TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




ここに、にわかに信じることが出来ない数字がある。「沖縄の米軍人等などによる事件・事故数及び賠償金等支払い実績」(社民党要求・防衛省提出)によると、2005年(平成17年)に「1012件」とある。エッ、1年間に1012件も米兵絡みの事件・事故が起こるの? と衝撃の数字だ。同じ年、北海道は3件、東北178件、北関東144件、南関東334件、近畿ゼロ件、中国・四国50件、九州34件、そして沖縄が1012件だ。(※総計1755件 全国の事件・事故のうち57・6%の数となる)米軍基地の75%が沖縄に集中しているという実態が、如実に反映されている。そして、賠償金が支払われたのは148件に過ぎず、多くの人は泣き寝入りを強いられていると言える。

2006年(平成18年)は、953件。2007年(平成19年)は、888件と沖縄県内の事件・事故発生率は、異常に高い。本当にこんなに「事件・事故」があるのかと防衛省作成の統計の注記を見てみると、「発生件数は、防衛省が地位協定第18条にもとづく請求の処理を所掌する職務上の観点から必要となる米軍の事件・事故等件数を集計しているものであり、すべてを網羅したものではない。ただし、地位協定第18条の手続きち至らなかったものも含んでいる」とある。この統計にものってこない水面下の「統計外の事件・事故」もありますよというわけだ。

実際、沖縄ではどんな事件・事故が起きているのか。社民党要求・防衛省提出の「沖縄県における主な事件・事故一覧(2004年以降・2009年7月31日現在)」という統計を見てみよう。

2004年
6月15日 北谷村の民家の庭 (※所属・米海兵隊) 米軍機F/A18からの部品の一部が落下。
8月13日 沖縄国際大構内 (普天間) 米軍ヘリ(CH-53D)が墜落。
8月22日 本島中部 (米軍関係者) 米軍関係者による強姦事件(後に1998年6月13日の強姦事件で再逮捕)

2005年
4月27日 伊江村 (トリイ) メインパラシュートが提供施設外に落下。
5月11日 沖縄市 (在韓米軍) 米兵による強盗致傷事件。
6月6日 宜野座村 (キャンプ・シュワブ) 水陸両用車が高架橋の側壁及び上部フェンスに衝突。
6月9日 キャンプ・シュワブ水域内 (キャンプ・シュワブ) 水陸両用車が沈没。
7月3日 沖縄市 (嘉手納) 米兵による強制わいせつ事件。

2006年
1月7日 キャンプ・フォスター内 (キャンプ・フォスター) 米兵によるタクシー強盗事件
3月30日 嘉手納上空 (嘉手納) 米軍機(F-15)からパイロットのミスにより訓練用照明弾を発射。
6月4日 読谷村 (嘉手納) 米兵による交通死亡事故。
7月4日 沖縄市 (海兵隊) 米兵による強盗致傷事件。(08年4月25日事件覚知)
7月30日 北谷町 (トリイ) 米兵によるひき逃げ事故。
8月18日 沖縄市 (海兵隊) 米兵による交通死亡事故。
8月25日 陸軍貯油施設(桑江第2タンクファーム) (嘉手納) 米軍機(F-15)からパイロットの不注意により訓練用照明弾を発射。
12月13日 トリイ通信施設沖の海上 (海兵隊) 米軍ヘリ(CH-53D)が車両吊り下げ中、乱気流を受け、安全のため同車両を海上に投下。

2007年
1月5日~ 北部訓練場(福地ダム・新川ダム) 米軍のものと思われるペイント弾、照明弾等がダム湖から多数発見。
1月15日 沖縄市 (第1防空砲兵大隊PAC3要員) 米兵による強盗致傷事件。
5月26日 沖縄市 (キャンプ瑞慶覧) 米兵による強盗致傷事件。

2008年
1月7日 沖縄市
(普天間) 米兵による強盗致傷事件。
2月10日 北谷町 (キャンプ・トニー) 米兵による少女暴行事件。
2月18日 沖縄市 (米陸軍) 米兵による強姦致傷事件。
3月16日 沖縄市 (嘉手納) 米兵による強盗致傷事件。
4月9日 鳥島村射撃場付近提供海域 (海兵隊) 米軍機が訓練中に実弾をターゲットから外れて誤投下。
8月11日 うるま市 (ホワイトビーチ地区) 米兵による交通死亡事故。
10月24日 名護市 (嘉手納エアロクラブ) 嘉手納エアロクラブ所属のセスナ機が墜落。

2009年
4月4日 那覇市 (キャンプ・ハンセン) 米兵によるひき逃げ事故。

その他の主な事件(上記表の対象期間外のもの)
1995年9月 本島北部 (海兵隊) 米兵による少女暴行事件。
2009年11月 読谷村 (米陸軍) 米軍関係車両によるひき逃げ死亡事件。(捜査中、被疑者未起訴)

〔資料引用終了〕

「主な事件」を防衛省がひろったものだが、狭い沖縄でこれだけ頻繁に「事件・事故」が起きていることが、どれだけ知られているか。辻元清美さんがあるアメリカ高官にこの資料の数字と内容を示すと「知らなかった」と絶句したという。仮に首都圏で、これだけの事件が続発したとすればどうなるのか。嘉手納統合案に対しては、同基地を使用しる空軍内から「海兵隊と同居はごめんだ」との声もあると聞く。「沖縄に新たな基地負担をお願いする」と鳩山総理が言う時、これらの実態をふまえているのかと言いたくなる。











この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« 保坂のぶとの... 「住宅」と「... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「小沢一郎幹事長を支援する会」設立総会で発言したこと (杉並からの情報発信です)
昨日5月8日(土)の午後お茶の水の総評会館で「小沢一郎幹事長を支援する会」設立総会が開催されました。 小沢幹事長の都立小石川高校の同級生で3年間一緒だった弁護士の伊東章さんが中心となり、検察御と大手マスコミに攻撃され窮地に陥っている小沢幹事長を支援する個...
 
 
 
そもそも何で日本の首相が海兵隊の行き先を決めなくちゃならないの? (反戦な家づくり)
まったく、洗脳とは恐ろしいもので、日本の首相である鳩山さんが、米軍の海兵隊の行き先を探してオロオロしていることに、違和感を感じない...
 
 
 
「基地阻止」から「基地閉鎖」への直接行動の拡大を ? “Futenma 365” の提案 ? (ペガサス・ブログ版)
末尾に追記有り(18時02分)     要約 普天間問題が全国民のアジェンダになっているかつてない機会(オポチュニティイー)を生かし,普天間基地撤去を実現するためには,同基地のゲートに連続的かつ長期間に亘って座り込む,非暴力の封鎖行動が必要かつ効果的であると...
 
 
 
 米軍飛行訓練を全国に分散…政府検討 (政治)
もう一度言います。 米軍基地は削減縮小を続けていけば良いのです。 普天間飛行場を移設する必要などはありません、廃止すれば良いのです。 何か有った時戦争で物事を解決しようという心構えではいつになっても平和は訪れません。  米軍普天間飛行場の移設問題について...
 
 
 
JNN世論調査 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年5月10日 月曜日 JNN世論調査 今日,MBSがJNN世論調査を発表した。 JNN世論調査は毎回編集して貼付けているので、今回も投稿するが、ただ、体調不良なので、目に負担をかけるTBは休ませて頂きたい。                               ...
 
 
 
天に唾はく日米防衛利権者たち (ゆきひろ・社会科日記)
普天間県外移転で鳩山総理の言葉の端々を捉え報道する日本のマスコミと それに連なる御用評論家達は 鳩山政権とりわけ民主党連立政権を追い詰めることで 鳩山総理の辞任 ― 総選挙 ― 新自由主義政権へと 道筋を計画しているのであろう。
 
 
 
愛子さま「不登校」についての識者の意見 (はみ出し教師の考え)
 文芸春秋の5月号に「愛子さま「不登校」私はこう考える」という特集があった。  書いているのは保阪正康さん、佐藤愛子さん、福田和也さん、磯田道史さん、櫻井よしこさん、笠原英彦さん、和田秀樹さん、香山リカさん、川島優さんの9人。  書いている人によって、...
 
 
 
普天間基地問題を解決する気はないのか、鳩山首相。 (ひげログ人)
鳩山首相が言うところの「地元、米国、与党すべてが同意する形での5月末決着」は、最
 
 
 
チャルマーズ・ジョンソン: 『復讐の女神ネメシス: アメリカ共和国最後の日々』 (マスコミに載らない海外記事)
以下は、Democracy Now、首題放送の文字おこし原稿翻訳 CIAアナリストで、著名な学者で、ベストセラー本著者のチャルマーズ・ジョンソンは、アメリカ軍と経済の手の広げすぎが、憲法にかなった共和制としての国家の崩壊を引き起こしかねないと新著で主張している。新刊は...
 
 
 
どろさんの「護憲的安全保障論」を読む (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
  しばらく前に、『軍隊の「存在の是非」と「本来あるべき姿」と「逸脱した現実の姿」と、それらをめぐる論議についてのメモ』という記事...
 
 
 
「メディアとカネ?」日本の未来のために~Caccyo通信100510 (父さんの日記)
Caccyo通信100510をお届けします。私は先日、かっちょさんとのメールのやりとりで、下記の通りかっちょさんに送りました。”Caccyo通信は多くのネットユーザーの心を代弁しているのではないでしょうか。いろいろと疑問や怒り、モヤモヤなどあるのですが、なかなか具体的に...
 
 
 
憲法9条「非武装中立」の理念を具体的にどのように実現するのか (杉並からの情報発信です)
先週土曜日に東京で開催されました「小沢幹事長を支援する会」に私が参加し会 員になったことに関しまして、私が参加していますあるMLの中で、「9条改憲 阻止の会」の護憲運動と9条改憲を発表している改憲派の小沢幹事長を支援する こととは矛盾している。 「あなた...
 
 
 
アメリカ怖い (フォトブラセブン)
ち、また沖縄かよう。 もうやめてくれよう。 米を敵に回すと怖いんだよ。 政治生命絶たれたりするんだよ。 やくざと一緒なんだよ。 みかじめ料てあるだろ? やくざが水商売の店行って「守ってやるから金払え」ていう。 そんな輩に「え?誰から守るの?なん...
 
 
 
西崎文子さんが普天間問題について「チャンスでもある」と発言 (はみ出し教師の考え)
 先週見た、「ニュースにだまされるな!」という番組の内容について、5月7日の手書いたブログの続き。               番組のテーマは「普天間問題の行方」。  司会(レギュラー)が金子勝さん(慶応大学教授)と中村うさぎさん(作家)で、ゲストは伊...