TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT





 3月15日、東京都議会で開かれた緊急集会で発言する筆者

 時代というものがある。私が政治や社会、また文化の変容に敏感になったのは中学生の頃だった。13歳~14歳という少年期に自己形成し、「政治」をテーマとした学校内新聞を創刊したことを、高校進学時の内申書に書かれたことを、16年間裁判で争った当事者だった私は、政治の場に実際に身を移してからも「表現の自由」「内心の自由」に対して動物的な勘が反応し、議論の最前線に押し出されている。1999年は「盗聴法(通信傍受法)」だったし、2005年は「共謀罪」だった。そして、昨年から今年にかけて「児童買春・児童ポルノ禁止法」「東京都青少年条例」の議論の渦中にいる。

 政治が悪くなるとしたら、痛い思いをしたことのないボンボン、特別扱いされてチヤホヤされることに慣れているオヤジたちが(一部は女性もいるが)、「道徳」「秩序」「安定」をかざして人の心に土足で入り込む欲望を肥大化させる行為に、ブレーキがきかなくなることである。彼らが語る「自由」は、特権を奪われない「自由」であり、「批判」を受けない自由である。そして、自己の狭量な体験を絶対化して、「若者はなっていない」と嘆いてみせる。「青少年健全育成」などと声高に叫ぶ一方で、「表現」「文化」「若者」の世界に足を踏み入れていくことのデリカシーがない。

 民主主義や自由に例外はない。これが、世界標準の思想だ。「子どもの権利条約」は、子どもであることで社会から排除されたり、一方的な措置を受ける客体ではなくて、年齢・発達に応じて意見を表明し、社会システムに参加することの出来る「意見表明権」を銘記している。「青少年」であることで、非行防止と保護の対象であり、自分では決められないので国家(行政)が生き方を決めてやる。「善悪の判断」が出来ないので、かわりに法律(条例)で決めてやるという「おせっかいファシズム」は、黙っていると無限に支配欲のままに膨張する。

 世の中は、清流ばかりではない。インターネットの有害情報の規制は必要だとは言っても、網をはればすぐに網をくぐり抜けてくる「雑多な情報」があるのが現実である。青少年に必要なのは、「ネット上の情報」と向き合う距離感や選別、誤って入口をくぐってしまった時の「脱出方法」、掲示版で起きたトラブルへの対処の考え方など「リテラシー」の力ではないか。

 フィルタリングも携帯電話では幼稚なアクセス規制をしている。「どこどこ日記」は「政治」というジャンルであることからアクセス出来ず、また「ブログ」であるからつなげないということをやっていて、18歳選挙権など本当に検討出来るだろうか。実は、規制派の人たちは、細かいことは知らない。「青少年から有害情報を遮断しました」と思い込んでいる。

「十把一絡げ」が彼らの発想の特徴である。多数のいい作品の中に「悪い作品」が混じっていたら、その書棚ごと焼き払えという考え方である。たしかに「悪い作品」も燃えるが、その他の多数の作品も消失してしまう。その副作用に対しては鈍感だ。「非実在青少年」などという素晴らしいネーミングは、よほどに冷徹な感性がなければつくりえない。「実際にはいない青少年のマンガ・アニメ」というところにまで規制範囲を広げるための造語だったと思うが、「いいか、悪いかはお上が決めるものだ」という江戸時代のお代官様的発想が匂う。


 私は、民主主義の仲間を探している。「表現規制」を取り上げてからは、ブログアクセスの世代の6割が10代・20代になった。26日の集会には、生まれて初めて政治家の集会に来ましたと語る10代、20代の若い世代の顔があった。いったいこの時代に何が起きているのか、じっくり若い世代と一緒に考えてみたいと思う。そのために、藤本由香里さんとの連絡をとり、議論が出来る場を準備しているので、まもなく公表する予定だ。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 昨夜,熱気ととも... 世襲政治はなぜ民... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
蓮池氏が「拉致被害者の会」から追放された理由 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 上のビラは半年前の総選挙の時に,極右カルト「幸福の科学」 によってばら撒かれたものである.ビラの下の方に 「幸福実現党は,宗教法人「幸福の科学」を母体にした新しい政党です」 とあるように,公明党=創価学会同様,明確に 「憲法20条違反」 の政治団体である...
 
 
 
リアル図書館戦争(102)問題の真実をついた、主婦の方の神考察。必見。 (年刊食堂)
ひょっとすると、反対派の方も明確に把握していないかもしれないことを、きちんとまと
 
 
 
ただし性的なものは除く (非国民通信)
 昨日は、ちょっとでも性的な何かを思わせるものがあれば不適切と見なされ、排除されてしまう現状を取り上げました。メディアの進歩などもあって、より印象的な性表現が生み出されていく一方で、時代に逆行するかのように規制の網を強めようとする風潮もまた見られるわけ...