goo

妻はチャレンジャー

移植手術、退院、そしてその翌年に転職、それから現在に至るまで10年の、妻の銀行勤めが終わる。

それは自分がたどってきた闘病生活と同じ道筋。




そもそも、生活の糧とするべく、それまでの一般事務職から、少しでも報酬の良くなる今の職に変えたのが始まり。

退院後の、精神的、経済的にも自分を含め家族の支えとなってきたのは間違いなく妻の力。


「わたしは仕事に関しては本当についていない。」

が口癖の妻で、前身の銀行に勤め始めた途端、他行との合併があり、その移項作業に忙殺されたり、合併がなければ前身の銀行で職員になれる

可能性が高かったのに、合併でその可能性が低くなり、しかも職員でないにも関わらず、今の銀行の方針で、仕事量も質も高みを求められる様に

なったり。

しかも時給はまったく、と言っていいほど上がらず・・・



こんな銀行が、一応は北海道を代表する(と呼ばれている)銀行なんだから。

正直、評判は、悪い。




妻が次に選んだ道、報酬が全てではないが、妻曰く、

「ずっとこのまま退職までいても、次の所の時給を超えることはない」

という、その面では条件が今より良いところ。



それでも、研修期間が2か月もあるから、新たに学ばなければならないことも少なくないだろう。




そこの面接担当に言われたそうだ。

「チャレンジャーですね。」


今までの経験を生かせる仕事とはいえ、若い人たちに混じって、一つ一つ学んでいかなければならないんだから、50代の妻にとっては

確かに「チャレンジャー」と言えるのかもしれない。





家事をこなし、子育てをしながら働く女性の大変さは、少しはわかる。

世の中の働くお母さんは、本当に凄い。

たぶん、男はなかなかできない。




しかも、病気持ちの夫を支えながらの妻は尚更だ。









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今の就活は本当に大変

静岡の大学に通いながらの就職活動は大変だ。

5月初めからの本格的な就活以来、ほぼ毎週末、静岡~東京間の移動。

試験はだいたい朝から始まるので、前日からの泊りがけのことが多い。



時には2連泊のことも。



目指すは公務員一本やりの次男くん。

長男くんの時には各企業に提出するエントリーシートに閉口したものだが、それ以上に大変なのは、公務員には試験がある。


1次試験を受け2次試験を受け、面接も、中には5次面接とかまで続くものがある。

民間を目指せば6月、もしくはそれ以前に内定、内々定をもらう人もいるが、公務員の場合、早くても8月。

しかも=採用ではない。




なんでこんなに面倒なんだ、と腹も立つけど、役所、だからなぁ。



以前聞いた話では、北海道の学生なんかは、首都圏にウィークリーマンションを借りて、月単位で就活をしている人も少なくないらしい。

確かに、北海道に比べれば、静岡はまだいい。


いざとなったら新幹線で1時間弱。




長男くんの時にも感じたが、もし、就活のことだけを考えたら、多少他を犠牲にしても都内の大学を選択するのも一つの方法かもしれない。


何を学びたいか、はもちろん大事だけど、でも結局、大学って就職の為の通過点でしかない。





大学入学では本当に苦労した次男くん。

これまでもたくさん試験を受けたが、それでもむしろ本番はこれから。



時には面接日が重なったりすることもあるだろう。




なんたって、34年前、適当に就職を決めてしまった自分。

それだけに、

長男くんもそう、次男くんもそう、とにもかくにも就活を一生懸命頑張っているところは尊敬に値する。







普段、役所の仕事には否定的な自分。

それでも、我が子の就職となると別思想になるのは・・・

せめてもの親心ということで。







・・・・・・・・・・・・

右目は・・・黒い影が・・・飛び回って、いる。。










◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飛蚊症(ひぶんしょう)

一昨日の夜から、右目の中を黒い影が飛んでいる。

視線の向きと共に移動する影。

ググってみると、飛蚊症という症状があった。



で、今日、近くの眼科へ。

眼底検査もしてもらって、とりあえず剥離も出血も無いということで一安心。



お医者さんの話しによると、典型的な「飛蚊症」。

直接的な治療法、無し。


影は自然とずれて行くそうで、視界から消えていくことが「期待できる」とのこと。

「期待できる」という表現が、いかにも今のお医者さんの表現。

断定しない。



初めに気付いたのはもう10日ほど前。

「(視界から消えるまで)結構時間がかかるかも。」

と言われるも、気にしなければ気にならない。

気にしだしたらどうにも気になる。


だって右目の中で、それこそ黒い蚊が、うろうろと、あっち行きこっち行きしているんだから。




とりあえず今、パソコン使えてる。まぁいっか。

って、全然良くないんですけど。








◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ずっと昔のパソコンデータ、取り出す、の巻

取り出したいのに取り出せない、データ。

かれこれ15年以上も前、WINDOWS95搭載の、何台目かのノートPC。

その中にか残っていないデータを取り出すのに一苦労した。



基本、PCを使い始めた時から、データのバックアップ意識だけは高いつもりで、実際、そのデータのバックアップも取っていた。

フロッピーディスクで。


フロッピーディスク、最近、見ない。



そのフロッピーディスク、さすがにもう不要と思って、先々月くらいに一気に捨てたばかり。ごみ袋1袋分。

たぶんその中に入っていた。

バックアップディスクを捨てたって別にどうということはない。

ハードディスクから取り出せばいいんだから。


と、安易に考えていたら、CDドライブがうんともすんとも言わない。故障。

ならばしょうがない、フロッピーディスクを、と、受け付けない。故障。

14、5年も使われないまま放置されていたら、そりゃぁ故障もするか、と、納得。



いやいや納得している場合じゃない。

ここに来てどうしても必要になった仕事のデータ。

これがあるのと無いのとでは、おそらく4日間の仕事量の違いがある。



どうしても取り出したい。

超旧パソコン、USBドライブがついている訳がない。

ネットを組もうにもちょっと無理。古過ぎて。



さて困った、というところで、予約を入れておいた整骨院の時間。

そうだ、整骨院の先生、PCが大好物。

施術を受けながら、あれこれと二人で方法を探っていると、隣から女性の声が。


「最終的にはハードディスクから、直接データを取り出すしかないんじゃないですか。」

と。


なんと、パソコンの先生だって。

こんな偶然もあるもんだ。


で、結局、もう少し頑張ってみて、最終手段でハードから、ということで帰宅。

帰宅して再度チャレンジするもちょっと無理かぁ、と思っていたところ、



整骨院の先生からTEL。

「カードスロット付いてますよね。それを使ってデータ保管するヤツ持ってますよ。」

と。




さすがにそこには思い至らなかった。

早速借りにいき、再チャレンジ、実行、完璧。








今のPCに取り込み、ソフトのバージョン違いが心配だったけどそれも問題無く、完璧。



丸4日の仕事が、3時間ほどのすったもんだで、解決。

感謝、感謝。



助言をくれたパソコン先生にも感謝。




データが復旧できたのもうれしかったけれど、昔のパソコン話しをできたのもうれしかった。

今や、PCやスマホでなんでもかんでも簡単にできる時代。



パソコン草創期の、何かやりたくても簡単にできない、だからこそできた時の喜びとか、そういう話題で盛り上がれるのは今や貴重なものだから、さ。







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

米寿のお祝い3

日時と場所を決め、次は内容。


いろいろと話しをしているうちに、お酒を飲む人(すごく飲む人)が参加できそうもないことが分かってきた。

そうなると話しが変わってくる。


ランチ会席を予定していたので、基本、ドリンクは別途注文。

でも、別途注文、別会計とする訳にもいかず、何とかフリードリンクで会費制にできるように交渉しようと思っていた。


で、実際交渉した。


ところが、飲む人が少なくなると、交渉した料金だと割高になる。


どうしましょう。

電話では埒があかなくなってきたので、今週、出向いて交渉することとした。

会場を見ておきたい、ってのもあったし。







飲む人が少なくなると、もう一つ困ってくるのが時間の持たせ方。

2時間、みんなで黙々と料理を食べて終わるのも芸がない。


もちろん、お祝い品の贈呈とか写真撮影とか、あるんだけれど。

まさか、結婚式の披露宴みたいに余興をするのも変だし。



で、せめてもの話題作りで、パンフレットを作成。

本人の自分史、みたいなもの、





と、

そして、父を中心とした、家系図を作成することにした。







まだ完成ではないけど、この二つの作業をしてみて、新たな発見や過去を振り返ることができたり、たくさんの「いいこと」があった。


これ、お祝いの有無に関わらず、おすすめ、です。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

肝臓移植と障害年金 ⑰~終結

99.9%わかっていたことだけど、再審査請求の結果は、



【 主文 】

「本件再審査請求を棄却する」




それはそうだろう、だって、身内を身内が審査するようなものだから。


審査請求、再審査請求に対する回答は、一貫していた。

つまりは、

数値で表れる検査結果が全て。

医師の書いた診断書が全て。



当たり前と言えば当たり前なんだけど、じゃぁこちらの状態や意見は完全に無視かいっ、ってことになる。

厚労省が判断するに、そこを客観的に見るならば、どうしても、ある「数値」は必要になる。

でもそれだけだと、肝臓を問わず、内科的疾患が受給できる可能性は限りなくゼロに近くなる。



少なくとも、肝臓疾患のハードルは果てしなく高い。

ある医者曰く、

「死に近い人」

になる。




でもそれって、障害年金の本質とはずれているんじゃないの?






この、申請を始めて2年弱になる。

集めた資料や作成した文書は、厚手のクリアファイル一冊になる。

長かった。でもダメだった。

頑張ったけど、もう終わり。

さすがに裁判となると、お金もかかるし時間もかかる。


やってきたことには満足しているけど、でもやっぱりちょっとだけ悔しい。









診断書と数値だけの判断で、こちらの疑問、質問、提言には、何ら答えてはいない。

この事の、自身の終わらせ方だけは何かできないかと考えている。




今回の裁決書、末尾に載っている社会保険審査会の3名、審査長一名、審査員二名、この人たちって・・・誰?









◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

米寿のお祝い2

どんなことでもちゃんとやろうとすると凄く大変。

日程は決まったので次は場所。



以前、友人に、「うちも米寿のお祝いやって、一泊で温泉に行ったんだけど、もの凄く大変だった。」と。

曰く、なんたって年寄りだから、疲れちゃって結局温泉に入らないで帰ってきた、と。

温泉に行くとなると、ある程度は遠距離移動になる。それだけで疲れてしまったそうだ。


我が家の場合、父は大丈夫、なんの問題も無いと、思う。だって自分より元気だから・・・

ただ、母が問題。体力、無い。全然。




ということで、友人の経験も生かし、姉の意見も得て、昼の部、ランチ会に決定!

で、場所。

父は、居酒屋でも、って言っていたが、昼、やってないし。

近くの焼き肉屋でも、って、個室無いし、あってもガヤガヤだし。落ち着かないし。無理だし。嫌だし。



一応、一生に一回のお祝いなんだから。

二回あったら怖いし。




で、ググる、ググる。

ググる、って言うけど、ヤフる、って言わないのは、何故?



ヤフってみて、あちこち検討して、決めた!


「JRタワーホテル日航札幌」の35階、スカイレストラン丹頂








地上150mからの眺望が売り。

雰囲気優先。

完全個室もあるし。

移動も楽。

JRタワーの駐車場に停めて、エレベーターでの上下移動のみ。

あまり歩けない母にはきっといい。




ということで姉の了解を得て、場所も決定。



でもやっぱりちゃんとやろうとすると大変。

料理だけで、会の2時間を持たせるのはちょっと・・・きっと間が持てず。





色々考える羽目になるのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

妻、ベターッと開脚への道2

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」を始めて11日、メニューは早くも2週目のプログラムになり、

あんなにどうしようもなく固まっていた妻、今はしっかりと脚は開くようになり、前傾も30度位まで曲がる様になってきた。



一見、こんな簡単なことで?って思うけれど、毎日の積み重ねは、かなりキツくもあり、それが結果として現れる。

特に2週目、壁に脚を預け、脚を開き揺する動きはかなり効く。実感として。




考えてもみれば、方法は全然違うとはいえ、お相撲さんは、それこそベターッと、胸まで床に付いている。

可能性としては、理由はどうあれ誰にもあるということだ。





で、自分、1週間でひじまで床に付くようになった。

でもあくまでも目標は、「ベターッと開脚」。

今の感覚ではちょっと厳しいかなとも思うけど、頑張ってできたら、目指せ関取!






どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法
クリエーター情報なし
サンマーク出版







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

妻、ベターッと開脚への道1

超~~~~~~う、身体が固い妻、その妻が、少し前からの腰痛の改善の為ということもあり、前からやってみたいと言っていた、



どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法
クリエーター情報なし
サンマーク出版




↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑これ、これをやっている。昨日で4日目。







自分は元々、ベタ―っとまではいかずとも、開脚して頭くらいは付いていたのでバカにしていたが、実際やってみるとひじさえも付かない。

やはり身体はなまっている。


で、妻はどうかというと、初日、付くとか付かないとか、じゃなく、そもそも開脚自体ができていなかった。

身体は当然90度。

要するに、開脚してもひざが伸びず、腰がまったく曲がらない状態。



さて、果たしてこんな状態の人が、

「ベターッと開脚できるように」なるのか?

なるとしたら不思議でしょうがないんだけれど、4日経ち、確かに少しだけ進歩の形跡。

開脚ができるようになった。

と言っても、両足が左右に、ひざが曲がらず開ける様になっただけ。



主な運動の基本は、脚裏、特に太もも裏の筋を延ばすこと。

これが結構大変。なまっている身体には。




基本プログラムは4週間の設定。

たった4週間、と正直思ってしまうが、この本の決め台詞、


「4週間後、きっと変われる」

となるのかどうか、楽しみでもあり苦しみでもあり。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

米寿のお祝い1

父親が今年米寿。

満88歳の誕生日か、数えならその年の元旦、というのがお祝いのタイミングらしいが、そこは無視して数えで88になる

今年の誕生日にお祝いをすることにした。



寝ても醒めても、朝から晩まで、とにかく剣道で忙しい父。

少年団で子供たちに教えたり、大学の顧問までして、なお且つ自分自身の稽古も。



そんなことだから日程調整が大変。

本人不在でやるわけにもいかず、だからと言って参加者全員の予定を調整することも必要。


ピンポイントでやる為には今から会場を押えておかねばならず、最低限、両親と子供たちの予定だけ優先して早々にホテルを予約した。




一応息子をやってるし、同居もしているので、必然的に言い出しっぺで、幹事みたいな準備係を自然発生的に始めてしまい、でもだから

ある程度は自己中心的にできるんだけれど、でもこれがなかなか大変。


とりあえず場所を確保したはいいけど、これからやらなきゃならないことが山積み。




ちょっと気軽に考えていたけど、こういうのって、ちゃんとやろうとしたら、やっぱり大変なことなんだと、改めて実感。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

免疫の不思議

午前中、内科の受診。

手、指の痛みは結局、滑膜の炎症。

原因は免疫異常なので、これはこれで仕方ない。


あとは進行状況に合わせて免疫抑制剤の量を調整していくしかない。



滑膜炎、理屈はよくわかる。

この手・指の痛みは、そもそも足指の痛みから始まったもの。

今考えてみると、それも滑膜炎みたいなものか。


本来、人間の身体にとって大変重要な役割を果たす免疫、これの異常が原因で痛みとなって現れる、と。

人間の、身体の不思議。



拒絶反応と感染、その予防、移植者には永遠のテーマ。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

居心地

居心地の良さって、生きていく上で重要なことだと思う。

それを決める要素は、住環境であったり、食生活だったり、人それぞれいろんな要素が絡み合って決められ、感じていくことなんだと思う。


でも第一はやはり人間関係なんだと思う。

外で仕事をする妻は、一般人相手の仕事ということもあり、周囲から受ける影響で、その日その日の感じ方は随分違うようだ。


そういえば、まだサラリーマンだった頃、仕事上の人間関係は大きな要素だったと思うし、逆に今は、好き勝手に仕事をしているので、そりゃぁ

妻から見たら、お気楽ご都合な毎日に映っているのだろう。


確かにその点に関しては反論できない。



居心地を強引によくしていってる感じ。

だから社会性が無いと、言われる、妻に。



姪の赤ちゃんを見ていると、まぁ居心地良さそう。

自分にもこんな時代があったんだなぁ、とか、自分の子どももきっと小さな時はそうだったんだなぁ、とか考えてしまう。


それがあ~た、今や・・・




環境変われば居心地も変わる。

昨日、定期検診。

移植時からお世話になっているY先生。


「いやぁ~もう12年ですか。私もあの頃からなんですよねぇ。」

って。

長いような、でもあっという間の感覚。


この感じ、居心地の良さ。



最近は、若い先生ばかりで、それがダメっていうわけではないんだけれど、なんとなくアウェー感。

病院にホーム感を持ってもしょうがないのかもしれないけれど、当時の、決して順調ではなかった闘病を知る数少ない人。



あの頃、Y先生、若かった。

自分も、若かった。



環境は、変わった。

自分も、先生も、看護師さんも。



今の居心地、うーん??




数値が安定してくると、まったく違うところばかりに目が行ってしまう。

身体の状態と数値が、必ずしもリンクしていないっていうのもあるけど。




なんなんだろうな、居心地、あんまり、良くない。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

普通のこと

明日、間隔が短くなって初めての定期検診。

毎週が二週おきになり、毎月に変わり、6周毎が8周毎になり、また6周毎になって、それもこれも抗体値のせい。





それ以外の数値は安定していて、内臓的には近々の心配がないままのここ数年。



頭が痛かったり、手足が痛かったり、膠原病科にも通い、時には癌の疑いをかけられりしていても、それはそれで今となっては普通のこと。




とりあえず生活できている。

とりあえず仕事もできている。

時々遊んだりもしている。

何より、生きている。



普通のことが、とりあえず普通にできている。

障害は多々あっても、それは今の自分にとってはきっと些細なことなんだと思う。




退院後のこのブログでも書いた。小林麻央さんもブログでよく書いている。

やっぱり、


「普通」って、究極の幸せなのかもしれない。



なかなか気づかないけど・・・






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

就活

今年は次男くんの就活の年。

申し込みは今月初旬にほぼ終え、あとは今月30日の試験を皮切りに、怒涛の如くこなしていかなければならない。




親も親なりに、協力できることは協力しようと、お節介と思われても我関せず、日程表みたいなものを作ってみる。

頭が痛くなる。

自分が試験を受けるわけでもないのに。




長男くんの時のそうだったけれど、一応、自分なりの目指すべき所に受かろうとすると、ものすごく大変。

日程管理が。



日程表を作ってみると、まるで建設工事の工事工程表みたい。




あれが終わればこちら始まり、進んでいくと、当然のことながら日程の重複とか普通にある。

嗚呼大変。




振り返って自身のことを思う時、子供たちに偉そうなことは決して言えない。

自分が適当だったから。


だからではないが、子供たちには悔いの無いようにやってもらいたい。




長男くんの就活の時、自分のことは棚に上げて、よく言っていたこと、


「高校、大学なんて所詮、3年、4年だからいいけど、就職は基本今後40年弱続いていくんだから、絶対後悔しないようにやりなさい。」よと。



と、同じことを、先日、次男くんにも言っていた。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

タイヤ交換

4月も13日、雪、降ってるし。

しかも部分的に積ってるし。





わからない天気。明日はまた気温が上がるらしい。


車のタイヤ交換は先週したばかり。

そもそものタイヤがノーマルではなく、フォーシーズン用なのでこの程度の雪では問題ないのだけれど。



でもそれで大失敗。タイヤ交換。

もう歳だし、肩も腕も痛いので、前回に続きディーラーで交換してもらおうと電話したら、当分予約で一杯。


タイヤの積み降ろしを考えると、色々と面倒なので今までは自分でやってきた。

だからまぁ・・・



気を取りなおして自分で始めたのはいいんだけれど、何も考えずにやってしまったもんだから、

4本目、最後のタイヤの交換を終えたところで、唖然!






調子に乗って何も考えずにやるとろくなことがない。



フォーシーズン用のマッド&スノータイヤ、回転方向が決まっている。

忘れていた。

4本終わるまで。


期待を込めてタイヤを見ると、案の定反対方向。


結局、全部、やり直し。

死んだ。





やっぱりボケてる、自分。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ