高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』

「新田舎づくり」を個人ミッションとし、田舎と都市とを行き来する人生・仕事のこうかい(公開・後悔・航海)日記

師走徒然

2016-12-09 10:52:51 | 日記

シュトーレンという洋菓子なのでしょうか。これが好きです。なんでもクリスマスまで少しずつ切って食べるものなんだそうですが、頂いても、いつもその前に無くなってしまいます。http://thankyoublog.info/1286.html

スタッフルームに壁一面の2ヶ月スケジュール板(昔の職員室の日程表)があるのですが、追この間1月2月だったのに、あらまで来年1月が登場してしまいました。 来週には小生の誕生日も迎えるし、歳をとるに連れて、まさに「光陰矢の如し」であります。 時間の感覚は幼い頃は、見るもの聞くもの、なにもかも初体験の連続ですから時間は濃密に流れます。学校から帰ってランドセルを家の玄関に放り投げて外へ遊びにでかけ帰ってくるまでは1時間かそこいらだったでしょうが、なんとも楽しい長い時間でした。学校の授業の合間の休み時間などは10分ほどだったのに、校庭に出て鬼ごっこしたり鉄棒ができました。 しかし、歳を取ると中身はさしてなく、気づくとお昼、そしてまた気づくと夕飯時間となってしまうことが多々ありです。

机のうえの雑務を片付け続けております。が・・・、いつもの年よりも追いかけられ感が少ないな。昨年はNPOねおすの解散への流れの中でてんやわんやでしたが、それから比べると静かなもんだ。 この静かさをしっかりと使わんと、あっという間に無駄に時間が過ぎるぞ、と発破をかけている自分と、まあまあ、そろそろゆるりとゆるりと声をかけてくる自分の内なる声がありまする。

最近、読んだ小説の中での言葉(前にも書きましたが)、「人生とは所詮つまらぬものだ。若い頃は勢いでなんでもできるが、そのうちに刺激が少なくなってくる(刺激されること)。歳をとってからが本番だ。その時こそ、己の生き様こそ、本当の人生だ」

なるほどよね・・・・。 とはいえ、週末からは札幌へ東京へと年末まで飛び回ります。 忘年会ならぬ、望年会として、明日を見据えよう。

ローリングストーンズのミックジャガーが73歳で8人目の子どもが生まれたとさ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さや、事件勃発か!

2016-12-08 11:35:19 | 日記

夜中の12時半、もう寝ていたのに携帯電話の呼び鈴で起こされました。 今日はゲストハウスで寝ているはずのTTMからでした。

「洗面所で水漏れがあり、それは片付いたのですが、突然に電源が切れました。このままにしておいて大丈夫でしょうかあ!?」

一連の報告を聞き、これ以上は大過はないと判断して、「修復は明日にしよう・・・」

TTMは、暖房も切れた真っ暗なゲストハウスで一夜を過ごすこととなりました。 

そして、翌本日。

電気屋が先か水道屋が先か・・・・。 水抜がしっかりとされていなかった(一部が凍結していたのでその日は館内の暖房をつけていた)箇所から水が溢れたようなので、しっかりと水抜け栓を閉じてから電気屋さんを先に呼びました。 

電源が切れたのは、どうも床下の水抜ポンプが水濡れ原因でショートしてしまったのでした。とりあえずポンプの電源を抜いたので、照明をはじめ他の電気器具は使えるようになりました。ポンプも乾いたら復旧するということでしょうとのことなのですが、これは床下にあるだけに春先も春先、夏に近いくらいでないと乾かないとちゃうかあ・・・。 そもそも、このポンプは床下に春先溜まってしまう水抜ポンプなんだなあ。 ポンプ交換となるかもしれんなあ。

このゲストハウスは、毎年冬の障害で修理ばかりが嵩む・・・。 夏場にもっと稼いでもらわんといかんわい。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルトラマン

2016-12-07 17:47:53 | コラム風味

ウルトラシリーズは、TVのリアルタイム世代で、「ウルトラQ」からのファンです。ところが今のシリーズは知りません。ウルトラジェネリックでないな、なんかそんな名前だったでしょうかね・・・。

長男が小学生の頃に、岩見沢にある遊園地・グリーンランドと言ったかな、そこへ家族で遊びに行ったことがありました。そこで、たまたま、着ぐるみのウルトラマンショーをやっていたのです。怪獣と戦っていたウルトラマンが制限時間近くなり、ランプがピカピカと鳴っているのに立ち上がれない・・・・!! もう終わりだァと思ったところに、別のウルトラ兄弟が現れて、助太刀してくれるという舞台劇でした。 びっくりしたなあ。 その時、助けられたのが、ウルトラマン・ネオスなのです。

ちょうど、北海道自然体験学校NEOS(Nature Experience Outdoor School)を立ち上げた頃だったので、それまでウルトラマン・ネオスという存在を知らなかったのですが、 ひとりでは怪獣を倒せないウルトラマン、仲間と共に戦うとうコンセプトが自分に重なり、一気にファンとなりました。

なんでも、ネオスは西日本では半年間TVシリーズでも上映されたウルトラの兄弟なのでした。東日本でも何かの子ども雑誌か月刊誌に掲載された時期もあったらしく、そのフィギアが岩内のホーマックでも売られているのを発見した時も驚きました。

実を言うと、このネオスのサントラ盤の劇中にかかる音楽全てを収録したCDも持っています。主題歌も歌えます。

ウルトラマン・コスモスが全国放映されていた時にその主人公の青年俳優が若い頃に実生活で悪さをしていたことが発覚し、放映が途中で中止になったことがありました。わずか3回分だけだった思うのですが、その3回分をネオスが代わりに放送されたことがありました。 知っていたのですが、観ることができなかったという残念な想いもあります。

この一連のデフォルメフィギアの中にもネオスはあったのですが、車の中にお守りでいれておいたのですが、スタッフが転倒事故を起こして車はオシャカ。そのお守りは行方不明になりましたが、人身事故とはなりませんでした。

ネオスの連呼が入る主題歌は、NPOねおす解散フォーラムのバックで盛んに流させてもらいました。 思い出多き、ウルトラマン・ネオスであります。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅路?

2016-12-06 19:05:33 | 日記

12月5日、昨夜はひさしぶりに、井上アイコ先生のブリージングセラピーを受けました。深く大きく呼吸することで、自分の内側におこってくる感情に受け止めてゆくようなセラピーなのですが、過去2回受けたことがありまして、そのときは、猛烈な痛み、至福感、悲しみを感じたことがあれば、身体が硬直して、エラ呼吸を体感したこともありました。・・・・が、今回は持病の左肩の痛みが気になって深く入れなかったなあ・・・。

さて、自家用車を入院させた(もう1年目近い前に温泉の駐車場で後部をぶつけられた・・・。他のスタッフによる自社車による・・・)ので、黒松内への帰路はひさしぶりにJR列車を利用しました。

札幌から小樽へ、そこで乗り継ぎ時間待ち1時間。小樽から倶知安へ、そこで乗り継ぎ時間待ち30分にて、黒松内到着は6時過ぎ。なんと半日かかりでありました。 お陰でしばしの旅人感が味わえました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発表会

2016-12-04 18:56:23 | 日記

年中さんの孫の幼稚園の発表会を見に行きました。去年は外せない出張で行けなかったので、初孫の初めての発表会観劇。 年少、年中、年長さんの成長が見れて発達とはこういうことかと感じるね。 集団での和太鼓合奏や手話を交えた合唱は、さすが年長さん、素晴らしい出来栄えでした。あんなに長い演奏・身振りを交えた合唱ができるのですね。 アタシにはできねいね。 うちの孫も来年は「できるように」なるのだろうか。

ところで、この「できるようになる」が教育の重大な評価なのですが、なかには「できない」お子さんもいました。しかし、この合唱、合奏は、みんなが同じことができるようになることを求めているフォーマル教育の典型でもあるわけです。 海外の幼児教育、特に欧米ではやっているのだろうか。

10年ほど前、ミャンマーの山の中の集落を訪ねた時は、近隣の人々が集まり大きな歓迎パーティがあったのですが、その時は、幼児さんの踊りお披露があったな。可愛く微笑ましかったが、それを練習し覚えるには相当な時間がかかっただろうなと思った。 今回の発表会もどうようだろう。

自分の好きなこと得意なことで練習をするのはいいだろうが、もし、嫌いなこと苦手なことだったら、その練習時間は苦痛だったろうな。 子どもに何でも「できるようになる」ことをどこまで課すか、実はなかなか難しい問題だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加