TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 昨日は鈴木宗男衆議院議員(衆議院外務委員長)の事件で最高裁の上告棄却があり、失職・収監が決まった。2002年当時、私は鈴木氏を「疑惑の人」と見て追及してきた立場だったが、その後の『国家の罠』(佐藤優著)に出てくる「国策捜査」をめぐる構図を見て、私たちの追及も、メディアスクラムと呼応した「予断と偏見」を前提にしていたことを強く感じるようになった。昨年の総選挙では、鈴木宗男氏で駅頭応援演説や地元でのシンポジウム出席をお願いした。

 刑事被告人である鈴木宗男氏が衆議院外務委員長であることについて、「民主党の見識を疑う」などの一般論のコメントが渦巻いている。しかし、鈴木氏が「日米密約問題」に真っ正面から取り組み、沖縄返還にかかる日米密約の解明に取り組んだ熱意と手腕は正当に評価されるべきだ。当時,ジャーナリストとして「日米密約」の事実に迫った元毎日新聞記者西山太吉さんは、国家権力の中枢から逆告発されて「国家公務員法違反」などで逮捕される。

 すでに昨年7月に亡くなった元参議院議員佐藤道夫氏は、東京地検特捜部でこの事件の起訴状を書き、西山記者が情報を外務事務官の女性から情報を取得したことを、「女性事務官をホテルに誘って、ひそかに情を通じ、これを利用して」という言葉で「世論の流れ」を変えたと述懐している。本来であれば、国民と沖縄県民を欺いた「日米密約」が問われた事件は、記者と女性事務官のスキャンダルがすべてであるような風潮がつくられた。佐藤元特捜検事の思惑通りに、時の自民党政府も「密約」にはその後も「知らぬ、存ぜぬ」とシラをきり通した。

 政権交代後、岡田外務大臣の指示で外務省が調査をした結果、この事件のテーマとなった「日米密約」も本当だったことが判明した。歴代政府は嘘をつき続けてきたことになり、鈴木氏もかってはそのひとりだった自民党支配は、政府・与党と捜査権力が世論操作も平然と行なって、「事実にフタをする」役割をしてきたことも明らかになった。

鈴木氏の事件で最高裁は「上告棄却・収監」という予想された結論を出した。しかし、「国策捜査」が狙えば誰でも陥れることが出来る怖さを持っていることも、よく知られるようになった。政権交代が本物なら、鈴木氏の事件も含めて、「政府・与党」と「捜査権力」の癒着はなかったのか。徹底的に検証するべき時が来ているのではないか。
 

 


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 教育・学校に... (お知らせ)... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
仙石官房長官の政治団体に政治資金規正法違反の可能性は? (個人発明家blog)
仙石長官の政治団体が、長男の不動産会社に、「事務委託費」(事務所費)として(後に、「人件費」として)、10万円を、毎月、支出していたという報道(下記の記事)。 これは、西松事件と同じ構図ではないだろうか。 つまり、西松事件では、「西松建設が設立した政治団体...
 
 
 
小沢革命へ! 総力で民主党国会議員への働きかけを! (父さんの日記)
私たち国民が待ち望んだ昨年8月の政権交代でしたが、全国民の期待を受け船出した鳩山丸は8ヶ月で沈没、平成維新という無血革命成就への希望は無惨にも打ち砕かれました。それから3ヶ月、再び私たちは、官僚支配国家である日本を変え国民の声が政治に反映される国家、宗主...
 
 
 
村木元局長無罪・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年9月11日 土曜日 村木元局長無罪 今日の社説は村木元局長無罪に関する社説一色だ。 民事でも刑事でも犯罪は有ったことには間違いない。しかし現行犯以外は一つ間違えば冤罪を生むことになる難しい問題だ。 こうして社説を載せているがその内容は各社の担当者が思い...