TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 昨日の午後、岩波書店で今度フォーラムをやる岡本厚さん(『世界』編集長)と話している時、東京第5検察審査会が「起訴相当」の議決をしたというニュースが流れた。小沢氏の「強制起訴」が決まったのだ。その直後、この「起訴相当」の議決があったのは、9月14日民主党代表選挙の当日だということが判明し、従って9月21日以降の「大阪地検特捜部・証拠改竄事件」で激震が続いている検察不祥事の情報は加味されていないことがわかった。

不思議な話だ。昨日の昼まで「検察組織の危機」「証拠改竄・調書捏造」が大々的に議論されていて、「陸山会事件」の取り調べをした前田検事は、小沢前幹事長の「陸山会事件」で大久保元秘書の取り調べにあたり供述調書を作成している。郵便不正事件同様に「検察のストーリー」を描こうとしていた捜査中につくられた「供述調書の信用性」が根底から揺らいでいる時に、「供述調書」をもとにして「怪しいから起訴すべきだ」という結論が出る。本来なら、正当で歪曲のない証拠に従って、検察審査会でも、ただちに再検証されてしかるべきだろう。

9月14日に検察審査会が二度目の「起訴相当」の議決をした。その後、9月21日の朝日新聞が前田検事の「証拠改竄」事件がスクープされ同日逮捕。さらに10月1日には大阪地検前特捜部長・副部長が逮捕されている。「特捜部捜査の信頼瓦解」がこの2週間、嵐となって吹き荒れたのだ。そんなことは、まるでなかったことであるかのように、「怪しいものは裁判でシロ・クロつけるのが市民感覚」などという無責任なコメントをテレビは垂れ流している。

刑事裁判は「有罪を立証しえたかどうか」で、有罪・無罪が決定するのであって、たとえグレーであっても「証明できない」と判断されれば無罪である。しかも、郷原信郎さんが指摘している点が気になる。不起訴処分の対象となっていない「虚偽記入」が起訴相当の犯罪事実に挙げられていたという。

〔引用開始〕

昨日の段階では、議決書の冒頭の被疑事実(不動産取得時期、代金支払時期の期ズレだけ)が、当然、そのまま起訴すべき犯罪事実になっていると思っていたが、よく見ると、添付されている別紙犯罪事実には、検察の不起訴処分の対象になっていない収入面の虚偽記入の事実が含まれている。検察の公訴権独占の例外として検察審査会議決による起訴強制が認められている趣旨に照らして、不起訴処分の対象事実を逸脱した被疑事実で起訴相当議決を行うことは許されない。今回の起訴相当議決は無効であり、強制起訴手続をとることはできない。(郷原信郎さんツイッター

〔引用終了〕

 村木厚子さんは大阪地検に虚偽のストーリーの下で起訴された。その後、あまりに稚拙な検察側の立証に対して裁判所が厳しい判断を下して「無罪判決」を出した。この裁判でも、村木有罪を固めようとした前田検事の「証拠改竄」が問われ、検察存亡の危機を迎えている。両者をつないで冷静に判断すべきだと思う。

「有罪の可能性があるのに検察だけの判断で起訴しないのは不当。国民は裁判所によって、本当に無罪なのか、それとも有罪なのかを判断してもらう権利がある」「嫌疑不十分として検察が起訴を躊躇した場合に、いわば国民の責任において公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度だ」と検察審査会・議決用紙の末尾には記されていた。

「有罪かもしれないから起訴すべき」「黒白つける」という記述には、私は違和感を覚える。「明らかに有罪と証明出来るから起訴する」「有罪は黒の証明された時に、シロは証明が不十分だった時に」というのが刑事裁判の原則ではないのだろうか。

 今日の23時、『ニコニコ生放送』に郷原信郎弁護士(元東京地検特捜部検事)、原口一博前総務大臣らと緊急に出演することが決まった。この番組を終えてから、続きを書きたい。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )



« 「検察裏面史の暴... 司法改革の聖域、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
小沢一郎の起訴について 考えること (過去と未来の間)
 小沢一郎が起訴されるとのことだ。この事件については、以前にも、同じようなことをしていた自民党議員が検察の取り調べを受けず、小沢周辺だけが問題にされることに危惧を覚えるようなことを書いた。
 
 
 
[時事]小沢前幹事長「強制起訴」の奇妙 (びんずいノート)
 尊敬するジャーナリストで前衆議院議員の保坂展人さんが、小沢一郎氏「強制起訴」について、ブログで興味深いエントリーを書いている。詳細は「どこどこ日記」にあるが、以下に抄録する。  小沢一郎氏「起訴相当」の議決は10月6日に発表されたが、検察審査会によるこ...
 
 
 
【人民裁判】真の正義の在処を示すことこそが「日本一新」への道標となるのだ!【魔女狩り】 (ステイメンの雑記帖 )
 当代きっての大政治家たる小沢一郎氏に対する2度目となる「起訴相当」の議決が表面化して一晩経過した。  案の定というべきか、売国翼賛マスゴミ各紙が掲げた社説はものの見事に統一されている!  ・ゴミ賣: 検察審再議決 小沢氏「起訴」の結論は重い  ・アサヒ: ...
 
 
 
小沢さん支援の抗議デモ順延と郷原信郎氏からの情報発信 (父さんの日記)
検察審議会が今回小沢一郎氏のことで強制起訴の議決をしたことに関連し、書きたいことが山ほどあるのですが、全くその時間も取れません。取り敢えず、拡散していただきたい情報を簡潔に紹介します。 それから、2010年10月 5日 (火) 19時46分さん、大変多くのコメントを頂...
 
 
 
「自由と生存の野菜市」(東京・四谷、10-10) (喜八ログ)
「自由と生存の野菜市」が東京・四谷で、2010年10月10日(日)10:00〜16:30、開催されます(主催「自由と生存の家」)。
 
 
 
10/06・各社社説・日中首脳会談 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年10月6日 水曜日  10/06・各社社説・日中首脳会談 投資信託の基本価格が上がったのは日銀のゼロ金利復活だったんだ。 日中首脳会談・中国も何時までもごねていては、経済的にもリスクが高いと思ったのでは。でも首脳会談が出来たのは悪いことではない。 朝日新...
 
 
 
10/6・朝日新聞の見出し (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年10月6日 水曜日 朝日新聞の見出し 1ページの切り抜き    2ページの切り抜き         3ページの切り抜き       5ページの切り抜き       
 
 
 
検察をめぐる2つの事件とその矛盾した報道 (へっぶしんのニュースや日記)
 へっぶしんのニュースや日記です。 ここのところ世間をにぎわせている検察問題を取り上げたい。大きな問題点は2つある。両方とも大阪地検特捜部を舞台に起きており、関連しているが、下記に引用する読売新聞の社説は見事に矛盾している。舌の根も乾かぬうちにとはこの...
 
 
 
検察不祥事を忘れたような小沢報道は異常! (psw_yokohamaの第2ブログ)
参議院議員・森ゆうこ氏のツイッターより。 http://twitter.com/moriyukogiin/status/26168251684 http://twitter.com/moriyukogiin/status/26168393141 やっぱり、森さんの言ってた通りだね、と私を信じて支えてきてくれた支持者の人たちから。でもこの一年半、「検察を...
 
 
 
倫理委員会は猿芝居 (俳諧奉行のブログ)
 今日は、国会図書館に行き、なかなか本屋に置いてない稀少な歴史 本・経済本や禅の本などを読み、その後、有楽町駅前で全国各地の名 産品を物色。  将を射んと欲すれば先ず馬刺しを食べよ。  狭いのか、混み過ぎなのか、