雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

京都芸術センター

2018年01月20日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
明倫小学校



市中に子供が減り
廃校になった学校跡



制作室
ギャラリー
講堂
大広間
フリースペース
図書室
情報コーナー
茶室
カフェ
談話室
ショップ



多くの施設が



童たちの教室に集った



京都市中めぐりで





ちょいと疲れたのなら
立寄りたい施設



童心にたち返るにも



いい施設である

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

建仁寺

2018年01月18日 | 京都散策
山号を東山と称する寺院



地元では
「けんねんさん」と呼ばれ親しまれている



建仁寺の建仁は元号



建仁元年は1201年



鎌倉幕府2代将軍
源頼家の援助により
日本に臨済宗を正式に伝えた
最初の僧
栄西により建立された建仁寺



創建当時の伽藍は
今日、何一つ残っていないが



見上げるほどの法堂は重厚で



天井画の双龍の絵は



撮影可能だ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

東福寺

2018年01月15日 | 京都散策
京都の秋
観光名所は数知れず

その中でも
絶大な人気を誇るのがこちら東福寺



紅葉を愛でに訪れる観光客の数は
年々その数を増やしているようで
この年は
臥雲橋
通天橋
での撮影を控えるようにとの警備員の声が



拝観客の多さと
混雑振りを示していた



毎年、通天橋を渡りきり
洗玉澗の谷に下るのがルートなのだが



今年は逆で
先に洗玉澗の谷間に下り
その後、通天橋を渡って出口へ向かう逆ルートとなっていた



洗玉澗の狭い谷に下るまで
行列すること30分以上



諦めて逆進する人も絶えず
渡った先の広場も大混雑



近年
外国人観光客の往来も増え
広大な境内を埋め尽くさんばかりの人の波



隠れた名刹を探したくなる
京の秋であった

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

相国寺

2018年01月12日 | 京都 特別公開
臨済宗相国寺派大本山



萬年山相國承天禅寺と称す



足利義満が開基



現在の御所の真北に位置し
今日でも広大な敷地を持つ



五山文学の中心地であり
京都最大の禅宗寺院でもある



ただその歴史は
戦火と火災の歴史でもあった



落雷による焼失もあったが
なによりこの寺のすぐ北の
御靈神社は応仁の乱勃発の地



戦火にも晒された



現在の伽藍が整備されたのは
文化年間
徳川家斉の治世下である

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

北野天満宮 御土居

2018年01月09日 | 京都散策
かつて
京都の街は
周囲を土塁で囲んでいた



御土居と呼ばれ
南北約8.5km
東西約3.5km
の舟のような土塁



堀の中心は
御所の西
二条城の北の
京都市上京区笹屋町3丁目あたり



御所が中心でない
と、不思議に思う諸氏も居るだろうが



御土居の造営を命じたのは
天皇ではなく



豊臣秀吉だと知り



先に記した住所地には
かつて聚楽第があったと知れば



合点がいくと思う



北野天満宮の境内のすぐ西に流れる天神川に
御土居の遺構が残されている



秋の頃
見事な紅葉を見せてくれる


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加