ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハプニング』

2008-06-24 23:40:48 | 新作映画
※少しネタバレチック。
カンの鋭い方は鑑賞ご予定後に、
お読みいただくことをおススメします。


(原題:The Happening)

----これってM.ナイト・シャマランの新作だよね。
彼、『シックス・センス』の頃は、
「ヒット作を生む法則が分かった」みたいなこと豪語していなかったっけ?
「うん。あまりにもスゴい自信で、
ファンはビックリしたものだけど、
結果的にそれ以降の作品は二番煎じだったり、
とんでもないオチだったりで、
失笑するファンも…」

----えいもそうニャの?
「実を言うとぼくは『アンブレイカブル』は、
そう嫌いでもないんだ。
ダメだったのが『サイン』、
そして『レディ・イン・ザ・ウォーター』だね」

----でもそれって
どんでん返しがなかったからでは?
「それはそうかも。
だからと言ってブラッドベリの短編を思わせる
どんでん返し系の『ヴィレッジ』も、
やはりガクッと気が抜けたしね」

----ふうん。
それでもファンは観に行くんだ?
「そうだね。
ある意味、ラストでそのガクッとくるのを楽しんでいるような---
そんな自虐的なところがある気がする。
さてこの作品は、
ある日突然、人々がおかしな言動を始めたり、
急にその場に立ち尽くしたり。
そのあげくには次々と自殺してしまう。
そんな中、主人公エリオット(マーク・ウォルバーグ)は
最近、その仲がぎくしゃくしている妻アルマ(ズーイー・デシャネル)や
友人ジュリアン(ジョン・レグイザモ)と
その娘ジェス(アシュリン・サンチェス)らと、
<安全な地>を求めて逃げ惑う----こういうお話だね」

----そのハプニングが
なぜ起こったかは分からないわけ?
「うん。最初はね。
でも主人公は高校の科学の教師。
パニックに陥りながらも
観察と分析で、次第にその謎の正体に迫っていく」

----そのプロットだと、
どんでん返しでもなさそうだニャ?
「そうだね。
それよりも、その異常事態の描写の方に重きが置かれている。
人々が次々と高いビルの上から飛び降りたり、
動物園でトラに自分の腕を噛みちぎらせたり。
そんな中、クライマックスでは 『ミスト』的な展開が待ち構えている」

----つまり、一番怖いのは人間ってこと?
「うん。見どころを教えちゃうことになるから
あんまり詳しくは開かせないけどね。
それまで
シャマラン映画には珍しく
ロードムービー風の流れで攻めていながら、
最後は『サイン』のような
一軒の家の中のお話になってしまう」

----でも最後は助かるんでしょ?
「さあ、どうでしょう。
今回は、どんな風に『アララ』となるエンディングを迎えるのか、
じっと目を凝らしていたんだけど、
まあ、これはこういうもんだろうなという終わり方。
エリオットとアルマ。
共に危機を乗り越えた二人の愛の回復も描かなきゃいけないしね…」

----ハリウッド映画だからニャあ。
「そういうこと。
さらに後日譚が二つもあるし、
シャマラン本人も、
どう終わらせるか迷いがあったんじゃないかな」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「不気味そうな映画だニャ」小首ニャ

※よくいえばシャマランの新境地だ度


※goo、もしかして初のブログパーツ?



人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ネコナデ』 | トップ | 『ドラゴン・キングダム』 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (dai)
2008-07-02 06:49:42
『レディ・イン・ザ・ウォーター』からだいぶ軌道修正してきましたね。ただもう少し、全てにおいて説明がほしかったですw
これもまあよく言えば、シャマランの新境地なんですかね?
■daiさん (えい)
2008-07-02 23:28:20
こんばんは。

こんどはどんなオチと見つめる周囲の注視をあえて裏切る。
そこが新境地と言えば言えるかも…。
つまり、「説明不足」さえも確信犯ということでしょうか?
えいさん☆ (mig)
2008-07-18 11:24:10
こんにちは♪

観たあとで読ませて頂きました~

ほんとシャマラン、すごい自信でしたよね~。
でも前作でコケたせいか、
今回は気合い入ってた気がします。
わたしもラストは仕方ないのかなという気もするけど
失速しちゃった感じは否めなかったです。

でも満足です

あれ?このブログパーツってカスタム仕様のテンプレじゃなくても貼れるんですか?
やってみたいなー
■migさん (えい)
2008-07-19 12:16:59
こんにちは。

ラストは、あれしかないんでしょうね。
こういうテーマだと、ほんとうに締めくくりが難しい。
そういう意味では『ミスト』は大胆でした。

あっ、このブログパーツ。
普通にできましたよ。
でも凝りすぎているみたいで、
自分のMacでは反応が遅いです。
どこか他のパソコンで試してみなくては…。
えいさん (mig)
2008-07-19 22:37:10
こんばんは☆
ありがとうございます。ブログパーツ、貼れました~
でもクリックしたらほんとにハプニング。
不思議なことになっちゃって
最初びっくりしちゃいました

あと、TBが届かなかったみたいです☆
ハプニング (たいむ)
2008-07-26 10:33:34
えいさん、こんにちは。
この記事、なにか仕掛けがしてありますか?
いきなり場面がブラックアウトして、「ハプニング」の動画が動き出すからびっくりしましたよ。
知らずになにか先に触ったかしら?

自虐的ファンってとこが笑えますね。
確かにお隣さんはそんな感じでしたが(笑)
自虐的 (kossy)
2008-07-26 13:58:04
シャマラン監督は映画ファンが自虐的に自分の映画を見に来ることを知っていたために、それを逆手にとって自傷的なストーリーにしたのでしょうか。

この初日ってのは他の観客の顔色を眺めるという楽しみもあるのかな~(笑)
こんばんは (ノラネコ)
2008-07-26 22:45:26
私はシャマランの映画では一番面白かったのは「サイン」で、一番ダメだったのは「レディ・イン~」でした。
この映画は前者の系統なので、それなりに楽しみましたけど、なんだか妙におとなしくなってしまって薄味な感じでした。
シャマランには良い意味でB級スペシャリストを目指して欲しいのですが・・・・
本人が出てないのも、無いなら無いで寂しいものです(笑
■たいむさん (えい)
2008-07-27 16:25:17
こんにちは。
そうなんです。
これはgoo初の映画のブログパーツ。
ちょっと触っただけで大変なことになるので
自分でも近寄らないようにしています(笑)。

自虐的ファン。
我ながらいい言い回しに気づいたと思っています(笑)。
ピッタリでしょ。(爆)
■kossyさん (えい)
2008-07-27 16:27:03
こんにちは。

おっ、ここでも「自虐的」が話題に。
そうか、シャマランはそれをすでに見越していた…。
うん、ありえる。ありえる。
いやあ、やりますね。シャマラン!
■ノラネコさん (えい)
2008-07-27 16:36:44
こんにちは。

>私はシャマランの映画では一番面白かったのは「サイン」で~


ということで、えっ?と思いましたが、
ノラネコさんのレビューを拝見して
少し分かった気がします。

あっ、もう謎は解けたことと思いましたが
シャマランの「出演」は、あの「声」のようです。
自虐的 (となひょう)
2008-07-31 20:55:59
こんにちは。
確かに、ブロガーさんの間では何だカンだ言って観に行く方が多いですね。
あっ、私もですが。
突っ込みどころはあれど、異変が起こる前半には引き込まれました。
公園で動かなくなった人達の姿や。
ビルから次々に飛び降りる人達の映像はショッキングでした。
けなす人も多そうだけど、話題になることには変わりなかなぁなんて。

今、ココログが絶不調なので。TBが上手くいかなかったら恐縮です・・・
こんばんは (なな)
2008-07-31 22:43:17
シックスセンスとサインは大好きです。
たとえ裏切られようが,失笑しようが
なんとなくシャマランって,無視できないんですよ。
やはり自虐的なのか・・・?ファンというほどでもないのですけどね。
確かに今作は方向を変えてきましたね。
途中の,得体の知れない怖さは,なかなか他の作品ににないものがあって
引き込まれましたよ。
■となひょうさん (えい)
2008-08-01 22:02:01
この映画、独特の空気感はありましたね。
ある意味『Xーファイル』の映画版よりも
『X-ファイル』っぽい。
草がざわざわとするところの感覚とか、
けっこう好きでした。
■ななさん (えい)
2008-08-01 22:08:49
こんばんは。
『サイン』をお好きな方って、
思ったより多いですね。

ぼくもシャマランは無視できない監督の一人。
たとえ最後にガクッとなっても、
異様な空気感の醸成は彼ならではのものだと思います。
3位 (aq99)
2008-08-02 22:40:54
私は「ヴィレッジ」が好きです~。
あの頃は、残虐な事件の連発に厭世的になってて、ほんまにあの人たちみたいな目にあったら、ああいう共同体もありかなぁ~とリアルに考えてました。

で、この映画「ヴィレッジ」の次に好き。
映像面は評価できると思います。
■aq99さん (えい)
2008-08-04 12:30:41
こんにちは。

ぼくも『ヴィレッジ』は、
そんなにまで言われなくていいじゃないかと
内心思っています。
ブラッドベリーのある作品に仕組みが似すぎているのが
問題とされたのでしょうね。

この『ハプニング』も、恐怖の産み方は
さすがだなと思いました。
なぁんちゃって、というハプニング (亜蘭真 主美士)
2008-08-06 00:23:58
後日談で、サプライズパーティーでしたと、いうのを、オチにもってくるのかと思ってましたがさすがにそれはなかった!!
じつはこの作品スルーしようかと思ってました。が、やはり僕も自虐的なもので・・・つい・・・。で、みはじめて最初の、イケ面君とのミツバチのやりとりで、結局自然界のことはわからんというところで、作品の全容が把握できてしまったため、あとはこじつけのようなやりとりをぼーっとながめていました。(自虐的なもので・・・つい)
むしろorganizm(未公開)みたいにせまりくるのが分かっていた方がアメリカでは受けたとおもうし、自然現象にしてもたとえばキノコとかが異状に繁殖してそのホウシで、shrooms(未公開)みたいに精神にさようするとかの映像でもあれば、すっきりしたのに。
大体シャマラン作品はシックスセンスのオチもある一点の矛盾でノレづジマイで、ヴィレッジがそこそこの感じだけで。あとは、あまりおもしろいとも感じなくても見続けて(自虐的なもので・・・つい)マスター・オブ・エラー:ウーヴェ・ボルの域まではまだまだあるものの何時たどり着くかとたのしみにしている状況です(自虐的なもので・・・つい!!で、シャマラン監督じゃなくてツマラン監督とよんじゃいそうです・
でも、次回作も期待していますよ!!(じぎゃ・・・・)
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-08-06 21:21:32
こんばんは。
これは輸入DVD?
それとも初日劇場鑑賞?

しかしウーヴェ・ボルですか?
亜蘭真 主美士さんの守備範囲はどこまで広いんだ!?

シャマランをツマランという言葉のセンスも含めて、
「映画秘宝」愛読者と見ましたが…。
違うかな??????

初日じゃないけど (亜蘭真 主美士)
2008-08-07 01:56:15
僕は基本、劇場派なのだ!!
劇場の空間って、色んな反応があるじゃないですか。そこもふくめての作品だとおもってます。(腹の立つ出来事も後ではそのことで印象に残ったり・・・)

ウーヴェ・ボルは、たとえぼくが守備の名手だとしても、守備はできません。なにせ彼は、かすりもせづ、悪球に手を出す(何も見ずフルスイング)方なので、守備機会がありません!!
ちなみにシャラマンは、当たるんだけど、会心の当たりではないんだけど、なぜかヒットするタイプなので、突っ込みながらの守備をしています。その方が彼はよろこんでいるにちがいありません!MナイトシャラマンのMはひょっとしたら、マゾかも・・・・と、おもってます。

ちなみに秘宝は立ち読みが多いですが、たまに新作の情報でかったりします。(秘宝的センスがあるなんて、プロの方から言われたら、ひょっとしたら、秘宝で、バイトできるかも・・・)
あっこの駄文にはレスいりませんのでよろしく!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハプニング (Memoirs_of_dai)
シャマラン少しは改善してきたか!? 【Story】 ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突...
ハプニング/The Happening (我想一個人映画美的女人blog)
『シックス・センス』で評価されて以来、一発屋とか言われちゃってるMナイト・シャマラン監督、久々の新作{/ee_1/} 今回も、もちろん自身が脚本を務める。 シャマランが来日してのジャパンプレミア{/kirakira/}は『クローバー・フィールド』のジャパンプレミアと同じ、...
「ハプニング」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「ハプニング」のジャパンプレミアでJCBホールに行って来ました。 招待状がアリーナ席とバルコニー席に別れていたのですが、この会場のアリーナ席はあまり良い環境でなかったので、バルコニー席でラッキーでした。 しかし、入場口で座席数通りにチケットを交換している...
「ハプニング」みた。 (たいむのひとりごと)
ワザワザ前夜祭に出かけるほど期待していたわけではないが、お得な金曜日なのでレイトショーにて鑑賞。イヤー見えざる敵は怖かった[E:shock] 人は恐怖を克服するために、アレコレ理屈を付けたがるわけで、
ハプニング (ネタバレ映画館)
シャマランを探せ!
ハプニング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人類は滅びたいのか。』  コチラの「ハプニング」は、「シックス・センス」、「レディ・イン・ザ・ウォーター」のM.ナイト・シャラマン監督による7/26公開のPG-12指定のディザスター・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、「ザ・シュ...
「ハプニング」を観る (紫@試写会マニア)
M・ナイト・シャマラン監督作品「ハプニング」を観てきました。 この監督作品は何かと物議を醸し出す事で有名ですが、ジャパン・プレミアで拝見した彼は、スラリとしたハンサムな紳士でした。 本人に会って(見て)持った至極個人的な見解ですが、インドの裕福インテリ...
「ハプニング」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・20世紀フォックス/監督:M・ナイト・シャマラン) 「シックス・センス」で大ヒットを飛ばすが、以後1作ごとにテンションが落ちて行ってる(ようにしか見えない)シャマラン
『ハプニング』 (めでぃあみっくす)
この映画を見終わったあと、再びM・ナイト・シャマラン監督の次回作が楽しみになりました。映画本編はヒッチコックを彷彿させるような古典的ホラー調な前半と多くの含みを残したままの後半のために世間一般の評価はあまり高くないみたいですが、個人的にはこの監督だから...
ハプニング (eclipse的な独り言)
 ある種、清い映画だと感じました。これはこれでありなのでしょう。ネタばれ全開です
ハプニング~ホラー版「不都合な真実」 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。M・ナイト・シャマラン監督、マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、スペンサー・ブレスリン。予告編のさわりや部分部分だけ取り出すと虚仮脅しのB級ホラーなのだけれど、映画全体で観ると「不都合な真実」の超A級ホラー版のよ...
ハプニング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告で興味を持ったので、とりあえず鑑賞してみた―【story】ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突然死に至る病が蔓延し始める。人類滅亡の危機を前に世界はパニックに陥っていた。その地球危機の中でエリオット(マ...
ハプニング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“恐怖”と“謎”の天才M・ナイト・シャマランが放つ壮大なるディザスター・サスペンス。本作でシャマランが突きつけるのは、絶対に逃れることの出来ない「見えない脅威」だ。 “世界の終わり”という恐ろしいアイデアを思いつき、ただならぬ胸騒ぎを覚えたシャラマ...
ハプニング 人類は滅びたいのか。 (銅版画制作の日々)
  ハプニングの正体とは??????   M・ナイト・シャマラン監督最新作は「ハプニング」。実は私はシャラマンだと勘違いしていたと思います?(汗)ベルイマン監督もベイルマン監督と勘違いしていたことあって、ご指摘を受けたもんで・・・・。横文字の名前は...
ハプニング (映画通の部屋)
「ハプニング」THE HAPPENING/製作:2008年、アメリカ 90分 P
ハプニング (虎猫の気まぐれシネマ日記)
シックス・センスの後遺症をいまだ引きずっていて,シャマラン監督作品と聞くだけで何となく観てしまう私・・・・。主演のマーク・ウォルバークも好きだし。いつも人智を超越したテーマをぶつけてくるこの監督。今回はニューヨークのセントラルパークを皮切りに,突如とし...
風と共に去りぬ (MESCALINE DRIVE)
どこまで逃げればいいのか何から逃げればいいのかわからない恐怖は凄絶で、何も確証のない逃避行が果てしなく続く。M・ナイト・シャマランの最新作「ハプニング」を観た。インド人もビックリだ!
ハプニング (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&ミステリー  監督:M・ナイト・シャマラン  出演:マーク・ウォールバーグ      ズーイー・デシャネル      ジョン・レグイザモ      アシュリー・サンチェス 【物語】 ある日、ニューヨークのセントラルパークで人々が...
ハプニング The Happening (いい加減社長の映画日記)
映画サービスデーということで、会社を早退して映画館に。 ほんとは、豊洲で「近距離恋愛」を観ようかと思ってたんだけど、あいにくもう夜しか上映がなく。 先週、パスしていた「ハプニング」を選択。 「UCとしまえん」は、映画サービスデーだけあって、普段よりは結構...
「 ハプニング / THE HAPPENING (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ハプニング】2008年7月26日(土)公開 監督・製作・脚本 : リチャード・...
「ハプニング」 自然への畏れ (はらやんの映画徒然草)
「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督の最新作です。 たぶん彼は「シッ
映画 「ハプニング」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
PG-12はグロだったからですね。・゜・(ノД`)・゜・。 生々しくて見てられなかったです(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
『ハプニング』 怖い、でもそれはシャラマン・ファンの期待していた“先鋭さ”なのか… (ketchup 36oz. on the table)
『ハプニング』  監督:M・ナイト・シャラマン 出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、ベティ・バックリー、アシュリン・サンチェス、スペンサー・ブレスリン、ロバート・ベイリー・Jr. ほか シャラマン監督の最新作...
【2008-175】ハプニング (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 人類は滅びたいのか。
ハプニング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:M・ナイト・シャマラン 脚本:M・ナイト・シャマラン 第一の兆候:言葉の錯乱 第二の兆候:方向感覚の喪失 第三の兆候:死 怖かった。 その意味ではこの映画を楽しみ(?)ました。 正確には怖いと言うより、超不気味って...
★「ハプニング」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
「ハプニング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
今回はこうきたか~・・
【映画】ハプニング…パニック映画だけど皆さん結構冷静 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}はあんなに良い天気{/kaeru_fine/}だったのに…夜半から雨{/kaeru_rain/}が降り出して、今日もなんだか天気良くないですなぁ{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/} そんな天気{/kaeru_rain/}の中、午前中はPCショップ{/pc2/}、模型店{/car2_tank/}、おもちゃ...
「ハプニング」(The Happening) (シネマ・ワンダーランド)
「シックス・センス」や「サイン」「ヴィレッジ」など超常現象を題材にした作品で知られるインド出身の米映画監督、M・ナイト・シャラマン(38)が次々に起こる奇怪な自然現象を描いたシチュエーション・ホラー・ムービー「ハプニング」(2008年、米、91分、FOX映...
映画『ハプニング』を観て (KINTYRE’SDIARY)
68.ハプニング■原題:TheHappening■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:91分■鑑賞日:8月2日、吉祥寺プラザ(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:M・ナイト・シャマラン□製作:サム・マーサー、バリー・メンデル□製作....
ハプニング (mama)
THE HAPPENING 2008年:アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン 出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、M・ナイト・シャマラン、フランク・コリソン、アシュリー・サンチェス、ベティ・バックリー、スペンサー・ブレスリン ニ...
映画評「ハプニング」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督M・ナイト・シャマラン ネタバレあり