銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

127時間

2012年01月06日 23時08分19秒 | 洋画ドラマ
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開
監督:ダニー・ボイル
過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』
製作:ダニー・ボイル
原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』
脚本:ダニー・ボイル

出演:
◆ジェームズ・フランコ…アーロン・ラルストン
過去出演作:『グリーン・ホーネット』
◆アンバー・タンブリン…ミーガン
過去出演作:『パニック・エレベーター』
◆ケイト・マーラ…クリスティ
過去出演作:『アイアンマン2』
◆リジー・キャプラン…ソニア
過去出演作:『クローバーフィールド/HAKAISHA』
◆クレマンス・ポエジー…ラナ
過去出演作:『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
◆ケイト・バートン…アーロンの母
過去出演作:『マックス・ペイン』
◆トリート・ウィリアムズ…アーロンの父
<ストーリー>
ロッククライミングを楽しむためにひとりで谷へと向かった青年・アーロンは、ある時落石に巻き込まれて右腕を岩に挟まれてしまい…。
<感想>
実話を基にした作品だけにリアルな感じが素晴らしく良かった。

岩に手を挟まれた青年を単に映すだけで終わらず、死をも覚悟した彼の心情を、過去の思い出と幻想で上手く表現していて、引き込ませるものがありました。

オープニングの群衆の画は孤独との対比。
自由奔放に生きるアーロンの姿は、手を挟まれてからの絶望との対比。
序盤にある洞窟内での水遊びは、後の喉の渇きとの対比。

前半で見せるこれらの描写は、事故後からアーロンがある決断を下すシーンまでの流れの中に対比表現として結び付きを齎していて、いかに今ある現状が悲惨なものかを知らしめてくれると当時に、観る側にも苦痛を感じさせてくれる。

タイトルが出た時、すなわちアーロンが手を石に挟まれた時のジェームズ・フランコのどん底に落ちた様な表情が印象的だったなぁ。
これから起きる過酷な現状を象徴しているかのようで。

水が人間にとっていかに大切なものかを間接的に表現した小型カメラ等の演出方法も面白い試みに感じました。

このまま誰にも発見されないまま死んでしまうのか。
それとも生きて帰れる術はあるのか。

自分の事しか考えず楽観的に生きてきた日頃の行いを反省し、心から後悔するアーロンだったが、しかしそれが生きるんだ!生きてここから出るんだ!という執念に繋がる糧となり、最終的に下す決断への足がかりとなるのです。

苦痛の中で抱いた夢を現実にしてみせる

絶望の底から這い出てきた青年が太陽光を体全体で浴びた時の雄叫びに!
乾ききった喉を潤すかのように濁り水を大量に流し込む姿に!
ふらふらと歩む先に旅行者を発見し助けを求めて安堵感を見せる表情に!

美しきメロディーが奏でられるこの救出シーンは、本当に心から感動しました。

生還後、彼は子を持つという夢を実現させた訳ですが、友人に、家族に、愛する人に温かく見守られる中で見せた笑顔は素敵でしたねぇ。
「生きている事は素晴らしい」
という彼の想いが伝わって来た瞬間で、再び感動を味わいました。

本作を2011年のベスト10内に入れているブロガーさんが多くいましたが、それも頷ける素晴らしい作品でした。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★☆
12/01/06DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-01-07
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゾンビ処刑人 | トップ | フィアー・イットセルフ :コ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2012-01-07 01:04:50
続編は同じ環境で『猿の惑星・創世記』のシーザーが腕を挟まれます。
Unknown (KLY)
2012-01-07 01:59:06
もうね、素晴らしすぎるんです、フランコくんの演技が。
だから痛いのなんのって。ヒロ之さんて骨折したことありますか?私はあるんですが、思い出すだけで気分悪くなっちゃうぐらいなんですね。これ観てそれを思い出しましたもん。そのぐらい凄まじい演技でした。^^;
Unknown (にいな)
2012-01-07 11:38:20
これは去年2月にカタール航空機内で見たけど、ラストは人目もはばからず号泣やった・・・

日本も自殺者が年間三万人とか言うけど、自殺するほうがアーロンの行動より何倍も楽だもんね。
やっぱり死ぬより生きるほうが過酷。だからこそ生きることは崇高で素晴らしい。これが事実という圧倒的な説得力で感動しっぱなしだったよ。
骨折・・ (sakurai)
2012-01-07 14:02:33
痛かったです・・骨折。去年やりました。
見せ方、映像が秀逸でしたね。
本は、もっと冷静に第三者的にサバイバルを描いてるそうで、いずれ読んで見たいと思ってます。
信じれないぐらい (KGR)
2012-01-07 14:55:38
ブログには書きましたが、ベサニー・ハミルトン(やっと「ソウルサーファー」やりますね)も、凍傷で足を失った人も事故の原因は外的要因ですけど、アーロンは自分からですからもっとすごい。

あのキィーンとかいう効果音が刺さりました。

>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-01-07 20:08:20
そうそう!
フランコってば『猿の惑星』に出ていましたね。
2月ごろレンタル開始でしたっけ?
あれも結構評判良いので楽しみです。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-01-07 20:20:31
フランコの演技は素晴らしく感じました。
彼の熱演がストーリーを素晴らしいモノに作り変えていました。

私は骨折はした事ないですねぇ。
そんなに思い出すだけでも恐ろしいのですか!?
でもフランコの演技を観て、自分の骨折と重なり合うのですから、相当な迫真演技だったって事ですよね。
やるなぁフランコ。
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2012-01-07 20:25:39
姐さん、これ航空機内上映で見たんや~。

うんうん、終盤は泣けたよ~

姐さんの仰る通りで、生きる事は死ぬ事よりも何倍も辛いんだよね。
でも苦労して生きてこそ、幸せだと感じる瞬間もあるのであって、それを改めて実感させてくれたのが本作でした。

ホント、真実の話だけに説得力あるよ
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-01-07 20:36:08
骨折体験済みなんですね。
想像しただけでも痛そうです^^;

シンプルな話なのに、グイグイ引き込まれのはやっぱり見せ方とか脚本とかに工夫があったからでしょう。

原作本とかは機会があれば是非読んでみたいものです。
>KGRさんへ (ヒロ之)
2012-01-07 20:39:44
コメント有難うございます。

勝手に引き千切れたのではなく、自分から生きる為に切断した!というのが凄いですよね。
決断するそこまでに色々葛藤があったとは思いますが、執念が最終的に後押ししたのでしょう。

あの効果音は私もちょっとゾクッてなりました^^;
ヒロ之さん☆★ (mezzotint)
2012-01-07 22:52:38
今晩は☆彡

実際のお話ですから、本当に凄いですよね。
ア―ロンはドキュメントにしたかったそうですが、、、。ボイル監督は役者を起用して撮りたいという気持ちが強かったそうです。
その気持ちにOKしたそうです。
そのかいあってこんなに素晴らしい作品に
仕上がったんですね。
監督はア―ロンの原作本を大事していたらしく、ア―ロンもボイル監督の思いに絆された
でしょうね。まさにフランコ君&ボイル監督の
コラボ作は見事に成功ですね。
ご覧になられて良かったです!
>mezzotintさんへ (ヒロ之)
2012-01-07 23:26:04
こんばんは^^

リアルな演技とリアルな内容に圧倒され、最後は感動させられました。

へぇアーロンご本人はドキュメント映画にしたかったのですか。
ドキュメントだと観る人を選びますからねぇ。
ボイル監督の気持ちに応えて正解だったかもしれませんね。

ボイル監督の素晴らしい演出とフランコくんの素晴らしい演技が見事にかみ合った作品でした。
多くの方が2011年のBESTに入れていた作品を無事観る事が出来て良かったです。
そして期待以上の出来に大満足です。
カラカラ (Puff)
2012-01-08 12:16:17
こんにちは~☆

フランコくんの演技が冴える映画でしたねぇぇ!
それから映像も素晴らしかったでした。
水を欲する気持ちを様々な映像で見せてくれましたね。
観ていて自分も咽がカラカラになってしまいましたヨ。

うん、私もその年のマイベストに入れましたッス。

この映画を観るたら、
人けの無い観光地に行く時は充分に注意しなければ・・・
なーんてことを思ったりしました!
こんにちは♪ (yukarin)
2012-01-08 16:11:23
本当に生きている事は素晴らしいと思える作品でしたね。
ジェームズ・フランコの演技が素晴らしくて、リアルであのシーンはほんと辛かったー。
映画で気分が悪くなるのは初めてでした。
ラスト10分は自分との戦い^^;
>Puffちんへ (ヒロ之)
2012-01-08 21:45:02
こんばんは~

本当にフランコくんの演技に魅せられた作品でした。
彼の演技なくして本作の成功は無かったんじゃないかと思います。

それとボイル監督の演出面も光っていましたよね
いかに水が貴重なのかを、上手く表現していました。

Puffちんもマイベスト入れてましたよね~。
皆が絶賛されていたのが凄く分かりました。
リアルな演技とリアルな映像が素晴らしい作品でありました
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-01-08 21:47:55
こんばんは^^

生きて帰る!
生きてこそ、その後は素晴らしい未来が待っている!

そう観ている私も抱かされるような作品でした。

あのシーンはスクリーンで観るとキツいものがあったかもしれませんね。
yukarinさんも無事に何事も無く御帰還されて良かったであります^^
こんばんは~♪ (ちゃぴちゃぴ)
2012-01-13 23:49:53
私も、BESTに入れた作品でした。

私のフランコくん、やっぱ目をつけた甲斐があったわ♪なんて思ったりもした(所有物か?)
普段、私なんかちっぽけなものだし、いつ死んでもまぁいいさ、それが自分の寿命なんだしななんて思ってるわけですよ。
けど、生きぬくってことは野生動物がそうであるようにある種の戦いみたいなものでもあって、大切に生きるべきなんですよねぇ。
頭ではわかってるんですが、相変わらず自堕落なちゃぴは治ってないです(^◇^;)
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2012-01-14 13:09:46
こんちは~。
ちゃぴさんもベストに入れてらっしゃいましたね^^
それも納得です。
私もこれは上半期ベストの候補ですね。

ちゃぴさんお気に入りのフランコくん、素晴らしい演技を披露してくれてましたね。
死ぬことは簡単だけれど、生き抜く為にはそれ相当の努力をして、苦境を乗り切らなければならないというものを本作からヒシヒシと伝わってきました。

あらま、ちゃぴさん自堕落ですねぇ。
私にとってはちゃぴさんは大切なブログお友達ですよ~^^
こんにちは♪ (maki)
2012-01-26 09:38:49
実際のアーロンさんと雰囲気がフランコ君似てましたね
あの過酷な状況下でほんとよく生きていたと思います
寒いですが、ある意味で太陽があまりあたらなかったことも脱水症状にならずにすんでラッキーだったのかもしれませんね
それにしても、みなさん骨折の話をしてますが、私も思い出しちゃいましたよ><
また、人間いざというときは何でもできちゃうものなのだろうかと考えちゃいました
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-01-27 01:23:44
こんばんは~^^

凄い映画でしたね、色んな意味で。
一番はやっぱりフランコ君の熱演でしょうか。
彼の演技あっての本作の成功と言っても過言ではないでしょう。
それ位、リアルな演技に徹してくれていました。

makiさんも骨折経験があるのですか?
人間って絶体絶命に陥った時には、自分でも予想しないような行動を起こしちゃうのかもしれませんねぇ。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
『127時間』をギンレイホールで観て、良くも悪くも予定調和ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆予告通り過ぎる】 大変よくできた予告である。 足りないのは結果だけ。 って事で結果を確認できた。思った通りだった。 【銭】 ギンレイホール、会員証 ...
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
劇場鑑賞「127時間」 (日々“是”精進! ver.A)
“生”への執着の凄まじさ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co...
127時間 (あーうぃ だにぇっと)
5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。
127時間   監督/ダニー・ボイル (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・フランコ  アンバー・タンブリン  ケイト・マーラ 【ストーリー】 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げず、休日はクライマーとして人生を謳歌しているアーロン。今回の目的地はブルー・ジョン・キャニオン。土曜日の朝、車....
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
127時間/ジェームズ・フランコ (カノンな日々)
これも一応は山岳映画ですよね?単独での登山の最中にアクシデントに見舞われ谷間で身動きがとれなくなってしまった若き登山家アーロン・ラルストンの実体験を綴った原作を『スラ ...
127時間 (本と映画、ときどき日常)
監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームス・フランコ     ケイト・マーラ     アンバー・ダンブリン これはなかなか奥が深い。 谷底も深かったけど(笑 渓谷に落ち、大きな石に片腕を挟まれ脱出することのできなくなった青年のお話。 その時間が127時間。 ...
127時間 (佐藤秀の徒然幻視録)
陽気さとタフネスが生んだ奇跡 公式サイト。原題:127 Hours。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、ケイト・バ ...
『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作品賞ノミネート、最後の10本目の鑑賞です(日本でようやく最後に公開が決まっ....
映画レビュー「127時間」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
127時間 (ダニー・ボイル、サイモン・ビューフォイ 監督) [DVD]◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。「127時間」は実話ならではの感動が沸き ...
生きることをあきらめない~『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
127時間 (迷宮映画館)
フランコ君に尽きます!
試写会「127時間」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 震度は2ぐらいで気が付かない人もいたようですが、 長く揺れたので天井が落ちてこないか思わず見上げちゃいました。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・....
127時間 127HOURS (まてぃの徒然映画+雑記)
冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車...
127時間 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月20日(月) 18:45~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、...
127時間 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
行き先を言わないでユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに入ったために、5日間も身動きが取れない状態で死の恐怖に直面した青年の様子を退屈しない描き方で見せてくれる。こういう映画を傑作という。非常にリアルで過酷な描写もあるけど、ユーモアとポップな音楽で楽しい...
127時間 (りらの感想日記♪)
【127時間】 ★★★★ 映画(35)ストーリー ある日、27歳の青年アーロン(ジェームズ・フランコ)は一人でロッククライミングを楽しむため
127時間 (うろうろ日記)
試写会で見ました。127時間、誰も来ない所で片腕を石に挟まれ、何とか石をどかそう
映画「127時間」 (FREE TIME)
映画「127時間」を鑑賞しました。
■『127時間』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ+イギリス合作映画、ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー出演。
映画『127時間』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-44.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ...
127時間 (キノ2)
★ネタバレ注意★  2010年のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ジェームズ・フランコ)、脚色賞、作曲賞、歌曲賞、編集賞にノミネートされた注目作です(いずれも受賞はならず)。  実在の登山家、アーロン・ラルストンが書いた『奇跡の6日間』が原作。実話...
『127時間』('11初鑑賞84・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月18日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 15:45の回を鑑賞。
『127時間』 (こねたみっくす)
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...
127時間・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
「127時間」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
断崖に腕をはさまれ、動けなくなった男の話。 彼は、いかにしてこの苦境を脱し、生還することができるのか。 どんな手段でこの状況を切り抜けるのかと思ったら、誰もがすぐに考えるような、でも、絶対やりたくない方法で脱出する。 目の前の障害をいかに乗り越えるか、知...
127時間(2010)◆◇127 Hours (銅版画制作の日々)
            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドア...
『127時間』 (ラムの大通り)
※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。 「うん。 最初、そのタイトルからして 『28...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 (・*・ etoile ・*・)
'11.06.09 『127時間』(試写会)@よみうりホール 観たかった! 試写会探してたら、お友達のともやさんの当選tweet発見! ちゃっかり便乗してしまった(笑) だってダニー・ボイルだからね! 『スラムドッグ$ミリオネア』大好き♪ *詳細は避けますが、ネタバレありで...
127時間 (映画的・絵画的・音楽的)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
127時間 (悠雅的生活)
急転直下。暗中模索。自力更生。
127時間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(14)(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
127時間 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国ア...
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる (SOARのパストラーレ♪)
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
127時間 (メルブロ)
127時間(原題: 127 Hours) 364本目 2011-24 上映時間 1時間34分 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・フランコ(アーロン・ラルストン) 、 アンバー・タンブリン(ミーガン ...
「127時間」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
気の弱い人や子供なんかと行くのは、余りお薦め出来ないかも 3つ★
映画「127時間」 (Andre's Review)
127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに感想を書きたいと思わせてくれる素晴らしい映画に出会えたのがきっかけ...
127時間☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ダニー・ボイル監督で注目。今年のアカデミー賞の司会でひょうきんな面も見せてくれたジェームズ・フランコ主演のこの作品。ユタ州ブルー・ジョン・キャニオンに魅せられ週末はひとりでロッククライミングに出かける青年アーロン。そんな彼が、慣れた場所で遭遇した落石事...
映画「127時間」 (itchy1976の日記)
127時間 - goo 映画 127時間 - Wikipedia 127時間(映画.com) 127時間@ぴあ映画生活 映画『127時間』公式サイト ○作品データ(goo映画) 監督 ダニー・ボイル 製作総指揮 バーナード・ベルー ジョン・J・ケリー フランソワ・イヴェルネル キャメロン・マクラッケン リ...
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
127時間 (映画の話でコーヒーブレイク)
ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは 変な役どころばかり  今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート 残念ながら賞は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースに。 ノミネートに加え、今年のアカ...
127時間 (心のままに映画の風景)
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
127時間 (Diarydiary! )
《127時間》 2010年 アメリカ/イギリス映画 - 原題 - 127 HOU
127時間 (晴れたらいいね~)
行きたいっていうのが果たせると、嬉しい。アーロンが、行き先も告げずに出かけるのと、勝手にリンクしてしまった(笑)ここで、なんらかに巻き込まれても、家族は仕事に行ってる ...
『127時間』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:94分  原題:127 Hours  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:ジェームズ・フランコ      ケイト・マーラ      アンバ...
「127時間」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
断崖に腕をはさまれ、動けなくなった男の話。 彼は、いかにしてこの苦境を脱し、生還することができるのか。 どんな手段でこの状況を切り抜けるのかと思ったら、誰もがすぐに考えるような、でも、絶対やりたくない方法で脱出する。 目の前の障害をいかに乗り越えるか、知...
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
ダニー・ボイル監督 「127時間」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャルサイト⇒http://movies2.foxjapan.com/127hours/ 【あら...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...
127時間 (Akira's VOICE)
気合いだー!!!!!
【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたいのですが、全く纏まっていなかったりして ということで、本日は....
映画 127時間(2010) 痛みに耐えた後に感動が待っている (ザ・競馬予想(儲かるかも?))
 俺という人間は他人から見ると全く悩みが無さそうに見えるらしいが、実はとてもナイーヴで傷つきやすい繊細な心を持った人間。チョッとした失敗でも直ぐにクヨクヨして何処かへ逃げ出してしまいたくなる。そんな俺を勇気づけ、生きる気力を奮い立たせてくれる映画が今回...