感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

Boot camp Day# 6 那覇空港

2017-12-09 | 青木語録
那覇空港で羽田行きの便を待っています。 ハワイ大学から招待されてのBoot campも今年で8回目。 本当に大変お世話様になりました。 来年もよろしくお願いいたします。 喜舎場イズムのGuardian達と第8回終了記念集合写真 沖縄最終日の朝はいつも椎木先生の計らいで薬膳料理@沖縄第一ホテル . . . 本文を読む

Boot camp Day#5 ご挨拶

2017-12-08 | Aoki Office
今回もハワイ大学事務所の安次嶺団長を始め、多くの方、研修医、スタッフの先生がたが素晴らしい時間を共有させて頂きました。心から感謝申し上げます。 重複致しますが、スナップ写真を以下に・・ さあ、これから最後のコアレクチャーだ・・。非中和抗体の新しい役目、結核のワクチン、超耐性腸内細菌、バクテリオファージ治療・・などID week2017から紹介します。 . . . 本文を読む

Boot camp Day#5

2017-12-08 | 青木語録
あっという間に最終日となりました。最後の症例検討会です。 プレゼンターは板金先生(タイトル写真) 症例は50代男性、既往に高血圧、心不全、解離性大動脈瘤その他の心臓・大血管の問題で機械弁、グラフト挿入などの既往があります。 病歴: 入院少し前に心不全の悪化を認めるが、利尿剤で対応可能。 編集長:心不全の悪化はIEによる事があるので血培が重要と説明 発熱、労作時呼吸困難で入院。 2ヶ月で6Kgの . . . 本文を読む

Boot camp Day#4 番外編

2017-12-08 | 青木語録
編集長、症例検討会に続いて、昼休みには「結核2017」と題して、最近の結核の疫学的治験、妊娠と結核、HIV感染症の結核とIRIS、などについて講義をした後、南部医療センターで講演を致しました。 その後、南部医療センターの研修医、若手医師、更には徳田安春先生を交えて「情報交換」の会を致しました。 そこでは主として医学とは直接関係の無い、しかし人生にとって重要な教育が編集長により行われたのでした。 . . . 本文を読む

Boot camp Day#4

2017-12-07 | 青木語録
症例は70代女性、主訴は左下腿の色調変化とショック 病歴: ADL完全自立の女性。 入院2日前にトイレで転倒し左下腿を打撲。 家人がLocal careを施す。 入院前日、発熱、左下腿の色調が変化、水疱も出現し、近医受診するも悪化。 入院となる。 既往に原因不明の心不全、肝機能障害、腎機能障害、高血圧など 編集長:「動物・ペットへの曝露は?」 発表者:Mild〜Moderateな動揺。「そそそ、 . . . 本文を読む

Boot camp Day#3 with 番外編

2017-12-07 | 青木語録
まず、Boot camp Day#3は番外編から・・ 昨夜は米国感染症専門医、日本人第1号であり、日本臨床感染症学の始祖鳥、もとい、始祖である喜舎場朝和先生とお食事を共に致しました。お元気で冗談を飛ばしたり、昔の留学時代のお話を聞かせて下さったりと、若手一同緊張の中にも素敵な時間を過ごしました。感染症科の仲間も高山先生以外は揃われ、南部医療センターからは豊川先生もご家族で参加、楽しい時間を過ごさ . . . 本文を読む

Boot camp Day#2番外編

2017-12-06 | 青木語録
沖縄県立中部病院感染症科、宴会・接待部長の椎木先生のご厚意により、ハワイ大学事務所の安次嶺団長をはじめ、スタッフの皆さんと宴席(@インドネシア料理店)を持ちました。 中部病院の3期生研修医であった安次嶺先生から多くの歴史的事実を拝聴しました。 安次嶺団長はインターンを3回Repeat 安次嶺先生ご自身も辛いインター生活を、本土で1回、沖縄県立中部病院で1回、そしてアメリカで1回と、なんと3回も . . . 本文を読む

Boot camp Day#2

2017-12-06 | 青木語録
Boot camp Day#2 早朝の症例検討会。40代女性、スナックのママ 主訴: 下腹部痛と42度の発熱と皮疹(紅斑/macuropapular) 一応、編集長はいつものように皮疹を「やばい」「STI」「小児発疹性疾患」の3組に分ける。 これで10分使用。プレゼンター起立の姿勢を維持。 編集長:タンポン⇒TSS 来た・・でもOCH・成田・椎木組がこんなStraightforwardなの出 . . . 本文を読む

Boot camp Day#1番外編

2017-12-06 | 青木語録
少し、遅れましたが、一昨日の沖縄県立中部病院研修医+感染症科による歓迎会のご報告を致します。 研修医達は全員、素晴らしい研修環境に恵まれ、希望に燃えていました。 出身大学も更にVarietyが増えて、「母校」沖縄県立中部病院の発展を感じた次第です。 研修医の諸君、そして成田・椎木両先生を始め、感染症科のみんなありがとう!! . . . 本文を読む

Boot camp Day#1

2017-12-04 | 青木語録
沖縄県立中部病院感染症科が1年間準備し、手ぐすねを引いて編集長を待ち構える症例検討会が、いよいよ始まりました。 病歴: 西アフリカ出身の中年男性。日本在住だが、VFRにて一時帰国後、再び日本に戻る。発熱、悪心・嘔吐、下痢で来院。 全身、特に背骨にそった筋肉痛。 診察中にShaking Chill。 危険なものを食べたり、触ったり、交わったりしてない!蚊にも刺されないように注意してる (誰が信じる . . . 本文を読む