフルエンザの時も多くの医療従事者や一般人がマスクを装着しました。呼吸器感染症の防御には、ある程度の意義があると思い . . . 本文を読む

日野原重明先生が亡くなられました

2017-07-18 | 青木語録
日野原重明先生が天に召されました。 http://www.asahi.com/articles/ASK3R7QBZK3RULBJ01T.html 「アメリカに残るしかない・・」と諦めていた編集長が25年前に帰国できたのも日野原重明先生のお陰でした。 ・ド田舎のKentuckyで日野原先生から、お手紙を頂いた時の興奮は忘れません。写真はその手紙と封筒 ・聖路加国際病院で採用して下さると・・・ ・ . . . 本文を読む

フォーサム2017大阪 に伺いました

2017-07-17 | 青木語録
フォーサム2017大阪の眼感染症学会長、佐々木香る先生のお招きでパネルディスカッションに参加させていただきました。 極めて「Away感」の強い参加でしたが、その「Away感」の背景を考える事は感染症専門医にとって有用です。 臓器・解剖: <眼球には血流・Circulationがある部分と無い部分があり、これによりSurgical・TopicalなApproachとMedical・System . . . 本文を読む

ミネソタ州で麻疹の集団発生

2017-07-14 | 青木語録
麻疹を撲滅宣言した地域・国家も、麻疹流行地域が残る世界中を人々が旅行する時代、いつ持ち込み症例がでるかわかりません。唯一の防衛手段は群免疫Herd Immunityを上げておくことです。 ミネソタ州で麻疹の集団発生については以下をどぞ↓ https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/66/wr/mm6627a1.htm?s_cid=mm6627a1_e Measles O . . . 本文を読む