TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




テレビ朝日『サンデープロジェクト』で亀井静香国民新党代表代行と竹中平蔵元郵政改革担当大臣が対論した。予算案が衆議院を通過し、「定額給付金」の再可決が目前となっている中で、どうしても「かんぽの宿一括売却問題」の鎮静化をはかりたいと願う人たちが、竹中氏の主張を軸に総力を挙げた番組に見えた。番組中で竹中氏は明らかな粉飾発言をしている。その典型例が「もう一度入札をやり直しても、雇用の維持が条件であれば、109億円以上の価格を出す企業は出てこない」というものだ。

かんぽの宿「等」一括売却問題と言われる。「等」が問題である。かんぽの宿以外の物件は「ラフレさいたま」(簿価16億円)「社宅9カ所」(簿価32億3千万円)「世田谷レクセンター」(簿価62億円)と、日本郵政の目茶苦茶安い簿価ですら足し算すると約110億円になる。そもそも、79施設(世田谷レクセンターを除く)日本郵政の簿価は123億円だが、固定資産税評価額は857億円である。そもそも、不動産実勢価格に比べて極端に低い簿価をはじき出していることを念頭に置いても、かんぽの宿を除いた「オマケ」だけで相当の不動産資産を放出しようとしていたことがわかる。

しかも、「雇用の維持」とは結びつかないのが「オマケ物件」の正体だ。この3施設でオリックスが維持しなければならない雇用(正社員)は、「ラフレさいたま」の5人だけだ。全面委託している「世田谷レクセンター」には社員はおらず、社宅も含めて取り壊すとうい方針は、ホテルマネージメントインターナショナルも、オリックス不動産も共通だったという。「オマケ」どころか、この3物件は「主力商品」だった可能性もある。世田谷レクセンターの不動産鑑定価格はまだ明らかではないが、世田谷区鎌田で7500坪の平坦な土地だけでも宅地分譲を想定すれば、もちろん62億という簿価を大幅に上回ったのではないかという声もある。なぜ、「雇用の維持」に結びつかない「社宅」や「世田谷レクセンター」などの土地をバルクで叩き売りしなければならないのか……ここが議論のポイントだ。

最後の場面で「世田谷レクセンター」は外された。オリックス不動産は、たった23億円で購入しようとしていた。雇用維持義務はなく、すぐに開発出来る土地である。「最終入札」の後で物件が入れ替わるなど、今回の手続きを「競争入札」とはさすがに呼べないようであった。「競争入札の正統性」を掲げていた竹中氏は、「不正があったら調べればいい」という立場に転換したようだが、「随意」で相手を絞り込んでいく密室の商談を「一般競争入札」と詐称していた日本郵政の社会的責任は問わなければならない。

おそらく明日になれば、日本郵政の資料を下にして総務省の調査結果が開示されるものと聞いている。「日本郵政・オリックス」の今回の手続きに瑕疵がなく、正当なものだと主張してきた竹中氏と、「改革幻想」をふるまくメディア関係者も、事実に立脚した議論をせざるをえなくなる。

亀井静香氏は、番組の中で何度か「東京地検特捜部に告発する」と公言した。郵政公社時代の「バルク一括売却」や「かんぽの宿一括譲渡手続き」に見られる不当廉売(あるいは未遂)は、国民共通の財産の管理をまかされている日本郵政の職責を逸脱した背任行為そのものである。「改革」の旗の下で何が起きていたのか、参議院の審議に期待しながら、野党3党の追及チームもさらに徹底した調査を重ねたい。

このあたりのところは、3月5日のスペシャルイベントで語り合いたい。

■ かんぽの宿・郵政民営化の真相

▼2009年3月5日(木)19:30〜
トーク: 長谷川憲正参議院議員(国民新党副幹事長)、保坂のぶと

※ (一部告知と異なり)事情によりトークゲスト変更となりました。
会場: Asagaya_LoftA(JR阿佐ケ谷駅下車徒歩2分)
料金: チャージ1,000円+ドリンク代
問合せ: Asagaya_LoftA TEL03-5929-3445



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 年金積立金の運用... 「東京中郵取り壊... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
事件報道見直しをしようが (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日は琉球新報と福井新聞で事件報道見直しについての社説が掲載されました。裁判員に予断を与えないため推定無罪の原則を守る報道姿勢に切り替えるということですが、果たしてその効果があるのかどうか、報道の...
 
 
 
今日の論点!ブログ意見集: かんぽの宿オリックス譲渡の真相 by Good↑or Bad↓ (今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+)
「かんぽの宿オリックス譲渡の真相」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
 
 
 
[政治][メディア] かんぽの宿疑惑、竹中平蔵のダメさ加減、朝日の「サンデープロジェクト」 (日録(不定期))
 私はサンデープロジェクトなる番組はほとんど全く評価していない。正確を期するなら、少し前に「佐藤優テレビ初登場」という時には見たことがあるが、しかし別にわざわざ見るほどのものではなかった。 (佐藤優についてここでごちゃごちゃ言うつもりはないが、一言だけ...
 
 
 
 時効の撤廃・延長には反対です (政治)
重罪の時効の撤廃・延長には反対です。 以前の15年が適当と考えます。 事件関係者の悲しみが消えることと犯人逮捕は関係ありません。 犯人が逮捕されたぐらいで消える悲しみなら大したことはないと思います。 そして、報復感情を満足させる為にある刑罰も日本の法には...
 
 
 
「にゃ〜」が死んだ (泣) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 題名の通り,「にゃ〜」が死にました.近所の 7-11 に本が届いたというので取りに行くと,ちょうどその前の歩道に「にゃ〜」が血を流して倒れていました.死後硬直の状態から,恐らくその4〜5時間前,つまり病院へ老人たちが車で殺到する時間帯だと考えられました....
 
 
 
[民主主義の危機]「国民的人気(?)の擬装ヒーロー・小泉」と「その偉大なるイエスマン武部」の正体 (toxandoriaの日記、アートと社会)
【画像】ヒエロニムス・ボッス『いかさま師』 Hieronymus Bosch(ca1460-1516)「The Conjurer」Oil on panel 53 x 65 cm Musee Municipal Saint-Germain-en-Laye これはヒエロニム・ボッスの初期の作品で、珍しく非宗教的なテーマの絵です。いかにもワルそうで、あの「...
 
 
 
小泉純一郎が「敗北宣言」か??? (文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』)
小泉純一郎元首相が、予想されたこととはいえ、唐突に、昨夜、政界や政争、あるいは政局的な発言からの「撤退宣言」を発したらしいが、これは、一部の小泉系マスコミが、連動するかのように「小泉の乱」とか「小泉劇場」などと持て囃した小泉発言が、「小泉チルドレン」...
 
 
 
『かんぽの宿』をめぐって亀井静香と竹中平蔵がサンプロで討論 (カナダde日本語)
『サンデープロジェクト』での亀井静香議員と竹中平蔵氏の討論をYouTubeで見た。きっと植草さんもこの番組について何か書いているに...