グローバルネイチャークラブのガイド日記

グローバルネイチャークラブ(旧グローバルスポーツクラブ)のガイド仲間が観察した伊豆大島の自然の情報を中心にお届けします。

地球惑星科学連合大会「ジオパークへ行こう」報告その3

2016年05月27日 | 火山・ジオパーク
各地ジオパークの紹介、最終回です。

Mine秋吉台ジオパークは…

小原北士氏のプレゼン。

「空から見た景色に1カ所、色が違うところがある。なぜ?」という問いかけから…

近寄ってみると、さらに不思議が…という展開へ。

森と草原がキッパリ別れているし…


ロートのような穴がいっぱい開いているし…


白い岩がゴツゴツ。

この石はなに?

「森と草原が分かれている理由は人が野焼きをしているから」と、途中まで種明かしがありましたが…

それ以上は「現地へ来てくれたら答えを教えます。謎を解きに現地へ来てください」とのこと。

「ヒントは草地から出てくる弾です。」と写真を見せられ、謎は深まるばかり…。

「生きているうちに絶対、謎を解きに行かなくては!」という気持ちになりました〜。

遠い昔のサンゴ礁がプレートの移動で陸にくっつき、盛り上がって今、目の前にあることを写真を使って説明してくれ…


地上の景色だけでなく地下も含めて全部石灰岩だと、絵を使ってわかりやすく教えてくれます。

地下がイメージできるような絵でした。

専門用語は覚えなくても理解できるように、最後にキーワードとして紹介。

この使い方、私の理想です(^▽^)

ドリーネというロート状の穴ぼこが集まった、大きい凹地がウバーレで、そこに集落が出来…

(石灰岩が壁になってる!)

その集落の説明看板の内容は…
「降った雨の行方」も「石垣」も「住民の方に聞いてみよう」

「聞いてみよう」って…初めて見る看板です!!

会場からも「オオオ〜!」という驚きと賞賛の(だと思います!)声があがっていました。

とても面白かったです。

さて、最終回の講演は伊豆半島ジオパークの…

鈴木雄介氏

伊豆半島がフィリピン海プレートの上に乗っていて、本州に衝突中であること…


断層で景色がキッパリ別れていることも、こうして見ると良くわかります。


若い兄弟のような火山島、伊豆諸島の島々の景色を紹介しつつ…

「毎年4cmずつこちらに近づいてくるので、毎年違う景色が見られてお得です」と。
この一言、面白かったです!

鈴木さんは伊豆半島の紹介をしながら、他のジオパークとの関わりも教えてくれました。

他のジオパークを学び、知っておくことって大事ですよね。

森が海を豊かにすることも、解説されていました〜。


この調子で毎年積み上げていったら、ジオパークってかなりオモシロい場所になるのではないでしょうか?

来年の『ジオパークへ行こう!」の展開やいかに?

(カナ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロアゲハ

2016年05月26日 | 

今日はクロアゲハのお母さんの写真が撮れました


先週卵だった子も なんてトゲトゲしているのでしょ


ツインズ


今日も生みたて卵有ります


あれ?変な卵?誰の子? よーく見たら卵の殻。卵の殻は食べる物だと思っていたのに食べない子もいるのですね。殻をあまり見ないのは 食べてしまうのか?落ちてしまうので見ることが出来ないのか?


身長なんぞ計ってみます?


近頃ウロウロしているクロアゲハは同じ個体なのか違うものなのか分かりませんが、幼虫になったこの子たち元気に育ってくれることを期待しています。でも、アシナガバチが来ているのを確認しました。それに、いつもカマキリが居るのも見ています。負けるな幼虫(しま)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球惑星科学連合大会「ジオパークへ行こう!」報告その2&伊豆大島ジオパークガイド認定式

2016年05月25日 | 火山・ジオパーク
本日ブログの担当だった嶋田からPC不調の連絡が入り、ピンチヒッターで投稿しています。
まずは昨日の続きから…

各地ジオパークの紹介の後半の1番バッターは銚子ジオパークの…

小玉健次郎氏。
今回の発表者の中で唯一のガイドさんです。

地層と波と灯台をあしらった素敵な帽子をかぶって登場!

こんなオシャレな帽子、私もほしいです(^▽^)

銚子は他のジオパークに比べ平らで、高い山のないジオパーク。

地震で地面が盛り上がるので、どうやらかなり年齢の違う地面が一度に見られるもよう。

利根川の水害を減らすために治水が行われ、港ができ…

重い醤油を水路を使って運ぶことができたため、銚子は醤油の一大産地となったのだそうです。

大島にはない“川”が生活や文化の中心にあるジオパーク…ゆっくり歩いてみたいなぁと思いました。

唯一「?」と思ったのが「高マグネシウム安山岩」の文字。

「なんで高マグネシウム安山岩ができるのか?」不思議でたまらずまたまた質問。

これ、触れるとものすごく話が長くなるツボだったらしく、小玉さんからは「とっても珍しい岩がなぜかここにある、地球は不思議ですね」という感じでなだめられ(?)質問終了。

小玉さんの笑顔がとても素敵だったので一瞬満足しましたが、やはり疑問は残りました(笑)

…で、調べてみました。

あるWEB上の記述。
「上部マントルの水を含んだカンラン岩が部分溶融してできたマグマが,直接上昇固結したためにできたとされる」
ううむ〜、なんだか良くわかりません(^_^;(^_^;

いつか銚子に行く機会があったら、この「高マグネシウム安山岩」が「友人」に感じられるぐらいによく知ってから、岩に会ってみたいと思います。

さて、もう0時を回ったので今日のところはこれで…続きはまた報告します。

で、話は変わって…
本日は18時からジオガイド認定式、18時30分から21時まで今後のガイド組織の検討会でした。

22回の講習を終了した人で、ガイド組織を作ることになりました。
(写真はガイド以外に検討会メンバーも入っています)

全ての講習を修了した人を初級、30問のテスト80点以上を中級とし、あわせて35名のジオガイドが誕生しました。

講習参加者は延べ986名、1回の講習の平均参加者数44.8名、1回以上の参加者151名だったとのことです。

話し合いで出たキーワードは「住民総ガイド」「共有」「ガイドを育てる」等々…みんなで真剣に考え議論しました。

今後の展開が楽しみです。

(カナ)

翌日、新たなガイドとなった人達のfacebookに、素敵なコメントが沢山のっていましたので、少し紹介を…。

「毎回新しい目が開かれ好奇心がうまれ、気がつけば伊豆大島の自然や文化や火山や地球そのものの見え方がまるっきり変わっている自分に気づきました。
大島を、地球を愛するココロを、ガイドを通して表現できることは幸せなこと。
自然にLOVEが伝染していくようなガイドを目指したいです」

「3年ちょっと、月いちにど山で伊豆大島を語ってきました。そして4ヶ月以上もの今回の講座。ジオパークって地球の上での人の暮らしのすべてを含むから、これまでしてきたことでやりきれてないこと、やりたいことここに込められる気がしてます。
で、わかりやすくないとね。楽しかった、と言ってもらうと嬉しい。勉強になった、といわれると言いたい部分が届いたろうか話したことのどこかすこしでものこるんだろうか?と。考え方が変わった、と言ってもらったのが嬉しかった。人の考えを変えようとして大島やジオを語ってはいないけどだから逆に嬉しい」

「昨日、町役場にてジオガイド認定式が行われ、晴れて伊豆大島ジオパーク認定ガイドになりました。伊豆大島のダイナミックでかつ味わい深い大自然をフィールドに地球を丸ごと味わう体験を共有するアースナビゲーターとしてこれから精進して参りたいと思いを新たにしました。
私たちはこの素晴らしい地球という星に生き生かされていることに心から自信と信頼を抱いて、愛と感謝と調和の心持ちで日々を過ごしていきたいものです。
このような光栄なお役目いただきましたこと、さらに褌の紐を締めなおして、明るく楽しく元気よくいきま〜す♪( ´θ`)ノ」

地球にワクワクできる仲間が増えて、本当〜に嬉しいです!

(カナ)

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球惑星科学連合大会「ジオパークへ行こう!」報告その1

2016年05月24日 | 火山・ジオパーク
一昨日のブログで簡単に報告しましたが、地球惑星科学連合大会のジオパークセッション「ジオパークへ行こう!」では、6つのジオパークの事務局やガイドの方から「どんなものが見られてどんな体験ができるのか?」の紹介がありました。

昨年までは各ジオパークの紹介だけだったのですが、今年はさらにそれにコメンテーターが意見を言う…という新企画でした。

前半のコメンテーターは、渡辺真人氏(産業総合研究所・元JGC事務局・APGN諮問委員)、目代邦康氏(元JGC委員=第四紀学会選出・JGC事務局)、柚洞一央氏(徳山大学経済学部・Mine秋吉台ジオパーク推進協議会委員・元室戸ジオパーク専門員)、福島大輔氏(NPO桜島ミュージアム理事長)と、素人代表としての私。

最初のプレゼンは…

室戸GPの白井孝明氏。

出てきた写真は…

ブリチャリ!(^▽^)

室戸流美味しいブリの採り方に必要なものは…

おお…昨年大感動したポンカンの作り方のブリ版!

昨年のポンカンの作り方の絵はオレンジでしたが、ブリの作り方の絵は海の色・青で描かれていました。


地震で地上に現れる室戸の大地の、海の中の形も興味深かったです。

室戸岬の東側は、垂直の崖なんですね…。

そしてプレゼン終了後の私の質問は…「ポンカンはレシピ付きで売っていたら買いたいと思いましたが、ブリはどうやって買えばよいのでしょう?」

「え…(しばし絶句の白井氏)ええと…(かなり困って)…僕が買って送ります」

「え?イヤイヤそんな…」←今度は私が慌てました〜(笑)
スミマセン、変な質問して…(^_^;

2回目のプレゼンは…

アポイ岳ジオパークの加藤聡美氏。

最初は地形の説明からでした。

崖が凹んでいる場所は、大きな神様が座ったのでお尻の跡がついたと言われているそう…ここで私はまたまた疑問に取り憑かれました。
「なぜ、凹んでいるのだろう?昔、何があったんだろう??」

さらにマグマが冷えて固まった「ひん岩」という岩があると聞き、私の頭の中には貧相な岩(なんじゃそりゃ?(^_^;)の姿がグルグル。
 
アポイ岳は地下深くの「カンラン岩」という岩が、プレートの衝突で地上に出てきた貴重な場所ですが、なぜ他にもプレートがぶつかる場所は沢山あるのにアポイだけ地中深くの岩が地上に出てきたのかもわからなくなり、頭の中は「?」だらけに…

またまた質問しまくって、発表者を困らせてしまいました(^_^;(短時間の質疑応答で疑問をスッキリ解消するのは無理なので、6月にアポイに行って疑問を解いて来たいと思います)

3回目のプレゼンは、ゆざわジオパークの…

山崎由美子氏。

「ゆざわに移り住んで雪の深さに驚いた」というご自身の感想から、雪国の景色の紹介があり…

「何で豪雪地帯に人が住んだのか?」という投げかけから『見えない火山』の存在へ、そしてその火山が銀を作り、一大産業となったことなどを教えてくれます。

活火山はないけれど、昔の大きな火山があり、今も地下には多量のマグマが残っているそう…

(赤が火山由来の岩だそうです。)

そのおかげで、お湯の滝\(◎o◎)/!や…


地熱を利用した食べ物や…


地熱発電も行われているそうです。

「!」と思うことがいっぱいでした。

でも、ここでシンプルな疑問が…

噴火していないとマグマって冷えて固まってしまうんじゃないでしょうか?
いつまでも熱源として使い続けられるものなんでしょうか?

質問への回答は「大きなマグマの固まりは、冷えるのに数10万年かかると言われている」というものでした。

「へ〜!」←以前聞いたはずなのに、忘れてしまうので何度でも驚ける(^_^;

伊豆大島の30年前の噴火では元町の地下にマグマが入り、地下水が60度の温泉になりましたが、今は40度ぐらいに冷えて来ているようなのです。

それが大きなマグマ溜まりは数10万年もの間、ずっと熱いなんて…
「火山って多様だなぁ、大きいなぁ〜\(◎o◎)/!」とあらためて思いました。

さて前半のプレゼン報告はこのぐらいにして…続きは、明後日を乞うご期待。

話は全く変わりますが、大会で集まった機会を利用して、全国GPのガイド有志で、今年の10月10〜12日に伊豆半島GPで行われる全国大会のガイド分科会について話しあいました。

話し合いの結果、今年は以下の3つの分科会を実施する予定となりました。
1.ガイドスキルを上げるための情報交換会
2.ガイドの養成と組織のマネジメント
3.ビジネスを実践するための観光マネジメント

それぞれ担当も決まり、準備の進行状況をお知らせするfacebookページも立ち上がりました。
https://www.facebook.com/gp.guide.meeting2016/?notif_t=page_fan%3C!--%3Crdf:RDF%20xmlns:rdf=
全国大会に向けて皆で情報を共有しながら、ガイド分科会を作っていくことになっています。

応援していただける方は「いいね」をお願いします〜。

(カナ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コサメビタキ

2016年05月23日 | 
昨日北海道に行ってきたので何回かに分けて出会った生き物をご紹介したいと思います。
北海道での滞在時間は7時間ほどだったのでたいした数ではありませんがお付き合いください。

第1弾はタイトル通りのコサメビタキです。
頭上から聴き慣れないさえずりが聴こえてくるので懸命に枝葉を透かして見上げてやっと見つけました。

小さい体に見合った控え目な声量ですがとても美しいさえずりです。
小鳥ってどうしてこんなに上手に歌えるんでしょうか。





同じような写真だな・・・(汗)
でもコサメビタキのかわいさと健気さは充分に伝わると思います。

                                         がんま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加