銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

猿の惑星:新世紀(ライジング)

2015年02月06日 23時01分42秒 | 洋画アクション
DAWN OF THE PLANET OF THE APES
2014年
アメリカ
131分
SF/アクション/アドベンチャー
劇場公開(2014/09/19)



監督:
マット・リーヴス
『モールス』
出演:
アンディ・サーキスシーザー
ジェイソン・クラークマルコム
ゲイリー・オールドマンドレイファス
ケリー・ラッセルエリー
トビー・ケベルコバ
ニック・サーストンブルーアイズ
ジュディ・グリアコーネリア
コディ・スミット=マクフィーアレクサンダー
テリー・ノタリーロケット



<ストーリー>
猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こしてから10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。

ヒトの世紀が
終わろうとしている。


-感想-

平和の秩序を乱す者が一人でも現れると、その全てが崩壊してしまうという、良い意味でも悪い意味でも我々人類にとってはお手本として捉え、鑑賞するべき作品。

普段孤独に生活している人には何とも無い内容かもだが、集団生活している人(学校・職場・家族もそうだわな)にとってはハッとさせられる部分があるだろうし、考えさせらるものも出てくると思う。
全員が一致団結しないと、争いや憎しみ・確執なんかも自然と起き得るんだと、痛感させられるんじゃないかな。
本作では猿側がコバ、人間側がカーヴァーやドレイファスに当てはまるかと。
彼等がきちんと状況を理解し、共存を目指して正しい行動をしていれば、こういう悲しい結果にはならかったはず。

世界はどうなってしまうんだろ。

この後が凄く気になる。
悲観的な余韻を残すと共に、その続きを色々考えさせられる点においてもベストな終わり方。
前作同様にストーリーも映像も上手く作り込まれた素晴らしい2作目でした。

猿以上人間同等な知能を持つシーザー達のビジュアルは前作超えじゃない?
人間との共存を願うもそれを叶える事が出来なかったシーザー、その父の行動に疑問を抱きコバの決起に力を貸してしまい自分がした事は愚かだったと気付かされた息子ブルーアイズ。
喜怒哀楽、一つひとつの表情がグッと胸に突き刺さる。

評価:★★★★★
15/02/06DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-02-04
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト (日本語)
オフィシャル・サイト (英語)

関連作:
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)』(第1作)
『猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)』(第2作)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キョンシー | トップ | 切り株画像(映画『クライモリ ... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2015-02-07 08:09:09
人間社会の縮図そのものの二つの社会(猿と人間)で、
猿側のほうが人間らしいというのも皮肉なものです
同種を殺す稀有な動物は人間というのがありますが、
今回シーザーが「人」の立場をも理解していて
なおさらあの措置をとったのだとすれば、今後の行き先が
どうなるのか気になって仕方がありません
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-02-07 14:53:48
こんにちは!
こういうのを観るとつくづく人間は愚かな生き物だと痛感させられますよね。
シーザーとしては人間との全面戦争を決意したかのような表情でした。
猿達の圧倒的力をもって地球を滅亡させ、正に「猿の惑星」へと変わっていくのでしょうね。
Unknown (ふじき78)
2015-02-07 23:00:40
人間側も猿側も恐怖した者が平和への道を妨げる要因になるのだが、この恐怖という感情は動物が動物である為に必要な感情である。いわば個体が生きていく上での警戒信号である。だから、彼等が起こした行動は間違っていない。共存共栄するより、相手を滅ぼしてしまった方がリスクが低いもの。実はシーザーのような存在の方が異常な個体なのだと思う。そこが又、ドラマチックだ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-02-08 00:46:56
こんばんは!
動物としての本能がそのまま出ちゃったて感じでしょうか。
シーザーが寄り人間の思考に近づいてしまったが為に、コバとの間に確執が生まれてしまったとも考えられますよね。
この映画、結構深い所まできちんと描かれてます。
こんにちは! (スパイクロッド)
2015-02-08 14:05:42
前作が『猿の惑星・征服』を下敷きにしたと考えると、
今作は『最後の猿の惑星』なんでしょうけど、
旧シリーズの最終作が人と猿の共生の道を示して終わったのに対し、
新シリーズではもう破滅へまっしぐらですね。

でも旧シリーズとの関連性を考えると、
新シリーズの次の作品とつながる作品がないんですよね。
どうなるんでしょう?
Unknown (yukarin)
2015-02-08 22:47:57
共存するのは難しいものですね。
いろいろと考えさせられる作品でもありました。
どこか歯痒い (メビウス)
2015-02-09 00:43:48
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

猿側も人間側もお互いを理解しあい歩み寄る機会が何度か見受けられただけに、両者の主義主張の相違や誤解が元でボタンの掛け違いのようにどんどんずれて行ってしまう辺りは観ててどこかはがゆいものがありましたね。社会を形成するとやはり人間に限らずどこかしらに大なり小なりの『不和』というものが生じてしまうんでしょうねぇ。

そして続きがあるにしろ無いにしろ確かにとても気になる終わり方でした^^また年数一跨ぎするのなら、今度は息子のブルーアイズの物語かもしれませんね?
>スパイクロッドさんへ (ヒロ之)
2015-02-09 01:05:40
こんばんは!
コメントありがとうございます。

旧シリーズと比べると、真逆な進み方をしていると思います。
そこがやっぱり“リブート”であるという証なのかもしれませんね。
次作は完全オリジナルな話になるのでしょうか。
何にせよ、続きが気になります。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2015-02-09 01:19:06
こんばんは!
コメントありがとうございます。
他人事で済まされる内容では無かったように思えます。
戦争を好む地球人を上手く遠回しに皮肉っているのかも。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2015-02-09 01:26:04
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

誰か一人でも考え方の違う者がグループにいると、統率は取れなくなるんだと、映画を通して改めて我々に感じさせているように思えました。
人間程愚かな生き物はないんだよ、ていう監督からの忠告かもしれませんね。

この後どうなんるんだろう、ていう終わり方で、凄く気になります。
監督次第では出来の良し悪しは出てくるかもしれませんが、シーザーや息子ブルーアイズがどうなっていくのか知りたいので、続編作って欲しいです。
猿も人間も同じ (りお)
2015-02-09 23:13:15
群れが出来ると社会が出来る、猿も人間も同じなんだなあとしみじみと感じました。
個人的には、前作の方が好きですけどね。
>りおさんへ (ヒロ之)
2015-02-10 02:45:13
こんばんは!
コメントありがとうございます。
前作はかなり衝撃的でした、色んな意味で。
それを考えると2作目は若干劣るかなと思いましたが、監督も交代していますし別個に考えると、これはこれで良く出来た作品だと思い、満点評価にしました。
面白かった (ミス・マープル)
2015-02-16 13:35:52
いろいろなメッセージを感じる映画でしたね。
映像もきれいだし、迫力もあって劇場鑑賞すればよかったと後悔しました。
2作目もこれほど面白いとはねえ。
その割にツタヤのレンタル本数が少なすぎ!
ヒロ之さんの満点評価に納得です。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-02-17 21:49:31
こんばんは!
コメントありがとうございます。

面白かったですよね~。
映像面は前作も凄かったですが、本作もそれ以上のものがありました。
2作目は失敗が多い中、大健闘といった感じでしょうか。
これは本当に見応えのある作品でした。
こんばんは! (タケヤ)
2015-03-09 20:01:40
これ、かなり楽しめました。
ヒロ之さんと同じく楽しみながら
考えさせられましたね。

誤解や裏切りによって泥沼の様相に
なっていくところがですね。。。

次回作、早く観たいなあって
思いましたよ。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2015-03-09 20:15:52
こんばんは!
コメントありがとうございます。

色々と考えさせられる要素を含んでいますが、映画としても楽しく観れる1本でした。

一人でも考えが違うものがいると、平和の秩序は脆くも崩れ去るものだというのが良く分かる内容でした。

3作目も待ち遠しいですね。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2016-01-29 14:09:08
仰るとおり、いろいろと考えさせられる内容でした。
ただ、作品としては前作よりは落ちるなぁというのが個人的な印象です。
もちろん(何作になるかはわかりませんが)シリーズ通して一つの作品だと思いますので、早く続きが観たいです!
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2016-01-29 15:28:48
こんにちは!
コメントありがとうございます。
人と猿との共存というテーマ性をしっかりと秘めた作品ではありましたねぇ。
これを次にどう繋げていくのか楽しみではあります。
多分もう猿によって支配される物語になるんでしょうけど、そこから人間はどうやって仲間として認めて貰えるようになるのか、先の展開が凄く気になる終わり方ではありました。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 2014年9月14日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 を鑑賞しました。 先行公開で急遽3連休に飛び入り参戦した猿は如何に... 【ストーリー】  自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、大変面白かった。
猿の惑星 新世紀 (映画好きパパの鑑賞日記)
 猿の惑星シリーズのリブート版第二弾。もともと原作は有色人種の台頭を猿に見立てたそうですが、本作でも人間とまったく異なる生物との対立というよりも、明らかに文明が違う人間同士が対立する現実のメタファーであり、よく考えられていると思いました。  作品情報 ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (晴れたらいいね~)
モーションキャプチャーの第一人者アンディ・サーキスが、確固たるポジションを築いた感があります。Blu-rayで観たのですが、レンタルでも特典が観られたのでらっきー♪と思いました ...
猿の惑星 新世紀 (ライジング) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
猿の惑星のリブート作で2011年に公開され好評だった 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編で、監督は 『クローバー・フィールド』のマット・リーヴスに バトンタッチされたSF映画『猿の惑星:新世紀 (ライジング)』が公開、3Dで観るか2Dのアトモスで 観るか迷いました...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (2014) (相木悟の映画評)
示唆に富む、猿VS人間の哀しき戦争! SFエンタメでありながら、身につまされる優れた教訓映画であった。 映画史に燦然と輝きながら、1作目を頂点に回を重ねる毎にB級へと下降線をたどったためか、どこか一段低い娯楽作とみられていた『猿の惑星』シリーズ(68~73...
『 猿の惑星:新世紀(ライジング) 』APE SHALL NEVER KILL APE (映画@見取り八段)
猿の惑星:新世紀(ライジング)~ DAWN OF THE PLANET OF THE APES ~     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カー...
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿...
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 (日々“是”精進! ver.F)
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックス...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する (はらやんの映画徒然草)
前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心
猿の惑星:新世紀(ライジング) (いやいやえん)
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行く...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(...
進化した猿たち~『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (真紅のthinkingdays)
 DAWN OF THE PLANET OF THE APES  猿インフルエンザの世界的大流行により、人間社会は機能不全に陥り、人口 は激減していた。一方、言葉や手話を操るようになった類人猿は、シーザー(ア ンディ・サーキス)をリーダーとするコミュニティを形成...
猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス (カノンな日々)
SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 (或る日の出来事)
クオリティ高いなあ。
『猿の惑星/新世紀(ライジング)』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
前作『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』から10年、人類は猿インフルエンザの影響で絶滅の危機に瀕し、免疫を持つ一部の人々だけが細々と生き延びており、一方で蜂起した猿たちは、シーザーの指導の下で一大コミューンを築き上げていた。新たなエネルギー源を求めてダム...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (佐藤秀の徒然幻視録)
希望は再エネだったが・・・ 公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (♪HAVE A NICE DAY♪)
おお~~っ!しっかりと続編になっている。 前作のジェネシスでシーザーは森へと・・ そしてウイルスが・・・で終わったけど その後の物語がちゃんと描かれていて面白かった~~~~~~!!! いや~~~シーザーがいい! ここまできたら、姿は猿だけど、優しいカル....
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ (よくばりアンテナ)
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (Akira's VOICE)
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 Dawn of the Planet of the Apes (2014 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
前作は、思えば革命の話だった。アルツハイマー治療薬によって“覚醒”した猿シーザー(この名前はいろいろなことを象徴している)は、群れのリーダーとして森に君臨している。妻帯し(奥さんの名前がコーネリウス!)、子がふたり(じゃないか)生まれ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (そーれりぽーと)
別に続けなくても良いのにと思いながら『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観てきました。 ★★ うん、別に続けなくても良かった。 前作のラストで、人類にとっては有害な猿の脳を活性化させるウィルスが世界中にパンデミックしていく様子が描かれていましたが、本作...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (Dawn of the Planet of the Apes) (田舎に住んでる映画ヲタク)
猿の惑星:新世紀(ライジング) (miaのmovie★DIARY)
ポスター A4 パターンC 猿の惑星 新世紀 (ライジング) 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【Dawn of the Planet of the Apes】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した 2020年代...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。
『猿の惑星:新世紀』を新宿ミラノ1で観て、贅沢な映画鑑賞にウハウハふじき★★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 五つ星評価で【★★★★娯楽として王道】   単純に面白い。 いがみ合う二つの ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィ...
『猿の惑星:新世記』 (こねたみっくす)
猿が主役になっちゃった。 人類目線で描いてきたシリーズの流れからいうと、これは本筋からちょっと寄り道したようにも思える前日譚。なんせストーリーテラーからEDクレジット順ま ...
『猿の惑星 新世紀』 (時間の無駄と言わないで)
それにしても良く出来てるなぁ。 猿の表情凄いよね。 話自体は既視感ありありで先が読めまくりだったけど、猿の芝居は見応えあるわ。 猿を見せるために敢えて華の無い主役を起用 ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (風に吹かれて)
恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」
『猿の惑星:新世紀』 ~出来すぎた兄をもったほどほどの弟~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/131分 監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス    ジェイソン・クラーク    ゲイリー・オールドマン ■概要 原題は『Dawn of the Planet of the Apes』。リブート版『猿の惑星』の第2作目にあたる、アメリカ製作による2014年の...
猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ....
猿の惑星 新世紀ライジング (はるみのひとり言)
先行上映で観ました。前作から10年後の話。森の奥で文明を築き進化を遂げた猿たち。一方、自らが生み出したウィルスによって絶滅の危機に瀕した人類。ゴールデンゲイトブリッジを挟んで、接触せず過ごしていたようだけど、人類が生き残るために必要な電気を再開させるた...
猿の惑星:新世紀 ライジング (ダイターンクラッシュ!!)
2014年9月23日(火) 18:30~ TOHOシネマズ日本橋8 料金:1600円(シネマイレージデイ+TCX+DOLBY ATMOS) パンフレット:未確認 まだ、すっぽんぽん 『猿の惑星:新世紀 ライジング』公式サイト 猿ウィルスの猛威で、ほとんど壊滅状態の人類だが、細々と生活し...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』('14初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:45の回を鑑賞。
『猿の惑星・新世紀(ライジング)』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「猿の惑星」って、むか~し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DAWN OF THE PLANET OF THE APES】 2014/09/19公開 アメリカ 131分監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マク...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (心のままに映画の風景)
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マット・リーブス 【出演】アンディ・サーキス/ジェイソン・クラーク/ゲイリー・オールドマン/トビー・ケベル/ニック・サーストン/カリン・コノバル/ジュディ・グリア 【公開日】2014年 9月19日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 天性のリーダーシップ...
「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞猿の惑星:新世紀(ライジング)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年/アメリカ/131分 監督: マット・リーヴス 出演: アンディ・サーキス/ジェイソン・クラーク/ゲイリー・オールドマン/ケリー・ラッセル/トビー・ケベ...
『猿の惑星:新世紀<ライジング>』 (ラムの大通り)
(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (Some Like It Hot)
■「猿の惑星:新世紀(ライジング)/Dawn Of The Planet Of The Apes」(2014年・アメリカ) 監督=マット・リーヴス 主演=アンディ・サーキス ジェイソン・クラーク ゲイリー・オールドマン ケリー・ラッセル  前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が、...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (迷宮映画館)
これはもろに人間の物語ですな。
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と...
猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕...
■猿の惑星:新世紀(ライジング) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第361回「あくまで予告編は予告なわけで・・・・」 いつもであれば、公開日を心待ちにして、1日でも早くと劇場に足を運ぶはずなのですが、すでに公開から3週間ほどが過ぎて、今頃になってから観に行くのはその作品に対する期待の薄さを如実に表しているわけで。それ....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 原題:Dawn of the Planet of the Apes 監督:マット・リーブス 2014年 アメリカ映画 131分 キャスト:アンディ・サーキス      ジェイソン・クラーク      ゲイリー・オールドマ...
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (映画と本の『たんぽぽ館』)
やはり続いていく憎しみの連鎖 * * * * * * * * * * 「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」の続編。 前作は確か劇場で見たのですが、続編は見そこねていました。 ・・・というか最近、私、続き物というのは、先のストーリーをすっかり忘れ果てていて...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ケヴィン・ランキン、テリー・ノタリ...
『猿の惑星 新世紀(ライジング)』リブートシリーズ2作目 (@KOBAのムービー!ムービー! )
『猿の惑星 新世紀(ライジング)』DAWN OF THE PLANET OF THE APES(2014年アメリカ) 監督          マット・リーヴス 脚本          リック・ジャッファ              アマンダ・シルヴァー             ...
『猿の惑星:新世紀』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:131分  原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES  配給:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン  監督:マット・リーヴス  主演:アンディ・サー...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (のほほん便り)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死...