TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




児童ポルノ禁止法の余波が続いている。メディアの取材も何社か続いていて、先刻まで、毎日新聞の取材を受けていた。記者によると、自民・公明両党で「児童ポルノ禁止法改正案」が国会提出されたという。つい数日前まで、「与野党協議で修正案がまとまったから、社民党の判断を早くしてくれ」という矢のような催促が続いた状況とは一変した。国会が対決モードとなったこともあって、この臨時国会で急転直下成立へということは、おそらくなくなったと思う。しかし、同時に私たちは、この法案がさして重要でなく「議論する必要もないほど当たり前で必要なテーマ」という認識をメディアが垂れ流している環境は、政権交代前と変わらない。

「修正案」と言っても「自民・公明」絶対多数の7月の国会で、民主党が「対案」として提示した内容も含まれた7月当時の案が、政権交代後も「既定事実」のようによみがえり、「社民党が表現の自由と立法事実の再確認」などと面倒なことを言わなければ、天ぷらをあげるように衆参両院を数日で弾丸通過したという危険性は相当にあった。

国会の緊迫も一転して解除となったようだ。このまま臨時国会が大幅延長されたり、また来年の通常国会では本法案が「再浮上」するのは間違いない。少なくとも「こそこそ」水面下で進めて、「せーの」で弾丸通過という手法は間違っている。どこに問題があるのか、どうしたら法律の濫用の危惧があるのか、どうしたら立法目的があるのかを開かれた場で議論することが必要だ。メディアも、成立寸前に提灯持ちのような垂れ流し報道を改めて、丁寧に問題点をすくいあげてほしい。

このように注文するだけでは他力本願なので、ささやかではあるが「議論の場」を設けることにした。12月初旬に、阿佐ヶ谷ロフトAで夜7時から二部構成でトークライブを行う。

12月3日(木)19時より 阿佐ヶ谷ロフトA

第1部 「裁判員制度と死刑が問うもの」 伊東乾(東京大学准教授)×保坂展人

第2部 「児童ポルノ禁止法改正案の今」 伊東乾×山口貴士(弁護士)×保坂展人

(第2部の開始は、夜8時すぎから)

参考までに「弁護士山口貴士おおいに語る」というブログを転載しておく。

[引用開始]

今年の6月の修正協議以前の案に逆戻りということは、自民党法務部会で強硬派が勝ったようですね。
高市早苗議員あたりが頑張ったのでしょうか?

New! 2009.11.18 14:25
何故か、削除されてしまった読売新聞の児童ポルノ「単純所持」禁止…民・自・公が改正案の記事ですが、親切な記者さんからの情報によれば、自民党法務部会による記者会見において、法務部会長から当該記事が誤報であることが明言されたらしいです。ということは、自民党法務部会の誰かが「リーク」を読売新聞に行い、その報道の記事を根拠に部会の見解を纏めようとしたのではないかと推測されます。この事実は、読売新聞の記事が16時の部会開催予定時よりも前の15時17分に出されていることとは整合します。


自民党法務部会の結論は、今回の総選挙以前の情勢であるならば、((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル だったのですが、少数野党に転落した今では・・・。単に、人権感覚がなく、世間の議論に耳を傾けず、表現の自由や市民のプライバシー等について関心のない政党であるという馬脚を現しただけで終わりました。

国会の会期が終了していない以上、まだまだ予断は許しませんが、順調にいけば、会期末を迎えて、継続審議の手続きも取られることなく、廃案という運びになるのではないでしょうか?

>所持規制強化に慎重な社民党は呼び掛けに応じなかった。
自公による修正案の欺瞞を鋭く見抜いて動じることのなかった、社民党(特に、保坂展人氏)にはとりあえず感謝です。

>政府は今国会には改正案を提出しない方針
ということは、次期国会には、改正案が政府案として提出される見込みがあるということです。

[引用終了]
















この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )



« 政権交代と「教育... 「在野の人」とな... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
いつのまにか児童ポルノ所持禁止に (いやんばかんのブログ)
なりそう保坂前衆院議員のブログから「議論なしで「児童ポルノ法改正」を急ぐべきではない」http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/9569a418e9fe92a7e2ca439d5c4688e7ほんの一部だけ転載、↑全て読んだ方が色々わかる。 国会での議論を省いて、「全会派一致」で....
 
 
 
内閣法制局はいりません。もちろん、長官もいりません。 (ふじふじのフィルター)
 どうも、小沢氏や民主党の言う「内閣法制局長官の国会答弁禁止」が、誤解されていま
 
 
 
コミケット77にコミック表現規制派の大規模偵察の可能性があります! (フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版)
※この記事を各所に転載して周知する事を推奨します。(このエントリー自体も転載です。) ----------------------------------------------------------------------  警察沙汰とかそういった話にはならないと思われますが、現在、東京都の役人や規制派による、いわゆ...
 
 
 
官房機密費政権交代決定 二日後 2億5千万円 首相使途公表も検討 (ひげログ人)
批判を受けて、ヒラの官房長官20日の記者会見で、04年4月から09年10月までに
 
 
 
楠 桂 『不育症戦記』 (月刊オフィスユー連載中・集英社) その12 (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 にゃごやに住むマンガ家の 楠 桂 が二人目の子供が欲しくなり,「市立城西病院」に出入りしたという話の続きです.何と,このマンガの題名 「不育症戦記」 で goo 検索すると,何と未だにあたしのブログの第2回目の記事がトップに,第7回目の記事が二番目に出ていま...
 
 
 
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年11月21日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・デフレ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治は機密ばかりなり{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・ EU初代大統領{/arrow_r/}(ここからお入り下さい...
 
 
 
児童ポルノ禁止法改正案を自公が提出 (Kyan's BLOG IV)
政策:児童ポルノ禁止法、自公が改正案 - 毎日jp 今臨時国会で成立ということはまずないと思いますがそれでも法案は出すと。 成り行きを注視しましょう。 関連 児童ポルノ禁止法の余波とこれからの議論 -...
 
 
 
文化庁が「ダウンロードの違法化」政令案 (2009年12月13日まで意見募集) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  文化庁が「ダウンロードの違法化」政令案を通そうとしていると、Rolling Beanさんが警鐘を鳴らしているので、当秘書課広報室でも転載して紹...
 
 
 
今国会での成立は無くなったか? (表現規制について少しだけ考えてみる(仮))
保坂展人のどこどこ日記より。 児童ポルノ禁止法の余波とこれからの議論 >児童ポルノ禁止法の余波が続いている。 >メディアの取材も何社...
 
 
 
[雑記][政治問題][表現規制]保坂展人氏トークライブ開催のお知らせ (日々のものごと日記(政治問題中心))
児童ポルノ禁止法の余波とこれからの議論 児童ポルノ禁止法の余波が続いている。メディアの取材も何社か続いていて、先刻まで、毎日新聞の取材を受けていた。記者によると、自民・公明両党で「児童ポルノ禁止法改正案」が国会提出されたという。つい数日前まで、「与野党...
 
 
 
政権が変わっても談合政治は変わらないのか (匿名希望の時事ブログ)
国会外の密室で決めた結論を、形式的な手続きのみを経て成立させる「談合政治」を卒業し、公開された議会で結論を導く「議会政治」に移行すべきです。自民党政治の象徴たる「談合政治」の継続を望む国民等皆無です。
 
 
 
憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年11月23日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞小見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・八ッ場ダム{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ケータイあつめ隊・松方弘樹とマグロ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
 
 
 
規制派は麻薬と児童ポルノも同じと言うけれど、、、比べるには不適切 (いやんばかんのブログ)
児童ポルノ定義=18歳未満の男女で、服を着ていても性的欲求を満たすもの。 >>「児童ポルノ」を「覚せい剤」と置き換えても、同じことが言えるでしょうか?置き換えると余計賛成出来ないんですが、、、所持や犯罪抑止について・児童ポルノ実在の人物に手を出さな...
 
 
 
都条例での規制は「法規制」と同じ! (表現規制について少しだけ考えてみる(仮))
二次元規制と児童ポルノの単純所持禁止。 「都条例」で「規制」されるということは事実上「法規制」されるのと変わりません。 推進派御用弁...
 
 
 
最高裁が不当判決ーこれが「憲法の番人」なのか/警察・検察の弾圧を「合法化」する葛飾ビラ配布事件判決ー (未来を信じ、未来に生きる。)
きわめて反動的な判決 葛飾ビラ配布弾圧で市田氏 --------------------------------------------------------------------------------  日本共産党の市田忠義書記局長は30日、国会内で記者会見し、葛飾ビラ配布弾圧事件で被告の荒川庸生氏を有罪とした同日の最高裁...