平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

シンゴジラ~ゴジラは暴走する原発か? 3・11を再現した映画。そして現在の日本そのもの

2016年09月09日 | 邦画
 3・11の再現だった。
 最初のゴジラの上陸は<津波>。
 海から上がってきて町を破壊し尽くす。
 官邸は大混乱。
 根拠のない楽観論と前例重視の官僚主義と無能な有識者会議。
 二度目は<放射能>。
 進化したゴジラは<暴走する原発>であり、放射能をまき散らす。
 ゴジラを倒す方法が冷却というのも、水をぶっかけて原子炉を冷やしたのと同じ。
 凍ったゴジラが東京の真ん中で立つ姿は、現在の福島第一原発を思わせる。
 この作品、3・11がなければ完成しなかった作品だろう。
 庵野秀明監督が3・11や原発について、どう考えているのか、聞いてみたい。
 ………………………………

 ゴジラに対抗したのが、霞ヶ関のはみ出し者・オタク官僚だったのも面白い。
 昆虫のアリの世界は働き者ばかりだが、その中の何%かは働かずに遊んでいるアリがいるそうだ。
 彼らは何のために存在しているかというと、いざという時に力を発揮して危機を乗り越えるためらしい。
 はみ出し者・オタク官僚たちはまさにそれだった。
 はみ出し者は日本を救う。
 オタクは日本を救う。
 日本の中心で偉そうにふんぞり返っているやつはどうなんだろう?
 頭が硬直して斬新な発想が出てこない。
 ゴジラに対して彼らが考えたことは、自衛隊の投入や米軍の力を借りること。
 そして国連決議に基づく核ミサイルによる攻撃。
 何かこれは現実に起こりそう。
 日本がどこかの国と戦争になった時は絶対こういう流れになるよね。
 ………………………………

 シンゴジラの到来を予言した牧博士(岡本喜八)。
 博士はゴジラのデータを提示し、「私は好きなようにした。君たちも好きにしたまえ」というメッセージを残した。
 これは日本人に対する絶望のメッセージか?
 たとえば、ゴジラ=原発と読み解くと、「私は原発の危険を提示した。さて、君たちはどうする?」となる。
 経済優先の経団連や経産省、電力会社から献金をもらっている政治家など、日本の中枢は、3・11など忘れて原発を使い続けるんだろうけど。
 ………………………………

 これほど、<法律の適用>にこだわった映画もめずらしい。
 政治家、官僚、自衛隊は、法律を厳格・実直に適用してゴジラに対処する。
 拡大解釈はするが、法律に外れることは絶対にしない。
 これがアメリカ映画だと、法律などお構いなく、敵とガンガン戦っていく(笑)

 でも、これは現在、自民党がすすめている憲法改正の<緊急事態条項>に繋がりそう。
 <緊急事態条項>では、緊急事態が宣告されると、一切の法律は停止され、すべての権限が総理大臣に集中する。
 安倍ちゃんなどは、「ゴジラのような事態が起こったら法律は邪魔でしょう? だから緊急事態条項は必要なんです」と言い出しそう。
 だが、緊急事態条項には危険がある。
 もし首相がバカだったらバカに権力が集中することになるし、独裁的な人物だったら、それが長く続いた場合、独裁国家が誕生する。


『シンゴジラ』
 これは現在の日本そのものを描いた作品だった。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家売るオンナ 第9話~親子の... | トップ | 「関ヶ原」 司馬遼太郎~「... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
映画「シン・ゴジラ(2D)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シン・ゴジラ(2D)』(公式)を昨日のファーストデイに劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 作品を十分に楽しん......
劇場鑑賞「シン・ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
スクラップ・アンド・ビルド… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607290000/ シン・ゴジラ音楽集 [ 鷺巣詩郎 ]価格:3240円(税込、送料無料) (2016/7/25時点......
「シン・ゴジラ」経験ない事例を前にした先にみる初動で全責任を負う覚悟で全てを任さ...... (オールマイティにコメンテート)
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明......
シン・ゴジラを味わうPART1 (事務職員へのこの1冊)
ワーナー版のときに特集したように、わたしが生まれて初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」で、初代スーツアクター中島春雄さんは酒田の人だった。映画と......
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
「シン・ゴジラ」 (森の中の一本の木)
8月に見たのに、ずっと書けなかった映画の感想を書こうと思います。8月3日に見て、最初の数行を書きはじめたのはそれから4日もしてからでした。それでも書く手が止まり今ま......
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......