いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ほんすじ

2016-10-13 00:35:20 | Weblog
ほんすじ
さつたば
てのひらがえし
しっそけんやく
せいひんびとく
いじょうに
ひじょう
でふれにいんふれ
しくみそこそこ
まじっく
きんり
まいなすぷらす
しらぬがほっとけ
けいざいがくしゃ
そこそこきじくつうか
てんかとり
てんかわけめ
ゆうろけん
ぐろうばるばる
せんとうばしゃ
にんじんぶらさげ
おさげのおとめ
そこそこびけい
いいことばかりは
なしのすけ
わけあり
どくいりりんご
ねむりににつかば
ちゅん
ちゅん
ちゅん
あおいとり
ころもぬぎすて
かあかあかあ
きゅうかんいっしょう
ちゅん
ちゅん
ちゅん
おおぞらはばたき
みかえりとうげ
ここよりさきは
とおりゃんせ
とおりゃんせ
かごのなかのごえもんもん
ゆくあてなくば
かあ
かあ
かあ










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんとかなるさ もんじゅのちえ | トップ | うらおもて »

あわせて読む