TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




この数日間、八ッ場ダムのことを集中して書いてきた。
とくにテレビ報道があまりに極端な「つくらないともったいない」「ダム建設に翻弄された住民の涙」などと国土交通省河川局提供なのかと思わせるような番組を垂れ流していたので、何とかしなければならないと考えたからだ。反響は大きく、ついに9月24日のアクセス数は25000IP/53000PV(gooブログアドバンス3位)にまでふくらんだ。ある民放のテレビ局のアナウンサーからも電話をもらった。自分たちが流してきた情報はもしかしたら表面にすぎず、八ッ場ダム問題の根底にある重要な領域を外してしまっているのではないかという自戒が生まれてきていると感じた。ぜひ、深く根底をえぐる報道番組をつくってほしい。

きっこのブログにも気になる記事が⇒八ッ場ダム報道でヤラセ発覚

今回の「八ッ場ダム騒動」でにわかに見物客や観光客が増えているようだが、八ッ場ダムに行くたびに私たちは「川原湯温泉」に宿をとる。この温泉街の入口には、「歓迎 ようこそ・ダムに沈む川原湯温泉」という大きな看板があった。源頼朝が浅間狩りの時に開湯したのが起源と言われ、歴史を持つひなびた温泉街だ。たずねるごとに、旅館の数は減っていく。それでも、八ッ場ダムに沈むことになるこの温泉街は、湖底の源泉からパイプでお湯を引き揚げて、ダム湖の湖畔に「新温泉街」をつくる計画が進んでいる。

ダム計画がこの温泉街を襲ったのは、今から57年前の夏だった。この様子を『八ッ場ダムは止まるか』(八ッ場ダムを考える会編・岩波ブックレット№644)に隅大二郎さんが書いている。引用のまた引用となるが、ぜひ紹介したい部分があるので読んでほしい。

[引用開始]

そもそも八ッ場ダムの話が地元にもたらされたのは半世紀以上も昔にさかのぼる。 川原湯きっての老舗旅館だった養寿館(すでに廃業)の経営者、荻原好夫さんが『八ッ場ダムの闘い』(岩波書店 1996年)に当時の様子を記している。

昭和27年(1952年)の初夏だった。河原湯村民は、何の話かの説明もなく集会所に集合させられた。町長の先導で話を始めた建設省の役人、坂西徳太郎は村民の頭越しに「ここにダムを造る」と言い放ち、「この村はざんぶり水につかりますな」と横柄にもそう苦笑して、その場を立ち去った。

[引用終了]

最初のスタートがこの態度である。この居丈高で国家権力をかさにきた建設省の土木官僚の思い上がりに憤慨した人々は長い闘いに立ち上がることになる。先に何度か紹介しているが、この吾妻川は強酸性の「死の川」だったことで、このダム計画は停止し沈澱する。ふたたびよみがえることになったのは「中和工事→品木ダム」の完成した1965年の春だったという。ふたたび同書から引用する。

[引用開始]

当時、町議会は二度もダム建設反対を決議した。町議会が挙げた反対の理由を豊田さんの本から引いてみよう。

1、 険しい地形ばかりで、地元住民の犠牲を伴わない再建計画は絶対に不可能。
2、 近くに農地や代替地がない。
3、 河原湯温泉の泉源が水没する。
4、 国指定の名勝吾妻渓谷と天然記念物河原湯岩脈が失われる。
5、 水没地域は交通の要所で、産業経済にも悪影響をもたらす
6、 いずれは土砂の流入で、ダムの用をなさなくなる。
7、 過疎化で町がすたれる。
8、 水没関係地区の住民の大多数が反対している。
9、 建設省への不信感が強い。

[引用終了]

44年前の決議だが、ここに重要な論点はすべて盛りこまれている。いくつかの点はすでに解決を見ていると国土交通省河川局は言いたいだろうが、「半世紀」という途方もない時間を武器に意気盛んに反対してきた住民たちを疲れさせて、真綿で首を絞めるようにして諦念に導いていったのではないか。

私は、1年半前に八ッ場ダムを訪れた際に近隣の住民のひとりから「浅間山噴火」の話を聞いた。2004年9月1日、浅間山が噴火した時には「ドーン」という大きな爆発音が聞こえて、火山灰が降ったという。1783年(天明3年)の大噴火では、噴火にともなって崩壊した山が時速最大100キロで鎌原村を襲い、泥流は吾妻川を時速30~40キロで下り、ちょうど八ッ場ダム予定地付近で止まったと言われる。(泥流死者1583人)この住民は、ダム計画の説明に訪れた国土交通省のダム官僚に聞いた。

「もし、浅間山の大噴火が起きたらこのダムはどうなるのか」
しばしの沈黙の後、ダム官僚は「そうですね。私たちの生きているうちは、そんなことは起きませんよ」と言って苦笑いしたという。しかし、「私たちの生きているうちに浅間山の大噴火は起こらない」のだろうか。そんなことは誰も断言出来ないというのが真実ではないか。

ダムに水がほとんどなければ「砂防ダム」となって土石流を止めることが出来るという説もあると『八ッ場ダムは止まるか』でジャーナリストのまさのあつこさんは指摘しているが、逆に満杯だったらどうなるのか。ダム官僚たちは、これ以上は考えたくないから苦笑いするしかないのではないか。

浅間山が噴火しなくても、八ッ場ダム建設予定の急峻な地形は古代からの浅間山噴火によって吐き出された堆積物が幾重にも重なり合っている構造となっている。従って、地滑りが起きやすく、国や県が「地滑り危険個所」「地滑り防止法指定地域」としている場所が予定地周辺に何ヶ所もある。しかも、ダムに水をためることで地滑りをしやすい危険地域を大量の水で浸すことになる。

「つくらないともったいない」「防災の備えを欠かすわけにいかない」と声高に叫ぶメディアの皆さんには、八ッ場ダムが出来ることでむしろ「危険」が増大するのではないかと指摘する声にきちんと答える義務があると思う。









この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )



« 八ッ場ダム、... 八ツ場ダムの7... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
五たび八ッ場ダム (夕暮菜日記)
テレビで地元住民として『ダム建設推進派』として意見を言いまくっている女性の正体が判明したようだ。 『長野原町議会議員』『長野原町議会ダム特別員会副委員長』等の肩書きをもつ星河由起子だ。 ネットで、調べまくって明らかにしてくれた方がいるのだ。 ネット恐る...
 
 
 
どうなる!?八ッ場(やんば)ダム視察と花畑牧場・・・ (たまーにブログ 4th シーズン)
[[img(http://x7.ifdef.jp/bin/ll?098060900.gif,1,1)]] [http://x7.ifdef.jp/bin/gg?098060900  ] 鳩山さんは、国連で25%削減と、サミットに参加した麻生元総理より、 国際社会でも、よっぽど存在感をだしているようですが、 本日23日は、否定的報道の多...
 
 
 
チャンネル桜と記者クラブと事務次官の会見 (東京のばかやろーブログ)
よーめんのブログといういつも刺激を受けているサイトの人が 女性立ち上がる動画 という記事で >ランキング応援クリックと共によーめんブログその物のコピペ宣伝をお願いします。  と仰っている。よーめんという人のブログは今まで何度か 取り上げたが多くの...
 
 
 
県営八ツ場ダムにしろ! + 木村の「全精社協」疑惑確定? (kimekime25)
アクセスに 感謝申し上げます。   さて マスコミは 八ツ場ダム推進に 目の色を変えていますが いつから 日本はこの問題に関し 点だけを報道し 大局的な視点から論じなくなったんだ? この演出には裏がある! そこに食いついたのが 「晴天とら日和」のこ...
 
 
 
鳩山首相、新たなアフガン支援を検討 (東京のばかやろーブログ)
 二酸化炭素、ガソリン税議論におけるマスコミの盲点、 特に地方と老人について論じようと思っていたら  先日コメント頂いた eine kleine Katzen Schelleというブログのシルスさんが 筋金入りのボンボンという記事を書いていた。 これは結構笑える話なので少し...
 
 
 
NHKの欺瞞的応対をお聞きください! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
昨日、NHKへの抗議の電話の会話を録音しようと思って秋葉のヨドバシカメラで電話録音アダプタを買った。録音したらさすがに良く録れている...
 
 
 
八ッ場ダムを考える(1) (棒に怒る日本人)
前原誠司国土交通相が、八ツ場ダムの建設予定地がある群馬県長野原町を訪れ、住民との
 
 
 
八ッ場ダムを考える(2) (棒に怒る日本人)
目下進んでいるのは、ダム本体工事ではなく、周辺の基盤整備や環境整備なのだ。その基
 
 
 
八ッ場ダム問題。 (幸せなお金持ちを目指して)
livedoor ニュース - 【保坂展人のどこどこ日記】 八ッ場ダムが「災害」を増幅する危険性 via kwout 「八ッ場ダム」、正直な話これを”やんばだむ”と読むことはおろか、こういう問題が存在すること自体国民の大多数は知らなかったのではないだろうか。 私自...
 
 
 
IOC総会に出席する必要なんてありません! (ちょっと一言)
 鳩山総理は国連の場においてもサミットの場においても日本としてのそれなりの存在感と方向性を打ち出してくれたのでまずは快哉を叫びたい。今朝も寝
 
 
 
これが分からんかったら,関西人やあらへんな (笑) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 今日は風邪をひいて体調が悪いので,池田理代子の『ベルサイユのばら』の,分厚い「レディースコミック」版の宣伝(笑)  速い地域では昨日あたりに3・4巻が出ているみたいです.1冊 500円なので,老眼が出て文庫版やコミックスでは読めない,という方におすすめで...
 
 
 
【政治】記者会見開放と八ッ場ダム報道 (散策)
今週は、上杉隆さんと神保哲生さんが鳩山首相の最初の会見から排除されたことの重大性について考えさせられました。
 
 
 
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年9月26日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党新聞編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・民主党TV編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・日本航空{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
 
 
 
八ツ場ダム報道はこんな調子がいつまで続くのか? (クリームな日々)
今日のどこどこ日記。そしてそのなかにも紹介されていたこの記事。 今日の報道特集見忘れてしまった・・・・・・
 
 
 
八ッ場ダムは必要?不要? (日本を元気にする!情熱社長の独立開業日記!)
ブログランキング! ← クリックお願いします(^o^)/! このブログの順位は?!クリックして確認!  ニュースを見ていても、  いまだにわからないのが、  八ッ場ダムを作ることがいいことなのか?  悪いことなのか?  ということなんですが、  みなさんどう...
 
 
 
八ッ場ダム 2ch (小向美奈子 トゥナイト 動画)
八ッ場ダム問題 冬香日記/ウェブリブログ 八ッ場ダムが「災害」を増幅する危険性 - 保坂展人のどこどこ日記 長野原町民が八ッ場ダム中止問題の矢面に立たされている3つの理由 ...そして!!
 
 
 
[時事]ルポ・八ッ場ダム (びんずいノート)
 4年前、2005年1月に、ひょんなことから群馬県を訪れ、流れで川原湯町へ行った。予定にはなかったが、いま揺れに揺れている巨大ダム「八ッ場ダム」の現場を緊急取材したのである。それをもとに書いたルポがある。  といっても、あのときはほとんどなんの準備もなしに訪...
 
 
 
「にゃ~2」さまとの出会い その14 (^_^;) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 副題は 「ネコの天気予報」 である(笑) 「魔女の宅急便」か (^_^;)  「にゃ~2」は耳がかゆいよー,と言うので,家に戻って綿棒とコンビニでもらったレジ袋を持ってきたら,まぁ凄いダニ! 綿棒がダニだらけである.結局,両耳の掃除をするのに,綿棒を5本消費し...
 
 
 
リアル図書館戦争(53)自作自演予防策 (年刊食堂)
児童ポルノ法改正案について、自公案推進派のアグネスさんがブログを始められたとのこ
 
 
 
● 懲りぬアホ 知ったかぶり(世間知らず)な 後藤キャス(TBS)/■ 後藤キャス(TBS) 古館居なく 朝日晴 (古館、田原... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
 
 
 
4330 ■ 仕立て上げ 姑息な手段 逆効果 (どらこ)/■ 逆効果 やらせインタビュー 直ぐバレル (みけこ)/● 直ぐバレル ... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
 
 
 
原理原則を考えれば八ッ場ダムの結論は中止 (父さんの日記)
このところ、八ッ場ダムの問題について自分の考えを書きたいと思っていたが、なかなか