小彼岸桜のズクなし写真ブログ

デジタタルカメラで小旅行や近場の被写体を自分流で写し止めたものを不定期に更新していきます。

鋸山日本寺 其の2 最終回 (2017年03月19日 日 晴 EOS5DⅢ)

2017年04月25日 | EF24-105mmF4 IS L

                             鋸山日本寺 其の2 最終回です。

 

                           「地獄のぞき」までの山の斜面に何百もの羅漢臓が有りました。

 

                            いくつもの羅漢像ですが、顔が似てるので作者が同じでしょう。

                           

 

                            観音様の石仏。

                           

 

 

 

                           

 

 

                            大仏広場を目指します。巨大岩をくり貫いたトンネル。

                           

 

                                       下りの石段が延々と続きます。

                                      

 

 

                                       日本一の大仏さま。1783年に3ヵ年をかけて30名弱の人達が彫った

                                      石造物で高さは台座を省いて21.3mもあります。

                                      江戸時代末期に自然の風触で大きく崩落し1780年まで荒廃したままでした。

                                      

 

 

                            この大仏さまの正しい名前は薬師瑠璃光如来と云います。

                        宇宙全体が浄土で世界平和、万世太平の

                        大象徴として復元建立されたものです。

                       


                       鋸山日本寺、終了します。

                           

                           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鋸山日本寺 其の1 (2017年03月19日 日 晴 EOS5DⅢ)

2017年04月19日 | EF24-105mmF4 IS L

                         いや~、19日、3連休の中日で何処に行っても人人、車車ばかり。

 

                         1時間で行ける所が3時間以上掛かった。

 

               鋸山って鋸の歯みたいな山が有るだけと思って行ったら大違い。

 

 

                          山全体が「日本寺」の境内なのだ。

                         

 

 

                          欲張らずにポイントを決めて1ッか所だけにした。

                         

 

 

                          「地獄のぞき」へ行く途中に「百尺観音様」が有ると云うので行ってみる。

                         

 

 

                         山全体が巨大な石で出来ていると思わせる所を通ります。

                        

 

 

                         巨大岩と岩の間を歩きます。

                        

 

 

                                  これが「百尺観音様」。

                                 

 

 

                                 昭和41年に6ヵ年を費やして完成した大観音石造。

                                

 

 

                                人と比べると大きさが分かります。

                               

 

 

                                観音様の先の所から「地獄のぞき」の岩が見えます。

                               

 

 

                          「地獄のぞき」の場所にはそんなに混雑している様には見えない。

                          並ぶこと1時間以上。皆忍耐強い。

                         

 

 

                          「地獄のぞき」のせり出した岩はライオンの顔に見える。

                         

 

 

                          「のぞき」の所の手前の上り口。足元は滑ります。

                         

 

 

                          ここからの眺めは絶景そのもの。

                         

 

 

                          「山頂の展望台」。

                         

 

 

                         東京湾が夕陽に輝いてます。

                        

 

 

                         絶景ですね。

                        

 

 

                         「地獄のぞき」の手すり越しに真下を撮る。

                        

 

 

                         黄金に輝きだしました。

                        

 

                             其の1を終わります。

 

 

 

                              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光善寺(2017年01月02日 木 晴 EOS5DⅢ)

2017年03月09日 | EF50mmF1.4USM

                          今頃のアップも何ですが、今年の初詣は

 

                          駒ケ根市の光善寺へお参りして来ました。

 

                          正面の山門はシートが掛かって居り一寸残念な気持ち。

                         昨年から始まった三門屋根の吹き替え工事で本年の3月末まで掛かるらしい。

                         

 

 

                                  本堂へ向かって右側に有る古い土蔵。

                                 135年前に再建された経堂。

                                 

 

 

                                  手水舎の観音様。

                                 

 

 

                                  地蔵菩薩坐像。

                                 

 

 

                          御覧の様に参拝客で御賑い。

                         

 

 

                                 六角の石燈篭。

                                

 

 

                          違う角度から。200年以上経っているか。

                         

 

                                 三陀羅尼塔 層塔(三重塔)。

                                 この三陀羅尼塔(みだらにとう)は近世に入って高遠が生んだ石工、

                                守屋貞治の制作であり注目されています。

                                年代は細工帳によりますと文化8年(1811)とされています。

                                

 

 

                          香煙を体の悪い部分に浸み込ませる人で混雑してます。

                         

 

 

                          本殿の破風部分。

                         

 

 

                          獅子を配した木鼻。

                         

 

 

 

                          こちらは龍。

                         

 

 

                                南信州唯一の三重塔。

                               

 

 

                       高さ17mの均整のとれた美と彫刻の美しさが高く評価されています。

                      やはり209年は経っています。

                   大日如来、阿閦(あしゅく)如来、宝生如来、無量寿如来、不空成就如来の五如来をいい、

                   中央に大日如来を安置し、四方に四如来を巡らしています。

                      

 

 

                       霊犬早太郎。http://www.city.komagane.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=13076&i=13268

                             

 

 

                          鐘突き堂。お賽銭を挙げて突いて来ました。

                         

 

 

                          違う角度で。

                         

 

 

                          光善寺の仁王門。

                         

 

 

                          境内から中央アルプスを望む。陽が沈もうとしています。

                         

 

 

                          近くの茶屋で買った「おやき」。

                         

 

                         光善寺以降何処にも撮りに行って居ません。

                         一寸いつもの様に間が空きます。すみません。

 

 

 

                         

 

 

 

 

                                   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なばなの里のイルミネーション (2016年12月18日 日 晴 パナFZ-200)

2017年02月27日 | DMC-FZ200

                         一昨年の「なばなの里のイルミネーション」は「あるぷスの少女ハイジ」だった。

 

                        イルミネーションは物語に成っているので、静止画で皆さんに理解してもらうのは

 

                        難しいと思いました昨年のテーマは「大地」でした。

 

                          黄昏時のイルミネーション点火間もなくの画像を何枚か載せました。

                      水上イルミネーション。

                         

 

 

                          「青」の色味に成りました。

                       水上イルミネーション。

                         

 

                          今度は「橙」。引いてみます。

                      水上イルミネーション。

                         

 

 

                          すっかり暗く成りました。

                      水上イルミネーション。

                         

 

 

                         一昨年も同じアングルのものを挙げました。

                     水上イルミネーション。

                        

 

 

                         水上イルミネーション。

                        

 

 

                         光のトンネル。

                        

 

                          光のトンネル。

                        

 

                          光のトンネル。

                        

 

 

                          光のトンネル。

                        

 

 

                          光のトンネル。

                        

 

 

                         本年のテーマは大地

                         ユーラシア大陸 ブリトヴィフェ湖群国立公園。

                        

 

 

                        日本の美しい棚田。

                        

 

                         日本の棚田の風景。夕陽。

                        

 

 

                       ダルマ落とし。

                       

 

 

                         赤から青へ。

                        

 

 

                         アメリカ大陸。モニュメントバレーに掛かった虹。

                        

 

 

                         アフリカ大陸。

                        

 

 

                          オーロラ。

                         

 

 

                         オーロラ。

                        

 

 

                          ツインツリー。

                         

 

 

                         光の雲上。

                        

 

 

                          光の雲上。

                        

 

 

                          光の雲上。

                        

 

                        イルミネーションも壮大でしたが、音響の凄さが、

                        一層スケールの違いを効果だてていました。

                        心を揺さぶる低音や雷などの効果音が大劇場に居る様な気持ちに成りました。


                           枚数が多かったですが終わります。

 

 

 

                        

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なばなの里 (2016年12月18日 日 晴 パナFZ-200) 

2017年02月21日 | DMC-FZ200

                         なばなの里イルミネーションを見に今年もやって来ました。

 

                        昨年と殆ど同じ時間帯に来て、


                                      まずは「なばなの里」の昼間の散策から始めました。


              写真は殆ど同じ対象、アングルですが。

 

 

                         

 

 

                          カメラがレンズ一体型で広角から超望遠までカバーするが、画像の質はシャープネスを

                         可なり上げないと満足できない。                        

                         

 

 

                          巨大な建物の中の窓からの太陽光の逆光を狙って。                         

                         

 

 

                          明るめに設定したため、白く飛んだ所も出ました。

                         

 

 

                          マクロっぽくトリミングも遠慮無く。

                         

 

 

                          昨年の画像を見ると、全てそっくりそのまま。

                         

 

 

                          カメラが違うくらいの差だ。

                         

 

 

                                 部屋のコーナーにある置物。

                                

 

 

                         後1週間くらいでクリスマスか。

                        

 

 

                         レックスベコニア(王じゃのベコニア)。

                        

 

 

                         ガラがタツノオトシゴの様。

                        

 

 

                                外は良い天気です。

                               

 

 

                         キツネの顔って云ったかなー。

                        

 

 

                          ベコニアの種類は2000種以上だと云う

                         

 

 

                          逆光でレンズスレスレに白い花を入れて撮る。

                         

 

 

                          これも原理は同じ。

                         

 

 

                         室内の人工池に浮かぶ花1つ。

                        

 

 

                         これも。

                        

 

 

                         鉢植えのオンパレード。

                        

 

 

                         テーブルに座っている人は皆無。

                        

 

 

                         人工池にボタッと落ちた花たち。

                        

 

 

                         ぐるっと回って来た最後にあったアイスクリーム屋。

                        

 

                        昼間のなばなの里、終わります。次回はイルミネーションをアップします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加