いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

ひがな

2009-04-30 18:02:34 | Weblog
ひがな
のうみそ
くるしみはじめ
じっせんてき
きょうふ
びょうま
めまぐるしく
されど
あのよ
まだ
まだ
さきのさき
もうすこし
わすか
ひゃくねん
もてば
よしおくん
ひがな
のんびり
のんびり
やせいのさけび
あほくさ
どさくさ
しんりょくまぶしくあらば
はな
らんまん
きりのむらさき
ふじのむらさき
あいりすのむらさき
あおきはな
ぶるうのばら
ぬけるような
はなしょうぶのような
あおい
とり
ひがな
うんめいじかんまかせ
なんとか
なんとか
さくらのはなまで
さくらのはなまで
やばいそ
やばそう
なんとか
なんとか
ふゆげしき
ふゆげしき
てん
てん
てん

この記事をはてなブックマークに追加