ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アフタースクール』

2008-04-08 22:50:00 | 新作映画
----内田けんじって人、
『運命じゃない人』を作った監督だよね。
確かアメリカの大学で映画を学んだんでしょ。
「そう。サンフランシスコ州立大学芸術学部映画科ね。
8ミリから35ミリ。それに脚本技術までも。
そのキャリアを積んだ上で帰国してPFFに応募。
もう、これは戦略的としか言いようがない。
並みの日本人監督では追いつくのが大変だ」

----そんなに独自性があるの?
「うん。特に脚本がね。
じゃあ、それを分かってもらうために
まずは、この映画のプロットから説明しようか。
主人公は、母校の中学校で働く、人のよい教師・神野(大泉洋)。
彼は今日、親友の同級生・木村(堺雅人)の家へ。
美紀(常磐貴子)を病院に連れて行き、
その出産に立ち会ったばかり。
ところが、学校へ戻った彼を
中学時代の同級生と称する探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
探偵は神野に、今朝撮られたばかりの
木村と若い女(田畑智子)が一緒の写真を見せる。
どうやら、この女はタチの悪いヤクザの情婦らしい。
果たしてふたりは駆け落ちしようとしているのか?
かくして、人を疑うことを知らない男と
人の裏側をばかりを見てきた男による
ちぐはぐな人探しが始まった…」

----うわあ、オモシロそうだ。
でも結局
「なんだ、よくある話だね」で終わっちゃうんじゃニャいの?
「いやいや。
それがそうじゃないんだ。
この映画、実は途中からとんでもない方向へ転がっていく。
“予想不可能”とは、まさにこのこと。
正直言うと、ぼくも二転三転する筋についていくのが精一杯。
上映中、ずっと頭をフル回転させていたつもりだけど、
それでもふと油断すると、
置いてきぼりになりそう----というヤバい瞬間もあったね」

----ふうん。
それってコン・ムービー(詐欺映画)みたいなもの?
「いや、それともちょっと違うな。
この映画を一言で言うと“人生はミステリー”。
自分の見えないところ、
もっと言えば自分以外の人間はミステリー。
その本質を、さりげない視点移動で見せてゆくんだ。
それまで探偵目線で描いていたものが
途中で木村目線に変わる。
すると当然ではあるけれど
それは探偵=主人公から見た木村と大きく違ってくる。
と同時に、ドラマ自体も次のステップへと移って
新たな展開を迎えていくんだ」

----それは俳優も大変だね。
「うん。
自分が、いまどの立ち位置にあるのか。
役の上の相手だけでなく、観客の目線も気にしなくちゃならないからね。
映画はクドカンや 『バンテージ・ポイント』のようなリワインド手法を使い、
“あのとき実はこんなドラマも起こっていた。
ここの真の意味はこうだ----”
と、伏線の見事な回収を見せてくれるけど、
それらの作品に比べて、
こちらはもっとスマート。
しかもそれは人間関係における攻守の逆転というスリリングな場面で
最大のクライマックスを迎えるんだ。
思うに彼はこの作品で
だれのものでもない『内田ワールド』を確立した気がするね」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そ、そんなにスゴいのかニャあ」身を乗り出す

※前半の邦画マイ・ベストだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ここからはCM。
映画とは関係ありません。この車も出ていなかったと思います。

kaffik_img_0000000163.jpg

↑よかったらCLICKしてみてください。動画が現れます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『マンデラの名もなき看守』 | トップ | 『世界で一番美しい夜』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えいさん、こんばんは☆ (rikocchin)
2008-04-28 23:44:19
「運命じゃない人」が未見だったため、内田監督のこともまったく知りませんでしたし、この作品自体もぜんぜん期待もしなければ、試写会場でもらったチラシも読むことなく、単なるアフター青春カムバックムービーかしら的な、お気楽極楽な態度で鑑賞したため、良い意味で見事に裏切られて楽しまされてしまいました♪
脚本と脚本の中で使われるセリフのなんと奥深いことか!(笑)
監督のティーチインで重要なポイントにまつわるエピソードを伺って「なぁ~るほど~」っと会場の半分以上の人が唸っていました(笑)
そんな意味があそこにも、ここにも込められていたのか~っと(笑)
もう一回見たいです♪
■rikocchinさん (えい)
2008-04-29 11:20:34
こんにちは。
この映画ほど、その魅力をネタバレに注意しながら語ることが難しい作品は他にないです。

>監督のティーチインで重要なポイントにまつわるエピソード

それは羨ましいです。
ぼくも聞きたかった。
その上でもう一回、観たい。
ほんとうに魅力的な作品でした。
ミステリーえい (kazupon)
2008-05-25 11:08:32
えいさん

やられた!と思うくらいめちゃくちゃ面白かったです。
>それまで探偵目線で描いていたものが
途中で木村目線に変わる。

ホントですね。観客が描いていた木村像も
ここで大きく変わる気がしました。
↑書かれてますけど、ほんと感想書くのが
ムズカシイ作品ですよね。ちょっとでも
知ってたら面白くないようなそんな映画ですし。
でもいたってオーソドックスな映画の作り方は
素晴らしいですね。
■kazuponさん (えい)
2008-05-25 14:52:47
こんにちは。

kazuponさんのレビュー、この映画の魅力を余すところなく伝えられていて、
拝見しながら、そうだそうだと何度も頷いてしまいました。

映画もヒットしているようで、
ほんとうに嬉しいです。
太鼓判は間違いなく(笑) (にゃんこ)
2008-05-25 22:53:23
こんばんは
えいさんのお勧めどおりの面白い作品でした。
内田けんじ監督、やっぱりいいなぁ~
この気持ちよいほどのだまされ具合と
裏を返せば・・・というネタバレの出し方のうまさが
絶妙でした。
入れ替え制のない映画館だったら、絶対もう一度観ていたはずです(笑)
■にゃんこさん (えい)
2008-05-26 11:15:21
こんにちは。
いやあ、強くおススメした甲斐がありました。
間違いなくぼくももう一回は観に行くでしょう。
そのとき初めて観る人の反応を窺うのも楽しみ。

この映画で何が最も感心したかと言うと、
ある一つの出来事が、
視点を変えるとまったく違ってくる、
それはすなわち
人の数だけ人生があるという
絶対真理を描いていたことにあるという気がします。
人間、だれしも自分中心に物事を考えてしまうもので、
特にその傾向が強い自分なんか
頭をガンとやられた気がします。

もちろん、お話のオモシロさ、
語り口の巧みさは言うまでもありませんが…。
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-05-27 12:36:32
こんにちは
この映画には、見事にヤラれてしまいました
映画の性質上、あまり詳しい感想は書けませんでしたが、
もう一度、改めて見直してみた時、
違った感想を持つような気がします

よく考えられた脚本と映像だっただけに、
謎を全て分かった上で違った目線でこの映画を観ると、
様々な新たな発見が期待できそうですよね
■テクテクさん (えい)
2008-05-27 22:37:31
こんばんは。
実はこの映画、今日2回目を観てきたのですが、
やはり巧い。
というのも、今回は大筋が分かっているため、
余裕を持って観ていたのですが、
実はそのような
(話題になっている)脚本上のギミック部分ではなく、
「アフタースクール」、
学校を卒業した彼らのその後の人生、
その愛と友情の物語として
“泣ける”作品となっていて、
そこにやられてしまいました。
エンディングに進むにつれて、
彼らの思いの深さが
セリフの一つひとつに込められていて、
大げさでなく嗚咽が漏れそうでした(ちょっと恥ずかしい)。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-05-28 00:56:50
ぼく駐の時にアフター~の蔵之助さん
いいですよと言う、えいさんのコメントで、
この映画の存在を知った私です^^
さらに予告編を観て、面白そうだと思って
観に行きました。

この監督の作品は初めてでしたので、後半の
種明かし部分にかなりやられた感を持った
私でした。

えいさんはもう2回目の鑑賞に
行かれたんですね(^_^;)
私は練られた脚本とか映像(見せ方)がすごい
なあと思ったのですが
学校卒業後の愛と友情の物語りにもなっていて
泣ける作品でもあるんですね・・・

いろいろな意味でまた観たい作品です^^
■ひろちゃんさん (えい)
2008-05-28 10:42:32
こんにちは。

自分の紹介がきっかけで、その映画をご覧いただき、
なおかつ気に入っていただけると、
早めに観る機会をいただいている自分にとって
こんなに嬉しいことはありません。

この映画、2度目は、構造も分かっているため
それぞれの表情などを追っていたのですが、
彼らに感情移入しすぎてしまい、
思わず胸がつまりました。

これ、けっこう泣ける映画でもあるんですね。
いまひとつ。 (たいむ)
2008-05-28 18:29:24
えいさん、こんにちは。
私は真剣に見すぎてしまったようです。
アチコチチグハクなところに居心地の悪さを感じながらの鑑賞になってしまいました。
ドンデン系の作品と思っていなかったのが敗因だったと種明かしになって思い至った次第です。
気持ちよく騙されるに限りますねー。この手の作品は(^^;

■たいむさん (えい)
2008-05-28 23:29:28
こんばんは。

レビュー拝見しました。
実は、私の周りでは
この映画に「ダマされた」とか
「どんでん返し」を使うと、
かえって最初から身構えてしまうのでは?
と、いうような論議が起こっていました。

う~ん。逆のケースもあるということですね。

こんばんは~。 (kira)
2008-05-31 00:04:47
ワタシも
>「どんでん返し」を使うと、
>かえって最初から身構えてしまうのでは?
に一票を投じます~。

キャッチコピーもね、サービスし過ぎかな?
逆に、面白さを削いでしまう気がしました。
■ kiraさん (えい)
2008-05-31 13:41:45
こんにちは。

僕はこの映画は、
“それ”をうたっていたにもかかわらず、
展開が読めませんでした。

でも『幻影師アイゼンハイム』はなあ。
最近は『ミスト』もそうですが、
内容の見せ方が難しい。
キャッチコピー作りも大変ですよね。
こんばんは (ノラネコ)
2008-06-13 00:38:23
前作が見事な仕上がりだけに、この二作目は相当プレッシャーがあったと思いますが、見事にだまされました。
観客の心配をよそに、軽々と前作を超えてしまったという感じです。
おっしゃる様に、今現在の誰の映画にも似てない。
二作目にして孤高の世界を確立したと言っていいかもしれませんね。
■ノラネコさん (えい)
2008-06-13 23:01:12
こんばんは。

ノラネコさんにそう言っていただけると、
勇気リンリン。
自信を持って、この映画が好きだと
周囲に話せます。
『内田ワールド』は唯一無比。
これこそ映画ならではの世界という気がします。
やられました (にゃむばなな)
2009-04-30 18:23:38
まさかOPの回想シーンから思い込みを誘発していたとは、お見事でした。
出演者のキャラも巧く用いた傑作でしたね。
■にゃむばななさん (えい)
2009-04-30 21:39:33
この監督は、ほんとうに日本離れしています。
おふざけでなく、映画をオモシロく見せる術を心得ている。
でも、次回作のハードルが高いだろうなあ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アフタースクール (アートの片隅で)
「アフタースクール」のティーチイン試写会に行って来ました。 素晴しい!見事に騙されましたよw( ̄O ̄)w まさかあんな展開になるなんて想像もしていませんでした!! 上映後の内田けんじ監督の話を聞いて、もう一度観たくなったのは私だけではなかったようで、試写会...
アフタースクール ( Art- Mill  あーとみる)
アフタースクールHP http://www.after-school.jp/index.html 午後の上映時間は満員でチケット買えず。 ひとつ遅らせて、夕方の時間だったが、満員だった。 入り口で待ちながら、見終え
アフタースクール (It's a Wonderful Life)
面白かった。 評判のすごく良かった「運命じゃない人」はまだ観れて いないんですが、内田けんじ監督自身による脚本は すごく緻密に練り上げられていて、観客は探偵小説を 読むように一緒に真相を推理してしまうストーリー展開。 面白い脚本と3人のメイン俳優の...
アフタースクール (いい加減社長の映画日記)
「ランボー」も気にはなるんだけど、あんまり趣味じゃなくて。 ストーリーがよくわからなくて気になった「アフタースクール」を選択。 「UCとしまえん」は、普通の土曜のレイトショーよりは多め? 「アフタースクール」は、中くらいのスクリーンで4~5割? 意外と多...
アフタースクール (悠雅的生活)
大人の放課後には何かが起こる!
アフタースクール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
以前、内田けんじ監督の『運命じゃない人』を観たとき劇場で観ることができてよかった~っとその年のベスト映画に上げた経緯もありまして『アフタースクール』観にいってきました。パワーアップしてる♪もう最高です。登場人物学校の教師:神野(大泉洋)神野の同級生:木...
アフタースクール (そーれりぽーと)
騙そうって言うなら騙されてやろうじゃないか! 挑戦的な予告編に、昨年の『キサラギ』を思い出し、そんな意気込みで『アフタースクール』を観てきました。 ★★★★★ やられたw まいりました。 フツーに描く事が目くらましになってる辺りが見事。 『キサラギ』と違う...
アフタースクール 若干ネタバレ注意 (悩み事解決コラム)
 {amazon}  {amazon2} <br />  5月24日公開初日の『アフタースクール』を<br /> 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞。<br /> アフタスクールの監督の内田けんじの<br /> 前作の作品『運命じ
アフタースクール (描きたいアレコレ・やや甘口)
皆さんの初恋って、中学時代でしたか? 相変わらず、佐々木蔵之介って描き難い~!おまけに大泉洋も似てやしない...スルーしてちょうだい。 ...
・・・またしてもヤラれた!『アフタースクール』 (水曜日のシネマ日記)
2005年に劇場公開された映画、『運命じゃない人』の内田けんじ監督の最新作映画です。
いっしょに帰ろう。~「アフタースクール」~ (ペパーミントの魔術師)
実は事の始まりはここから。 いやんもう、 愛と友情の胸キュン青春ストーリーやないですかっ。(え) メインキャストの男3人が コメディもシリアスもできるひとで いいひとも意味ありげも演じられるからこその トリックにすっかりひっかかってしまいました。
「アフタースクール」騙され続けた最後の最後に納得してしまう痛快ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「アフタースクール」は中学時代の同級生が再会し、ひょんな事から探偵の捜査を手伝うことになるがその先にはとんでもないどんでん返し劇が待っているストーリーである。題材的にはなかなか面白く、観ている方は最初こそ違和感があるものの、最後には納得して見終わる事が...
「アフタースクール」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「アフタースクール」公式サイト大泉洋主演とあって 絶対観たかったもんで・・試写会当たって嬉しくて小躍りしながら観にいってきました。舞台挨拶あればもっと嬉しかったんですケド(そんな甘くないー)大泉洋のオトボケ&佐々木蔵之介さんとの...
★アフタースクール(2008)★ (CinemaCollection)
行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後(アフタースクール)には何かが起きる!!笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント!甘く見てるとダマされちゃいますよ<はい、私は完璧にだまされちゃいました・笑>映時間102分製作国日本....
「アスタースクール」みた。 (たいむのひとりごと)
そういうことだったのかーってね(^^;はぐらかすような予告編では何がなんだか良くわからなかったけれど、個性的なキャストと「運命じゃない人」の内田けんじ監督ということから楽しみにしていた作品。あれじゃ、
アフタースクール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後<アフタースクール>には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ』  コチラの「アフタースクール」は、5/24公開となった...
「アフタースクール」映画館レビュー いい (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
内田けんじ監督は、きっと「映画なんてどうだっていい」と言える人なのだと思う。だからこそ私はその勇気に共感するのだろう。
アフタースクール (to Heart)
製作年度 2008年 上映時間 102分 監督 内田けんじ 出演 大泉洋/佐々木蔵之介/堺雅人/田畑智子/常盤貴子/北見敏之/山本圭/伊武雅刀 長編デビュー作『運命じゃない人』がカンヌ国際映画祭4部門を受賞した内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。 {/book_mov/}...
アフタースクール (eclipse的な独り言)
 邦画はいやだという妻を連れて観てきました。(5月28日 清水MOVIXにて鑑賞
【2008-127】アフタースクール (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後(アフタースクール)には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ 人間みんなウラが...
【映画】アフタースクール (新!やさぐれ日記)
■動機 何かこう・・・惹かれるものがあったのかも? ■感想 面白かった ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今...
【アフタースクール】 (日々のつぶやき)
監督:内田けんじ 出演:大泉洋、佐々木蔵之助、堺雅人、常盤貴子、田畑智子、伊武雅刀 「神野は母校の中学校に勤める教師。ある日彼の元に、同級生だと名乗る怪しげな探偵がやってきた。神野の親友の木村を探しているという。大企業のサラリーマン木村探しを手伝う
アフタースクール (C'est Joli)
アフタースクール’07:日本 ◆監督:内田けんじ「運命じゃない人」◆出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本圭、伊武雅刀 ◆STORY◆母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木...
アフタースクール (メルブロ)
アフタースクール 213本目 2008-19 上映時間 1時間42分 監督 内田けんじ 出演 大泉洋 佐々木蔵之介 堺雅人 常盤貴子 田畑智子 北見敏之 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  デビュー作の「運命じゃない人」が、2005年カンヌ映画祭...
アフタースクール (映画通の部屋)
「アフタースクール」製作:2008年、日本 102分 監督、脚本:内田けんじ 出
いっしょに帰ろう。~「アフタースクール」~ (ペパーミントの魔術師)
実は事の始まりはここから。 いやんもう、 愛と友情の胸キュン青春ストーリーやないですかっ。(え) メインキャストの男3人が コメディもシリアスもできるひとで いいひとも意味ありげも演じられるからこその トリックにすっかりひっかかってしまいました。
アフタースクール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
面白いと評判なのに、コチラでの上映がないなぁ~と思っていたら、、、あった【story】母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を...
アフタースクール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
キーワードは「同級生」? 「運命じゃない人」の内田けんじ監督の第二作「アフタースクール」は、失踪した一人の男の行方を巡って、様々な人...
甘く見た(映画:アフタースクール) (美味!な日々)
甘く見てるとダマされちゃいますよ えぇえぇ、騙されましたとも、騙されましたとも。キャッチコピー通りにやられてしまいましたよ。何となく『キサラギ』と同じ匂いを感じた映画『アフタースクール』をレディースデイに鑑賞。
「アフタースクール」 卒業後・・・ (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「アフタースクール」、普通は「放課後」と訳すところでしょうが、この映画
個人授業 (MESCALINE DRIVE)
天然パーマが雨降りに湿気を含んでモッコモコ。赤ちゃんオネショだオムツが匂うぞホッカホカ。肩までのびてモッコモコ、結婚しようよホッカホカ。モッコモコ、ホッカホカ。ホッカホカ、モッコモコ。
「アフタースクール」 内田けんじ初体験 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今までいろいろ映画を見てきたけど「なんやこれ~!」と、わくわくしたんは、久しぶり。 未体験映画に出会ったような感覚やったわ! 犯人探しの推理映画とか、『スティング』みたいな映画で騙されるっていうのはある種当たり前。 そいうのを期待して見てるんやけど、この...
「アフタースクール」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
大人になった同級生との放課後(アフタースクール)には 『裏』があって『建前』があって『嘘』がある。
【劇場映画】 アフタースクール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 母校の中学校で教師をしている神野と、サラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。産気づいた木村の妻を、仕事で忙しい木村の代わりに神野が病院まで送りとどけた。その日、夏休み中だが部活のため出勤した神野のもとに、同級生だという探偵が訪ねてく...
アフタースクール (Diarydiary!)
《アフタースクール》 2008年 日本映画 母校の中学校で教師をしている神野のも
アフタースクール (ダイターンクラッシュ!!)
7月22日(火) 20:50~ シネカノン有楽町2丁目シアター2 料金:1300円(シネカノン会員料金) プログラム:700円 『アフタースクール』公式サイト 前作「運命じゃない人」が、妙に玄人受けしていた内田けんじの新作。まあ、「運命じゃない人」は、見ていないのだが...
『アフタースクール』 (カエルノセカイ)
神野(大泉洋)は母校の中学校で働く教師。 昨晩は、中学時代のマドンナ(常盤貴子)の出産で大騒ぎだった。 寝不足ながらも、夏休み中の部活の監督のため登校した神野は、同級生の島崎と名乗る男(佐々木蔵之介)に会う。 神野は、クラスメートでも、特に仲がよかったわ...
アフタースクール (Memoirs_of_dai)
公務員をなめるな! 【Story】 母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてく...
「アフタースクール」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
母校の中学校で働く人のいい教師、神野(大泉洋)。夏休みにもかかわらず部活動のために出勤 していた彼は、そこで同級生だと名乗る男(佐々木蔵之介)と出会う。男は、神野の同級生で 親友のエリートサラリーマン、木村(堺雅人)の行方を追っていた。神野はちょうどその...
アフタースクール 「楽しくないのはお前のせいだ!」が心に響く (人に伝えたい面白い話とオヤジギャグ)
内田けんじ監督のアフタースクールを見ました。 ストーリーは奇想天外で、ああそっちか~と騙されますが、後味は最高です。 主人公の神野(...
映画評「アフタースクール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・内田けんじ ネタバレあり
『アフタースクール』 (めでぃあみっくす)
甘く見てるとダマされちゃいますよ。まさにその通りの映画でした。普通に始まり、途中で頭がこんがらがって、そして最後にはちゃんと説明してくれるこの面白さ。笑いあり、謎が解ける爽快感あり、そして温かさありの傑作。正直この映画を昨年見逃したことが本当に悔しいで...
『アフタースクール』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとにかつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた・・・。感想合言葉はおかわり!?昨年公開された邦画の中で、1番観た...
「アフタースクール」 (或る日の出来事)
キネマ旬報では、日本映画第10位(読者選出7位)だった。 見てみて、まあ、そうだろうなとは思った。
アフタースクール (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アフタースクール 制作:2008年・日本 監督:内田けんじ 出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子 あらすじ:母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は...