ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『南極料理人』

2009-07-22 23:22:13 | 新作映画
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人
南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。
オモシロそうな、そうでもなさそうな…。
「うん。確かにイメージがつきにくいよね。
この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。
周りはペンギンもアザラシもいない真っ白な世界。
開かれているとはいえ、一種の密室劇だからね。
こういう映画の成功のカギは、
一にも二にも役者の力量にかかっているといっても過言じゃないかも…」

----そう言われてみると、
けっこう、個性的な役者がそろっているよね?
「雪氷学者に生瀬勝久
気象学者にきたろう
雪氷サポートに高良健吾
ドクターに豊原功補
あと、車両担当が古舘寛治
通信担当が黒田大輔
大気学者が小浜正寛と、
いずれも劇団出身の個性派たち。
そんな彼らが見せる“ちっちゃなエゴ”がこの映画のキモかな」

----“ちっちゃなエゴ”って?
「たとえば、ラーメンが好きで
夜中にこっそり食べてしまって底が尽きる。
自分が悪いのに『ラーメン食べたい』と涙ぐむ。
あるいは、日本にいる彼女にふられて
KDDの電話交換手にプロポーズ。
はたまた、仕事がいやで仮病しちゃう…」

----(笑)ニャんだか、みんな子供っぽい。
「そうなんだ。
その子供っぽさがこの映画の楽しさ。
一応は、国家を代表して
各分野から選ばれているだけあって、
みんな専門分野には詳しいけど、
ほかのことは全く知らなかったりする。
しかも、そういう選抜メンバーだけあって、
さぼったり、イラついたりしても深刻な事態にまでは陥らない。
その安心感の下、
いまの窮屈な日本ではありえない
別時間の流れとその中での生活を楽しむのがこの映画。

ぼくが観ている時なんて、周囲では笑いが絶えなかったね。
ここは一種の別世界。
あっ、そうそう。
堺雅人扮する主人公・西村の娘に扮した小野花梨がいい。
こういう娘がいたら、お父さん大変だろうなと思わず同情せずにはいられない、
ひねた役をなりきりで演じている
まだ11歳というのに、この役者根性。
将来が楽しみだ」


     (えいwithフォーン)


フォーンの一言「でも、いちばんの見モノはやはり料理なんだろうニャ」身を乗り出す

※料理を手掛けたのは『かもめ食堂』『めがね』と同じ
フードスタイリスト・飯島奈美たちだ度



人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『THE ダイエット!』(@「... | トップ | 「福岡市立城西中学校1969」 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2009-07-27 00:34:39
未見なのに失礼します。
予告編だけでも楽しそうで公開が待ちどおしいです。

かもめ食堂以来
映像で見る食べ物のおいしさ度(笑)にうるさくなってしまって
めがね…でさえ
う~ん…だったんですがこの映画
おいしい料理、あったかい料理が人を幸せな気分にする…作品なんで
結構その絵面は大事。
予告編だけでもおいしそうだったので期待大です♪
■Agehaさん (えい)
2009-07-27 19:35:20
こんにちは。

いやあ、この映画は「おいしかった」です。
どうやら南極料理の基本コンセプトに「男が食べたくなる料理」というのがあったみたい。

シズル感という懐かしい言葉を思い出させる映画でした。
Unknown (Ageha)
2009-08-24 18:18:07
いや~面白かったです。
特に何かかわったことがあるわけでもないのに。

で、キャストの面々もその演じる役柄も
濃い。ホントにあんなひとらばっかりだったら
むちゃくちゃ楽しそう。
・・・いや、ああでもなきゃやってらんない場所かもしれませんが。

結婚しても子供が大きくなる頃には
誕生日だとか記念日だとか
いっしょにいてもしなくなったりしますね、
ましてや一人単身赴任だと。
料理で特別な日をもてなす・・・それもまた
ええことだったんですが
なんでもない料理にこんなに心が動かされるとは思いませんでした。
たとえば、おにぎりやとん汁がむちゃくちゃおいしそうだったり、
エビフライにびっくりし、
から揚げやラーメンに涙する。
十分心もおなかいっぱいになりました。
うんうん (miyu)
2009-08-24 20:00:41
あの娘役の子、これからコメディなんかには
欠かせないかもしれませんね。
おならをぶっとした堺さんに絶妙なタイミングで
蹴りをかますシーンは思わず笑ってしまいました。
特別感情を揺さぶる映画ではなかったけど、
暑い夏に涼しげなってか寒そうだけど、
映像とほんわかとした空気感に観ているだけで
のんびりとした気分を味わえましたね~。
■Agehaさん (えい)
2009-08-25 22:44:29
こんばんは。

料理を扱った映画って
最近、ほんとうに増えてきましたが、
これはなかでも「おいしさ」が際立っていました。
とりわけ、ラーメンはお見事。
『ラーメンガール』のラーメンより、
遥かにおいしそうに見えました。
■miyuさん (えい)
2009-08-25 22:46:15
こんにちは。

最近の日本映画の子役って、
ほんとうにのびのびと演技していますよね。
大人が演技つけているという以前に、
自分で解釈している感じがします。
そういう意味では、日本映画の未来は明るいと
ひそかに思っているのですが…。
こんばんは (ノラネコ)
2009-08-25 23:51:56
設定からしてドラマを作り難い話だなあと思いましたが、意外と良かったです。
何が起こるわけでもないですが、非日常の日常を覗き見るような面白さでしょうか。
一年間はさすがにキツイですが、二週間ぐらいならこの何も無い世界で羽を伸ばしたいなあと思いました。
役者を活かせる良い監督が出てきましたね。
■ノラネコさん (えい)
2009-08-26 09:09:45
いわゆるこれは変形密室ものですよね。
ベース内はもちろんのこと、
外に出ても、見渡すかぎり広がっているように見えながら、
動ける範囲は限られている。
その空間の使い方がうまい映画だと思います。

ぼくは寒さに弱いので、
二週間は無理だなあ(笑)。
みんなカワイかったですね。 (vic)
2009-08-28 00:03:58
家族や恋人達とのつながりに危機を感じながら全うする、過酷な仕事だな~と思いました。
8人が全員、普通の人はいない!みたいにクセのある人達ばかりでしたね。
子どもっぽい所をみんな持っているんですよね!

女性より、男性の方が炊きたてご飯とおみそ汁に思い入れがあるような気がします。
■vicさん (えい)
2009-08-28 17:10:10
こんにちは。

この場所、南極基地には女性がいないというのが大きいですね。
だれも見栄を張らずに済むし、
カッコつける必要もない。
そこで、みんな自分の本心のおもむくまま、
好きに行動できちゃう。
そう、一種の子供返り。
この映画を観ていると、
なぜか小学校時代の空気を思い出したのは、
そういうところに理由があるのかもしれないです。
お久しぶりです (なな)
2010-03-04 22:16:16
そっか~,この作品の心地よさは
南極という過酷だけれど
「完全なる非日常」にあったのかもしれませんね。
登場人物たちの「ユルさ」は
「人目」や「浮世の悩み」を気にしないで済む,という理由もあったのでしょうね。
「浮世」と隔絶されるとストレスもたまりますが
反対に浮世そのものが与えるストレスからも逃れられますからね。
そんな中で「最高の食事」を味わっていた彼らが
ますます羨ましくなりました。
隊員から時には駄々をこねられたり,無理を言われたりしていた堺雅人は
彼らの女房みたいなものだったのでしょうね。

■ななさん (えい)
2010-03-06 10:19:58
こんにちは。

そうですね。
ぼくはこの「完全なる非日常」での
楽しい日々に惹かれました。
だって、「南極」ということを
シビアに考えてみたら、
『ホワイトアウト』(洋画の方)にも描かれていましたように、
厳寒で、こんな明るい顔ばかりの日々では
ないはずですもの。
一種の理想郷としての描き方だったという気がします。

そうそう。堺雅人は彼らの奥さんなのでしょうね。
楽しい映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
お腹が空く映画見てきました! (マリリンブログ)
今日は、堺雅人さん主演の映画 「南極料理人 」のプレミア試写会に行ってきました。 プレミア試写会という事で、 主演の堺さんや、生瀬さん、きたろうさん等 出演者の方達と監督がゲストで招かれていました。 堺さんのファンの方達が大勢来ていたようで、 堺...
『南極料理人』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪
南極料理人 (映画ってエエがな)
南極料理人     ←コチラをクリックお願いします 本作の舞台は南極です。映画化される前に私は西村淳さんの「面白南極料理人」、さらにもっと以前に報道カメラマン宮嶋茂樹さんの「南極観測隊ニ同行ス」を読んでいたので予備知識があり、作品を観るに際しては余...
試写会「南極料理人」 (流れ流れて八丈島)
へとへとの当直明け、真っ直ぐ家に帰って、目覚まし時計もセットしないで、どっぷり昼寝しちゃいました「ハッ!」と目覚めたら、夕方五時半、ギリギリです危うく試写会に間に合わないところでした新橋ヤクルトホールで、「南極料理人」を観てきました超お薦め、とても面白...
『南極料理人』を観るつらさ (映画のブログ)
 テアトル新宿は全席指定なのに、『南極料理人』は立ち見が出る盛況だった。  同じくテアトル新宿で観た『インスタント沼』も込んでいた。...
*南極料理人* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2009年  日本 海上保安庁の料理担当である西村は、南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べることだけ。観測隊員のため...
【99.2Kg】 「南極料理人」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ♪ 昨日(金曜日)は、ブログ更新をサボってしまいました。その前の日に会社を休んだので、そのまま体調を崩しているのか?と思いきや、そんなことはなく、金曜日は元気に会社に出かけましたよ(^0^)/
南極料理人 (だらだら無気力ブログ)
南極観測隊に料理人として参加してドームふじ基地で越冬した西村淳の エッセー「面白南極料理人」を映画化。 家族や恋人と離れ、ペンギンもアザラシもウイルスさえもいない過酷な環境の 下で共同生活を営む8人の男たちの人間模様を描く。 主演は堺雅人で共演に生瀬勝久...
「南極料理人」:大島一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ハトにエサをやるのはまずいかもしれないけど、南極観測隊にはエサをやらないとな。 {/hiyo_en2/}エサ?お国のために極地でがんばっている人たちにエサとは失礼でしょ。 {/kaeru_en4/}あ、これは失言。でも、「南極料理人」に出てくる観測隊員は、探検家と...
ラーメン、から揚げ、えっびフライっ!(笑) ~「南極料理人」~ (ペパーミントの魔術師)
なんでワルキューレでこんなに笑えるかな~(爆) 予告編見すぎ? 究極の単身赴任は可愛い動物どころかウイルスもいない場所。 電話は恐ろしく高い。娯楽施設も家族からも離れて それはそれは過酷な1年強。男8人のむさい生活。(笑) 好きな仕事だとしてもその期間が終わる...
南極料理人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『おいしいごはん、 できました。』  コチラの「南極料理人」は、実際に南極で料理を作っていた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」を、本作が商業映画デビューとなる沖田修一監督が、主演にあたしも好き♪な堺雅人を迎え、映画化した8/22公開のハートウォーミング...
南極料理人 (日々緩々。)
本日公開した『南極料理人』、さっそく観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
南極料理人 (勝手に映画評)
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしな...
南極料理人・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・...
『南極料理人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8...
南極料理人 (to Heart)
おいしいごはん、できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 上映時間 125分 原作 西村淳 『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊) 脚本・監督 沖田修一 出演 堺雅人/生瀬勝久/きたろう/高良健吾/豊原功補/西...
南極料理人 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
南極の観測基地で、7人の観測員と一人の料理人が繰り広げる共同生活を、コミカルに描く、いわばシチュエーション・コメディー。 物語:海上保安庁の料理担当である西村は、事故にあった先輩の代わりで突然、南極ドームふじ基地に派遣される。 世間で知られる昭和基地...
【南極料理人】 (日々のつぶやき)
監督:沖田修一 出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補    おいしいごはん、準備中。 「海上保安庁で調理担当だった西村は南極のドーム基地に単身赴任することになった。 生物は全くいない、ウイルスさえ生きられない極寒の地でたった8人だけ
「南極料理人」 究極の単身赴任 (はらやんの映画徒然草)
今回のサブタイトルは、本作「南極料理人」の予告の中で使っていたコピーです。 もう
南極料理人 (悠雅的生活)
イクラのおにぎり。伊勢海老のフライ。特製ラーメン。
映画「南極料理人」 (Playing the Piano is ME.)
空腹なまま見に行くと、もうやばい、やばい! もう、お腹がグウグウなっていました! 家に帰ったら 普段は「手間がかかるから」と言って滅多に作らない 茶碗蒸しなんて、頑張って作ってしまいました。
南極料理人☆独り言 (黒猫のうたた寝)
おいしいご飯があれば、まぁどんな状況でもどうにかなるもんです。『南極料理人』は南極ドームふじ基地を舞台にその観測隊員8人の日々を描いた作品です。-70℃にもなる極寒世界での1年半の観測生活集まったメンバーは気象学者のタイチョー氷雪学者の本さん、そのサポート...
『南極料理人』 (カエルノセカイ)
舞台は1997年の南極ドームふじ基地。 標高は富士山よりも高い3,810m、昭和基地からの距離1,000km、日本からの距離は14,000km、外気温平均マイナス54℃。 この極寒の地で、8人の観測隊員たちが、およそ1年半のあいだ生活を共にするのだ。 主人公、西村(堺雅人)は海上...
南極料理人 (描きたいアレコレ・やや甘口)
西村くん、どうしよう~、楽すいぅ~~。 最初の夕食や朝食の場面で「どんだけメインのおかずがあるんかいっ!」とか「うわ~堺雅人の料...
南極料理人 (心のままに映画の風景)
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドームふじ基地。 西村淳(堺雅人)は、総勢8名の男たちの食事を...
ラーメン食べたい!~『南極料理人』 (真紅のthinkingdays)
 南極・昭和基地からはるか1000キロ、ペンギンやアザラシはおろか、ウィルス さえいない極寒のドームふじ基地。ここで集団観測生活を送る8...
南極料理人 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  南極のふじ基地で働く8人の隊員の日常を描いただけのシンプルなお話。このふじ基地は、ペンギンもアザラシも住めないほど寒くて、何もない南極の奥地なのである。 従って、この退屈な日常を救えるのは、食事の楽しみを置いてはない。その大任を受け妻と娘を...
南極料理人 (メルブロ)
南極料理人 279本目 2009-39 上映時間 2時間5分 監督 沖田修一 出演 堺雅人  生瀬勝久  きたろう  高良健吾  豊原功補  西田尚美  古舘寛治  宇梶剛士  嶋田久作  黒田大輔 会場 テアトル新宿 評価 8点(10点満点)  料理人を主人公に、南極越冬隊の日...
「南極料理人」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
平均気温-54℃。 日本から離れること14,000?。 南極大陸での単身赴任。
観ました、「南極料理人」 (オヨメ千感ヤマト)
少しだけタイムリーじゃない記事で申し訳ございません。もう上映している映画館少なく
「南極料理人」 (再出発日記)
なんと贅沢な配役か。監督・脚本:沖田修一原作:西村淳主題歌:ユニコーン出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作これだけの役者を使っているのだから、途中で大きな事件が起きる...
南極料理人 (POCKET BASE)
西村淳のエッセイ『面白南極料理人』を原作とした映画『南極料理人』を観てきた。 南極大陸の昭和基地から約1,000kmも内陸に入った、南極ドームふじ基地。そこは、ウイルスさえも生存できない極寒の地。そんな、南極ドームふじ基地に派遣される、南極観測隊。調理担当と...
南極料理人 (単館系)
テアトル新宿で公開当初から見たかった作品。 なんだか地元川口のMOVIXに来たので見ることができました。 堺雅人さんは料理がうまい・・・・...
「南極料理人」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
またお腹グーな映画に出会った^^
南極料理人 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
面白いとは噂に聞いていたけど,ほんとにね~,これとってもいい作品。そう,さりげなく癒し系というか。 究極の単身赴任,行き先は南極。ペンギンもアザラシもいない,ウイルスさえ生息できない,平均気温マイナス57度の地。そこに派遣されたチームのメンバーは,無論,...