TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




大型連休は、ついに普段出来ない資料整理や質問準備などの作業で終わりそうだ。今朝はNHK『日曜討論』に出演して教育3法をめぐる与野党討論を行った。教育再生会議の『親学提言』は、与野党ともに評判が悪かったので、明日は伊吹文部科学大臣と直接に討論してみたいと思っている。教育再生特別委員会は朝10時から開会し、11時20分頃から私の質問時間となる。8日は午前中のみで参考人質疑、9日は地方公聴会と連続した日程が続く。

連休明けの国会は、会期も残りわずかとなって与野党の駆け引きも限りなく攻防戦に近くなる。強行採決を続けている法務委員会が、さらに暴走を続けるのかにも御注目いただきたい。教育再生特別委員会も来週は「採決日程」をめぐっての綱引きが激しくなる。今日のテレビでも言ったけど「本来、教育をめぐる大きな政策転換は、与野党のいずれかを利するというものであってはならない。安倍内閣は、教育で得点したいと焦りすぎているのではないか」という一点に尽きる。

教育再生会議を本格的に問題にしなければならない。思いつきのオンパレードの『親学』や、『道徳の教科への格上げ』『大学9月入学』など総合性も脈絡もなく打ち上げ花火を連発するだけで、あたかも何かをダイナミックに変えているかのような錯誤に委員諸君は陥っているのではないか。『親学』など、おそろしく程度が低く、無軌道で、かつ復古主義色が強い議論の内容をこれ以上放置すると、日本の教育は大混乱に陥るのは目に見えている。

だいたい内閣の昨年来の姿勢は、教育をめぐる法案の国会審議中に「教育の骨格」を変えるような提言を再生会議に好き放題に言わせて、その議論の渦中にいる補佐官を国会で絶対に答弁させないという態度を取り続けている。およそ国会軽視もはなはだしいではないか。伊吹文科大臣が口ぐせのように言う「国会が国権の最高機関」というのが実質は、教育再生会議の面々がまるで国民の代表であるが如き妙な役回りをしていることが禍根を残すのは目に見えている。

この『親学』論議でうっかりしていると、調子に乗って「親学」推進国民運動などを呼びかけ、学校教育の文科省支配と同様に、家庭教育の中に入ってきて『理想の子育て推奨プログラム』などを保健所や地域の顔役が配布して、「まともな親」かどうかを5年に一度「研修」を義務づけて、修了出来ない親たちは「指導力不足・自己研鑽不足保護者」と烙印を押されて、親子分離の「合宿研修」を迫られるなど----冗談みたいな話に聞こえるかもしれないけど、国家権力・統治権力の国民支配を歓迎する一部の政治家たちは、「保坂さん、それいいアイデアだね」と真顔になりそで怖い。

個人の内面に臆面もなく国家権力が踏み込んでくる時に、「自由と民主主義」は奪われる。「親子で2時間以上テレビを見てしまった」ら「家庭教育法・親学条項違反」なのかな? なんて思う社会は、『1984年』(ジョージ・オーウェル)だぜ。家庭の教育力が落ちている。地域の子育て支援力が衰退している……だからこそ、相互扶助の子育てコミュニティが大事なのだ。上からの、行政権力からの「家庭のあり方」「毎日の過ごし方の押しつけ」は、究極は「心=個人の内面」の変更を国家権力が命令するという治安警察型密告社会を産んでしまう。

私は教育再生会議の『親学』提言の暴走を危惧している。内容の善し悪しではない。子守歌だって、母乳だって、親子の演劇鑑賞だって、それに反対しているわけではない。ただ、ブレーキが壊れていませんかと言いたい。

国家が「家庭」に、「国民の内面」に入ることは踏み越えてはならない一線である。そこを徹底して議論したい。

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 「元気印」の... ロワイヤル大... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
こどもの日に寄せて (高野 善通のブログアネックス)
 本日5月5日は「こどもの日」。ということで、皆様もご存知の通り昨年改正された教育基本法について述べたいと思います。  新教育基本法の一つの柱に「愛国心教育」が掲げられ、法律の第2条(教育の目標)5号に「伝統と文化を尊重し、それらをはぐぐんできた我が国...
 
 
 
無期懲役刑の現状 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
無期懲役刑の現状New! ○無期懲役  無期懲役は世間で思われているほど甘くなく、90年代に再犯事件が相次いだこともあり、特に2000年以降においては、基本的に最低でも20年以上は経過しないと仮釈放されない運用がされており、『矯正統計年報』によれば、最近3年間に仮釈...
 
 
 
記事の書き方を知らない新聞社に記事の書き方を教えよう (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士」さんからのTBを紹介します。 憲法改悪阻止のための提言~「戦後レジーム」という言葉を使ったマスコミに意味を聞こう!~ぜひ実行を! http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/67dddf
 
 
 
「いい番組でした」という反響を伝えましょう。 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
昨夜のETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」 いかがでしたか? お玉へのメールで感想を伝えてくださった方々や今回、前回のコメント欄の様子、何より昨夜のお玉への人気ブログランキングのポチの数をみてますと、みなさん、とても気に入って頂けたのかなあと感じてま...
 
 
 
「親学」というトンデモ論説を提言する教育再生会議 (S氏の時事問題)
<教育再生会議>親向けに「親学」提言 母乳、芸術鑑賞など  政府の教育再生会議は25日、親に向けた子育て指針である「『親学(おやがく)』に関する緊急提言」の概要をまとめた。子どもを母乳で育てることを呼びかけたり、父親にPTA参加を呼び掛けるなどの内容...
 
 
 
【日記】ただの独り言。 (【くう特捜部】ログ)
?対立軸、一方除外パタン。 やや荒っぽいが、 【天皇陛下】VSクソ米長 【山口組本部・国粋会・後藤組・住吉会・顕正会・共産党・総連・(武富士)】VS警視庁 【旧東京銀行系役員】VS旧三菱銀行系役員(三和系は誰かすらべてくらはい) 【伊藤忠】VS三菱商事 【TBS】...
 
 
 
共謀罪審議の暴走に備えて(法務委員会名簿更新) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
共謀罪審議の暴走に備えるため、衆議院法務委員会の名簿を更新しました。(たまには名簿にも目配りしないと、私。) ただし、前回にくらべて理事の交代が一人あっただけでした。 こちらです。 衆議院 法務委員会 + 
 
 
 
しげぞうコラム16:「道路開放」を言う前に (D's☆リーディングルーム)
いつも見ている保坂展人衆議院議員のブログ(どこどこ日記)で、最近また教育再生会議についての注視すべき情報が書かれていた。件の会議が、なんでも今度は「親学」云々を言い始めたようで、確認しようと検索をかけてみると確