感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

予告 広島;11月29日・30日

2007-07-31 | Aoki Office
広島出張です。ぜひ若いドクターに関心をもっていただきたいセミナーなのと、学会事務局&スポンサーの協力により無料公開枠にしていただいたので、周辺地域の方で関心をお持ちの方はぜひ広島におでかけください。 29日(木)は夕方から。毎年開催している症例ベースの教育セッションです。 http://www.hivcare.jp/kotsu/ 今年のテーマはHIV感染症とオンコロジー。 HIV感染症はもは . . . 本文を読む

研修医対象;仙台感染症セミナー(事前登録制)

2007-07-31 | Aoki Office
ぜひ仙台で、、という若手医師のリクエストがありまして、 9月3日(月)18:15より仙台市福祉プラザ2階ふれあいホールでセミナー開催となりました。 Meeting the Specialist 仙台感染症セミナー〔主催 ファイザー株式会社〕 対象;研修医 講演;「抗菌薬の適正使用について」 講師 青木眞(サクラ精機) 〔注意〕 会場が狭いため事前申し込み制をとります。満席になった場合は当日 . . . 本文を読む

飛行機で移動のMDR-TB

2007-07-30 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
義父がCDCの結核研究者の弁護士が医師と当局の指導に従わず飛行機で旅行をしたニュースの影響や、SARS以後の関心の高まりの中でこのようなニュースは今後増えていくだろうと思います。 台湾→香港→中国大陸と飛行機で移動をした結核カップルのニュースです。男性のほうがMDR-TBで、現地で隔離。行動制限の話はいつ誰がどのようにするのでしょう。 台湾人夫婦が結核に感染しつつ飛行機に搭乗 http://w . . . 本文を読む

針の太さと感染の因果関係

2007-07-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
手術→感染→訴訟のニュースがありました。詳細は載っていないので報じられている範囲で。 病院での手術のミスが原因で左足を切断したとして60代の男性が市を相手に約7000万円の損害賠償を求めた訴訟。 最高裁第二小法廷は市側の上告を退ける決定をし、市に約3200万円の支払いを命じた2審仙台高裁判決が確定。 1999年4月に左ひざ下を負傷。縫合手術を受けたが感染症になり、左太ももを切断。 病院側は . . . 本文を読む

感染症指定病院

2007-07-29 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
超ドメスティックな話題ですが。 感染症の指定病院をごぞんじでしょうか(自分の病院がそうだ、とか、最寄は○○病院だ・・とか)。平時対応として、どこに専門家がいて、対応やバックアップをできるのかという地域レベルの検討として重要な取り組み。 ・・・でも最初に体調悪くて受診する病院は近くの病院なんですけどね。 (うちにはこないはず!だから鑑別にもあがらない!、モードになりませんように) 第一種感染症指 . . . 本文を読む
コメント (4)

躍進 市立堺病院

2007-07-29 | 青木語録
市立堺病院に行ってきました。昨日(7/27)、午前に東京を出発、昼過ぎに札幌・千歳空港に到着して手稲渓仁会病院のIDATENセミナーで講義、すぐ千歳空港に戻り、関西空港に飛び、夜8:40に到着。関空では市立堺病院の研修医達が待ちかまえていてくださり、関空のビルで10時半頃まで乾杯。その後、市立堺病院の近くに移動して、市立堺病院研修医自慢の近くの焼き肉屋で深夜の1時頃まで乾杯。その後、近くのラーメ . . . 本文を読む

HBVの父子感染

2007-07-28 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
B型肝炎については、一般人口にちかい献血の供血者での報告が増えていることや、慢性化しやすい欧米型が増えていること(STDとしての影響)、 http://idsc.nih.go.jp/iasr/27/319/dj3193.html 透析施設でのアウトブレイクなど話題はつきませんが、 Journal of Medical Virologyの7月号にB型肝炎の父子感染について報告されています。(大阪総 . . . 本文を読む

中国の狂犬病

2007-07-27 | 毎日いんふぇくしょん(編集部)
夏休みですね。都内の朝の電車の混雑が多少緩和されています。 中国の狂犬病の話題がニュースになっていました。 中国は感染症ネタの宝庫なんですが、現在日本の各地の空港と中国の各地を結ぶ直行便がとんでいます。皆さんの最寄の空港はいかがですか? 潜伏期間が長い狂犬病なども気になります。中国は狂犬病での死亡者の数は世界で2位とのことです。 かの地の感染症は自分の医療機関のリアリティ!の時代ですね。一時 . . . 本文を読む

札幌→大阪

2007-07-27 | 青木語録
昨日は新宿で開かれた英国のMRSA専門家の話をききにでかけました。講師は2006年に発表された「英国におけるMRSA感染対策および治療」の策定に関わったJohn E. Coia医師でした。グラスゴー大学の微生物大学の教授です。 何かのカンファレンスに招聘されており、それとは別にクローズドで勉強会が開かれていたのを教えてもらい出かけました。 今日はまず涼しい(はずの)札幌でIDATENのセミナーを . . . 本文を読む

参加者アンケートより(第10回若手医師セミナー)

2007-07-27 | Aoki Office
セミナー参加者アンケートにご協力いただいた皆様ありがとうございました。 今回は以下の病院からご参加いただきました(漏れがあったらすみません)。 富山・福岡・大分・青森など遠方からもご参加いただきありがとうございました。 最近は学生さんの参加も増えています。今回は医学部4年生の参加もありました(すごいですね!)。 深谷赤十字病院・さいたま市立病院・埼玉県立小児医療センター・済生会中央病院・東住吉 . . . 本文を読む