いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

われ

2013-12-31 17:25:17 | Weblog
われ
かなしみて
さけをのむ
いかりにみちて
さけをのむ
ゆえ
よいて
てん
てん
てん
としのせに
じかん
ゆういぎ
あしたから
かわれば
うんめい
ときのうん
われ
かんせず
さけのみて
ちえ
かいてんうんどう
どうどう
しょうぶ
いかり
そろそろ
てんてんてんの
いただき
もはや
くだるのみしらみ
はんえいの
さいご
ちょうらくは
えんりゃくじ
くそぼうず
ちえあらば
みらい
がんじすがわで
みずあそび
しんこきゅう
われ
ここにあり
おおみそか
あすから
なにか
さしすせそ
さししせそ























この記事をはてなブックマークに追加