グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

モズ高鳴き

2016年08月31日 | 





今朝牧場で今季初です。
モズのこの鳴き声を聴くとどんなに暑くても秋を感じます。

その他にも秋を感じさせるものに出会いました。

ススキの穂。


クズの花。
季節はきっちり進んでいます。

                                           がんま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い山

2016年08月30日 | ツアー
異例なコースで通過中の台風10号。
東北、北海道での被害が最小限であることを祈っています。

さて…台風10号の接近で、朝8時の大型船以降船が止まった昨日の伊豆大島。
三原山山頂口は濃霧で、店は全て閉まっていたし、駐車場には1台の車もありませんでした。

濃霧や風雨が予想されましたが「やはり三原山に登りたい」というお客様の希望で、いざ出発!


小さな植物も、熱心に観察してくれるお客様だったので…


今が盛りのナンバンギセルの花や…


初咲きの明日葉の花…


いよいよ咲き始めたクサギの花などを見ながら…

濃霧の道を歩きました。

お客様が、ちょっとした崖に登って見に行った物は…


国土地理院の座標!

装備も整い、時々山に登っているというお客様…山に登る人にとって,国土地理院の座標は大切なもののようで「こんなところで出会えるとは」と嬉しそうでした(^_^)

火口一周コースに到着。

白い…(^_^;
霧の濃さとしては“最も濃い”状態かもしれません。

それでも皆さん、三原神社にお参りに行きました。

「なんか違う世界への入り口みたいだね」なんて言いながら(^_^;

さすがに火口一周は省略したものの、時々降り出す横殴りの雨に屈せず歩き、裏砂漠方面へ。

一瞬だけ霧が晴れ、見えた景色がこれです!

雨に負けずに歩いてくれた,お客様へのプレゼントかもしれません(^_^)

そして、裏砂漠は…「何もない」世界でした。

この、何とも不思議な雰囲気の中で…

ランチタイム!

ハチジョウイタドリの葉陰で、風を避けつつ食べる明日葉オニギリの美味しいこと!(^▽^)

夏の炎天下より、寝心地も良好でした。


霧ならではの景色の中で写真を撮ろうと、場所決め中(^▽^)


そして最後は森へ!


雨が大好きなキノコや、キノコが大好きなカタツムリが元気でした。


時々このブログにも登場する緑色のキノコが、い〜っぱいついている木もありました。

そして森を抜けた時…

センニンソウの白い花とキラキラの小さな水滴が、出迎えてくれました。


木に巻き付いて花を咲かせるセンニンソウが、見事な季節がやってきました。


雨でも霧でも風でも、とにかく確実に秋が近づいているのを感じました。

(カナ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しっかり観察できる子

2016年08月29日 | 



ドアに誰かいたずら書き?


いえいえお食事の跡


私です


2匹居ますよ


見返り美人


タイヤの近くにも2匹


ごめんね 引いたかも


上にもいっぱい


穴の中にも


出てきた子


何食べたのかな?殻に模様が


縞ありません


なんかいい感じ(どちらも大人です)


ドアを開けたら入ってきてしまいました(いつかここで尻尾が蜘蛛の糸に絡まって身動きできずにいたトカゲの事を思い出しました)


やっぱり外へ出たいよ!

前日、雨が降った為か沢山のカタツムリが現われました。車でぶつけてごめん、でも歩く時はしっかり気を付けましたよ。(しま)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年・夏のナイトツアー

2016年08月28日 | ツアー
夏休み中、何組ものお客様からナイトツアーのリクエストを頂いて、懐中電灯片手に真っ暗な道や海岸を歩きました。

本当は今日もナイトツアーの予定でしたが、台風接近でキャンセルとなり、今年のナイトツアーは終了しました。(星空ツアーは通年行っています)

で、今日のブログは、ナイトツアーのダイジェスト版。
今まで報告しきれなかった、生き物との出会いや風景をまとめてみました。

私の1番のお気に入りは、ナナフシたちでした。
夜行性の彼らは、夜になると葉の表面に現れます。

枝そっくりの形も面白いけれど、足に触ると足を持ち上げたまま固まってしまうのも面白いです。😁 1本のアカメガシワに10匹近いナナフシがついていたりして、毎回盛り上がりました。

でも葉が風で揺れ動くような日は一匹も見つかりません。
やっぱりあの細い足で、揺れ動く葉に捕まるのは大変なのでしょう。
(台風がきたら、どうするのでしょうか?(^_^;)

夜はトンボや蝶など昼活動する生き物の寝姿を見られるのも楽しみの1つです。

大きなモンキアゲハが寝ていたこともありました!

昼より色が薄くなっているような気がしました。

そして、次の世代に命をつなごうとする生き物たちの姿を、見ることもありました。
翅を閉じると枯葉ソックリの、アケビコノハが交尾していたり…


ピカピカの甲虫(ヒメコガネ?)が交尾していたり…


毎年恒例の、ショウリョウバッタの産卵場は、今年も大盛況でした。

緑や…


茶色のショウリョウバッタが10匹以上、10cm〜1mぐらいの間隔で産卵し、注意して歩かないと踏みつぶしそうでした(^_^;


時には、生み終わった後にヨロヨロ歩いているバッタもいて「力を使い果たしたんだね」と話題になりました。


懐中電灯の光に照らされた水滴や、カタツムリの美しさにも見とれました。


またある場所では、数m毎にヒキガエルが道に出ていて、30分で10匹以上に出会いました。

離れた場所に1匹づつ、座って(?)いました。
縄張りがハッキリしているのでしょうか?

ツアー中、満天の星空を見上げて、お客様と流れ星発見の数を競った日もあれば、月を楽しんだ日もあります。

雲が月を隠す瞬間も幻想的でした。

そして、月が地平線に沈む前に、光の帯が水面に長く伸びて波間がキラキラ輝く様子に、みんなで見とれたことも…


空の様子も生き物との出会いも、毎日変化する夜の世界。
昼のツアーも同じですが1日として…と言うより、一瞬として同じ状況はありませんでした。

日中も歩いていたため、行く前はかなりヨロヨロだったのですが…(^_^;
結局のところ毎回楽しい時間となりました(^_^)

以前ナイトツアーに参加してくれて、今回が2回目となるご家族も2組いました。
再会が嬉しかったです(^_^)

今年のナイトツアーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました(^▽^)

(カナ)

追)
こんどの週末に噴火30周年記念イベントの1つとして、3年前の大雨で崩落した「御神火スカイライン」の開通前ウォークが行われます。

締め切りは明日ですが、まだ若干の空きがあるようです。
http://izuoshima-geopark.seesaa.net/article/441278768.html
貴重な機会ですので、お時間のある方は、ぜひご参加ください(^_^)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロアナバチ

2016年08月27日 | 

一昨日の朝、ノブドウの花に来ているのを見つけました。
地面に穴を掘ってキリギリス類を狩り幼虫の食べ物にするそうです。


大きくて目立つハチなので過去にキリギリスを運んでいる場面に出会っていてもいいのですが、まだそのような幸運に恵まれていません。
今年はどうでしょうか?
よく気をつけていたいです。

                                             がんま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加