グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

ジオガイドな人たち

2017年03月24日 | 火山・ジオパーク
毎月第3火曜日はジオガイドの会の定例会。
(参加者はもっといるのですが写真に入りきらず)


今年に入ってからは毎回メンバーが模擬ガイド・プレゼンを披露しています。
今回は3名。


まずは先祖代々岡田に住んでいるKさんが
岡田の地形と暮らしについての模擬ガイドをしてくれました。


岡田はここ↓


まず「岡田港行ったことない人いますか??いませんよね~」
と笑わせ、「是非はともかく、岡田港に船が付くのが多いのはその地形に深く関係します」と切り込んでいきます。
そして人が住むような平地ができた理由も。

Kさんは30年前の噴火を体験してから、自分がいかに自分の住んでいる土地に無知だったかを思い知って、勉強を始めたとのこと。
そしてこのとき読んだ本「火山の話」中村一明著 岩波新書
の中で書いてあったこと

火山島が波に削られないでその形を保っているのに必要なのは、海まで流れだす固い溶岩流であり、その例は
「岡田港付近の突き出した溶岩扇状地である」

その意味が長年分からなかった。
しかしこの写真を見て意味が分かった。
とのことでした。


確かに扇状地なのがよくわかります!
流れることで、人の住みやすい土地ができるという事も。


でも、元々谷になって沢になって、という経緯がなければ、溶岩流は流れないだろう、という考察も。
赤色立体地図も使って考察。


あと、八幡神社の裏に露出している溶岩流跡が何年の噴火のものか、もいずれ解明して、地質図に載せたいという熱い思いも語ってくださいました。

近いうち、実際のツアーもお願いしたいです。



次は郷土資料館で働いているHさん。
「郷土資料館とジオガイド」というテーマで、
普段どんな観点で案内しているか、わかりやすくプレゼンしてくれました。


今、大島の博物館にはそれぞれジオガイドとなった人が所属していることもあり、
連携して立体的にガイドしていこうという動きが出ています。


郷土資料館では主に3つの事を説明しています。

1つ目は大島の成り立ちについて


2つ目は歴史について


3つ目は大島の民俗について


来場者数はここ何年かで増えている!とのこと。


お客さんは、実際に「見てきた」の後に来られる方が多いが、
郷土資料館に来たことで、より知ることができて楽しかった、と言ってくださる。
もっとよかったと言ってもらえるように、今後はもっと山に行ったりいろんな人の活動から吸収したり、現場体験を踏まえて資料館でのガイドに生かしていきたい、と語ってくださいました。



最後は山頂ジオパーク展で解説をしているTさん。
興味のありそうなお客さんの時は紹介しているというプレートの話をしてくれました。


そもそも伊豆大島はなぜこの場所に火山島として存在しているのか?
それを知るには、伊豆大島だけでなく、地球のプレートの動きを知る必要があります。

今回は3月11日が近いこともあり、あの時どこのプレートがどんなふうにはぜたのか、
そして今どこにひずみが溜まっているといわれているのか、なども解説。
大変勉強になりました。

こうして海水を取り除いて&プレートの構造を改めてみると、とんでもないところに住んでいるのが実感できます。



ジオガイドな人たちの研鑽の夜は熱く過ぎていきました。(あい)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

樹海から砂漠へ

2017年03月23日 | ツアー
昨日、とある旅番組の下見の方達と、樹海〜裏砂漠を歩いてきました。

昼少し過ぎの、木漏れ日が美しい森。


前回歩いた時は、まだ出ていなかったコケの胞子嚢が元気に伸びていました。

小さな胞子嚢越しに見る森の景色。
楽しい季節がやってきました😀

「ゴジラに見える」と溶岩に近づいて写真を撮るカメラマン氏。

どんな写真が撮れたのでしょう?

黒い砂漠の風景を歩き…


マグマの熱を感じる場所へ。


空にはホウキで掃いたような薄い雲が何本も伸びて、下から上へどんどん流れて行きました。

まるで黒い大地から、雲が湧いてくるように感じました。

緑の葉を伸ばす元気なアシタバを見ながら斜面を登り…


海の見える位置まで到達。


そして「せっかくここまで登ったのだから、あの山の頂上をめざしましょう!」ということになりました。

真っ黒い山の頂上が「裏砂漠第2展望台」です。

「こんなに歩くと思わなかった」と言いながら、番組作成のために汗を流す皆さん😀


頂上に到達しました!

「おお〜。これはすごい!」
「全然景色が違う」とみなさん。

一羽のカラスが気持ちよさそうに、風に吹かれていました。

我々が近づいたら、少し場所を移動したものの…

やはり高いところに停まって、気持ちよさそうに景色を眺めながら「アロー、アロー」と鳴いていました。

なんだかメチャメチャかっこ良かったです😀

もちろん被写体に選ばれていました😀


「爽快〜」な青空でした!


溶岩地帯〜草地〜森へと続く、まっすぐな道。

神々しさすら感じる風景でした。

景色に見とれていたら、背後から「アロー、アロー」という声が聞こえてきました。
きっとあの、黒い山のてっぺんで景色を眺めていたカラスが、後をつけてきたに違いありません(同じ鳴き方だし)

きっと、火山好きなカラスなのかも?
なんだか親しみを感じました(笑)

ロケの日も天候に恵まれて、大島の魅力を伝えられる映像が撮れますように!

(かな)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウミアイサとアオサギ

2017年03月22日 | 

釣り人のすぐ目の前を進んでいくウミアイサ2羽。
昨日の朝の万立(まんたて)です。
小雨が降っていました。



釣り人の撒き餌に寄ってきたウミネコと。
右の1羽はどうもオスっぽいです。
ペアなのかなぁ?



メスはこうして水中をのぞいていることが多かったです。
んもうめっちゃかわいい!!







ほら!!
・・・って、まるで間違い探しみたいな写真ですが(汗)


アオサギは和泉浜(いづみはま)で見つけました。
とっても疲れているのか何台か車が近くを通っても遠くへ飛んでいくことありませんでした。



でもゆっくりと歩き回って食べ物を探していました。
まだ旅の途中です。
どうか無事に目的地まで。

がんま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩いた々・笑った々! ♪(^^♪♪

2017年03月21日 | ツアー
天候に恵まれた3連休・・・ 春の日差しの中、三原山も大勢の方達で賑わっていました。

それに引き換え今日は雨そして寒い!“寒の戻り“とでも言うのでしょうか。

さて今回は、先週末に歩いたフルコース2回分のご報告です。

1日目はこの春”服飾大学”を卒業し、これから業界での活躍が期待されるお二人です。

まずは江戸時代に流れた溶岩跡へ・・・晴天に恵まれテンションも上がります。


縞々溶岩を見つけて・・・「これ!タックだぁ~!」
横縞はタック
縦縞はプリーツと呼ぶそうです。

大学でファッションを学んできたお二人には
“縞々溶岩”も、オシャレな洋服を作るヒントとなるのかも知れませんね。

ちなみに、ゆったりと垂れ下がった“自然のたるみ“風のデザインは
ドレープ」と言うそうです。



86年に流れた出た溶岩の上で歌うお二人。

歌が大好きで、学校帰りには都会の駅前でもお互い歌いながら歩いていたそうです。

とにかく明るく元気なお二人、此処では第二形態に進化するシンゴジラの真似を・・・

動画でお見せしたいのですがそれはNGとの事、イヤ~迫力がありました。(笑)
(映画を見ていない私は、第二形態とか第一形態というのがチンプンカンプンでしたが・・・)

溶岩地帯の噴気を見つけてこんな事も・・・ヽ(^o^)丿

火炎を吹くゴジラ??? 

雄大な火口を見て砂漠へ降り フトッ!振り向くと・・・


何と!すでに寝転んでいました。(笑) 
西谷が広めたと言っても過言ではないこの光景、すっかり砂漠での定番になっていますね。

落ちていた溶岩の塊で・・・ 「わ~~~!浮いている~!」 (表情に注目ですよ~。)


ご自分たちも浮いています。(^^♪


これも定番となった“シャボン玉”
「風を見ましょう」との掛け声でジオガイド仲間の嶋田が始めた遊びですが、これも皆に大人気です。


樹海では厳しい環境で逞しく生きる植物達に接し、そして苔とも触れ合い・・・。



伊豆半島に沈む夕日で締めくくりました。


歌って笑って飛び跳ねて、とにかく若さ溢れるツアーでした。
Uさん、Oさん社会人になってお仕事が落ち着いたら
是非又、遊びにいらして下さいね~。 陸に劣らず海の中も素敵ですよ~。


さて日曜は、築地でご商売をなさっているMさん親子と、愛知からお越しのNさん姉妹&弟さん。



そして20年以上前からダイビングで通って下さっているIさん、計6名様とフルコースです。

穏やかな雲一つない青空、最高のお天気に恵まれました。

お客様から「あら!馬ってあんな風に座って寝るの?」との声が聞こえました。

暖かな陽気に、カルデラ入り口の与那国馬も思わず“うたた寝”してしまった様です。

今まで“馬は立って寝る“と聞いていた様な気がするのですが・・・どうなのでしょう?

遊歩道沿いのオオバヤシャブシ(写真は雄花)
標高の低い所では終わった花も見られますが、此処ではまだ蕾も多く見られます。


皆さん、双眼鏡を虫眼鏡代わりにして熱心に花を観察しています。


遠い昔に起こった出来事に思いを馳せながら”溶岩の滝”に登り


いつもの”溶岩のしずく”の上でお弁当、お尻が暖かくてとても気持ち良かったです。


さて裏砂漠での~お茶タイム・・・


こんなモノが登場しました。山歩きをより楽しむ為のアイテム”ガスコンロ”


しかも焼いていたのはマシュマロ・・・チョコまで垂らして頂きました~!


もちろん私も頂きました。美味しかったです。

一休みの後はやっぱり飛んで!


飛んで!飛んで!


飛ばして~~~!


三原山を後にしました。



生きている地球と、三原山の雄大な景色 堪能して頂けたでしょうか?

皆さんと楽しい時間を共にする事ができ、とても嬉しかったです。

富士山が見えなかったのが残念ですが
機会を作って是非また遊びにいらして下さい。お待ちしておりま~す。
ありがとうございました。
                                   By 柳場

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大島の椿は満開です

2017年03月20日 | 植物
3月も半分以上過ぎると椿の花もまた違う花が咲き始めました

大島には日本に8カ所ある世界的に認められた“国際優秀椿園”が3カ所も有り世界中から集められた椿が咲いています

しかし、椿を見にくるお客様には『椿の満開はいつ?』とよく聞かれてしまいます
皆さん桜のように木いっぱいの花が咲いていると思っている様で、そのたびに『椿は2~3か月の間花が咲くのでその間の花は少しづつ咲くのです。それは鳥に来てもらうため……』と言う話を3分ぐらい話すことにしています  


時間が有れば 沢山の椿を見てしあわせな気分になりつつ でも、私の?

家にあるはっきりした名前が分からない椿。去年教えてもらったのですが 何だか違うような気がしてならない

それなら 又調べよう! とは 思うのですが…

椿の花の形が一定でない

牡丹咲き


牡丹咲き


牡丹咲き


この子は八重咲き


赤い花  見つけたら採ってしまいますが


根から出た枝からは白い花 まだ咲き始めなので花の形も違います
以上が一本の木から咲いた花なのです


本で調べてもあまり載っていないがどうやら“源氏絞り”かな?
赤いのは“こうぼたん?”  どちらも“光源氏”の枝変わり

白いのは?? 白いのは私の図鑑には載っていないしPCでも調べられない
そのうちに分かると良いな!

沢山写真に撮って気が付いたのは 綺麗な花を撮るなら良いが その品種を撮るのであれば品種の特徴を生かした写真を撮らなくては!

では

二段咲きの“花車” 
枝変わりの赤い花が出た時も有りました(源氏車)です


完璧な二段咲きが咲くことは少ないのが残念です
図鑑でさえも「え~!」と思う物が載っていたりして

椿を見始めて10年以上たつのですが、まだまだ入り口にも入れない私です(しま)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加