平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

Q10~この作品はあなどれない。

2010年10月17日 | 学園・青春ドラマ
 普通のロボット恋人ものかなと思っていたら、どうしてなかなか。
 見ると脚本は「野ブタ。をプロデュース」の木皿泉さん。
 この作品も「野ブタ。」の雰囲気がありますよね。
 うまく表現できないもやもやとした若者の心情を的確に描いている。

★まずは名前を呼ばれないこと。
 藤丘誠(柄本時生)。
 教室で名前を呼ばれないのって、存在していないのと同じなんですね。
 よくコントなどで「お前いたの? 存在感ないよな」みたいなせりふが聞かれるが、そんな感じに似ている。
 誰にも存在を認められない不安、孤独。
 だから藤丘は屋上のコンクリートや校長の椅子に<FM>と刻んだ。
 FM=藤岡誠という人間がいることを認めてほしくて。
 冒頭でQ10(前田敦子)が「自分に名前をつけて下さい」と言ったのも同じ。
 名前をつけられることからその人間の存在が始まる。

★ふたつめのテーマはSOS。
 誰もが心の中で「助けて!」と叫びたいと思っている。
 「誰かわたしの所に来て!」「わたしの話を聞いて!」「わたしに微笑みかけて!」と思っている。
 でも、ある人はそんなこと恥ずかしくて言えないし、ある人は何かでそれを誤魔化そうとする。
 この作品はえぐりますね、心の奥底を。
 普通の作品でも心の孤独や不安は描かれるが、ここまではえぐらない。

 そしてこの作品が感動的なのは、みんなで「助けて!」と叫んだこと。
 誰もが抱いている「助けて!」という気持ちを共有することで、みんながひとつになれたこと。
 選曲も上手い。
 「戦争を知らない子供たち」
 反戦歌だが、こんなふうに使われるとは!
 当時の若者達は<ベトナム戦争反対!>というテーマで繋がっていた。
 集会でこの歌を歌いながら<反戦>を唱え、みんながひとつになっていた。
 40年後の今日は<反戦>ではなく<助けて!>だが、若者がひとつになって何かを叫びたいという気持ちは変わらない。
 意表をついているが的確な曲の選択だ。

★そして三つめは世界。
 自分を取り巻く世界を憎むか?愛するか?
 物事がうまくいかなかったり、まわりから排除されたりすると、人は<世界>を憎みがちになるが、ほんの何気ないひと言や優しさで「世界も満更じゃないな」と思える。
 そして「人類が滅亡するのはイヤだな。この町はずっと続いてほしい」と思えることでやさしい気持ちになれる。

 このことを象徴的に描いたのが次のシーン。
 深井平太(佐藤健)と久保(池松壮亮)は、世界滅亡計画を書いた紙を掘り起こす。
 しかし紙は雨に濡れてボロボロで、残されていたのは<世界>の文字。
 そこで発せられたせりふは「世界は生まれました」。
 彼らは再び輝く世界を見出したんですね。

 というわけで、この作品、予想を裏切ってグン!と楽しみな作品に。
 その他にも<リセット>とか<筆跡>とか様々なテーマ・モチーフが内包されていた。
 今後は何を見せてくれるんだろう?


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医龍3 下っ端に保障されて... | トップ | 龍馬伝 第42回「いろは丸... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
せつなく、やさしい。 (Nolly Chang)
2010-10-18 01:28:00
「Q10」見ました。コメディじゃなかったのだな~とびっくりしたと同時に、作品の世界に惹かれました。
今回のフジオカマコト君も、過激なイジメを受けてるわけではなく、不登校におちいっているわけでもないけれど、出席をとってもらえないことで心に深い悲しみがある。
その問題を、彼の家の経済状態を何とかするとか、公立に転校するとかいう流れでなく、空にむっかて助けを求めてみるという方法をとらせたことが、このドラマのすごさだと思います。
心の奥底、たしかにえぐられました。
けれど、ちっとも不快じゃない。
むしろ心の奥に溜まっていたけど、うやむやにしていた感情が浄化されたような気がしました。
鉄塔の下で、世界の滅亡をとめて、新しい世界が生まれたというシーンは、岩井俊二さんの作品世界のようで好きです。

他にもいいシーンが多く、どれも単純じゃなくて、かみしめたくなるようなセリフがいっぱいでした。
良質なドラマの予感。

心の浄化 (コウジ)
2010-10-18 12:26:20
Nolly Changさん

いつもありがとうございます。

>心の奥に溜まっていたけど、うやむやにしていた感情が浄化されたような気がしました。

まさにこの感じですよね。
問題をよくある当たり前の解決法でなく、<浄化>みたいな形で解決している。
そこにはいずれは日常生活の中に埋もれて消えてしまうかもしれない危うさもあって。

もやもやとした心が浄化されること。
救いというのはこういうことなのかもしれませんね。

土曜9時の日本テレビの枠というのは、子供っぽい内容が多く、いつもは見ないのですが、今回はパスしなくてよかったと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
新ドラマ「Q10 キュート」第一回 前田敦子... (今日も何かあたらしいこと)
日本テレビのドラマ「Q10(キュート)」が素晴らしく面白くて名作の予感佐藤健さんが高校生、前田敦子さんがロボット転校生という設定なので、よくある学園青春SFコメディかと思って...
Q10(キュート) 第1話 キュート (レベル999のマニアな講義)
内容同僚高校教師・小川訪(田中裕二)に促され、理科準備室へ向かった柳栗子(薬師丸ひろ子)は、“もう終わりました”とうなだれている岸本路郎校長(小野武彦)を見つける。その...
Q10(キュート) (Akira's VOICE)
初回の感想 
Q10(キュート) この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?  (のほほん便り)
かなり、“人を選びそうな”ドラマですが、私は(とくに、この独特の雰囲気が)好きでした。(「すいか」や「野ブタ。をプロデュース」の)木皿ワールド。もしくは、素朴に主演の佐藤健と前田敦子、脇でひきたてる薬師丸ひろ子や蓮佛美沙子 を味わう意味でも、興味深い…...
新ドラマ「Q10」第1話 (日々“是”精進!)
 第1話私立高校に通う平太は偶然、ロボットの少女を見つけて起動させてしまう。平太に「キュート」と名付けられた彼女は、平太を追い回すようになる。校長の岸本と教師の小川、キ...
Q10(キュート) 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
私立高校3年生の平太(佐藤健)は偶然、ロボットの少女(前田敦子)を見つけて 起動させてしまう。 平太にキュートと名付けられた少女は、自分を起動させた平太をオーナーだと 認識し、追いまわすようになる。 平太とキュートは校長室に連れて行かれる。 工学博士・...
Q10 第1話 (ドラマハンティングP2G)
高校3年の深井平太(佐藤健)は、ある日誰もいない理科準備室で、眠っている女の子(前田敦子)を見つける。 平太が彼女のある部分に触れると、いきなり女の子が目を覚ました――。 実は彼女は前の晩、校長の岸本路郎(小野武彦)が繁華街のゴミ箱で見つけ、酔ったいきお...
【Q10(キュート)】第1話 (見取り八段・実0段)
自分より大切に思える人なんて本当にいるのだろうか。たとえば俺の人生を変えてしまうような。いつでも始められていつでも終えられるそんな物が本当に恋なのか?平太は子供の頃、担...
TVドラマ「Q10」第1回をみて (オレンジの太陽)
土曜日に始まった新ドラマ「Q10」を見ました。 高校生男子(佐藤健)がロボット(
Q10(キュート)第1話 (Thanksgiving Day)
秋のドラマが続々始まってますね!! この週末は楽しみにしていた、日本テレビの「Q10」が始まりました。 まだ第1話だけですけど、友情や愛情、人の暖かさを感じることができる、いいドラマになりそうです。 第1話はこんな内容です。 ↓↓↓ 『平凡な生活を送る高校生の...
Q10 第1話 (MAGI☆の日記)
Q10の第1話を見ました。――例えばこの地球上に自分より大切に思える人なんてホントにいるんだろうか?例えば俺の人生を変えてしまうような。TVで見たような告白をして、雑誌で見つけ...
『Q10(キュート)』 (勝手気ままなドラマ日記)
【タイトル】 『Q10(キュート)』 【放送日&放送局】 土曜日よる9時から 日本テレビ系列 【出演】 佐藤健・前田敦子・蓮佛美沙子・田中裕二・小野武彦・薬師丸ひろ子 ほか 【コメント】 このドラマは、かなり設定にも無理があるかなーという印象ですが、それを...
「Q10」(第1話:「この地球上に自分より大切に思える人なんているんだろうか?」) (鉄火丼のつれづれ日記)
10月16日から「Q10」がスタートした。このドラマは、平凡な男子高生である深井平太(佐藤 健)がQ10という名のロボットに恋をする、という物語である。今回のエピソードの冒頭に出てきた、平太がQ10(前田敦子)を目覚めさせて「20秒以内に名前を付けて下さい。」と話し....