TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 参議院選挙の投・開票から一夜が明けた。午前3時過ぎに社民党の議席が「2」になった時に、結果を見守っていたボランティアの人たちから歓声があがった。ところが、その直後に「福島みずほさん」に続いていた「吉田ただとも」さんに「当確」の印がついた。ここで、次点・落選が決まった。「6万9214票」だった。東京、とりわけ昨年の総選挙を戦った杉並で得票をのばしたかったが、不調に終わった。杉並区では、「区長選」「区議補欠選挙」「参議院選挙」が同一日投票となったために、「選挙区」「比例区」の投票用紙を同時に渡され、しかも同じ投票ボックスで書いて投票するということになったために、2万を超える無効票が出たようだ。それにしても、御支援していただいた皆さんには申し訳ない結果となった。

 今回の選挙が始まったのは、3月18日だった。3カ月半全力で走ったが、「全国比例区」の壁を超えることが出来なかった。しかし、たたかって良かったと思っている。党首の福島みずほさんとは、市民運動や環境・人権などき政策テーマで重複があることはわかっていたし、2位当選した吉田ただともさんは昨年9月に公認が決まり、全国的な支援網をこつこつと築かれていたことも承知していた。最初から困難な条件があることは知って始めた戦いだった。

 ひとつは、「保坂のぶと」という政治家を全国の人々に問うチャンスを生かしたいという思いがあった。全国比例区は、なまじの知名度では得票出来ないということは過去3回の比例選挙で知っていた。まずは「社民党」というお店に来てもらった人から「保坂のぶと」という商品を選んでもらわなければならない。ここが、昔、無所属でも立候補出来た参議院全国区との違いだ。

 民主党が「普天間」で迷走し、「消費税増税」を唐突に打ち出す中で、私を支援する環境みどり系の無所属自治体議員の皆さんや、千葉・東京・横浜・神奈川のネットワーク運動の推薦もいただいた。社民党の外側にウイングを広げて、新しい協同戦線を広げるという試みは、ようやく入口に立ったところだ。やはり、ていねいな準備を整えていくには、時間が不足していた。

 インターネット・ブログやツイッターで広げていったネットワークも、「ネット解禁先送り」で使えなくなったのも痛かった。使えていたらどうなっていたかはわからないが、全国を2台の車で拡声器でまわるだけでは、限界がある。

 民主党は、次の臨時国会で「衆議院比例定数80削減」に踏み込むと言っている。少数政党である社民党も、共産党も、衆議院比例区で議席を獲得してきた。この「改革」が行なわれたら、公明党も激減する。「比例定数80削減」は、すなわち「改憲国会」を誕生させる。憲法に関することだから、少数政党の意見もきちんと聞いて丁寧に取り扱うということがこれまでの国会だった。また、昨年の民主・社民・国民連立政権では「憲法の尊重と実現」を連立合意するなどの歯止めがかかっていた。

 昨年の総選挙、今回の参議院選挙とガムシャラに連続して選挙を戦って、連続して落選した。あまり、気落ちしてはいない。冷厳な現実が語っていることを直視し、この敗退の結果から次の進路を読み取るようにしたい。まずは、多くの皆さんからの御支援とエールを受け止めて、今後の道を開いていくことにする。

『きっこのブログ』が取り上げてくれている。以下一部を引用する。

「ニポンの選挙は茶番劇」
 
結局、あたしが支持してるオムライス党は、党首のみずほたんと吉田忠智さんが比例区で当選したけど、絶対に国会へ行って欲しかった保坂展人さんまでは得票率が届かなかった。共産党の小池晃さんや、オムライス党の保坂展人さんのような本物の優秀な政治家が議席を得ることができず、その代わりに、政治の「セ」の字も知らないようなバカタレントやスポーツ選手が国会へとシャシャリ出てく。そして、本業のカタワラで政治ゴッコをして、6年間で数億円の税金を手にする。これが民主主義的な選挙の結果だなんて、まるでギャグ漫画の世界みたいだ。

〔引用終了〕

 「絶対に国会に行って欲しかった」と言われて、残念がっていただく人からのメッセージ、心にしみます。 

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« 保坂のぶと推... 参議院選挙比... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
みんなの党の躍進と共産党の退潮 (PiichanのBlog)
今回の参議院議員選挙をみておもったのは民主党は与党になっても地方での組織がまだよわいということです。青森県選挙区でも自民党の山崎力氏が民主党の波多野里奈氏に大差をつけて当選したのが印象的でした。自民党を批判すれば国民はついてきてくれるという野党のころの...
 
 
 
2010年参議院選挙で私が選んだ人 (ある日あるところで)
明日の日曜日は参議院選挙があります。 基本的にブログでは政治ネタは書かないのですが、今回は書いちゃいます。 ※Twitteでは政治ネタはメチャメチャ呟いていますが(^^ゞ 選挙違反になるのは特定の候補に投票してくださいとか、この候補に投票をしてはダメですよ!とい...
 
 
 
誰が本気で「沖縄の祈り」に応えるのか (恥ずかしい歴史教科書を作らせない会)
■ 選挙区を制した自民党か  11日に行われた参院選。開票の結果、沖縄県選挙区では、自民党公認の島尻安伊子氏が当選を果たしました。  島尻氏は、これまで宜野湾市の米軍普天間基地を名護市辺野古に移設する「基地たらい回し」を推進し続けながら、これに反対する沖...
 
 
 
社民党の保坂展人さん落選/日本のアニメの明日に暗雲が・・・ (仙人のブログ)
譏ィ譌・縺ョ蜿りュー髯「驕ク謖吶〒縺吶′縲√縺溘r髢九¢縺ヲ縺ソ縺溘i縲∫、セ豌大⒐縺ョ菫晏揩螻穂ココ縺輔s縺瑚誠驕ク縺励※縺∪縺励◆縲ゆソ晏揩縺輔s縺ッ縲∫、セ豌大⒐蜀⒤〒謎ス阪↓縺ェ縺」縺溘縺ァ縺吶′縲∫、セ豌...
 
 
 
大衆迎合的な新自由主義ジミントー政治との闘いはまだまだ続く (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  参議院選挙が終わりました。これを書いている今はまだ開票作業中ですが、結果の傾向は見えてきましたので、思うことを書いておきます。 ...
 
 
 
参院選の結果について (夕暮菜日記)
民主党を中心とする連立政権下での初の国政選挙が終わった。 鳩山→菅と、連続して国民を裏切るようなことをしたり言ったりしたもんで、民主党の惨敗は、始めっからほとんどわかっていたようなものだった。 私の興味は、『では、民主党から流れ出た票は、どこに行くのか?...
 
 
 
ジョージ・オーウェルの『1984年』を2010年に再訪 (マスコミに載らない海外記事)
Richard Mynick 2010年6月12日 大衆的語彙の中に初めて登場して以来、“オーウェル的”という言葉は、典型的な“全体主義国家”の姿を呼び起こす。秘密警察だらけの一党独裁、自国民をスパイし、異議を唱える連中を弾圧し、恣意的逮捕や、囚人の拷問を行い、永久戦争を遂...
 
 
 
参院選分析 (夕暮菜日記)
一票の格差を考慮すれば、単純に得票数の多い人が当選すれば良いことになる。 その格差が5倍を超えると言うではないの。 それでは、民意を反映した選挙結果とはいえない。 そこで、選挙区の候補者を、単純に得票数順に並べ替えてみた。 選挙区での改選数が73なので、 上位...
 
 
 
歴史的政権交代の後の歴史的不始末を直視し、再び「ウォルフレン論文」全文掲載1 (父さんの日記)
参議院選の結果、日本の今後が全くの視界不良となってしまいました。 前稿で、民主党の参議院での議席が過半数となろうが過半数割れとなろうが、どちらの結果でも「売国対米隷属・新自由主義連合」政権が生まれる、その多数派工作が進められているとの考えを書きました。...
 
 
 
歴史的政権交代の後の歴史的不始末を直視し、再び「ウォルフレン論文」全文掲載2 (父さんの日記)
前稿からの続きです。日本政治再生を巡る権力闘争の謎(その2)=カレル・ヴァン・ウォルフレン2010年3月19日 中央公論小沢の価値 日本の新聞は、筆者の知る世界のいかなるメディアにも増して、現在何が起こりつつあるかについて、きわめて均質な解釈を行う。そしてその論...
 
 
 
歴史的政権交代の後の歴史的不始末を直視し、再び「ウォルフレン論文」全文掲載3 (父さんの日記)
前稿からの続きです。日本政治再生を巡る権力闘争の謎(その3)=カレル・ヴァン・ウォルフレン2010年3月19日 中央公論日米関係の重さ 日米関係に目を転じるならば、そこにもまたきわめて興味深い権力のダイナミクスが存在しており、日本に有利に事態の解決を図ることが...
 
 
 
保坂さん落選に関して (久間知毅の保管庫(仮))
この7月11日に参院選がありました。私はtwitter等ではすでに公言していましたが、比例代表では保坂展人さんに票を投じさせていただきました。 しかしながら落選。応援していたひとりとして、非常に残念に思います。(なお、選挙区では、もとむらさん(共産)に投票しま...
 
 
 
朝日新聞世論調査 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年7月14日 水曜日 朝日新聞世論調査 抗ガン剤の副作用で体調が優れず臥せっていましたのでコラムも5日ほど休んでいましたが、昨日から休薬日で今日は何とかPCの前に座れるので世論調査を纏めてみた。 今回の参議院選挙も菅総理の消費性発言が敗北の要因だとは思わな...
 
 
 
保坂氏落選 「人権保障の公益性」啓発を (匿名希望の時事ブログ)
焚書令の阻止に尽力した保坂氏が69,214票しか得られなかったことは、人権は票にならないという現実を改めて浮き彫りにしました。人権は公益を増進するものだということを啓発して、票につなげていく必要があります。