いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

2007-01-31 02:55:25 | Weblog

いまはない

いまはなにもない
だから


むだのくりかえし
だから






そうだろう





かは
かのうか

かのうか







かのうか
ふかのうか



ふくみ
ふくみわらい
いらっしゃい


という
しょうけいもじ
わらう
かをに
にている
ひらがなには
しょうじょうがある



そうで
なく

むずかしいかお
むむ

おぬし
なかなかやるな


なにもない





むずかしいかお



のむこうい
のみこうい
さいげんのない

さむい





むはなにもない
なにもない

むはなにもない
むはなにもない
たあしかに
なにもない
まにもない


この記事をはてなブックマークに追加