銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

2012年02月21日 21時22分23秒 | 洋画アクション
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開
監督:ルパート・ワイアット

出演:
ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン
過去出演作:『127時間』
フリーダ・ピント…キャロライン
過去出演作:『スラムドッグ$ミリオネア』
ジョン・リスゴー…チャールズ・ロッドマン
ブライアン・コックス…ジョン・ランドン
過去出演作:『RED/レッド』
トム・フェルトン…ドッジ
過去出演作:『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
アンディ・サーキス…シーザー
過去出演作:『アレックス・ライダー』
<ストーリー>
アルツハイマー病治療の新薬がきっかけで高度な知能を持った1匹のチンパンジーが人類に反旗を翻し、壮絶な戦いを開始する。
<感想>
圧倒!

圧巻!!

興奮!!!

恐るべしハリウッド映画の技術力!!!!

最早VFXの領域越えちゃっているよね。
シーザーが3歳になった時に、トイレから出てきて家の中を右往左往に飛び回るシーンがあるんだけれど、もうそこで一気に目が点になったというか、驚きを隠せなかったです。
まるで本物の猿がそこに居るみたいなんやもん。

そんな精巧なVFX猿たちが主役とあれば、無条件で作品に没頭しちゃうのは当然の事。

最初から最後までもうただ、ただ驚愕するばかり。
完成度高過ぎだわ。

歴史的名作68年製作の『猿の惑星』とリンクするようなシーンもチラホラとあり、旧シリーズを観ている者としてはにやっとさせられる辺りもGood!
スタッフサイドの遊び心に感服。

シーザーが初めて人間の言葉を発した場面。
あそこは思わぬ展開でゾクッとなった。

クララが立った!

じゃないけれど

シーザーが喋りよった!!

と誰もがビックリする瞬間でしょう。

猿は元々知能が良い動物とは言われているけれど、更に進化させちゃって、且つ怒らせちゃったりしたら手も足も出せなくなるのは御もっとも。
そりゃあ人間も恐れをなしてひれ伏すわ。
終盤の類人猿大戦争を観ればそれも大いに納得。

圧勝過ぎて、猿怖い。

エンドロール中の映像を観た感じじゃ人類滅亡も時間の問題だな。
ウィルス、パンデミック!!

いやぁ久しぶりに驚きのVFX映像を楽しませて頂きました。
これはもう一回観たい!!

飼育係ドッジ役のドラコことトム・フェルトン。
憎たらしい男演じさせたらピカイチですな(笑)。

今作の美女図鑑

獣医のキャロライン役フリーダ・ピントさん。
笑顔が可愛らしいインド美人。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:
『猿の惑星(1974)』(TVシリーズ)
『猿の惑星(1968)』(旧映画シリーズ)
『続・猿の惑星(1970)』(旧映画シリーズ)
『新・猿の惑星(1971)』(旧映画シリーズ)
『猿の惑星・征服(1972)』(旧映画シリーズ)
『最後の猿の惑星(1973)』(旧映画シリーズ)
『PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001)』
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)』(第1作)
『猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)』(第2作)

評価:★★★★★
12/02/21DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-02-22
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファイナルファンタジーVI... | トップ | ホステル3 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は (morkohsonimap )
2012-02-21 22:23:43
猿の動きは本当に衝撃的でしたね
チャールトン・ヘストンが
砂に埋もれた自由の女神を見たくらいなショックでしょうか(笑
Unknown (KLY)
2012-02-22 01:37:30
実はまあ細かく言うと突っ込みどころもあるんですが、余りの技術力とアンディー・サーキスの演技力に見入ってしまって気になりませんでした。
これは続きが見たくなる作品です^^
おっ★5つ! (ちゃぴちゃぴ)
2012-02-22 02:00:23
この映画,意外と観やすい長さの106分なんだよね。
でも、すごく濃くかんじた。
シーザーの表情の細かさにびっくりした。すごいよね、この技術!ほんでもって、中の人(アンディ・サーキス)に、アカデミー賞あげて欲しい。
J.フランコ目当てで観にいったんですが、猿ばっかみてました。

>クララが立った!
↑思いっきりツボで、爆笑しちゃった。

私も、特典がこういう映画は楽しみだし、これはもう一回観たいなーって思って、買っちゃった。(しばらく待てば,amazonはバカ安になるのに。いい加減未見映画ため込んでるから買うのはやめようって思うんだけどねぇ。収集癖があるんだろうね)
ホステル3も借りてしまいました….いまいち設定がおもろなさそうなんだけどね。
不気味レベル (メビウス)
2012-02-22 11:34:32
ヒロ之さんこんにちは♪TB&コメント有難うございました♪

最近のハリウッド映画のCGの凄さなどは『トランスフォーマー』などでも堪能する事が出来ますけども、本作は『本物』と比較する意味で自分もかなり驚愕してしまいましたねぇ。
デジタルモンキーがあれだけ緻密だと『本当はどこかに本物が混じってるのでは?』と疑いたくもなっちゃいますし(笑)、動きも全く違和感無いので逆に不気味に見えちゃうほどっ^^;映像技術の進歩には映画を鑑賞して毎年びっくりしてますが、この作品もある意味映像改革の一役を担った感じがしますね。

それにストーリーの方もオチをオリジナルにピタリとシンクロさせた風じゃなく、この後人類は・・・と不気味な破滅の前兆をにおわせる〆方にして、初見の方にもとっつきやすくしてるのがまた良かったですね♪
こんにちは♪ (yukarin)
2012-02-22 15:05:20
お~満点!
ハリウッド映画の技術力は素晴らしいですね。
シーザーの表情は豊かだし違和感ないし。
人間よりもシーザーに感情移入してしまいます。
まさかここでクララの名前が出てくるとは(笑)
だいぶ (sakurai)
2012-02-22 17:21:49
お気に召されたようですね!
あれはもはや猿ではない・・と思いましたわ。
ストーリーにはいろいろといいたいところもあるのですが、そんな細かいところは気にせず造形を楽しむのがいいかもですね。
前の作品を尊敬しつつ、そこにとらわれすぎないで作ったのが成功の要因だったと思います。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-02-22 23:22:55
こんばんは^^

ここまで猿をリアルに描ききれるものなのかと、本当に驚きました。
猿の惑星が実は地球だった!!
と同じ位の衝撃ですね。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-02-22 23:37:24
さっき2回目観たんですが、シーザーってズボンはいているじゃないですか。
ウンチとかどうしているんだろうってふと思いました。

でもやっぱり面白かったです。
VFXが素晴らし過ぎます!!
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2012-02-22 23:47:31
尺の長さも丁度良いですが、テンポが良い為か、余り上映時間気にせず観れました。
それ位、ストーリーがとても良かったです。
それ以上にやっぱりVFXの猿でしょうね。
ハリウッドの技術は凄いな!って驚きを常に抱きながら観てましたよ。
モーション・キャプチャーの技術と完璧に融合していましたよね。
私も、猿の動き・表情ばかりを目で追ってましたよ。

シーザーが喋った瞬間はクララが立った時の衝撃と同じ位の驚きを齎してくれましたよ!!

これは何度も観たくなります。
ちゃぴさんが購入したくなる気持ちも凄く解りますもん。

ホステル3は・・・うん、設定が悪過ぎました^^;
後、グロさも薄いです。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2012-02-22 23:55:11
こんばんは^^
コメント&TB有難うございます。

ハリウッドのVFX技術は飛び抜けていますけれど、仰る様に本物と見間違う化の様なリアルさには驚愕ですよね。

2回目観ていた時、冒頭の猿が捕獲されるシーンで、母が「これは本物やろ」って言ってましたけれど、そう思わせる所が流石というか、やっぱり凄いな!ってつくづく思いましたよ。

リアル且つ、本物に近い動きを示してくれた、アンディ・サーキスの演技力にはただただ脱帽するばかりです。

旧シリーズ、特に第1作を観ていなくても、この後人類はどうなってしまうのかを観る側にきちんと解らせるオチは本当に良かったです。
ストーリーにも難癖付ける所が全くないです。

>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-02-23 00:00:14
こんばんは!
私的にはこの作品には駄目な箇所が一つもないです。
もう完璧ですね。
VFXにしろ、ストーリーにしろ、オチにしろ。
観ている間、「驚き」の2文字ばかりが頭の中でループしていました。
シーザーが類人猿のボスとなり反旗を掲げる辺りにはゾクゾクっとなりました。

ハハハ。
クララが立った時は本当に驚いたんですよ。
あれ位この作品には「驚き」がありました!!
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-02-23 00:04:42
こんばんは!
コメント有難うございます。

大変満足致しました。
ほんと、あれはもう猿ではないですね。
人間に近い新人類って感じでしょうか。
全て作りものだと解っているのに、観ている間はそれはもう完全に頭から離れていました。
あたかも目の前に喋る進化した類人猿シーザーが居るかのような錯覚。
もう素晴らしいの一言です。

下手に旧シリーズに結び付けようとしない物語の作り方に上手さを感じました。
Unknown (ふじき78)
2012-02-23 00:12:56
> 下手に旧シリーズに結び付けようとしない物語の作り方に上手さを感じました。

じゃあ、次は『プレデターVS猿の惑星』で。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-02-23 00:29:09
こんばんは^^

ええ!?
プレデターと喋る猿が戦う話ですか!!

なんともまぁ凄い内容になりそう^^;
でも、なんかそれ観てみたいです(笑)。
今晩は☆★ (mezzotint)
2012-02-25 18:06:10
またまたコメントのお返しが遅くなり・・・。
すみません(汗)
いやあ良く出来ていましたね。
ヒロ之さん、かなりお気入りで良かったです。
まあパフォーマンスキャプチャーなる手法は
何と凄いものかと感心しました。
ドラコの彼もぴったり悪役がハマっており、、、。これからの彼も楽しみでした。
こんにちは! (maki)
2012-02-26 10:51:04
素晴らしい作品でした
アンディ・サーキスさんの役作りにはほんと感嘆します
シーザーの表情仕草のひとつひとつが本当にサルそのもの!また、知性をもきちんと感じさせられてしまうその表情にひきこまれる~

保護施設で自分の部屋の窓を作って顔を寄せるシーンは心が痛くなりました

人間でもペットでもない、自分はなんなのか。自我の目覚めやアイデンティティを認識することにより蜂起した彼ら。ゴリラが非常に男前でした…
>mezzotintさんへ (ヒロ之)
2012-02-26 13:37:40
こんにちは~^^

コメント有難うございます♪
凄く気に入りました。
本物と見間違うかのような猿たちの表情・動きにはただただ驚かされるばかりでした。
こんなにもCGに感動したのは久しぶりであります。

ドラコの彼は相変わらずの憎まれ君(笑)。
今後もこの路線で頑張って欲しいものです。
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-02-26 13:55:29
こんにちは!!

モーション・キャプチャーで猿を演じたアンディ・サーキスさんの演技が作品を盛り上げていましたね。
こういう人にこそ、何らかの賞をあげて欲しいものです。

圧倒されるCGで興奮も最高潮でしたが、物語も分かり易く、且つ人類滅亡を示唆するラストも余韻を残す意味では良い感じになっていて、作品としても素晴らしいものを感じました。

ゴリラ・・・なんかヘリに突進する姿がカッコ良かったですね!
Unknown (ryoko)
2012-02-27 23:24:20
ヒロ之さん、こんばんは。
TBありがとうございました。

>クララが立った!
私も爆笑しました。
ヒロ之さんの驚き具合が良くわかる表現ですね
>ryokoさんへ (ヒロ之)
2012-02-29 21:58:20
こんばんは~
コメント&TB有難うございます!!

笑って頂けて有難う御座います^^
真面目な話、あのシーンはクララを例えで出したくなるほどビックリしたんですよ。
凄いタイミングで喋ったなぁって。
かなりゾクゾクッてなりました。
こんばんは (mac_kun)
2012-03-13 01:28:51
いつもTBありがとうございます。

ほんとすごい作品でした。
ハリウッドのCGはいったいどこまでいくのでしょう?
不可能はなくなっちゃうのかな?

シーザーが話すシーンはほんと衝撃的でしたね。

これからもよろしくお願いします。
>mac_kunさんへ (ヒロ之)
2012-03-13 02:03:56
今晩は^^

こちらこそ何時もTB有難うございます。

圧倒されちゃうCGでしたね。
もう何処まで本物か解らなくなっちゃいました。
それ位、CGの猿が本物みたく動き回る姿に感動しっ放しでしたよ。

シーザーが喋った瞬間は鳥肌立ちましたねぇ。
思わず「おおぉ!!」と驚きを隠せませんでした。

こちらこそこれからも宜しくお願い致します。
コメント有難うございました。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2013-01-19 01:54:32
正直言いまして、もっとつまらない作品かと思ってましたが
予想よりは遥かに面白い作品でした。
ただ、個人的にはもっと派手なスペクタクルな映像が観たかったですね~全体的にちょっと地味な印象が強いです。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2013-01-20 01:21:39
こんばんは!
コメント有難うございます。

不安も多少ありましたが、かなり自分的には見ごたえがありました。
CGとは思わせないサルにわたしは感動しちゃったんですよねぇ。
なんかスゲェとばかり頭の中で連呼していましたよ(笑)。
もうそれだけかなり満足しちゃってます。

あわせて読む

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (538ねん。)
今見てきたばかりで、かなり興奮してます 106分たるむことなく、一気に見ることができました こんな面白い作品とは思ってもいなかった ヒットしてますよねぇ80%の客の入り 客層も様々って時間的にお子様はいませんでしたが 広い観客層を集めているようです 40年....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (538ねん。)
今見てきたばかりで、かなり興奮してます 106分たるむことなく、一気に見ることができました こんな面白い作品とは思ってもいなかった ヒットしてますよねぇ80%の客の入り 客層も様々って時間的にお子様はいませんでしたが 広い観客層を集めているようです 40年....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (佐藤秀の徒然幻視録)
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)/ジェームズ・フランコ (カノンな日々)
大好きなSF映画の金字塔である名作『猿の惑星』シリーズ。第一作を最初に見たのはたしか幼少の頃です。でもあの衝撃的なラストのちゃんとした意味がわかったのはもっと後のことで ...
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
2011年9月24日 『猿の惑星 ~創世記~』 ディフア有明 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、プロレスを開催する場所のディファ有明で『猿の惑星 ~創世記~』 を試写会で鑑賞です。 パイプ椅子だったせいで、尻や足が疲れて痛い 【ストーリー】  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自...
『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-68.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もはや今年のベスト入り決定!
映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆「猿の惑星:創世記(ジェネシ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (to Heart)
これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/....
猿の惑星:創世記 ジェネシス  監督/ルパート・ワイアット (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームス・フランコ  フリーダ・ピント  アンディ・サーキス 【ストーリー】 アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊...
映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1 (新・辛口映画館)
 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。     【送料無料】猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組 ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイ...価格:3,100円(税込、送料別)   映画の話  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (晴れたらいいね~)
猿の惑星は、何本かをTVのロードショーで観ています。う~ん、ごっちゃごっちゃになってると思う。今、公開中のこの猿の惑星は、ep.0にはなるけれど、新シリーズとしての位置づけで ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Memoirs_of_dai)
猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.3P) 【感想】 自...
映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な....
劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」 (日々“是”精進! ver.A)
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06 (...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿たちにエール!!!  
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ルパート・ワイアット 【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス 【公開日】2011/10.7 【製作】ア...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (キノ2)
★ネタバレ注意★  映画冒頭、ジャングルを逃げ惑うチンパンジーのシーンから、瞬時に猿に感情移入してしまって以降完璧猿目線、観てる間中ずっーと胸が痛くてたまりませんでした。  猿が、熱い(>_<)。  『猿の惑星』と言えばもはや古典と言える映画かと思い...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  あの衝撃的な「自由の女神像」のラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚をひもといた話題作である。43年前に『猿の惑星』が上映されたときは、本物そっくりの猿のメーキャップに驚いたものだ。  ところが本作では特殊メークは使わず、モーション・...
分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (水曜日のシネマ日記)
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。
猿の惑星 ~創世記ジェネシス~ (本と映画、ときどき日常)
監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームス・フランコ     アンディ・サーキス     フリーダ・ピントー あの衝撃から40数年。 俺が観たのは30年ほど前だけど、あのラストにはホント衝撃受けました。 何故、地球は猿の惑星と化したのか! あの感動を....
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...
猿の惑星 創世記 (迷宮映画館)
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている。...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
映画『猿の惑星:創世記』 (闘争と逃走の道程)
 映画史に残る傑作SF『猿の惑星』シリーズ。そのサーガの起源となる物語。 Rise of the Planet of the ApesPatrick Doyle Varese Sarabande 2011-08-16売り上げランキング : 6318Amazonで詳しく見る by G-T...
猿の惑星 : 創世記(ジェネシス)・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1968年に作られた、タイムパラドックスSFの金字塔「猿の惑星」のユニークなビギニング。 オリジナルで、チャールトン・ヘストン演じる主人公のテイラーが、砂に埋れた自由の女神を目撃する瞬間は、おそらく映...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 ('11初鑑賞134・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (勝手に映画評)
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ...
『猿の惑星 創世記』を109シネマズ木場1で観てウホウホ歓喜ふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 (銅版画制作の日々)
 これは人類への警鐘! 評価:&rarr;90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
4つ☆半。5つ☆あげても良いくらい私は楽しめました。
「猿の惑星:創世記」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
サルに人類の存在が脅かされる壮大な話かと思ったら、思ったより小じんまりした、ひとつの町の中の話だった。 まだまだ、ジェネシス、創世記だからね。本番はこれからよ。 でも、人類とサルが存在を賭けて対決するのかと思ったら、人類が滅亡するのはサルのせいじゃない....
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚 (SOARのパストラーレ♪)
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (そーれりぽーと)
猿に支配された世界が出来るまでの創世記、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観てきました。 ★★★★ キチッと枠にはめて説明が付かないとイラッとなされるハリウッド、旧シリーズで残った「卵が先か鶏が先か」的なジレンマは無かった事にして、創世の物語(旧シリ...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」進化を過信した先にみたチンパンジーの驚く知能と身体能力 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」はアルツハイマーの研究をしていた研究者がチンパンジーを使って実験をおこなっていた。その過程でチンパンジーにアルツハイマーの新薬を発見 ...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (或る日の出来事)
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (ラムの大通り)
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバート...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし!
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Diarydiary! )
《猿の惑星:創世記(ジェネシス)》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - RI
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (メルブロ)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)(原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES) 382本目 2011-42 上映時間 1時間46分 監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームズ・フランコ(ウィル・ロッドマン)  ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんても...
猿の惑星:創世記 ジェネシス (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「セヴァンの地球のなおし方」を見た後に本作を鑑賞。 環境問題のドキュメンタリーを見た後でこの映画の鑑賞は、ちょっときつかったです。 子供の頃見た1968年制作チャールトン・へストン主演の「猿の惑星」。 ここはどこなんだろう?と思っていた「惑星」が実は地...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ(『グリーン・ホーネット』『食べて、祈って、恋をして』)フリーダ・ピント(『スラ ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C note)
SF映画の金字塔『猿の惑星』シリーズのビギニングとも言える作品。 そもそもなぜお
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (とりあえず、コメントです)
名作“猿の惑星”シリーズの前段階を描いたSFです。 猿の惑星はシリーズ第1作目しか観ていなかったので、どんな物語になるのか楽しみにしていました。 どうして地球が猿の惑星になってしまったのかについては微妙に消化不良でしたけど、 チンパンジーのシーザーの心の変化...
猿の惑星 創世記ージェネシスー (Sato\'s Collection)
見ました。 現代のサンフランシスコ。 製薬会社に勤める科学者ウィル(ジェームズ・フランコ)は新薬開発を進め、チンパンジーによる動物実験を行う。そんな中一匹の猿が素晴らしい知能を発揮するが殺害されてしまう。 しかしその猿は妊娠していた。。。 出演はジェー...
猿の惑星:創世記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アルツハイマー型認知症の治療薬の発見が人間の未来を変えることになる。画期的な発見のはずだった。患者に投与すれば、認知症が改善され昔の健康な頃に戻ることができる。すべてがうまくいくはずだったのに・・・これは人間の奢りに対する天罰なのだろうか。。。身体の中...
猿の惑星:創世記 (我が頭に巣くう映画達)
37点 2011年のアメリカ映画で、 監督はルパート・ワイアット、主演はジェームズ・フランコです。 ジェームズ・フランコは「スパイダーマン」シリーズで主人公の友人役をしている人ですね。 アルツハイ...
『猿の惑星 創世記ジェネシス』猿の森 (@KOBAのムービー!ムービー! )
『猿の惑星 創世記ジェネシス』RISE OF THE PLANET OF THE APES(2011年アメリカ) 監督          ルパート・ワイアット 脚本          リック・ジャッファ              アマンダ・シルヴァー 出演          ...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:105分  原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES  配給:20世紀フォックス  監督:ルパート・ワイアット  主演:ジェームズ・フランコ      フリー...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (のほほん便り)
人気SFシリーズの第1作「猿の惑星」(1968)のプリクエル(前章)なのだそう。 新薬を用いて、驚異的に知能が発達した猿。でも、親猿は犠牲になったことから、その子を、シーザーと名付け、科学者・ウィルが、ペットとして飼い始めて5年目。 服を着て、すっかり人...